夢中になる理由はどれも同じ

【今、夢中になっているもの、ありますか?

 勉強のやる気に火をつけるのも、同じ理由なんですよね…。】

 

おはようございます。

富久山教室_小菅です。

 

「なんでお前が野球を始めたのか分からない…。」

 

私の父親が昔を振り返ると、よくこの話をします。

 

たぶん、小学校に入る前に近所のお兄ちゃんたちに混ざってやったのが

野球を始めたきっかけだったと思うんです。

 

野球に限らず、サッカーをはじめ、いろんなスポーツや遊びもしたんですが、

野球だけは本当にずっと続きましたね~。

 

なんだかんだで、結局、大学を卒業するまで野球はやってましたね。

 

高校を選ぶときも、決め手はこの2点。

「県立なら今まで1度も甲子園に行っていない学校」

「私立なら甲子園に行く可能性の高い強い学校」

 

大学に入るときも、「もう、野球はやらない。勉強しよう。」と決めていました。

でも…、入学1週間後には「野球部」に入部していました。

 

なんで、こんなに野球にはまってしまったのか…?

 

それは、自分にとって野球が「おもしろく、魅力的だったから」です。

 

目標や対象に大きな魅力があれば、人は自ら進んで行動します。

自然とやる気が出るのです。というよりも、やりたくて仕方ないという気持ちになります。

 

これって、スポーツに限らず、遊びでも仕事でも、そして勉強でも同じだと思いませんか…?

 

今、やっている仕事や勉強に明確な目標があれば、夢中になってがんばりますよね?

 

ちなみに私は高3の最後の大会に負けるまで、いつもこう思っていました。

「甲子園に行きたい!!行くために今、がんばるんだ…。」

 

だから、その当時、どんなに練習が厳しくても、監督や先輩が怖くても、

下手くそで全然うまくプレーできなくても、最後までがんばれたんだと思います。

 

逆に目標が漠然としていると、行動もぼやけてしまうと思うんですね。

 

「自分は○○になるために、今がんばるんだ!!」

「自分は△△高校に入学して、あの制服を着るんだ!!」…など

自分が「こうしたい」「こうなりたい」という具体的な目標を立ててみてください。

 

別にそれは「お医者さんになって、難病の患者さんを助けたいんだ!!」のように、

志の高い大きな目標でなくてもいいんじゃないかなと私は思います。

 

もし、「別にしたいこともなりたいものもない」という方。

そんなときは、「こうなりたくない」「これはやりたくない」から考えるのもありだと思いますよ。

 

私は「自分の内面から生まれた本当のやる気じゃないと長く続かない」って思っています。

きっかけが周囲のヒトの声がけなどの場合もあるでしょうが、それは一時的なもの。

長く続くやる気って、自分自身から生まれるものなんじゃないでしょうか…。

 

お子さんは明確な目標をお持ちですか…?

ぜひ、お子さんが「目標」を持てるよう、私たち大人がサポートしていきましょうね。

 

今日も1日がんばりましょうね!!それでは、また明日!!

 

<追伸>

あんなに夢中だった野球、仕事についてから全然やっていません。その理由は…、

「塾講師として、1人でも多くのお子さんを笑顔にしたい」という新しい大きな目標ができたから。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)