「悪い結果が出ること」も覚悟の上。未来を見据えて実施してます。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

今日は土曜日。

 

息子も娘も学校がない土・日曜日は「早起きしなくても良い日」

 

昨晩帰宅し、「よっしゃ、明日はゆっくり起きんぞ!!」と、久々にゆっくり焼酎でも飲んで寝ようかと思っていたら…。

 

家内:「明日、小学校の親子奉仕活動ですけどぉ…。前に伝えてたよねぇ~。」

 

ガビ~ン…。すっかり忘れてました…。

 

なわけで、今朝はいつも以上に早起きして、草刈りしてきました。(;´д`)トホホ

 

******

 

さて、今週1週間、小学生のお子さんたちは「学力テスト」の実施期間。

 

基本は月曜日に「一斉受験」でテストを実施し、火曜日以降の授業にて「解説・解き直し」をしていただく1週間になっています。

 

うちで使っているテストは「全国版」の学力テストなので、正直「学校のテスト」と違ってだいぶ点数が取りにくいテストなんです。

 

学校のテストで「満点」や「90点以上」の高得点を取っている方でも平気で「50点以下」なんてこともざらにあります。

 

それは何でかと言いますと、テストの「出題形式が全く違うから」なんです。

 

******

 

学校のテストは直近の授業で学習した単元の内容を確認する「範囲限定型のテスト」です。

 

例えるならば、バッティングセンターで打撃練習をするような感じ。

 

球種も球速もある程度読める状態ですね。

 

それに対し塾で実施しているテストは「範囲累積型のテスト」で、受験回数を追えば追うほど出題範囲が長くなるテストです。

 

しかも、出題レベルも「基礎から応用まで」さまざまな範囲で出題されます。

 

なので、こちらは本物のピッチャーが投げて打撃をするような感じ。

 

球種や球速はもちろん、コースも複雑に入り混じった状態で打撃をする感じです。

 

こちらは「付け焼き刃」的な学習法ではぜ~ったいに高得点は取れません!!

 

******

 

そんな「難しいテスト」をどうして実施するのか…?

 

その理由はズバリ、これです。

 

======

「高校入試や大学入試に対応できる力を付けさせたいため」

======

 

今、小学生のお子さんも、やがて中学生になり「高校受験」をしますよね。

 

さらに高校生になって「大学に行きたい!!」となれば、「大学受験」もするわけです。

 

そのとき「入試」の問題というのは、今までに学習した「すべての内容」、「基礎から応用」までさまざまな問題が出題されるわけです。

 

「まだ、小学生なんだし…。」「気が早い…。」なんて言われてしまいそうですが、学習にゆっくり時間を掛けることができる小学生のうちだからこそ、こういう問題に慣れさせておきたいし、現時点での「本当の自分の力」を知っておいて欲しいと思っています。

 

テストの結果は「良い」に越したことはないんですが、私自身は「初回の受験は別に悪くても良い」と思っています。

 

初回の受験時に大事なのは「何が分かっていて、何が分かっていないのか。」「何ができて、何ができないのか。」をしっかり把握することだと思っています。

 

そして、それらを見つけたら、しっかりそれを「再学習して、分かるように・できるようにすること」が大事だと思っています。

 

それを毎月、定期的・継続的に行うことで、お子さんたちは少しずつではありますが「時間経過に左右されない”本物の学力”」が身についていきます。

 

こういうことって、なかなか自宅ではやり切れない学習だと思いますし、ぶっちゃけた話、「成績が悪いと塾、辞められちゃうから…。」と手を出さない塾さんも多いんですよ。

 

私自身は「悪いものを正直に伝えること」も塾の大切な仕事じゃないかと思うんです。

 

今悪くたって、最終的に「右肩上がり」になればいいんですもんね。(*^_^*)

 

******

 

ちょっと長くなってしまいましたが、そんな「熱い想い」を持って小学生のお子さんたちと日々、格闘しております。(*^_^*)

 

もし、ご興味ありましたら、お気軽に「教室見学」にいらしてくださいませ。<m(__)m>

 

******

 

さあ、今日はこれから中学生の「テスト対策」の1日です。

 

気合れて行きますよ~!! (*^_^*)

 

それじゃ、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸>

でも、こんな点数を取るのが難しいテストでも「惜しくも満点」という方がチラホラと現れ始めています。

 

この方々も受験当初から高得点だったかというと、決してそんなことはありません。

 

継続して学習を行ってきたからこその成果です。「継続は力なり」とはまさにこのことです。(*^_^*)

さあ、いよいよ「2週間前」になりましたよ~。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨日の夕方。小学生のお子さんたちと授業をしていると…。

 

Yちゃん:「あっ!!」

 

私:「うわぁ、びっくりしたぁ~。急にでかい声出して、どうしたの?」

 

Yちゃん:「ほら、先生。見て、見て!!」

続きを読む

この結果で「終わり」じゃないからね…!! 気を引き締めて行こう!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨晩は中学1年生との授業。

 

まずは私の方から生徒さんたちにこんな声掛けをしてから授業スタート!!

 

私:「今日は後で『新教研テスト』の結果、返すね!!」

 

生徒さんたち:「『新教研テスト』って?」

 

私:「ほら、お盆のお休みに入る前にテストしたじゃな~い。」

 

生徒さんたち:「あっ!! 結果、帰ってきたの? うわぁ~、怖ぇ~。」

 

私:「今、返すと絶対に授業にならなくなるから、やることやってひと区切りできたところで、ゆっくり話をしてから1人ずつ返すから。だから、まずはやることをやっちゃおう!!」

 

******

 

まずは、「定期テスト」も近づいているので、「テスト範囲」と予想されるUNITを中心に「復習演習」を実施。

 

懸命に取り組んでくれてはいるものの「テスト結果」が気になって「100%」問題に向き合えていないのがお子さんの様子から伝わってきます。

 

Tくん:「先生。何時ぐらいになったら返すんですか?」

 

私:「この英語の演習をきちんと終わらせて、いつもの休み時間になったら一旦お話をして返すね!!

   だから、今はまず問題に集中、集中!!」

 

******

 

演習がひと区切りし、返却前に私の方からいろいろと説明。

======

・「偏差値」とはどういう数値なのか?

 

・「市内各高校」の合格基準となる偏差値はどのぐらいなのか?

