そろそろ「定期テスト」の準備、始めてくださいねぇ~。<m(__)m>

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

あっという間に10月も終盤。あと2週間もせずに11月になっちゃいますね…。

 

年々、月日が経つのが早くて、早くて…。

 

ついこの間まで半袖で過ごしていたような気がするんですが、すっかり暖房が無いと朝晩は寒いくらいです。

 

******

 

11月は、各中学校の「定期テスト」の実施月になります。

 

先日、生徒さんにその話をすると、「えっ?もうテストなの?」とびっくりした様子。

 

そうだよねぇ…。ついこの間テストしたばっかりの気がするよね…。

 

中1・中2のみんなは11月の半ば過ぎからが実施期間になると思いますが、受験生は一般的にどの学校も中1・中2よりも早目の実施のはずです。

 

毎年のことですが、「11月」は受験生のみんなにとっては本当に大忙しの時期。

 

学校では「定期テスト」と「実力テスト」、そこに塾の「新教研テスト」が加わり、テストに追われる月です。

 

そこに学校の「教育相談(三者面談)」も加わり、いよいよ「受験ムード」が本格化する感じですかね…。

 

 

ぜひ、1日1日、無駄にすることなく計画的に学習を進めていただければと思っています。

 

授業日でなくても教室は利用いただけますので、上手に活用してくださいませ。<m(__)m>

 

 

それでは、今日も1日、元気出して行きましょう!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

利用ご登録の方、よろしくお願いします。<m(__)m>

続きを読む

きちんと切り替えができるよう、思い切り楽しんで来て!!

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

 

10月も半分を過ぎましたが、ほんと寒くなって来ましたね…。

 

ついこの間まで「暑いぃ~。」と半袖シャツだったのが嘘のようです。

 

教室でも夕方以降は暖房を入れないとちょっときつくなって来ました。

 

風邪など引かれませんよう、ぜひ、温かくしてお過ごしくださいませ。<m(__)m>

 

******

 

さて、今日はうちに来てくださっている中学生の多くの方が「文化祭」の日になっています。

 

お子さんたちの会話を聞いていても「合唱」や「出し物」の話題でいっぱいです。

 

ぜひ、今日はこれでもかってほど、思いっきり楽しんで来てくださいませ。<m(__)m>

 

そして、来週以降は…。

 

「ぜひ、勉強に集中してくれ~!!」

 

毎年のことではありますが、まぁ、「文化祭」が近づくと、それを理由に学習が疎かになります。

 

やれ、朝から合唱練習だ、放課後も残って準備だ、出し物の練習だ…と、生徒さんには怒られそうですが「早く終わってくれ…。」と思う行事の1つです。(笑)

 

本当は声を大にしてこう言いたいんです…。

 

「文化祭があろうが、なかろうが、勉強はきちんとやらないといかん!!」

 

でも…、お子さんの立場になって考えると「文化祭は今しかできないこと。だから、精一杯頑張って欲しい!!」って思いもありまして、なかなか厳しい話をできない自分がいます…。(;´д`)トホホ

 

甘いよなぁ~。これが自分の弱いところだわぁ~。

 

鬼になり切れないんですよねぇ~。

 

 

まぁ、勉強だけがすべてじゃないですし、いろんなことを一生懸命頑張るってのは大事なことだと思うんですよ。

 

何でも「切り替え」が大事ですよね。「やるときはやる」って感じですかね。

 

 

来週以降「よし、こっからはしっかり勉強に集中するぞ!!」ってなれるようにしていきましょうね!!

 

それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> でも、行健中は文化祭が来週なんだよなぁ…。しばらくの間は切り替えは無理だな…。(;´д`)

 

数学の難問を質問されるより大変でした…。(笑)

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

 

10月の「消費税変更」があった直後ですから、もう2週間ほど前でしょうか…。

 

小学生のお子さんから「なぜ、消費税を変える必要があるのか?」という質問を受けました。

 

そこで、私なりに理解している理由をホワイトボードに図を描いたり、計算をしたりしながら、できるだけかみ砕いて説明をさせてもらいました。

 

すると、お子さんたちも「今そして将来の日本のこと」に興味を持っていただけたようでした。

 

 

そして、昨日。ある生徒さんがその話の続きとして、こんな質問をしてきました。

 

