難しくなってきましたね…。

【今年度も「折り返し」に差し掛かり、

学習内容も少しずつ難しくなってきました。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


今日から10月。今年度も「折り返し」に差し掛かりましたね。


小・中学生ともに「学習内容」が難しくなってくるこの時期。


小学5年生は小学算数の山場「通分・約分・異分母のたし算・ひき算」に入りました。


この単元は、「倍数」「約数」とともに「苦手な方」が増える難所中の難所!!


ここがしっかりできないと中学生になっても「数学」でつまづいてしまうので、

教室ではとても力を入れて指導を行う単元です。


焦らず、しっかり時間を学んでいきましょうね!!

=====

中学1年生は「1次方程式」の学習を進行中です。


ここでつまづく方の多くは「方程式の解き方」が理解できないというより

それ以前の「正負の数」や「文字式」、小学生の「分数の四則計算」が

きちんとできていないことが原因になっている場合が結構あります。


それを見越して、今の中学1年生には、小学校の段階で

「分数の計算」「□を使った計算」は結構な数を解かせてきたつもりです。


とはいえ、まだ「符号のかえ忘れ」「符号のつけ間違え」などのミスが見られるので、

まだまだ練習が必要のようです…。

=====

そして、中学3年生は「2次関数」を学習。

 

この単元は「変域の問題」「変化の割合」が

今後のテストで必ず問われる箇所になります。

 

昨日の授業でも変域を求めるときに「間違いやすいポイント」の解説と

変化の割合を求める「教科書に載らない裏技」を伝授!!


私の授業では、必ずまずは「教科書の解き方」をきちんと説明します。

そして、その後で「裏技」を伝授することにしています。

 

裏技を伝授すると、いろいろな声があがります。

「すげぇ~、メッチャ簡単じゃん!!」

「えっ、なんで?」「最初からこれ教えれば良くね?」…などなど

 

例年であればここまで解説しないのですが、「裏技の式の導き方」を説明しました。

時間の余裕があったので、併せて「なぜ、1次関数の変化の割合が傾きと一致するのか?」も誘導しました。

 

すると、お子さんたちは

「やべぇ、なんかカッコいくね!!」

 

そうなんです…。数学って、ビシッと決まると超カッコいいのよ…。

 

これを機に、もっともっと数学を好きになってくださいね!!

 

先生もそれに貢献できるように、もっとがんばります。

 

それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)