今日も嫌がらせ弁当 -おススメ書籍紹介6-

【「反抗期」のお子さんに、

 こんなメッセージの伝え方もあるんですね…。感動しました。】


おはようございます。

富久山教室_小菅です。


この仕事をしていると、結構な件数でいただくお話…。

「反抗期なのか、まったく言うこと聞かなくて…。」


育児書などには「子どもが健全に育ってきた証」など書いてありますが、

世のお母さまたちは、ほんと大変ですよね…。


自分はどうだったんだろ…?よく覚えていない…。


むしろ、私の姉のことはよく覚えてます。

中学生から高校生ぐらいにかけては絶頂期だったと思いますね~。

母親とではなく、父親に対する反抗…。


「食事のときの態度で叱られる。そして反抗する。」

「いつまでも風呂に入らず叱られる。そして反抗する。」

「風呂に入ればいつまでも上がらず叱られる。そして反抗する。」…などなど


毎日見てる私の方がうんざりしてました…。


私にも娘がいるんですが、今は「お父さん」「お父さん」って来てくれていますが、

あと数年したら「親父、ウザい…!!」と言われるのかなと思うと、結構キッついですね。


まあ、それも覚悟の上で子どもと接していかないと…。


さて、今日はそんな「反抗期」真っ只中の娘さんとお母さまの心温まるやり取りが書かれた1冊。


=====

今日も嫌がらせ弁当 反抗期ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲

=====


今、大人気で売り切れの書店さんもあるようですね。

もう、読まれましたか?


まあ、この本、おもしろい!! 私はあっという間に読み終わりました。


笑いました…。心が温かくなりました…。最後は涙しました…。


この本、このお母さまの「人がら」がガンガン伝わってきます。

辛口なコメントをしつつも、どこか子どもを思う「母親の優しさ」がガンガン伝わってきます。


毎日遅くまで仕事をしながら、毎朝手づくりのお弁当を作り続けるだけでも大変なことなのに、

それを手のかかる「キャラ弁」で、しかも、その日その日「メッセージ」を変えて作り続ける…。


なかなかできることではありませんよね…。すごいと思います。


反抗期を迎えたお子さんに、別な角度からアプローチしていく。

「ただ言い聞かせるだけじゃなく、こんな努力の仕方もあるんだなぁ…。」と考えさせられました。


私自身も自分の経験上思うのですが、「母親の作ってくれたごはん」って、

お子さんに「強烈なパワー」を与えてくれると思っているんです。


うちの母親は私が高校時代、毎日欠かさず弁当を作ってくれました…。

1度たりとも「買って食べてね」はなかったですね…。本当、感謝してます。

(ただ、高校時代、何度か言ったことがあります。「弁当に「にんじんイカ」はやめてくれ!!)


この仕事について、昔から思っているんですが「最後の踏ん張り・粘り」を見せるお子さんは

食事の時間を見ていると「手作り弁当」や「手作りおむすび」の確率が高いと思うんです…。


コンビニのものを食べるにしても、

必ず「お母さんが作ったものと一緒に」だったり、「お母さんが届けて、ひと言かけていく」だったり、

完全にお子さん任せにせず、お母さんが関与していると思うんですね。


逆にお子さんがお金だけもらって、「カップめん」や「菓子パン」ばかり食べているお子さんは、

どうしても最後の最後で、パワーが落ちてしまうように感じるのです…。


登山家の三浦雄一郎さんもサントリーの宣伝の中で、

「適当なものを食べると、踏ん張れない」的な発言をされていたことを記憶しています。

(発言の内容は正確ではないですが、こんなこと言ったことははっきり覚えています。)


やっぱり「食事」って、身体をつくるだけじゃなく、心もつくっていくんですね…。


そんなことを考えさせられた1冊でした。


まだ、お読みになっていない方。ぜひ、ご一読を!!


今日は風が強いですね…。

受験生の方、今日、自習に来るときは、くれぐれも気をつけていらしてくださいね。


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!






小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)