生徒さん:「先生…。なんで、今、日本の子どもの数は減っているの?」

 

私:「そうだね…。まずは、昔と違って女性の人がお家の中だけじゃなく、お外でも働くようになったからかな。昔の日本は、旦那さんがお外で働いて、お母さんはお家を守るって感じだったんだ。でも、時代が少しずつ変わっていって、女性も男性と同じようにお外で一生懸命働くようになったんだね。」

 

生徒さん:「えっ?でも、どうしてそうすると子どもの数が減るの?」

 

私:「理由は様々だとは思うけど、仕事と育児を両立していくっていうのはすごく大変だってこともあるよね。

 

だからって、仕事を簡単に辞めるってこともなかなかできないっていうこともある。

すると、どうしても結婚する時期や子ども産む時期が昔に比べると遅くなってしまうんだね。

 

また今は結婚後・出産後も仕事を辞めずに働く女性も増えているから、どうしてもたくさんの子どもを作ることができないっていうのもあるかな…。

 

それに加え、子どもを育てていくというのは実際、お金の問題もあるんだよ…。」

 

そして、ここからです…。話題が変わってしまったのは…。

 

私が「子どもを作る」という表現をしてしまったからなんです…。

 

その生徒さんからこんな質問が飛び出てしまったんです。

 

生徒さん:「先生…。子どもって”作る”ものなんですか?(自然に生まれてくるもの、あるいはコウノトリが運んでくるものだと思っていたのかな…。)」

 

「えっ?そこ、今、聞いちゃう…。」と私が同様したのを近くにいた中学生男子は見逃していませんでした…。

 

「(下を向き、うっすら笑みを浮かべながら)先生、どう答えんだろ…。」と興味津々の表情。

 

これが中学生男子だったら「わざわざ聞くなって…。知ってんだろ!!」って突っ返すところなんですが、相手はまだ「純真無垢」な小学生ですからね…。

 

いわゆる昭和の時代でしたら、食卓を家族みんなで囲んでいたときにテレビでそういうシーンが出て来て、気まずくなるあの感じですよ…。

 

昔に比べれば小・中学校での取り組みもあり、この手の話題もだいぶオープンになってきてはいるものの、どうしても、まだまだ「控えめ」の内容ですから、私もどう答えてあげようか少々困ってしまいました…。

 

とは言え、あんまりもちゃもちゃしているとかえって気まずくなるので、サラッとこう答えました。

 

私:「お父さんとお母さんがいつも仲良しだとできるんだよ。」

 

我ながら「ナイスな解答!!」と思っていたんですが、その解答を聞いた中学生男子が「仲良しってどんな感じっすかぁ~?」とすぐにでも突っ込みたいという表情で笑いをこらえているのが分かりました。

 

すると、さらにお子さんからこんなひと言が。

 

私:「でも、うちのお父さんとお母さん、いつも喧嘩してるよ。」

 

一瞬「くっ…。」とひるみましたが、再び切り返しました。

 

私:「”喧嘩するほど仲が良い”っていうじゃん。お父さんとお母さんはめちゃ仲良しなんだよ!!」

 

すると、お子さんは「そっか!!」と納得してくれた様子。ふぅ~、あぶねぇ~。(´▽`) ホッ

 

 

いや~、この手の質問は「数学の難問」を質問されるよりもずっとずっと大変です…。

 

って、いったい何の話してんでしょ、私は…。塾ブログなのに…。本当、すいませんでした。<m(__)m>

 

今日はこの辺で。

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

今日からまた元気出して行かせてもらいます。<m(__)m>

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

昨日、今回の台風で被害に合われてしまった生徒さんの授業がありました。

 

何と声を掛けて良いか私の方が戸惑っていたのですが、お子さんの方から「うち、被害にあってしまったんです。」とお話をしてくださいました。

 

本当は精神的にも辛いだろうに、いつもと同じ(いやいつも以上に)笑顔で周りの友だちと授業を受けている姿を見て、自分もいつまでもしんみりしていないで、しっかりしなきゃなと思わされたところです。

 

今日からはまたいつものテイストでブログも更新していきたいと思います。

 

また、改めてよろしくお願いします。<m(__)m>

 

******

 

昨晩は中1のお子さんたちとの授業。

 

