「やることを細分化し、目に見える化する」

【「おっ、いいね~!!」 受験生Tくん、GOODです。】

 

おはようございます。

富久山教室_小菅です。

 

1月24日(土)に、受験生のTくんと進路について面談をしました。

Tくんとは志望校合格に向けて、

残された期間の塾や家庭での「学習計画」を一緒に考えさせていただきました。

 

そのとき、Tくんは「もぎテストの過去問を1日4セットずつやる」と言ってくれたのですが、

私はその計画を見直すようにお話をしました。

 

というのも、その「やる気」は素晴らしいのですが、

1日に各教科4セットというのは、時間的にも内容的にも厳しい…。

 

今、この時期に必要なのは、「ただ量をこなす」ことよりも、

「できなかったところを1つ1つきちんと確認し直し、理解を徹底すること」です。

 

そこで、Tくんには次のようなことをお話しました。

「塾のない日はもぎテストの過去問、

  数・理・社の3教科を2セットずつ、合計6セットではじめてみよう!!」

「量を減らす分、できなかったところ、わからなかったところを

  教科書を見て確認したり、解説を見たりしながら、確認を徹底すること。」

「その中で、疑問や理解できない箇所を塾で質問できるように、

  しっかりまとめてから塾に来ること。塾は”疑問解決の時間”に割り当てること。」

 

そうお話をして、2年分の「もぎテスト過去問」をお渡ししました。

 

学習を始めて1週間、コツコツと取り組んでいました。


そして、昨日、Tくんは自分なりに”やる気アップ法”を編み出し、実践していました。

その方法とは、

「1日にやる量の過去問をホチキスで止めて、1冊のテキストにしていた。」

 

私はこれを見て、「すばらしい!!」と褒めました。

Tくんは照れながら、「この方がやりやすいなぁと思って…」と話をしてくれました。

 

これ、「やる気」を上げるうえで、とっても大切なことで、

私どもの教室でも、実は良く使う手法です。

 

例えば、定期テスト前に「30枚の課題を解かせたい」と考えたとき、

30枚を1冊のテキストに製本して一気に渡すよりも、

5枚を1冊のテキストに製本して6冊に分冊化した方がお子さんのやる気が上がります。

 

「やること細分化し、目に見える化する」という方法です。

これは、長い指導経験の中で、効果が上がることは立証済みです。

 

Tくんは自分自身でこの方法を発見し、実践してくれたのです。

きっと、Tくんが「できるようになりたい!!」という強い気持ちの表れだと思います。

 

「やることを細分化し、目に見える化する。」

お家ではなかなかやる気が起きないとお子さんに最適な方法です。

 

特に「集中力が持続しない」というお子さんには効き目大です。

ぜひ、試してみてくださいね!!

 

今日も1日、がんばりましょね!!それでは、また!!

 


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)