読書感想文が書けなくて困っているという方へ

【もし、参考になるなら幸いです…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

この「お盆休み」が終わりますと、いよいよ「夏休み」も終わりですね…。

 

うちの庭でも「鈴虫さん」の鳴き声がするようになりました。

あんなに暑かったのにすっかり「秋の訪れ」を感じます。

 

「夏休みの終わり」が近づくということは、「夏休みの宿題の締め切り」が近づくということ。

 

このブログを読んでくださっているお母さま。

「お子さんは無事、宿題は終わっていますか…?」

 

この時期になって多いのは

「テキスト、プリントは全部終わったけど、作文や読書感想文はまだ!!」という方。

 

特に「読書感想文」は「ええ~い、とにかくあらすじ、あとがきを写しちゃえ!!」という方が多い…。


私自身、学生のときは「何を書いていいか分からん…!!」と毎年悩んでいました。

 

そこで、そんな読書感想文を書くのが苦手という方のために

「もし、私が書くならこうする!!」という方法をお書きしてみます。

=====

1) まずいちばん最初に「この本を読んで、強く感じたことや考えたこと。」などを書く。

 

 (例) 「先のことを考えず、今だけよければいいという考えではいけない。」

     この本を読み終えたとき、私が最も強く思ったことだ。

 

2) 次に「本の簡単な紹介」と「読むきっかけ」などを書く。

 

(例) その本のタイトルは「□□」テレビでもよく見かける「○○」さんの作品だ。

   父親が「これはお前のためになる。絶対に読め。」というので仕方なしなし読み始めた。

 

3) いざ読み始めて「気持ちや行動にどんな変化があったか。」を書く。

 

(例) 最初はいやいや読み始めたが、いざ読み始めたらあっという間に読みきってしまった。

    そして、読み終わった後にはスカッとした気持ちになった。爽快感があった。

 

4) 本の内容に近い「自分自身の体験とそこからの学び」を書く。

 

(例) 私はこの主人公と同じような経験をしたことがある。それは小学生のときだった。(中略)

   その経験を通し、私は「先のことを考えず、今だけよければいいという考えではいけない。」

   ということを強く学んだ。

 

5) 最後に「この本を読んで考えたこと、感じたことをを今後どのように生かすか」を述べる。

 

(例) 私はこれから長い人生を生きていかなければならない。その過程には、楽しいことだけではなく、

   辛いこともたくさんあるだろう。でも、そんなとき、私は「今さえ良ければいいや」と

   その辛いことから逃げるのではなく「今、逃げずにがんばることが必ず将来につながる」と信じ、

   歯を喰いしばってがんばろうと思う。


=====

 

どうですか?何となく書けそうな気がしませんか?

少なくとも「あらすじ・あとがき丸写し」よりはまともな感想文になると思うのですが…。

 

できるだけ早く仕上げてくださいね!!

 

それでは、また明日!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)