「一生の財産」になるもの

【使い方ひとつで、良い方向にも悪い方向にも進める「貴重な財産」】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


さて、今日はこんな2つの文章から。

ーーーーー

A:「今日の晩御飯、超高級・霜降り肉のステーキよ!!」


B:「今日の晩御飯、脂肪た~っぷり、死んだ牛の肉塊よ!!」

ーーーーー


これ、どちらの文章も同じ「高級肉のステーキ」を表現した文章。


同じものを表現した文章ですが、もし、Bのように言われたら食べる気失せませんか…?


まあ、これは極端な例ではありましたが、

この2つの文章でお伝えしたいのは、同じものや同じことを言うのでも、

「ことばの使い方」次第で、伝わり方がまるで変わってしまうということなのです。


そして、聞き手が「ことばの意味」を正しく理解できる表現をしないと、

伝えたいことが正しく伝わらなくなってしまうということなのです。


私たちは毎日の生活の中で「ことば」を使って、

いろいろなことを考えたり、感じたりしています。


また、それらを「ことば」を使って、相手に分かるように

文章にしたり、声に出したりして伝えています。


私たちは「ことば」なくして、生きていくことはできないと私は考えます。


でも、逆に言えば、いろいろな「ことば」とそれらの「意味」を正しく知り、

それらを正しく「使う技術」を手に入れたのなら、

私たちの生活は今よりもずっと「豊か」にすることができるのではないかと私は考えます。


つまり、「ことば」とは私たちが自分の未来を豊かにしていくための「貴重な財産」だと思うのです。


身近な例で言えば、コンビニや薬局などで商品に飾られているPOP。


ひと昔前は「商品名」と「値段」だけが書かれていることが多かったのですが、

今どきのイケてるお店であれば、

その商品を購入して得られる「体験」「喜び」…などが楽しそうに書かれています。


実際、このようなPOPを導入して、お客さまの反応が良くなったというデータもあるそうです。


これも、「ことば」が人生を「豊か」にしたひとつの例だと思うのです。


「ことば」は小さい頃からの「積み重ね」で蓄えができていきます。

親子での会話をはじめ、一緒に本を読んだりするのも良いと思います。


ここで大事なのは次のこと。

=====

親自身が意識して、取り組む姿勢

=====


「子は親の背中を見て育つ」と昔から言いますよね。

私も子を持つ親。ぜひ、お互い、意識的に取り組んでいきましょうね!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)