「手書き」をすることの大きな効果

【Sちゃんが記入している「部活ノート」を見て、

とっても大切な「このこと」を思い出しました。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日は中2の数・英の予習授業の日。

最初の授業は「数学」で、次の「英語」の授業が始まるまで10分間ほどの休憩があります。


いつも、その休み時間を使って

Sちゃんは「部活ノート」を書いていらっしゃいます。


いや~、このノート。すごいんです!!

「良くもまぁ、こんなに書いているね」という凄い量なんです。


その日の練習のメニューや感じたこと・気づいたことなど書いているそうです。

そして、それを試合の前をはじめ、いろいろな場面で見返しているそうなのです。


「すげ~、やるじゃん!!」これ、なかなか大人でもできないですよね…。


きっと、こういう1つ1つの取り組みが、

部活だけではなく、勉強の成果にもSちゃんはつながっているのだと思いました。


今はパソコンが普及して、「手書き」よりも「タイプ」が主流になりました。

「タイプ」は楽ですよね~。「目」は疲れますけど、「手」は疲れないですもんね~。

 

しかし、「手書き」をするということは

「タイプ」にはない、とても「大きな効果」が科学的にも証明されています。


それは、「手書き」をすると、脳の働きが活発になり、

人間は多くのことを記憶したり、考えたりする力が向上するんだそうです。

 

今までごちゃごちゃとしていた情報が、書くことによって1つ1つ整理されていく。

書くことで、新たな気づきに出会っていく…などなど。


実際、私たちが子どもの頃、「漢字」にしても、「英単語」にしても、

覚えるときには、とにかく手を動かして「書いて覚える」ことをしていませんでしたか?


私は不器用だったので、見ただけでは覚えられず、

何十回、何百回と書いて、書いて、書きまくって覚えました。


後は、人前でお話しなければならないスピーチの原稿なども、

私は「タイプ」ではなく、やっぱり「手書き」なんです…。


「タイプ」だとどうしても「手書き」と違って、記憶に残らないんですよね~。


近年の塾生さんを見ると、「単語テスト」を実施するときなど、

「書いて覚えるお子さん」がすご~く少なく、

逆に「見て覚えようとするお子さん」が多くみられると感じます。


今、パソコンや通信機器の発達で、ヒトは「大量の情報記憶」は必要ではなくなりました…。

「忘れてしまったら、そのとき調べればよい」という感じですよね。


とは言え、学校や入試ではまだまだ「テスト」は「記憶力」を試されてるのが現実。


ぜひ、今こそ「手書き」の大きな効果を見直すべきではないかと感じました。


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)