結局のところ、これなんだと思います…。 -その2-

【結論から言えば、お子さん自身が「気づくこと」が成長には必要なんですよ…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

それでは、昨日の続きです。

======

 

しかし…。問題なのは、こういう言葉を表に出してしまっているお子さんです。

=====

「今回の問題、難し過ぎたんだよ…。できなかったのはあたしだけじゃないし…。」

「学校の先生の説明、何言ってんのか全然分かんないんだもん…。」

「だって、あの子、超頭いいもん…。あたしとあの子は違うもん…。」…などなど

=====

 

これらの発言の「共通性」、お分かりいただけますよね…。

そうです、すべて「できなかったのは自分のせいではない」ということですよね。

 

こういうお子さんの場合、「学習の仕方」「学習の内容」とかいう技術的・知識的なことの前に、

「学習に対する心構え」もっと言えば「生き様的な」ところから変えていただく必要があるからです。

 

表面的なところをいくら取り繕っても、本質的なところを変えなければ駄目なんですよ…。

 

今まで多くのお子さんと出会ってきましたが、

こういうタイプのお子さんほど、「グダグダ言ってねぇで、やれよ!!」と言うのは逆効果。

 

言えば言うほど「意地でもやらねぇ…。」「どうせ、あたしなんて…。」ってなってしまうんですよね…。

 

だから、まずすべきことは、とにかく相手に話をさせること。

お話を聞き、「私はあなたが辛いのは、ちゃんと分かっていますよ。」と示してあげることだと思います。

 

そして、話をしているお子さん自身で「これじゃ、駄目なんだ…。」って気づかせるのが

いちばんの方法だと私は思っています。

 

するとですね…、お分かりいただけるかと思うんですが、これはとっても「時間」が掛かることなんです…。

 

そんな1回、2回…と話したからって、その人の「生き方」「考え方」なんて、急に変わらないですもんね…。

 

どうしても私たちって、日々時間に追われ、ついつい解決を急いでしまいませんか…。

だから、すぐに「助言」をしてしまたり、「無理矢理」「強制的」にやらせたりしてしまいがちですよね…。

 

今、学習している「数学」や「英語」の知識は、将来、忘れてしまうかもしれませんが、

学習を通して得た「経験」は、将来もずっと残るはず…。そして、それがお子さんの「支え」になるはず…。

 

だから、じっくり腰を据えて、お子さんと向き合って、

お子さんの将来のために「本当に必要な成長」をしていただけるように、

共に努力していかなければならない、そんな風に私は思っています。

 

長々と思いを語ってしまいました…。すいません…。

 

まぁ、小難しい話は置いておいて、今日も張り切って行きいましょうね!!(*^_^*) それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)