最初はきついかも知れないけれど・・・

【適切な負荷を掛け、それを乗り越えることでレベルアップするわけです。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日は学習ではない話題からですが、

先日、久し振りにテレビで「高校野球_福島県大会」の様子を見ました。

 

夏休みは毎日のように仕事が入っているので中々試合を見ることができないのですが、

今年は準決勝や決勝が土・日曜日だったので、いろいろと作業をしながら観戦していました。

 

いや~、しかし、今の高校生は地方大会でもピッチャーの球速がほんと速いですね…。

 

自分が高校生のときは、「県内屈指の投手」と言われている方でも130km/h後半で、

140km/h以上を投げる投手に自分は出会ったことがなかったですね…。

 

これを投げる投手も凄いですが、これを打ち返す選手もほんと凄い…。あっぱれです。

 

で、今日は何が言いたいかというと、こんなことです。

=====

130km/hの経験しかなければ、140km/hのスピードには全くついていけない。

でも、140km、150km/h…の経験も積んでいれば、140km/hのスピードにだって充分ついていける。

=====

 

これだけのスピードボールを打ち返す選手は、間違いなくその球速以上のボールで練習を行ってきたはずです。

 

でも、最初からこのボールを軽々と打ち返せたか…?

そんなわけはないですね…。

 

最初は「ボールが見えない…。」「バットに当たらない…。」

「当たっても前に飛ばない…。」など、相当苦労したはずです。

 

でも、何度も何度も練習を繰り返していくうちに、

そのスピードに目も慣れ、バットの出し方やタイミングの取り方なども工夫しだし、

徐々に打ち返せるようになっていったはずです。

 

これは学習でも同じと私は思っています。

 

教科書やドリル、スキルなどの「基礎問題」はとっても大切ですが、

それだけをやっていたら、「それ以上」のことは絶対できるようにならないと思うのです。

 

「基礎問題」の反復以外に、どんどん「実戦的な問題」も経験し、

それに対応できる力を少しずつでも養っていく必要があると思うんですね。

 

最初はまったく手がつけられないと感じた問題も、定期的に解き続けていくうちに

その問題レベルに慣れていき、しっかり対応することができるようになるものなのです。

 

その点で、うちで採用させていただいている「学力テスト」は本当に良い問題だなぁと感じています。

 

毎月定期的・継続的に受験を続け、その解き直しをしているうちの小学生は、なかなかやりますよ…。

 

今週はテスト受験後の「解き直し&解説授業」の期間です。

小学生のお子さんも、中学生に負けず頑張ろう!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)