スイッチを「完全OFF」にしないで!!

【「定期テスト」が近いとはいえ、それだけ「100%」は駄目よ~!!】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


=====

「どんなに忙しくても、講習会で学習したこと『0%』にしちゃ駄目だよ!!」

「どんなに短くても、少量でもいいから必ず毎日『夏休みの復習』を入れること!!」

=====


先週金曜日「8月号_新教研テスト」の結果返却を兼ねた「二者面談」の際に、

中学3年生1人ひとりに「具体的な学習内容」と合わせてこんな指示を出しました。


行健中の皆さんは、9月10日(木)・11日(金)に「第2回_定期テスト」が実施されます。


お子さんたちは夏休みの間、「中1・中2の復習」に大量の時間を費やしていました…。

また、学校からの「大量の宿題」にも追われていました…。


そのため、当該学年の「教科書準拠ワーク」、試験範囲の箇所が絶対に解き終わっていないはずです…。


そうなると、今週からテスト直前までは夏休みの間に積み上げた内容はそっちのけで、

「学校ワークを終らせること」に勉強がシフトしてしまうのは簡単に予想できます…。


また、今回は「技能4教科」も加わった「9教科」のテスト実施。

一層その動きに拍車がかかってしまうのは見え見えです…。


でも、この定期テストが終るとすぐに「新教研テスト」「実力テスト」とテストが続きます。

私たち塾側としてはこちらの成績も絶対におろそかにできない…。


多くのお子さんは、どうしても日々の学習が「目の前のテスト」に合わせたものになりがちです。


「定期テスト」が近づけばそのための勉強が100%

「新教研テスト」が近づけば、今度はそのための勉強が100% …など。


これ、実はとっても「効率の悪い学習」と私は思っています。


これから10日間ほど「定期テスト」の勉強だけで、一切「夏休みの復習」をなくしてしまったら、

また学習内容を切り替えるときに「大きな労力・時間」を費やすようになってしまいます。


だから「学校に行くまでの30分」「授業間の休み時間」「夕飯前の20分」…など、

「少量の時間」でいいので、必ず「復習」の時間を1日のなかに予め取ってほしいのです。


これをしておくだけで「定期テスト」が終った後すぐに

「新教研テスト」「実力テスト」の対策にスムーズに切り替われるのです。


そして、「定期テスト」が終ったら、今度は逆に「学校ワーク」などを行う時間と

「中1・中2の復習」を行う時間の配分を入れ替えてあげるのです。


車でいうなら「アイドリング」、パソコンなら「スタンバイ」の状態にしておくんですね。


「スイッチを完全にOFFにしないこと!!」ぜひ、こんなことを意識してみてくださいね。


それでは、また!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)