どんどん人に伝えよう!!

【人に伝えることで、理解がさらに深まっていくわけです。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


「ここは、こうなるじゃん。だから、こうすんだっけ。」


今日の「第4回_実力テスト」に向けて、

夕方から自習に数名の生徒さんが自習にいらしていました。


小学生の授業、中学生の授業の傍ら自習の様子を覗いてみると、

お子さん同士で「問題の質疑応答」をしている姿がみられました。


「ただ答えを伝えるだけ」でなく、「なぜ、こうなるのか?」「どうして、この解き方をするのか?」

ということがしっかりと説明できていて、とても安心しました。OKで~す!!


これ、学習効果を高めるためにはとっても「良い方法」だと私は思います。


まず、「自分が知っていること」と「相手に分かるように伝えること」はまったく違うと言うこと。


私はたまにお子さんにこんなお声がけをすることがあります。

「○○ちゃん、△△ちゃんにここ教えてあげてよ。」


すると、先生役になったお子さんの多くは教えた後にこんなコメントをされます。

「教えるのって難しいですね…。」


「相手が分かるように伝えるため」には、

まずは、自分がそのことについてきちんと理解していなければなりません。


そして、その内容を相手が理解できる言葉に置き換え、

相手にきちんと伝わる方法でお伝えををしなければなりません。


自分の理解が不十分だと、そのための適切な言葉や方法が思い浮かばないと思うんですね。


そうすると、相手に伝えるために知識を整理整頓し、理解が深まります。

そして、自分の持っていた知識がより深まり、強い記憶として残るわけです。


また、お子さんの「伝える力」も確実に向上すると思います。


だから、私はお子さん同士で積極的に「質疑応答」をしてほしいなぁと思っています。


そしてこれは、お子さん同士だけでなく、親子間でもどんどんやって欲しいことの1つなんです。


お子さんが知っている学校で今日学んだ内容をはじめ、お子さんが大好きなことなど、

お子さんに「先生」になってもらって、説明をさせてみてください。


例えば「今日はどんなことを勉強したの?」「その内容、お母さんに教えて!!」と質問してみる。


例えば「車好き」のお子さんであれば、車のことについて。

「ゲーム好き」のお子さんなら、そのゲームのどんなところがおもしろい・凄いのか説明させてみる。


そんなことをすることで、お子さんの力が高まっていくと思われます。


ぜひ、お試しくださいませ。それでは、また。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)