花山さんに学ぶ -その1-

【大好きなテレビドラマが「大切なこと」を教えてくれました…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

自分が今、毎朝楽しみにしているもの。それは…。

=====

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を見ること。

=====

 

まずは、午前7時30分からBS放送で見ます。

そしてさらに、午前8時から地上波放送で見ます。

 

「朝から2回見る」のがすっかり習慣になってしまいました。(*^_^*)

 

戦争が終わり、雑誌作りを始めた常子や家族の姿を見ると、

「自分も頑張んねぇと…!!」といつも元気をもらいながら、毎回、楽しく見させてもらっています。

 

特に、15日(金)放送分の内容には、とても参考になる点があって、面白かったなぁ~。

 

今日はそのなかの1つについて。

 

=====

 

「5mの円柱が並んで2本立っている。その2本の上部にさらに2本の円柱が平行に備え付けらえれている。

 横向きで備え付けられた円柱の上部の方が長く、下部は上部よりも短い。さあ、今言ったものは何だ?」

 

唐沢寿明さん演じる花山さんの問い掛け。

花山さんはこの問いかけで何を伝えたかったのかというと…。

=====

「読み手」にきちんと伝わるように伝えるということ。

=====

 

「言葉だけでは分かりにくい内容」でも、挿絵を増やし、視覚に訴えることで、

読み手の理解がより一層進むというわけですね。

 

そしてさらに花山さんは、挿絵につける「見出し」についても、こんなことを言っています。

「この雑誌は小説を読みたい人が買うんじゃないだろ!! 分かりやすく、簡潔であることが大事なんだ。」

 

「読み手」がどんなことを求めている人なのかをきちんとイメージし、

その人が分かりやすいように、適切に表現をすることが大事だということですよね・

 

これらのことって、自分たちがお子さんに説明するときも同じだと思うんです…。

 

まずは、どんなお子さんに説明をするのかをイメージをしっかり固める。

そして、そのお子さんに伝わりやすくするためにどんな工夫ができるのかを考える。

言葉だけでなく、図や表なども用いながら、できるだけポイントを絞って説明をする。

 

「お子さん」の立場に立ち、「伝え方」を工夫することがとても大切だなぁと改めて感じてしまったわけです…。

 

=====

授業を受けてくれる「お子さん」をしっかりイメージし、「お子さん」により伝わりやすい形をつくること。

=====

 

これ、しっかり自分に叩き込んでおきたいと思います。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)