人生はいつでも今がいちばん -書籍紹介10-

【今よりもっともっと甘ちゃんだった自分の支えになった1冊】


おはようございます。

富久山教室_小菅です。


今から十年近く前のこと。


食事に行ったお店のかべに貼られた

たくさんの筆文字のコピー…。


衝撃的な出会いでした…。

「やばい、涙出そう…。」


思わず、店のおばちゃんに聞いてしまいました…。

「おばちゃん、これ、だれ書いたの?」


今日はこの1冊を紹介します。


=====

人生はいつでも今がいちばん ~幸福はきょうという日にこそある~ / 殿村 進

=====


壁に貼られたその筆文字は、

絵馬師の殿村さんという書いた作品のコピーだったんです。


やさしさの中に力強さを感じる筆文字で書かれた1つ1つの言葉


しばらく見入ってしまいました…。


うちに帰ってすぐに調べて、本を購入。

じっくり読めば読むほど、殿村さんの言葉にただただ心を動かされました…。


1つ1つの言葉はほんとに短いけれど、何とも言えない暖かみがある。


うまくいかなくて投げ出したくなるとき、

失敗してへこんだとき、自分が過信して調子にのってしまったとき…など

そんなときにかみ締めたい言葉の数々。


実は、教室に貼ってある「3つの額縁」に入れている筆文字も

この殿村さんの作品を縮小コピーしたものなんです。


このブログを書くために改めて読み返してみましたが、

若かったときとは違った感覚で読み返しました…。


自分もいろいろな経験をしたからこそ、

より一層、殿村さんの言葉の重みを感じます…。


改めて、良い本に出会ったなぁと思います。


殿村さんのシリーズは、金額だけ見たらちょっと高い本ですが、

その金額を出すだけの価値が十分にあると私は思います。


ぜひ、1度ご覧くださいませ。


今日もあなたにとって良い日でありますように…。


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!