心のキャッチボール

【受話器から流れる無機質な「音声ガイダンス」 やっぱり苦手です。】


おはようございます。

富久山教室_小菅です。


昨日、教室に到着したら

宅急便の「不在票」が入っていました。


早速、再配達依頼のための電話をかけました。


すると、「音声ガイダンス」のメッセージが流れます…。

「お荷物の伝票番号を入力してください。」

「配達を希望される場合は1を押してください。」

「配達希望時間の番号を入力してください。」…などなど


宅急便だけでなく、携帯電話やプロバイダのカスタマーセンターも

今はこの「音声ガイダンス」が多いですよね…。


以前からずっと思っているんですが、

私は、この「音声ガイダンス」が大の苦手です!!


忙しいのに、思うように先に進めなかったり、

自分の目的の部署につながらなかったり…。


そして、何よりも「ヒトとヒトの心のやりとり」がないのが

いちばんきついんです…。どうもこの無機質な感じが好きになれない…。


これ、お子さんの学習でも私は同じだと強く思っています。


=====

心のキャッチボールはとっても重要!!

=====


今、お子さんを取り巻く学習環境も大きく変化しています。


動画を使った大変すばらしい教材も昔に比べ

随分安価あるいは無料で提供されるようになり、とっても良いことだと思います。


でも、私の考えは、これらはあくまでも「学習の補助」であり、

「指導の主役にはなれない」と思っています…。


なぜなら、ヒトってやっぱり「心」が大事だと思うんですよね。


例えば、私どもの教室の授業は、小学生のお子さんは1回80分。

たった80分の間ですら、さまざまな「心の変化」があります。

さっきまで一生懸命取り組んでいたのに、急に集中力が欠けるなんてこともあります。

そういったのお子さんの「心の変化」を私たちは読み取り、

適切に声がけをしてあげることがお子さんの指導にとって重要なことだと思うのです。


「よくできたね!!」と褒めてあげたり、「もう1回、よく考えてごらん!!」と注意をしたり…。

冗談を言って笑わせてあげたり、自分の過去の経験を話して共感してもらったり…。

そんなお子さんとのやり取りが、本当に大切だと思っています。


逆に私たちもお子さんからいただく「先生、これ解けたよ!!」「すごい分かった!!」という声や

「ニコニコ」とした笑顔に励まされるんです。


そういった「心のキャッチボール」が指導においてとても重要ではないかなと

私自身は思って、そのことを意識していつもお子さんとの授業に臨んでいます。


せっかく教室に足を運んでいただき、一緒に行う学習が、

「血の通わない無機質な授業」にはしたくないなぁと思っています。


どんなに素晴らしい教材を生かすも殺すも、最後は「ヒトの心」なのではないでしょうか…。


そんなことを「音声ガイダンス」を聞いて、再確認した次第です。


ここのところ、穏やかな天気が続いてますね…。

何となく「春の気配」を感じませんか…。


今日も1日はりきって行きましょうね!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ。











小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)