 

・返却されたデータを見て、今後「どういう心構え」で学習に向かい合っていくべきか? …などなど。

======

 

そして、いよいよ「結果返却」へ。

 

私:「それじゃ、ここからは個別に面談しながら返却していくよ。

   自分の順番になるまで、静かに『数学の演習問題』に取り組んでてね。

 

   それじゃ、先に男の子たちからいくか。じゃ、まずTくん、おいで。」

 

隣の部屋にて「今回の結果」「弱点箇所はどこなのか?」「今後の学習で取り組んで欲しいこと」…などをゆっくり説明して、返却。

 

面談を終えた生徒さんが教室に戻ると、待っている他のお子さんたちから「どうだった?」という声とともに、「スゲェー!!」とか「うわぁ、負けた~!!」…などの声が聞こえてきました。

 

「自分の結果」はもちろんだけど、「周りの友達の結果」も気になりますもんね。

 

全員との「個別面談」を終え、教室に戻ると、予想していた通り「演習そっちのけ」で「結果の見せあい」になってました。(笑)

 

だから、ある程度やらせることをやってからじゃないとその日は授業にならなくなってしまうんですよねぇ~。(;´д`)トホホ

 

まぁ、今日のところはしゃあないか…。

 

「リアルな数字」を見て、「自分の立ち位置」も理解し、お子さんたちには「良い刺激」になったようですし。

 

帰宅時には「俺、ゲームの時間減らして勉強しよう!!」とか「次は偏差値〇〇まで上げたい!!」…などの声が上がっていました。いいね、いいね!!(*^_^*)

 

******

 

あんまり褒めると油断するんで生徒さんたちへの「褒め言葉」はほどほどにしていますが、今回、全体的に中1のお子さんたちは「良いスタート」を切れたのかなと思っています。(トップが「偏差値70」。偏差値「50台から60台」の割合が多かったです。)

 

ただ、生徒さんにも散々釘は刺しましたが、「良くも悪くも、この結果がずっと続くわけではない」です。

 

「良い結果だった~!!」と油断して学習の手を抜けば、あっという間に成績は下がります。

 

逆に「思ったより悪かった…。」という方も、今回の結果を真摯に受け止めて、日々努力を継続していけば、次回の結果は今回よりもグッと上げることもできます。

 

「今後の頑張り方次第」でいくらでも数字を変化させることが「主体的」にできるってことです。

 

あくまでも「もぎテスト」は「現時点での結果」であり、「入試本番」までの「練習試合」のようなもの。

 

テストを通して「理解不十分な箇所」を洗い出し、そこを「今後の学習の新たな課題」として取り組み、次回のテストに備えることが大切ですね。

 

 

次回のテストは「冬休み中」になります。

 

ぜひ、次にテストでは今回以上の結果を出せるよう、共に頑張って行きましょうね!!(*^_^*)

 

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

久々に火を噴きました…。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

「燃える闘魂」、アントニオ小菅が久々に昨日、火を噴きました…!!

 

私:「できないから言ってんじゃねぇよ!! やることやんねぇから言ってんだよ!!」

 

 

ことの始まりは、昨日の夕方。ある中学生との授業でのことでした。

 

この生徒さんは通常の授業に加えて、今「英検」の取得に向け「個別演習」も実施しています。

 

昨日の授業は、夏休みから複数回繰り返して演習を行ってきた問題をウォームアップではじめ、そこから本題の内容に入る予定だったのですが…。

 

あまりにもその出来具合が良くなかったのです…。

 

 

人によって「パッと覚えられる方」もいれば、「じっくり時間を掛けないと覚えられない方」もいるのは事実。

 

だから、一生懸命取り組んでいるものの覚えられないというのなら、私は叱ったりしません。

 

しかし、私の目から見て、その生徒さんはどう見てもそうではない、「塾にこんだけ来てやってんだから、家ではや~んない!!」っていう甘い気持ちが出ているような気がしたのです。

 

 

そこで、私はそのお子さんに問いかけました。

 

私:「ねぇ、家できちんと復習をしてんのかい?」

 

すると、そのお子さんは「ヤバい…。」という表情で黙ったままでした…。

 

私は話を続けました。

 

私:「今、追加している演習。これは自分が『英検と取りたい!!』ってことで始まったんじゃないの?

 

   しかも、この問題は1度や2度の繰り返しじゃないよ。

 

   いい?

 

   1度目の演習よりは2度目。2度目よりは3度目っていう風に演習回数が増えていくにつれ、前回よりも成長していかなきゃ、やっている意味ないでしょ?

 

   授業の中でやってみて分からなかった単語、連語を家に帰ってもう1度覚え直すとか、出来なかった問題をもう1度解き直してみるとか、やるべきことをきちんとやらないと!!

 

   ズバリ言うけど、そんな心構えじゃ、英検なんて受ける意味ないし、受かんないよ!!

 

   別に自分が取らなくても良いっていうなら、こんな毎日のように無理にやる必要なんてないよ!!」

 

 

その後は気を引き締めて取り組んでくれてはいましたが…。

 

できることなら、大声を張り上げるようなことはしたくないんですが…。(;´д`)トホホ

 

******

 

人によって「価値観」は様々だとは思いますが、私自身は「塾に通う」ってことは、やっぱり「自分を成長させていく」ってことだと思うんですよ。

 

「学力」的な部分はもちろん、学習に対する「意識」や「取り組み」…などで成長を果たさなきゃ、通う意味がないだろうって思います。

 

さらに「検定」なんてものは、人に強制されて受けるものでもなく、本当に自分に必要、自分を成長させるために必要と思えばチャレンジすればいいだけなんですから…。

 

 

って、こんなことを言うから「小菅は頭が固いよ!!」「熱過ぎんだよ、あいつ…!!」「時代が古いんだよ…!!」…とか言われそうですが、あえて言っていきますよ!!

 

何だかんだ言っても「できるようになりたい!!」って気持ちが強い子がやっぱり伸びるんですもん…。

 

******

 

さあ、今日も気合たっぷりですよ。頑張って行きましょう!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

みんなが「笑顔」になれるように…。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

早速、昨日から「新教研テスト」の結果返却を「二者面談」or「三者面談」にて始めさせていただいています。

 

昨日は授業を担当していた中3の女子陣を中心に返却を実施。

 

私が「結果、返していくね。」と声掛けすると、みんな一様に「えっ…。見たくな~い。」という表情。

 

ところが…!!

