「関心の輪」と「影響の輪」

【あの大スター松井 秀喜さんのこんなコメントから…】

 

おはようございます。

富久山教室_小菅です。


昨日、帰宅して、録画していた番組を見ていました。

その番組は「テッペン!『林先生の痛快!生きざま大辞典』」

 

今やテレビでも大人気の予備校講師・林修先生が、

偉人の生きざまにスポットを当て、知って得する&タメになる知識を紹介する番組です。

 

昨日は「元野球選手・松井 秀喜さん」が取り上げられていました。

 

松井さんは、私とほぼ同世代の方なのですが、

本当にすごい方だと心から尊敬する方の一人です。

 

番組の中で、松井さんのこんなコメントが紹介されていました。

 

=====

自分のコントロールできないことは一切考えない。

=====


この話を聞いて、昔、研修で教えていただいた

「影響の輪」と「関心の輪」という内容を思い出しました。


その研修で教えていただいことは、こんなことです。

=====

わたしたちが日々直面する問題や課題やチャンスは、

「関心の輪」と「影響の輪」という2つの範囲に分かれる。

 

主体的な人は、健康や子供、職場での問題など、

自分でどうにかできることに集中して取り組む。

 

逆に、反応的な人は、国際情勢や株や天気など、

自分ではほとんど防ぎようのないことばかりに

労力を注ぎこんでしまう。

 

自分がどの範囲でエネルギーを費やしているのかに

気づくことは、主体性を高めるうえで大きな一歩となる。

=====

これ、とっても大切な教えだと思うんですね。


この話を聞いたとき、自分は「影響の輪」に集中できていないと痛感させられました。


その話を聞いてから、私も自分が集中すべきことを見失い欠けたとき、

「関心の輪」と「影響の輪」にそれらの項目を振り分けするようにしています。

 

ぜひ、こんな手順で

ご自身の「関心の輪」に入ることと「影響の輪」に入ることを定期的に振り分けてみてください。

 

=====

1) 今、自分が「関心のあること」を書き出す。

2) その中から、「自分が行動すれば結果を変えることができること」を絞り込んでいく。

=====

  

お母さまもお子さんも、使えるネタだと思いますので、

ぜひ、お試しを!!

 

今日は受験生は「卒業式」ですね!!

ご卒業、本当におめでとうございます。

 

まだ、入試の発表が出ていないので、心から喜べないかもしれませんね…。

 

ますますのご活躍、心からお祈りしております。

 

それでは、また明日!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

 


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)