「うちの子、本を読まなくて…」と困っているお母さまへ

【本を買ったり、借りてきて読むだけが方法でもないですよ。(*^_^*)】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

教室のお子さんには一生懸命指導をするものの、わが子の指導に関しては奥さんに任せっきり…。

 

先日、うちの奥さんからこんな相談をされました…。

「ねぇ…。どうしたら本に興味持つと思う…?」

 

私はすぐにこう答えました。

「教室で使っているテキストの題材、1日1つずつでも読ませてみてよ。問題は解かなくてもいいから。」

 

富久山教室を担当する前、本部教室のときからずっと

私の教室では、小学生の国語の教材は、教科書には準拠していない「標準版」と言われる教材を使っています。

 

なぜ、私の教室では「教科書準拠版」を使わず、「標準版」の教材を使うのか…?

 

それは、

「お子さんにいろんな人の、いろんな作品に触れてもらうことで、

 興味や考えを深め、知識の貯めをどんどん作って欲しい。」と考えているからです。

 

「学校の単元テストで点数を上げること」がテーマではないんです…。

 

うちの教室で使用しているテキストは「物語文」や「説明文」などを中心に作られていまして、

取り扱われている題材は本当に様々です。

 

「科学的なお話」もあれば、「人々のくらしの工夫に関するお話」もあります。

「道徳的なお話」や「人々のこころの繋がりに関するお話」など、本当に様々です。

 

まさに、いろんな本のいいとこどり、「ダイジェスト版」って感じです。

手軽にいろんな本を知ることができて、これは本当にいいですよ!!(*^_^*)

 

私自身、お子さんとの授業を通して「これ、続きを読みたいなぁ…!!」と思って

実際に本を購入したり、図書館で借りたりして読んだものもたくさんあります。

 

また、家内の実家周辺の地域のことが書かれた内容のものが何作品かあり、

「あぁ~、こんなことある、ある!!」「これ、車で通るあのあたりだなぁ…。」なんて思いながら

楽しく読んだものもあります。

 

=====

 

塾で毎週国語の授業を受けていただくことで、

まずお子さんは定期的に「活字を読むこと」になり、それが習慣化されますよね。

 

そして、いろいろな題材を読むことで、

「読めない漢字」や「意味の分からない言葉」に出会うと思います。

 

また、「知らなかった…。」「もっと知りたい…!!」と思う内容にも出会うと思います。

 

そういったことを1つ1つ、授業や家庭で調べたり、考えたりすることで、

知識がどんどん蓄積し、自分の考えや物の見方がより深まっていくと私は考えています。

 

小学生のうちは中学生のように「点数」や「合否」に追われることなく、ゆっくり学習をすることができるとき。

 

この時期にこういう取り組みをしていたお子さんと、そうではなかったお子さんとの間には、

実は「大きな差が生まれる」と私は思っています。

 

そんな「先のこと」を考えながら、実はうちの国語の授業というのは行われております。

 

すいません…。今日は一方的に「私の思い」をお伝えしてしまいましたね…。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)