 

いざ、結果を返却すると、さっきまでとは一転。ニコニコっとした表情に。(*^_^*)

 

なかには、自分の成績の上昇の仕方に「えっ?! これ、マジですか?!」と信じられない表情のお子さんの姿も。

 

夏の間、来る日も来る日もコツコツと頑張った成果だと思いますよ。良かったよね!!(*^_^*)

 

******

 

その後、授業終了後に昨日は2件の受験生とのご家庭と面談。

 

そのうちの1件は、今回初めて「新教研テスト」を受験したため、帳票の見方や志望校の決定のアドバイスなどをさせていただきました。

 

結果を見てお母さまは「うちではやっていないようですが、頑張っているんですね!!」と、とても嬉しそうな表情をされていました。

 

そして、お子さん本人も「また、頑張ります!!」と元気いっぱいに答えてくれていました。

 

******

 

どんなお仕事でも共通だとは思うんですが、「自分がお役に立てたとき」「お客さまに笑顔になっていただけたとき」っていうのは、本当に嬉しいことだと思うんです。

 

そして、それがまた励みになって「頑張ろう!!」という活力が湧いてくるものだと思うんですね。

 

 

塾で言えば、「生徒さん」「保護者さま」「私たち」というみんなが「笑顔」になれれば、これはとても良好な状態だと思うんです。

 

 

逆に、生徒さんや保護者さまをガッカリ顔にさせてしまったならば、これほど辛く、悲しいことはないですよね…。

 

 

まだまだ力不足の点があるとは思いますが、これからも引き続き、「みんなが笑顔になれる」よう、自分のできることを精一杯していきます。

 

ぜひ、今後ともご理解とご協力をよろしくお願いいいたします。<m(__)m>

 

******

 

さあ、今日も1日元気出して、張り切って行きましょう!!(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸>

 全員結果がすこぶる良いならいいんですが…。正直、停滞してしまったお子さんもいまして…。

 

 成績が上がった方以上に、停滞してしまったお子さんをどう元気づけて、また頑張っていただくかの方へのフォローがより重要です。

 

 今日以降、また気を引き締めて、面談・授業に臨みます。<m(__)m>

「忙しい~」ってときほど、これをやってみてください。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

今朝、ゴミ捨てに外へ出たんですが、すっかり「秋」の感じですね…。

 

ついこの間までは「猛暑」って感じだったのに、風が涼しいって感じがしましたね。

 

朝晩はタオルケットや毛布を掛けていないと寒いぐらいです。

 

「季節の変わり目」+「夏の疲れが出てくる頃」ですので、どうぞ、体調にはお気を付けください。<m(__)m>

 

******

 

今日は「実力テスト」または「成果テスト」の実施日。

 

果たしてお子さんたちはどんな出来具合で帰ってくるのだろうか…。

 

 

先日、中学3年生の男子陣と「テスト」の話になったんですが…。

 

Rくん:「26日(月)、テストだよ~。」

 

私:「そうだねぇ~。でも、今月はそれだけじゃないよ。」

 

男子陣:「そうなんですか?」

 

私:「うん。8月26日(月)のテストが終わると、すぐ9月12日(木)・13日(金)に『定期テスト』でしょ。

 

   そして、その翌日14日(土)は『新教研テスト』の9月号。

 

   んでもって、中1・中2が『新人戦』の日は、毎年、受験生は『実力テスト』がある。

 

   だから今月は『テストばっかり』なんだよ。」

 

男子陣:「うえぇ~、マジかぁ~。」

 

******

 

毎年のことではあるんですが、これからの時期、受験生のみんなは毎月「テストの受験」が続きます。

 

学校では「実力テスト」、塾では「新教研テスト」ですね。

 

そして、11月にはそこに「定期テスト」が加わります。

 

 

また、ここに「文化祭」や「合唱祭」の準備も加わり、2学期はかなり慌ただしい日々が続くかと思います。

 

ボ~っとしているとあっという間に「冬」になっちゃいますからね。

 

1日1日、無駄にすることのないよう「計画的」に学習を進めていって欲しいと思います。

 

******

 

そのために、まずは1度、自分の「しなきゃいけないこと」をぜ~んぶ「紙に書き出して」みてください。

 

頭の中でグルグルしているよりも、情報が整理されるはずですよ。

 

そして、それらを「優先順位の高いもの」から予定に落とし込んでいくと良いと思います。

 

自分も「やべぇ~。何からやればいいべ…。」ってパニックになりそうなとき、これを実践しています。

 

まぁ、今は取り急ぎ2週間後の「定期テストに向けたテスト勉強」が中心になると思いますが、ぜひ、やってみてくださいね。(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

今、大事なのは「すべきことを忠実に行うこと」ですぞ!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

生徒のみんなから「うわぁ~!!」だとか「見たくない…。」だとか「いらない…。」だとか言われそうですが…。

 

8月10日(土)に受験していただいた「新教研テスト」の結果が届きました。

 

残念ながら「100%成績アップ」とはいかなかったものの、成績を大幅に上げた方が多く、お子さんたちがよく頑張ってくれたと本当に思います。

 

いちばん偏差値を上げた方は前回の試験から「8アップ」でした。(くっ、10まではもっていけなかったかぁ~。悔しい…。)

 

また「5教科総合」では大きく上げらなかったものの、「教科ごと」に見ると大きく成長をしてくれていました。

 

特に「苦手教科」の偏差値を大きく伸ばした方の結果は嬉しかったですねぇ~。(*^_^*)

 

 

しかし…!!

 

これはあくまでも入試に向けた「途中経過」に過ぎません!!

 

「良かった」と油断するのは禁物ですし、逆に「今ひとつだった…。」と今回の結果を引きずっていたても良くない。

 

今すべきことはきちんと今回の結果を見つめて、今、何をすべきかを考え、それを1つ1つ忠実に行っていくこと。

 

そして、昨日のブログでも書きましたが「小さな努力の積み重ね」を継続することだと私は思います。

 

「夏休み」の間だけ「瞬間的」に努力しても、それでは「本物の力」にはなりませんから…。

 

******

 

詳しくは明日以降に面談をしながらお子さん1人ひとりにみっちりお話をすますが「勝負はここから」です。

 

「夏期特訓」の最初にも話をしましたが、夏休み中は毎日のように5時間以上学習をするんですから、やっていることが間違っていなければ、個人差はあるものの結果は必ず良い方向に向かうもの。

 

だから、私の持論としては「講習会直後のテストは上がるのが基本」だと思っていますし、本当に力を試されるのは「9月以降の結果」だと思います。

 

「夏休み」が終わると、学校の授業も再開し、間違いなく「入試対策の学習」は夏休みと比較して必ずペースは落ちます。

 

そのため、8月にグッと上げた成績が9月のテストではもとに戻ってしまったり、下手をするとそれ以下に下げてしまったりすることもあります。

 

また、9月は「定期テスト」もあるため、家庭学習の大半はこちらの対策が中心になるはず。

 

ここで「集中力」を切らすことなく、お互い、力を合わせて頑張って行きましょう!!

