「分かる」ってほんと楽しい!!

【中2・Mちゃんが発したこのひと言。

 そう、それなんです…!!「学び」の楽しさって。】

 

おはようございます。

富久山教室_小菅です。

 

昨日、中学2年生は水曜日に引き続き、

「実力テスト対策」として、「1次関数の問題」の演習を実施。

 

前回よりも、難易度を上げた問題を演習しました。


ここまで来ると、問題レベルとしてはそこそこの問題ですが、

お子さんたちは、私が示した解法に沿って解き進めていきます。


「えっ、これ答えどうなった?」

「う~ん、私、何が違う?」

「やった~!!できたよ!!」


みんな、この難問を解くことを「楽しんでいる」様子。

フムフム…。みんな確実に成長しているなぁ…。


そんな中、Rちゃんとこんな会話になりました。


Rちゃん:「私、今までこの問題出ると、飛ばしてました…。」

私    :「1次関数って、みんなが思っているほど難しくないんだよ。」


そして、Rちゃんがこの後発したひと言…。


=====

「分からなかったことが分かる」って、ほんと楽しいですよね!!

=====


素晴らしい…!!その感覚を知ってしまったんですね…。


これ、学びを深めていくうえで、とっても大切な感覚だと思うんです…。


自分が「何でだろう…?」「なぜだろう…?」という疑問が解決されたとき、

「へぇ~、初めて知った…。」「ふ~ん、今まで気づかなかった…。」という新しい知識を得たときなど、

「分からなかったことが分かったとき」って、本当に楽しいのです…。


そして、楽しいから、どんどん新しいことを知りたくなる。

そして、どんどん追求し、どんどん知識が広がっていく。深まっていく。


Rちゃんは、その感覚を今回の演習を通じて感じでくれたようです。


「ただ点数を上げるための指導」「知識を詰め込むだけの指導」ではなく、

お子さんたちにこういった「学びの楽しさ」を伝えることも、私たちの大切な仕事。


そんなことを、Rちゃんとの会話で改めて感じました。

Rちゃん、どうもありがとね!!


さあ、今日はいよいよ受験生の全体授業はラストです。

最後のひと踏ん張り、張り切っていこうぜ~!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!