「コピー用紙」と「あるお子さんの努力」

【まるで、コピー用紙を

 1枚1枚積み重ねるような小さな積み重ねです…。】

 

おはようございます。

富久山教室_小菅です。


私たちはお子さんの「学習プリント」の印刷のため、

毎日たくさんのコピー用紙を使います。

(塾長から「富久山、使い過ぎ!!」と注意されることも…。)


コピー用紙って、1枚にするとほんとにうすいですよね~。

横から見ても、厚みなんて感じないほどです…。


でも、このうす~いコピー用紙も、

2枚、3枚、…と重ね、10枚を過ぎると、かなりの厚みになってきます。


これって、「成績を上げるために必要なこと」と同じだと私は思うのです。


「成績を上げる」ために、皆さんはどんな「努力」をイメージされますか…?

「ハチマキ撒いて、気合を入れて…」とまでは言わなくても、

机に向って、猛勉強という姿をイメージされますか…?


確かに成績を上げるためには、ある程度の「負荷」をかけることは必要です。

机に向って、猛勉強することは必要だと私は思います。


でも、それだけが「成績を上げる」ための方法ではないと思うのです。


例えば、成績を上げている塾生さんはこんな共通性があるように感じます。


 1) こまめに「メモ」を取る。(自分が教わったことだけでなく、友達が教わっていることも)


 2) 疑問に思ったことは、その場で確認する。(解き直したり、調べ直したりする)


 3) 間違えた単語や漢字を、すぐに練習している。(プリントの裏面や空白箇所を使って)


文章にしてしまうと、「何だそんなことか…」という内容かもしれませんが、

今、教室に来ていただいているお子さんで、これが「習慣化」できているお子さんは、

間違いなく、成績が上がっている(あるいは上がる兆しがある)お子さんです。


逆に「成績が上がらない」とぼやいているお子さんに限って、

実はこのように「小さなこと」を見逃してしまっているように感じます。


先に述べた1)~3)の内容って、誰にでも心がけ1つでできる

ほんとに「小さなこと」だと思うのです。


でも、その積み重ねこそが、コピー用紙の積み重ねのように、

やがて「厚み」を増し、「良い結果」を生み出すと私は思うのです。


「コピー用紙を積み重ねるように、小さな努力をコツコツと!!」


お子さんだけでなく、私自身も心がけていくべきことですね。


今日も1日、がんばりましょうね!!

それでは、また明日。


<追伸>

先週、金曜日にフジテレビで放送された

竹内結子さん主演のドラマ「上流階級 -富久丸百貨店外商部ー」見ましたか?

めちゃくちゃ感動して、泣いてしまいました…。自分ももっとがんばらないと…!!


小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)