 

それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

今日は「自戒」の意味も込めて、熱く語ってみます…。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

「小さな努力の積み重ねが大きな差を生む」

 

 私が今日までとても大切にしてきている「教え」です。

 

年齢も「人生の折り返し地点」に差し掛かかって、自身の体験・またお子さんとの授業をしてきて感じるのは、正直「才能の差」というのはあるなぁとは思います。

 

「天性のもの」というか、その人だけが持つ「特殊能力」というか…。

 

 

例えば「同じ問題」やらせたときに、何回やってもなかなか覚えられないお子さんもいる中、パッと見ただけでサラッと覚えてしまえるお子さんもいます。

 

「同じ学年なら、絶対この子に勝てないわ…。」と思うようなお子さんもいます。

 

******

 

でも、その一方で「それが『結果の差』を生む全ての要因ではない!!」とも感じるんですね。

 

お子さんとお話していて、たま~にこんなお話を耳にすることがあります。

 

「自分はどうせバカだから…。」

 

「だって、あいつ、超頭良いもん…。あいつは特別だよ…。」…などなど。

 

 

でもね、これだけはちゃ~んと知っていてくださいね。

 

どんなに「素晴らしい才能」を持っているヒトでも、「才能に溺れてしまったら結果は出せない」ってことを。

 

みんなから見て「あの子は特別だよ!!」って思える子も、それはちゃ~んと結果を出すべく、努力をしているから結果を出しているんだってこと。

 

「努力なし」で「才能」だけで勝負していたら、必ずどこかの段階で「頭打ち」が来ます。

 

いつも「どうやったら、もっと上手になるかな?」「どうやったら、もっと効率良く覚えられるようにでききるかな…_?」と考え、いろいろと調べては試し、改善を繰り返しながら努力を続けていくことが大事だと私は感じています。

 

******* 

 

そういう努力をしている方は本人が語らなくとも、その「雰囲気」から努力している様子を伝わってくるものです。

 

「あいさつ」の仕方、「解答用紙に書く文字の丁寧さ」、「間違えた問題の扱い方」や「メモの取り方」、「プリントの整理方法」… などなど。

 

1つひとつの「所作」から「取り組み方の真剣さ」がガンガン伝わってくるもんです。

 

こういう雰囲気を発して来たとき、その方は本当に「自分自身のために頑張っている」と感じます。

 

******* 

 

他の人を眺めて「あの人は凄いなぁ!!特別だよ。」と言う前に、「今の自分にできる最善の努力」をしていきませんか?(もちろん、私自身「自戒」の意味も込めて行ってます。)

 

「小さな努力」であっても、それを積み重ねていけば、やがて「大きな差」が生まれるもんです。

  

ぜひ、お互い、頑張って行きましょうね!!(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 「新教研テスト」の結果は本日到着予定です。来週から随時「面談」をしながら返却していきますね。<m(__)m>

WOW!! まさか、こんなところに…。(*^_^*)

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

今日から市内の小・中学生は「2学期」がスタート!!

 

我が家には、息子・娘に「ちょっと、早くしなさいよ~!!」と叱る、「いつもの日常」が戻ってきました。(笑)

 

ってか、息子は夏休みの間もずっと同じようなこと言われていた気もしますが…。

 

とばっちりがこちらにこないうちに、そ~っと逃げとこ…。

 

******

 

今日は全然、授業の話とは関係がないんですが…。

 

おとといのこと。駐車場に車を停め、教室に向かっていたときのことなんですが。

 

いつものように郵便物の確認をしようと郵便受けに向かっていたら…。

 

私:「あらら、まさかこんなところに咲くなんて…。」

 

なんとビックリ、側溝の蓋のところから「ユリの花(だよね?)」が咲いているではありませんか…!!

続きを読む

「反復練習」の成果だね!! いいね!!(*^_^*)

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

いよいよ今日で「夏休み」も終わり。

 

きっとお子さんたちは「あぁ、また学校かぁ~。」って気分ですかね。

 

まぁ、確かに毎朝早起きして学校に行くっていのうは大変ですけど、いざ学校に行けば仲間とワイワイやって楽しいと思うんですよね。

 

「動き出すまで」は面倒であっても、「行ってしまえば楽しい!!」って感じでしょうかね。(*^_^*)

 

取り合えず明日1日行けば、土・日とまたお休みですので、明日は元気いっぱいで登校してくださいませ。<m(__)m>

 

******

 

それでは、昨日の授業の様子を。<m(__)m>

続きを読む

学校が始まったら即「定期テスト」ですよ~!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

いよいよ「夏休み」も今日・明日の2日間を残すのみとなりました。

 

毎日「宿題やれ~!!」「夜更かしすんじゃな~い!!」「ゲームばっかりやってんじゃないよ~!!」…などなど、お子さんを怒鳴り続けたお母さま方。

 

本当にお疲れさまでした。<m(__)m>

 

やっと、その大変な日々から解放されますね!!(笑)

 

と言っても、「普段の生活」に戻っても同じようなことを言い続けるようになるとは思うんですが…。

 

それでも、学校が始まれば「夏休み」よりはずっと「規則正しい生活」に戻るでしょうから、言葉の掛け方・回数もだいぶ変わるかと思うんですよね。

 

あと残り2日間、お互い、頑張って行きましょう!!(*^_^*)

 

******

 

さて、今日はちょっと真面目なお話。

 

昨日、9月度の授業予定を改めて確認していたんですが…。

 

私:「いや、こりゃ、マジで忙しいな…。」

 

郡山市は今週金曜日から学校が始まるわけですが、学校が始まり1週間が過ぎると、すぐに9月。

 

あっという間に「定期テスト実施日2週間前」になります。

 

うちの教室では岩江中学校の皆さんを除いたすべての中学校さんが9月11日(水)~13日(金)の間の2日間で「定期テスト」になります。

 

「あぁ、夏休みが終わったなぁ~。」なんてのんびりしている暇もなく、あっという間に次のテストです。

 

うちの教室でも早速8月31日(土)からは「テスト対策」を実施していきます。

 

詳しいご案内は本日中にご郵送もしくは生徒さんへ手渡しさせていただきます。

 

届きましたらすぐに内容をご確認くださいませ。<m(__)m>

 

******

 

9月は2週連続で「連休」もある、「新人戦」も「実力テスト」もあるで、イベント目白押し。

 

併せてそろそろ「文化祭」や「合唱コンクール」の準備も始まり、お子さんたちも毎日が目まぐるしい日々になることが予想されます。

 

お盆が過ぎ、ちょっと涼しくなってきたこの頃に「夏の疲れ」が出てきたりするもの。

 

くれぐれも体調を崩されないよう、ご注意くださいね!!(*^_^*)

 

******

 

さあ、今日も1日、元気出して行きましょう!!(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

私の儚い願いです…。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨日、授業時間前や授業の合間の生徒さんの様子を見ていると、一生懸命学習を進めている方がとても多かったのです。

 

私は恐る恐る生徒さんに尋ねました。

 

私:「もしかして、まだ(学校の)宿題が終わっていないの…?」

 

