「コンビニ店員のミス」と「解答のミス」の共通点

【消防士が詐欺罪で逮捕!!コンビニ店員のミスと解答のミスには共通点とは…!!】

 

おはよございます。

富久山教室_小菅です。

 

今朝の郡山は、とにかく風が強い!!

あまりの強さに、我が家では玄関のドアを開けるだけひと苦労です…。

 

みなさん、外出の際はくれぐれもお気をつけくださいね。

 

さて、今朝こんなニュースを見ました。

 

「コンビニで1万3,000円の支払いに1万5,000円を支払った消防士。

 しかし、店員がなぜか「6万円」をもらったと勘違いし、4万6,000円をお釣りで支払った。

 その後、消防士は逮捕されてしまった…。」

 

私はこのニュースを見たとき、お子さんの「解答のミス」と共通点があると思いました。

 

まず、この場合、1万5,000円の支払いをするために、消防士が出した紙幣は

1万円札と5,000円札がそれぞれ1枚ずつなので、合計2枚。

 

ということは、間違えても次のケースしかありません(2,000円札使用は除きます)

「1万円札が2枚=2万円」

「1万円札が1枚、1,000円札が1枚=1万1,000円」

「5,000円札が2枚=1万円」

「5,000円札が1枚、1,000円札が1枚=6,000円」

「1,000円札が2枚=2,000円」

 

ということは、あきらかに4万6,000円のお釣りが発生する場面はないと予測できます。

 

ただ、この店員さんも「忙しさのあまり、パニックしていた…」といいます。

コンビニさんも取り扱い商品も業務内容も多いので、その気持ち、分かります…。

 

きっと、この店員さんも「心に余裕を持って、ひと呼吸おくこと」ができれば、

このミスはなかったと思うのです。

 

実はこれって、「解答のミス」をするお子さんにも同じだと思うのです。

 

たとえば方程式の問題を解いていて、

「みかんは全部で何個ありましたか?」と質問をされているとき、

何の疑いもなく「マイナス○個」などとしてしまうお子さんがいます。

 

でも、ここで「個数がマイナスってありえなくね?」と冷静に判断できないと駄目だと思うのです。

 

解答のうっかりミスをするお子さんの多くは「せっかちなお子さん」だと思います。

(実は私もこのタイプです。よ~く、うっかりミスをしてしまいます…。)

 

「冷静に状況判断」ができていれば、もう1度解答の道筋を確認することができるはずです。

 

だから、できるだけ「心の余裕」を持っておくことって、大切なんですよね~。


自分ももっと「心に余裕」を持って、お子さんと接していかないと考えさせられました。

 

「心に余裕を持って、ひと呼吸おく」 お互い心がけていきましょうね~!!

 

<追伸>

この後すごかったのは店長さんの判断。金額が合わないことを疑問にもち、

冷静に「防犯カメラ」の映像を見て、原因を追究し、逮捕にいたりました。さすがです…!!

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)