「漢字の覚え方」についての私の考え -その1-

【何が正しく、何が間違っているかは分かりませんが、

とりあえず私はこんな風に思うのです。


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日、小学6年生のMちゃんのお母さまと

「漢字の覚え方」についてお話をする機会がありました。


Mちゃんのお母さまによると、

・「前の担任の先生は、『その漢字だけ』練習をさせる先生だった。」

・「今の担任の先生は、スキルに乗っている『文章ごと』書かせる先生」

・「どちらの方が良いのでしょうね…?」


Mちゃんのお母さまに限らず

「漢字が覚えられなくて…。」というお悩み相談、結構な頻度であります。


この件に関しては、ネットや書籍などでも、いろいろな方法が述べられておりますので

「どれが正しい」「どれが間違っている」という判断は私はできません。


でも、長年お子さんの指導をしてきまして、

「私だったら」ということで、「漢字の覚え方」について今日と明日、お書きしてみます。


=====

<漢字の覚え方についての「3つのポイント」

 ・気構え:「覚える気」「興味・関心」をもって、学習しているのか?

 ・意 味:「言葉の意味」を理解して学習しているのか?

 ・ 量 :「どれだけの回数」「どれだけの頻度」で学習をしているのか?

=====


まずは、当たり前のことですが、「覚える気」をもって、学習しているのかどうか?


漢字に限らず、何事もそうですが、

「意識して取り組んでいる方」と「何も考えずにただやっている方」では大きな差がありますよね。


漢字を覚えられないお子さんの多くは、この意識が低いor意識していないだと思うんです。


ただ、「見たまま、丸写し」だと思うんですね。


これは「2つの目のポイント」の「意味」とも連動するのですが、

この言葉がどんなときに使われる言葉で、どんな意味のある言葉なのか。

この漢字を使った他の言葉にはどんなものがあるのか、実際の文章ではどう使うのか…。


そういったことを「想像」したり、「関連付け」したりすることで、

私は「漢字」や「言葉」は「本物の知識」として定着していくと思います。


「意味が伴わないもの」は単なる記号と同じ。

「意味ないものを覚える」のは、とても難しい作業です。


一見遠回りのようにですが、私は必ず「漢字」を学習するときには、

「国語辞書」を使って、その言葉の「意味」と「例文」を一緒に確認することをお勧めしています。


また、その漢字「1文字」だけであれば、

「漢字辞書」を使って、その漢字の「成り立ち」や「意味」も確認すると、

さらに知識が深まっていくと思います。


かと言って、お子さんに「自分で調べてごらん」と言っても、

「漢字の嫌いなお子さん」が自ら進んでやるのは、結構厳しい…。


できれば、最初のうちはお母さまが協力して、一緒に学ぶのがベストではないでしょうか?


「手間隙がかかる」とは思いますが、それがやっぱり大事なのですね。


明日は、残りのもう1つ「量」について、お話をしてみます。


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)