生徒さん:「はい…。急がないと間に合わないかもなんです…。」

 

その後、1人の生徒さんのお母さまから「学校の宿題が終わらないので、申し訳ないのですが今日は授業休ませてください。今日中に完了させて明日からは行かせます。スイマセン。」というメールが入りました。

 

ここ数年思っていたんですが…。

 

あくまでもこれは私の個人的な願いです。

 

「もう少しだけ、夏休みの宿題を減らしていただくことはできないでしょうか…?」

 

「今のお子さんは宿題が少ないとそれに甘えてしまうから」「基礎学力の向上のために、夏休みのうちにたくさん問題を解かせないと」…など、学校の先生方のお考えも十分理解できるんですが…。

 

どうも生徒さんの様子を見ていると、終わらすだけで精いっぱいで、「間違いをゆっくり解き直す」、「抜けていた知識を入れ直す」…などまで手が回っていないような感じがするんです…。

 

ひと言でいうなら「問題の取り扱いの”丁寧さ”に欠ける」ような気がするんです。

 

単純にサボっていて終わっていない人もいますけど、昨日終わらないと言っていた生徒さん、ご欠席された生徒さんは決してそっちのタイプではない生徒さんたちです。

 

むしろ、「真面目な生徒さん」ばかり。(「真面目」が故にどの宿題も「完璧」を目指して遅くなってしまっているのかも知れませんけど…。)

 

******

 

 

私個人の意見としては「全体の統一した宿題は”最低限の分量”で良い」と思っています。

 

その代わり、生徒さんに力を入れて欲しいのは「個人的に苦手と感じている教科や単元をじっくり復習すること」だと思っています。

 

例えば「ずっと苦手だった『連立方程式の文章問題』を徹底的に復習する!!」とか「もう1度、歴史の流れを最初からゆっくりまとめ直したい!!」とか、自分なりに「克服テーマ」を持って学習をする時間をたくさん取って欲しいと思っています。

 

 

ところが「宿題」があまりにも多量だと、どうしても「提出しなければならないもの」が学習の最優先になりますんで、なかなかそういった学習に時間を掛けるのが難しくなってしまうような気がします。(特に1つ1つのことをこなすのに時間が掛かるタイプの生徒さんや真面目な女子生徒さんなど。)

 

******

 

「夏休みの5教科合本のテキスト」以外に、「各教科のワーク」や「プリント」、そこに「作文」「感想文」などの「生み出す系」の宿題…などなど。

 

「計画的」に行えれば終わる分量だとは思いますが、実際問題としてお子さんって毎日ずっと勉強だけしているわけにはいかないですからね。

 

まだ「部活」が続いているお子さんもいますし、ご家庭での予定もありますからね。

 

******

 

でも、生徒さん自身も「宿題が多い!!」と文句を言うだけじゃなく、「計画的」に学習を進めること、「自主学習」に弱点克服の学習を積極的に取り入れることなどの「工夫」や「努力」も必要ですよ。

 

 

******

 

まぁ、私の願いは叶わないのは重々承知しております…。

 

取り合えず、宿題が終わっていない生徒さんは急ピッチで完了を目指してくださいね。

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

のんびり普段の「日曜日」って感じでした。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

******

 

昨日は「休校日」

 

夏休み中、子どもたちとゆっくり過ごせるのもこれが最後かなと思い、昨日は子どもたちと過ごす時間が大半でした。

 

と言っても何か特別なことをしたわけではないんですが…。

 

午前中は娘の練習も兼ねて、私自身も運動のためプールへ。(息子はこの間に宿題を進めていました。)

 

昨日は開成山プールが使えなかったため、屋外プールへ。

 

昨日はほんと飛びっきり暑かったんで、今朝の段階でも肌がかなりピリピリしてます。(;´д`)トホホ

 

 

午後からは息子も連れて、その辺に買い物へ。

 

まずは娘の「学用品」と「上履き」を買いにヨーカドーさんへGO。

 

以前、保護者さまがこんなお話をされていたんです。

 

「子どもって夏休みの間に『足』が大きくなっちゃうんですよ!!」

 

そのお話を聞いたとき、うちはまだ息子しかいなかったですし、かなり小っちゃい頃だったんで「そうなんだなぁ~。」ぐらいにしか思っていませんでしたが、今はそのお話、とても分かるなぁって思います。

 

ついこの間新しいのを買ったばかりのような気がするのに、すぐに買い替えって感じで…。

 

息子に至っては「制服がキツイ…。」と言い始め、先日、学生服を買い替えしました。

 

確かに、寝ているときの後ろ姿見ると、「こいつ、こんなに大きかったっけ…?」と思うようになりましたもんね。

 

肩幅や下半身がかなりガッチリとして「男」って身体つきになってきましたもんね。(全然、体育会系じゃないのにねぇ~。)

 

「何かまだ使える感じなのに勿体無いなぁ~。」とは思うんですけど、きついの無理矢理履かせたり、着せたりしているわけには行かないですもんねぇ~。

 

 

親になってみてつくづく思いますが、子どもを育ってるっていうのは何だかんだ言っても「お金」が掛かりますよね。

 

そこに自分は「野球」やってましたから、親はさぞ大変だったろうなって思います。<m(__)m>

 

改めて親には感謝ですし、自分も頑張らないといけないなぁと思います。

 

 

保護者さまにはそういった背景のもと、うちの費用をご納入いただいているわけですから、「ちゃんと結果を出さないと…!!」と「強い責任感」を持って授業に臨ませていただいております。

 

 

さあ、今日からまた頑張って行きましょうね!!(*^_^*)

 

生徒の皆さん、改めてよろしくお願いします。<m(__)m>

 

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 1日の最後は、家族で「花火」をして終了。今年の夏休み中で、昨日がいちばん「夏休み」って感じでした。(*^_^*)

 

生徒の皆さん、お疲れさまでした。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

******

 

昨日にて中学生の「情熱の夏期特訓」、小学生の「夏の大勉強会」の全日程が終了。

 

まずは、生徒の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

特に中学生の皆さんは7月21日(日)から講座がスタートしてますので、約1か月に渡りました。

 

途中、休みはあったものの今年は例年以上に暑く、室内の室外の気温差も大きく、体調を整えるのも大変だったかと思います。

 

そんな中、今年は「体調不良」での欠席者が本当に少なったんです。

 

※ 例年だと「講習2週目あたり」から具合の悪くなる方が結構出ます。

 

これも、生徒さん自身の体調管理はもちろんですが、お家の方(特にお母さま方)のサポートがあってこそのことかと思います。

 

改めて、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。<m(__)m>

 

 

昨日の帰り、富塚とも話をしていたんですが、今年は本当に生徒の皆さん、頑張っていたと思います。

 

そして、だいぶ力をつけてくれましたし、何よりも学習に対する「意識」がかなり上がったと思います。

 

 

以前はすぐに「分からない…」と言って投げ出してしまっていた生徒さんも、「諦めない粘り」が出てきました。

 

この良い感じが持続、さらに上がっていっていただけるよう、また明日から私たちも頑張りたいと思います。

 

 

今日は「休校日」ですので、ゆっくり休んで明日以降に備えていただければと思います。(*^_^*)

 

また、明日から頑張って行きましょう!!

