「一瞬のプレー」に学ぶ

【本番を深く想定し、何度も何度も練習を積み重ねてきた「一瞬のプレー」に鳥肌が立ちました…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


「何度も何度も練習をしてきました。」

テレビのインタビューに対し、仙台育英の捕手・郡司選手がこう答えていらっしゃいました。


昨日行われた全国高校野球_準決勝第1試合:仙台育英VS早稲田実業

仙台育英が3点先取した直後の3回の守り。2死満塁で4番・加藤選手を迎えた場面。


走者の重心が三塁側にかかっていることに気づいた仙台育英側は二塁にけん制し、走者はタッチアウト。


テレビで何度も繰り返し見ましたが本当に「鮮やかなプレー」でした…。


あまりにも鮮やか過ぎて気づきにくいのですが、

このプレー、「かなり高度なレベル」で行われています。


成功率を高めるために、投手が打者に集中しているように見せかけ、

投手・捕手・野手の間でサインを出し合い、「今だ…!!」というタイミングでけん制球を投げるのです…。


けん制球が外野に逸れたら一気にランナーが帰ってきてしまう「とっても危険なプレー」


私も野球をかじり、捕手の経験もあるので分かりますが、これは1試合の中で1回あるか・ないかのプレー。


彼らはこの1試合の中に1回あるか・ないかのプレーを普段の練習で想定し、

それを何度も練習し、あの緊迫した場面で見事に成功させ、試合の流れを一気に引き寄せたのです…。


まさに「すごい…!!」のひと言につきます。


これ、お子さんの学習にも通じるものがあります…。


私が思うキーポイントはこの2点です。

=====

1) 実戦をかなり深いところまで想定して練習を行っている点

2) 何度も何度も練習を積んで、「自分たちならやれる」と自信を持ってプレーしている点

=====


「これだけやってきたんだ!!絶対にやれる!!」と自信を持って本番に臨めるように

どれだけ本番を意識し、練習を繰り返して行うことができるのか…。


お子さんの「学習」でもまったく同じだと思うんですね…。


このプレーを見て、改めて「意識を高くして練習をすること」そして「繰り返しの重要性」を感じました。


自分がお子さんたちに対してして差し上げられること、まだまだたくさんあると感じます…。


講習会も残りわずかですが、そんなレベルの高い選手たちを見習って、今日もがんばりたいと思います!! 


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)