「同意」と「共感」の違い

【お子さんが何かと忙しくなるこの時期だから、

私たち大人のサポートが大切なんだと思います。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

相手のお話を聞くって、ほんと難しいなぁと思います。

 

何か相談をされたりすると、ついつい相手に良かれと思って、

「助言」をしてしまったり、ときには「説教」をしてしまったり…。

 

ちゃんと聞いているようで、実は相手の話って聞けていないものなんですよね…。

 

逆に、自分が相手に「不安」や「悩み」を打ち明けたときに、

「あぁ…、この人、自分のこと、理解してくれない…。」と感じることもありませんか…?

 

私もそれを少しでも改善したいと思い、

もう10年以上前になりますが「カウンセラー」の資格取得講座を受講したんです。

 

その講座では、こんなことを教えていただきました。

=====

「同意」と「共感」の違い

=====

 

今日の内容を書くにあたって、改めて国語辞書を引くと、

それぞれこんな意味が書かれていました。

=====

「同意」:同じ意見。他の意見に賛成・承諾すること。

 

「共感」:他人の感情や考えに対して、まったく同じ気持ちを感じること。同感。

=====

 

例えば、こんな感じですかね…。

 

お子さん:「もう、毎日疲れて勉強なんかやりたくない。」

お母さん:「そうだよねぇ…。疲れてるんなら、やらなくていいよねぇ…。」

 

これは「同意」ですね。

 

お子さん:「もう、毎日疲れて勉強なんかやりたいくない。」

お母さん:「そっか…。疲れちゃって勉強したくないんだね…。」

 

これは「共感」ですね。

 

つまり、「同意」は「あなたと同じように、私も○○だと思う。」、

「共感」は「(私の意見は取り敢えず置いといて)あなたは○○なんですね。」って感じですかね。

 

=====

 

人は「不安」や「悩み」があるときに、その気持ちを理解して欲しくて誰かに話をする。

 

だから、聞き手側は話し手の「不安」や「悩み」に対して、

「私はあなたの気持ちを理解しているよ。」と「安心」させてあげることが第一。

 

気持ちを理解してもらえた相手は、あなたのことを「信頼」する。

 

すると、そこからその人の「本音」が出てきて、話をしている本人が「気づき」を得る。

 

その「気づき」から「変化」「変革」が生まれる。

 

=====

 

こういう流れがあるらしいのです…。

 

自分もこうやって書き記してみて、

「あぁ、自分も最近忘れていたかも…。」と反省し、気づきを得ています。

 

6月は「中体連」や「定期テスト」が近づいてきて、

お子さんがいろいろと「愚痴をこぼすこと」が多くなる時期ですよね。

 

お子さんの気持ちをしっかり受け止め、

お子さんが学習や部活に頑張れるよう、共に頑張りましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)