 

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

中1・中2・小学生も授業再開で~す。(*^_^*)

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

******

 

昨日のから中1・中2、小学生のお子さんたちも授業再開。

 

今週いっぱい、中1・中2も中3同様、各教科夏休み中に学習したことの「総まとめ」を実施する予定です。

 

特に理科・社会についてはもう1度「一問一答」の演習に加え、「図」や「表」を使ったまとめ問題もぎっちり行っていきます。

 

せっかく「用語」は覚えても「図」「表」に落とし込めないと点数に結びつかないですからね。

 

続きを読む

さあ、今日からまた頑張って行きましょう!!(*^_^*)

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

******

 

多分、一般には今日まで「お盆休み」という方が多いかと思うのですが、富久山教室は今日から授業再開となります。

 

皆さん、お休みはゆっくりできましたか?

 

自分は正直言うと、さほど休みという感じはなかったです。

 

先日もブログに書きましたが、お墓参りをしたり、うちの子どもたちの宿題の手伝いしたり、講習会中になかなか手をつけられない業務などしていたりしたら、あっという間に休みが終わってしまいました。

 

唯一、休みっぽいことをしたなぁと言ったら娘とプールに行ったぐらいで…。

 

でも、あんまり休みすぎると「休みボケ」になるんで、自分にはこのぐらいでちょうど良かったのかなと。

 

ただ、生徒のみんなは「あぁ、もうちょっと休み欲しい~!!」って感じかも知れませんね。<m(__)m>

 

******

 

ついこの間「8月」になったばかりだったのに、もう今日で「半分」終わりですもんね…。

 

先日も書きましたけど、ほんと月が経つのが早くて、早くて…。

 

もう、次の「定期テスト」に向けて準備始めないとマズいですね。

 

さあ、今日からまたエンジン全開で頑張って行きましょう!!

 

 

皆さん、くれぐれも「休みボケ」した感じはなしですぞ!!(気持ちは分かるけど…。)

 

こんな日こそ、自分からどんどん積極的に声出して、動くことを意識して行きましょうね!!(って運動部じゃないから声を出す必要、動く必要もないのか…。)

 

さあ、今日も1日元気出して行きましょう!! 

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

今日はプライベートな内容になっちゃいました…。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

******

 

昨日の日中は子どもたちの「宿題」に付き合わされ、休みという感じがまったくせず…。

 

私:「このまま終わってしまったら、せっかくの休みが勿体ない…!!」

 

ということで、まだ宿題が終わっていなかったものの、娘を連れ出し夜の「開成山プール」へGO!!

 

昨日もがっちり泳いできました。そのせいか、今日はちょっと背中が張ってます。泳ぎすぎたな…。

 

 

えっ?息子は連れってあげないのってですか?

 

いや、誘わないんじゃなくて、うちの息子が拒否なんですよ。

 

何てったうちの息子は「運動しないと調子が悪い」という自分とはとはまったく「逆」

 

「運動、大嫌い!!」の人なんです…。(;´д`)トホホ

 

それでも小学生のうちは誘えば「行く、行く!!」って感じでしたけど、それも「夜のプール」のときだけでしたかね。

 

今思えば、「夜にお出かけできる」っていうのが楽しみだったからなのかなって気がしますね。

 

当時はまだ「開成山プール」がなかったんで「鏡石」まで行ってたんです。

 

プールで遊んで、帰りにスーパーによってアイス買って食べたり、ラーメン屋によってラーメン食べたり。

 

 

ほんの2年前ぐらいのことなのに、すっかり昔のことのように感じます…。

 

時間が経つのってほんと早いですね…。

 

 

何だかんだ言って息子ももう「中学校生活の折り返し」に差し掛かってしまいましたもんね…。

 

果たして来年の今頃、どんな感じになっているのやら…。

 

のんびりマイペースの人なので、見てるこっちの方が焦ってしまいます、ほんと。( ´Д`)=3 フゥ

 

 

すんません…。今日はかなりプライベートな内容になってしまいましたね。

 

お休みも今日と明日の2日のみ。

 

皆さん、良いお休みをお過ごしくださいませ。<m(__)m>

 

それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

教室にいるときと変わらない…。むしろ、大変です…。(;´д`)

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

******

 

昨日から14日(水)まで塾はお休み。

 

皆さん、ゆっくりお休みになられてますか?

 

 

自分は「やっとゆっくりできる!!」と思っていたんですが…。

 

 

家内:「宿題が終わらないなら、山形(家内の実家)には行けないからね!!」

 

息子も娘もまだ「学校の宿題」が終わってないんですよ…。

 

特に娘は「読書感想文」&「ポスター」という大物がまだ残ってまして…。

 

 

ということで、昨日はせっかくのお休みにも関わらず、娘の「読書感想文」のお手伝いをしてました。

 

これじゃ、いつもの日常となんら変わんないです…。(;´д`)トホホ

 

 

自分で書くのはそんなに大変じゃないですけど、人に書かせるっていうのはなかなか骨が折れます…。

 

しかも、「血の繋がり」があると、妙に感情的になって語り口も熱くなってしまうもんです。

 

生徒さんたちに教えるときの方がずっと楽ですね。

 

 

何とかかんとか、やっとの思いで「感想文」が終わったのも束の間。

 

今年は「感想文」のほかに「本の紹介文」とやらもあるというではないですか…。しかも、「3冊分」も。

 

学校の先生、ちょっと分量、多くないっすか…。

 

ワークやプリントなどの「作業系」ならまだしも、「考える系」「生み出す系」は構想を考えたり、結構時間も掛かるし、大変ですよ…。

 

 

 

でも、愚痴ったところで何の解決にもならないですし、自分も早くのんびりゆっくりしたいんで、息子と娘には頑張てもらわないとな…。

 

さあ、何とか今日中に終われるように頑張るぞ、子どもたちよ!!(*^_^*)

 

 

皆さん、よいお休みをお過ごしくださいませ。

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

まずはひと段落ってとこですかね…。お疲れ様でした。<m(__)m>

続きを読む

さあ、今日は「もぎテスト」です。頑張ってくださ~い!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

今日はお盆休み前、最後の「夏期特訓」の日。

 

中学生は各学年「新教研テスト」の受験になります。

 

 

