「全国学力テスト」の結果を見て、こんなことを思う…。

【いつもマジメには書いてますが、今日はより一層マジメに書きます!!】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

======

「小学生 算数A:33位/算数B:44位」

「中学生 数学A:44位/数学B:44位」

======


新聞などをご覧になってご存知の方も多いと思うのですが、

今年4月に行われた「全国学力テスト」の福島県の結果です。


どの都道府県も同じ正答率にはならないので、必ず順位はついてしまうわけなんですが…。


この結果を見ると「福島県や郡山市の学力向上を!!」とまではとてもおこがましくて言えませんが、

せめて「教室に通ってくださっているお子さんたちの学力向上のお役に立ちたい!!」とは思うわけです。


まあ、何事も同じだと思うのですが、できないことをできるようにするためには、

結局のところ、やっぱりこれが必要だと思うんですね。

=====

「定期的・継続的に練習を続けること」

=====


今回の結果を見ると、小・中学生ともに「応用力」を問われる「B問題」の正答率が低いんですよ…。


この手の問題は、「計算問題」などの基礎とは違い「単なる反復練習」だけでは駄目なんです…。


きちんと理解をして本当の意味で「解けるようになる」ためには

「地道なトレーニング」とその「小さな積み重ね」が可能にすることだと私は思うんです…。


「応用問題」と「定期的・継続的」に出会う機会を作り、

それを「頭に汗をかきながら」じっくり考え、一生懸命自分の手を動かし、

いろんな方法を試しながら解いてみるということが必要だと思うんですね…。


実際、大人になって社会に出ると「必ず答えが1つに決まっていること」だけではないですよね?


自分で「こうじゃないかな?」「こうしたらどうだろう?」と仮説を立てて、それを1つ1つ試していき、

自分なりの「答え」を導き出さなければならない場面が大人になるとたくさんあると私は思うんです。


そう思うと、今、お子さんが学習する「応用問題」というのは、

きっとお子さんが大人になったときのこんな場面にも繋がるのではないかと私は感じるわけです…。


だから、お子さんが大人になるまでに「応用問題の学習」を通じて、

お子さんに「物事を深く考える機会」を作ってさしあげることも、

私たち「学習塾」の大切な仕事の1つではないかと私は感じるのです…。


私どもの教室で小学生のお子さんに毎月「学力テスト」を実施し、

テスト受験後にお子さんと一緒に「解き直し」をしたり、「再テスト」をしたりするのも

そういう「私なりの熱い思い」があるからんなんです…。


「こんなの解けないよ…。」「どうやって解いていいか分かんない…」という難しい問題が解けたとき、

お子さんをとっても「素敵な笑顔」になるんですね…。「自信」もつくんですよね…。


よ~し、今日もがんばらなきゃね…!! 


それでは、また!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)