慌てない、慌てない…。

【こんなときこそ、慌てない、慌てない…。ひと休み、ひと休み。】


おはようございます。

富久山教室_小菅です。


今週から春休みに入り、毎日慌しく過ぎております…。

皆さんは、いかがお過ごしですか?


この時期は、既存の塾生さまの講習会や通常授業だけでなく、

新年度を迎える前にお子さんと「二者面談」をさせていただいたり、

保護者さまにもお越しいただいて「三者面談」をさせていただいたりしております。


お子さんも保護者さまもお忙しい中、本当にありがとうございます。


また、この時期は「新年度から塾に通わせようと思うんだけど…。」という

お問い合わせもいただく時期で、毎日、体験学習もさせていただいております。


お問い合わせ、本当にありがとうございます。


昨日も朝から晩まで、めまぐるしく1日が過ぎていきました…。

毎日充実はしているものの、「何かし忘れていないか…?」「不手際はなかったか…?」などと

不安も出てきてしまいます…。


だから、こんな忙しいときほど、実はこの時間を取らないといけないんですよね…。


=====

すべきことをきちんと「整理するための時間」を取る。今日1日を「振り返る時間」を取る。

=====


どうしても忙しいときというのは、それらをこなすことが精一杯になりがちで、

ついつい「考える時間」を取らずに行動をし続けがちになります。


でも、こんなときこそ、短時間でもいいので、

もう1度すべきこと・しなくてもよいことを区分する、すべきことの優先順位をつける、

すべきことの共通性を見つけ、作業時間の短縮化を図る…など、

すべきことをきちんと「整理するための時間」を意図的に取らないといけないように感じます。


そして、それらを考えるときに、私はとにかくノートや紙に「どんどん書いていく」ようにしています。

思いつくままにどんどん書き出していき、それらの情報を整理していくのです。


「手書き」というのはすごいパワーがあり、自分の手を動かして書くことで、

自分の頭の中でモヤモヤとしていたものが、どんどんスッキリしていきます。


これは、お子さんの学習でも同じことが言えるのではないでしょうか?


私たちも「二者面談」や「三者面談」で、この春休みから新学期に向けて、

自分が今すべきことは何なのか? いつ、どんな風に、どこまでやるか? …などについて

お話はさせていただいておりますが、改めてぜひ、お子さんと一緒に「考える時間」を取って、

この春休みの学習を進めてみてはいかがでしょうか…?


きっと、お子さんの学習が変わると思います。

一緒にがんばりましょうね!!


今日もとっても風が強いですね…。

ガッコンガッコンいってますね…。


教室のお越しの際は、十分に気をつけていらしてください。


今日も1日がんばりましょうね!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!