私自身はテスト実施当たり、「思い」はいつもこんな感じです。

 

「練習してないことができないのは全然OK。

 

 でも、夏休みに何度も繰り返し練習してきたことはできて欲しい!!」

 

 

実はまじめな生徒さんほど、こんな思いが強すぎるんです…。

 

「全部、当てなきゃ…。」

 

 

でも、「新教研テスト」って学校の「定期テスト」とは違って、問題のレベルがいろいろあるわけです。

 

「基本中の基本」っていう出題から「これ、ちょっとキッツイなぁ~。」という出題までほんと様々。

 

 

だから、現実の話として「全部正解する」っていうのは難しいと思うんです。(成績がかなり優秀な一部もの方を除き)

 

 

なのに、先に述べた思いが強すぎる真面目な生徒さんほど、さっさと見切らなければ問題にとらわれすぎて、正解を導ける問題でミスを犯すようなことが出てきてしまうわけです。

 

 

そんなわけで、私はいつも生徒さんには”心構え”としてこんな話をします。

 

「自分の今持っている力できちんと打ち返せる問題をしっかり打ち返すこと。

 

明らかに今の自分の力では太刀打ちできないと判断したら、さっさと見切りをつけること。

 

それをきちんと識別できるようにすることも大事なことだよ。」

 

 

夏休み中、毎日繰り返し取り組んできた「基礎トレ」&「過去問演習」

 

そこで練習したものがしっかりとできてくれれば自分としてはOKだと思っています。

 

 

もし出来なかったとしても、そこをしっかりと発見し、復習し、次回のテストに備えることが「もぎテスト」の大事な役割ですからね。

 

 

みんなが毎日の練習の成果を無事発揮してくれた結果になることを、願ってます。

 

今日ラスト1日、頑張ってください!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

親御さんのご協力に心から感謝です。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

******

 

いよいよ、お盆休み前の「夏期特訓」の講義は今日がラスト!!

 

明日は中1から中3まで全学年「新教研テスト」の受験となります。

 

お子さんたちの様子を見ると、週半ばの「休息日」を取ってはいるものの、だいぶ疲れが出てきた様子が見られます。

 

この暑さのせいもあるかも知れませんね…。

 

ほんと、連日朝からかなり暑いですもんね…。あぁ、冷たいプールにず~っと入っていたい気分です。

 

残すところあろ僅かですので、お互い「気力」で乗り切って行きましょう!!(*^_^*)

 

******

 

昨日、「夏期特訓」の講座が始まる前の時間。

 

一生懸命「学校の課題」を進めているお子さんの様子を見ていたら、ある2人のノートに目が留まりました。

 

私:「いい学習の仕方してるね!!」

 

その2人のノートはこんな感じでした。ジャジャジャン!!

続きを読む

野球も作文・感想文もここが肝心だ!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

******

 

 

「今日はジャンケンで勝ったら必ず『先攻』を取るんだぞ!!

 

 そして、何が何でも初回に1点、取りに行くぞ!! いいな!!」

 

 

これは自分が中2のときの中体連のときに顧問の先生が試合前に行ったひと言。

 

相手は秋の「新人戦」、春の「市民体育祭」で大敗していた郡山六中。

 

当時の郡山六中は選手1人ひとりのレベルが高く、うちはまったく手も足も出ないって感じでした。

 

でも、そんな格下の自分たちが勝つためにはってことで顧問の先生は熱く語ってくれたんです。

 

そして、こんな話も合わせてしてくれました。

 

「相手は今の自分たちよりもずっと力は上かも知れない。

 

 だからこそ、初回に『今までと違う…。』って相手に思わせ、相手の気持ちを揺さぶることが大事だ。

 

 いいか、勝負は初回。まずはここに集中だ。いいな!!」

 

そして、結果はというと…。実はうちの中学校、この試合、勝ってしまったんです…。ビックリです。

 

 

 

中学生というのは勢いに乗ると恐ろしいもので、その後、決勝まで進み、見事「優勝」。

 

そして、県中大会決勝でもう1度郡山六中と対戦するんですがそこでも勝利し「県大会出場」

 

さらに、県大会も優勝し、実は東北大会まで出場したんです。

 

******

 

さあ、今日は何を言いたいのかと言うと、この話に繋げたかったのです。

 

======

作文や感想文も『最初』が肝心!!」ってこと。

======

 

昨日、「感想文」「人権作文」を仕上げにきた中1・ボーイズに私はこんなことを話しました。

 

私:「いいかい。この作文を出すのは君らだけじゃない。他のお友だちも出すだろ。

 

   学校の先生ってのは、それに全部目を通すわけでしょ、忙しい中。

 

   しかも、それは何十人分ってあるわけじゃん。ハッキリ言って『大変』なんだ…。

 

  

   例えば、『感想文』

 

   何も工夫がないと、ほんとに大多数の人がこんな書き出して書くんだよ。

 

   『僕はこの夏休みに〇〇〇という本を読みました。』ってね。

 

   もし、自分が先生だったら間違いなくこう思う。

 

   『どいつもこいつも同じ…。つまんねぇなぁ~。』ってね。

 

   しかも、その字が汚い字だったりしたら、完全に読む気が失せちゃうでしょ…。

 

 

   だからね、『最初』が肝心なの。

 

   読む先生にね、『ん…。何だ?』とか『おっ!!これは面白そうだな…。』って思わせないと。」

 

するとボーイズたちは「なるほど…。」「じゃあ、どうすれば…。」という表情で聞いてくれていました。

 

私はその後、こう続けました。

 

私:「いいかい、ここがポイントだよ。

 

   一番最初に”これ”をドカ~ンと言い切るんだ。それはね…。

 

   『自分がこの作文でいちばん言いたいこと』、つまり『結論』だ!!

 

    具体的に言えば、感想文なら『この本を読んで今後、どういうことに気をつけていきたい』、

    人権作文なら『みんなが良くなるために〇〇するべきだ』とかって感じね。

 

   そういう”強烈なインパクト”で読み手にフックを掛けるんだよ。

 

   そうすることで、先生はこう思うんだよ。『ほう、続きを読んでみるか』ってね。

 

   後は、考えるきっかけとなった出来事や具体的な事例、そこから何を考え、今回の結論にたどり着いたのかを書いていけばいいだけだよ。

 

   それだけで、だいぶ仕上がりに違いが出てくると思うよ。さあ、やってみっかい!!」

 

するとボーイズたちは満面の笑みで手を動かし始めました。その後、黙々と原稿用紙に向かって1時間半ほど書き続け、何とか「下書き」は終了。

 

ここまで仕上がってしまえば、あとは細かいチェックだけ。(´▽`) ホッ

 

本人たちも「やった、終わった~。」と喜んで帰宅しました。

 

 

その後、ボーイズの1人のお母さまから「本人が今日、先生のところに行って(作文を)やってきて良かったと喜んでました。」との嬉しいメールをいただきました。

 

少しでもお役に立てたのなら本当に嬉しいです。こちらこそ、ありがとうございます。

 

 

 

もし、『作文』や『感想文』の書き出しに困っているのならば、ぜひ、この方法を参考にしてみてください。

 

きっと、その後の流れが続けやすくなると思いますよ。(*^_^*)

 

******

 

今日も朝からほんと暑いですね…。とろけちゃいますね…。

 

暑さに負けず、頑張って行きましょう!!(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

さあ、あとひと踏ん張りだ!! 頑張って行こ~!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

******

 

まずは、この場をお借りして保護者様に御礼を申し上げます。

 

「たくさんのお心遣い、本当にありがとうございます。<m(__)m>」

 

アイスやゼリー、甘いものや栄養ドリンク…など、連日たくさんの差し入れをいただいてしまっています。

 

お気遣いをいただきまして、本当に申し訳ないです。<m(__)m>

 

でも、そのお陰で何とか連日の暑さ&ハードワークに屈することなく、ここまでやって来れてます!!(笑)

 

また、連日の授業に対しての「労いのメール」や「お手紙」も本当に励みになってます!!

 

心から感謝です!! ありがとうございます!! <m(__)m>

 

何だかんだ言って「お盆前」の講習会も今週いっぱいで終わり。残すところあと僅かです。

 

残りの期間もお子さんたちとともに精一杯頑張ります。(*^_^*)

 

******

 

今日は久々に授業の様子を画像にて。

続きを読む

「夏休み」だけじゃなく、「夏休み以降」も継続が大事だよ~!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

******

 

ここ最近、本当にこの言葉しか出てこないです…。

 

「マジ、暑いな…。」

 

教室には現在4台のエアコンがあるんですが、日中のこの暑さ+生徒さんの熱気でなかなか冷え切らないんです…。

 

それでも外から教室に入るとかなり涼しいことは実感できるんですが、ずっとその部屋にいると涼しい感覚がなくなってしまいます。(;´д`)トホホ

 

私は普段、どちらかと言えば「水分」をあまり意識的に取る方ではないんですが、今年の夏は意識的に取るようにしています。

 

7月の肌寒さが嘘のような8月の気温。

 

どうぞ、皆さんも体調を崩されませんよう、ご自愛くださいませ。<m(__)m>

 

******

 

先日のブログでもお書きしたんですが、授業や質疑応答など、仕事がかなり「過密状態」でして、なかなかお子さんたちの様子を画像に収めることができず…。

 

こちらをご覧くださっている保護者さまには大変申し訳ないと思っております。<m(__)m>

 

でも、お子さんたちは毎日一所懸命取り組んでおりますので、ご安心くださいませ。

 

 

今日は中1・中2の取り組みを少しだけご紹介。

 

 

中1・中2のお子さんたちも先週木曜日から新教研テストの「過去問」を使いながら、各教科「実戦演習」を行っています。

 

 

「テスト」と言っても、新教研テストに代表される「もぎテスト」の問題は、学校の「定期テスト」の問題とはまったくタイプが違います。

 

 

学校のテストは基本的に「範囲限定」のテスト。

 

出題される内容は基本的には直近で学習した内容の確認がほとんど。

 

しかも、学校から配布される「テスト範囲表」には「これを勉強しておきましょう!!」と細かく勉強のアドバイスまでしてくれてのテスト。

 

そのため、きちんと繰り返し練習をすることで「好結果」を出すことは十分可能です。

 

 

それに対して「もぎテスト」は、「範囲累積」のテスト。

 

回数を追えば追うほど出題範囲が広がっていくタイプのテストのため、今まで学習した内容のあらゆるところから問題が出題されます。

 

また、その問題の難易度も「基本レベル」のものから「応用レベル」のものまでさまざま。

 

そのため、「定期テスト」では好結果なお子さんでも、こちらのタイプのテストになると「点数が取れない」となることは、決して珍しくはありません。

 

 

このタイプのテストに対応できる力をつけるためには、「短期的な詰込み」ではなく、「定期的・継続的に過去の学習内容を振り返ること」が大切だと私は考えています。

 

 

ですので、今、学習している問題を、夏休み以降も定期的に「復習」してもらうことが大事ですね。

 

とは言え、お子さんは黙っていたら間違いなく日々の「宿題」や「自主学習」だけやって満足って形になってしまいますから、こちらからどんどん仕掛けていこうと思っています。

 

最終的には「高校入試本番にきちんと対応できるだけの力をつけること」が目標ですからね。

 

お互い、頑張って行きましょう!!(*^_^*)

 

******

 

さあ、今日も1日、暑さに負けずに張り切って行きましょう!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

準備、整いましたよ~。

続きを読む

さあ、今日からの1週間はノンストップですよ~!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

******

 

昨日は「ふくやま夢花火」の実施日でした。

 

生徒の皆さん、ゆっくり楽しめましたか?

 

いつも言ってますが、大事なのは今日ですよ、今日。

 

「楽しいこと」があった翌日の動きがとても大切ですからね!!

 

今日、ぼ~っとしてたり、疲れた表情だったりしたら、自分からの激が飛びますよ~!!

 

「遊ぶときは遊ぶ、学ぶときは学ぶ」という「気持ちの切り替え」を意識していきましょうね!!(*^_^*)

 

******

 

私も昨日は早朝にさっさと仕事を終わらせ、心身ともに「休息日」って感じでした。

 

娘と開成山プールに向かい、ぎ~っちり2時間、泳いできました。

 

久々に長時間泳いでちょっと疲れましたけど、いい意味での疲れでしたね。

 

やっぱり自分は根っからの「体育会系」なので、身体を動かした方が調子が上がります。

 

しかも、講習会中はエアコンにばっかりで汗をかかないのも私の身体には良くないようです。

 

 

今年は去年までと違って、娘も「泳力判定」に合格して50mプールで泳げるようになったんで、私も好き勝手に泳げるようになったのはホント楽です。(笑)

 

去年までは一緒に行くと、基本的に自分は泳げず、娘の「監視役」って感じでしたので…。

 

私はの~んびり、ゆったり、娘は一生懸命、バシャバシャバシャって感じでした。

 

 

さあ、心身ともにリフレッシュしましたんで、今日から10日(土)まではノンストップで頑張りますよ~!!

 

生徒の皆さ~ん。振り払われないように、しっかりついて来てくださいね~!!(*^_^*)

 

 

今日も1日頑張りましょう!!

 

それでは、また!!<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

今年もやって来ましたよ、この「難敵」が…。

続きを読む