「久々に元気な様子をブログに更新しよう!!」と思っていたのに、つい授業に夢中になっているうちに、うっかり画像を撮り忘れてしまいました…。_| ̄|○

 

英語の方は今、順調に「学校の先取り」を実施中。

 

ただし、ここのところウォーミングアップに必ず「三単現の肯定文・否定文・疑問文」の問題演習を実施中です。

 

以前のブログでも書いたんですが、ここは「頭で考えて解く」ようなレベルじゃダメだと個人的には思っていまして、「問題を見た瞬間に勝手に手が動き出す」、「脳ではなく脊髄が指示を出す」ようなレベルで解けるようになってもらいたいんです。

 

ですので、これでもか、これでもか…としつこく問題演習を実施しています。

 

その成果もあって、みんなの手の動きに迷いがだいぶなくなり、素早くなったなぁと感じています。(*^_^*)

 

******

 

数学の方も「方程式の文章問題」を中心に徹底した「反復演習」を続行中です。

 

約1か月後にはまた「定期テスト」の時期がやって来ます。

 

そのときまでに「もう、こんなの余裕だぜ!!」とお子さんたちに思ってもらえるようしたいと思っています。

 

何だかんだ言っても、最後は「いっぱい手を動かした人ができるようになる!!」というのが私の考え。

 

引き続き、どんどんお子さんたちを「笑顔」でしごいて行きたいと思います。(*^_^*)

 

******

 

さあ、今日も1日、元気出して行きましょう!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

少しずつ状況が把握できつつあります。

おはようござます。小菅です。<m(__)m>

 

昨日から今朝に掛けて保護者さまからメールをいただき、富久山町の状況が少しずつ把握出来てきました。

 

メールの方には避難はしていたものの、浸水などの被害は免れたとう内容もあり、少し安心したところがあります。

 

ただ、これもすべてのご家庭さまから連絡をいただいたわけではないので、「100%安心した」ということでもありませんし、職場の方に影響が出てしまった方もおありなので…。

 

同じ市内・町内であっても「地理的条件」でこうも世界が変わってしまうのか、こんなとき自分は何もすることができないのかと歯がゆい思いもあります…。

 

まだしばらくの間、いろいろと大変なことが続くかも知れませんが、頑張って行きましょう。

 

私も教室にいらした生徒さんたちには明るい気持ちになっていただけるよう、精一杯努めたいと思います。<m(__)m>

 

今朝の様子

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

今朝、改めて富久山町に向かうと、今日は「通行止め」も解除され、教室まで到達することができました。

 

教室周辺・塾生さんのお宅周辺をグルっと見て回ってみたんですが、教室前・日東紡前・食品団地側のすべてのファミマさんなどが通常通り営業している様子が見られて少しだけ安心しました。

 

※ ただし、東邦小方面に向かう道路、ラウンドワンから横塚方面へ向かう道路は「通行止め」のままでした。

 

 

でも、今現在は水が引いていますが、塾生さんのお宅には浸水しなかったのだろうかと、まだ「100%安心」という気持ちにはなれないところがあります…。

 

皆さまに被害が及いんでいなかったことを願うばかりです。

 

もし、ご連絡いただけるようでしたら、ぜひお願いできれば幸いに存じます。<m(__)m>

 

もし、ご無事でしたらご連絡ください。<m(__)m>

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

先ほど富久山町に向かったのですが、大町周辺で既に「通行止め」で教室に到達できず…。

 

どうか、塾生さん、保護者さまがご無事でありますように…。<m(__)m>

 

ようやく1つ、実現できそうです…。(´▽`) ホッ

おはようございます。小菅です。

 

「嵐の前の静けさ」とも言うんでしょうか…。

今のところは風も強くないんですが、これからどうなるんでしょうね。

 

今日、テストにいらっしゃる受験生の皆さんは、気をつけていらしてください。<m(__)m>

 

******

 

話題は変わりますが、先日、こんなことを書き綴らせたいただいたんですが…。

 

 9月21日(土)のブログ / 10月5日(土)のブログ

 

授業やその他業務に支障が出ないようにいろいろとことを進めていたんですが、その中の1つが11月からようやく実現できそうになってきました。

 

準備が完全に整いましたら、各ご家庭さまに改めてご連絡を申し上げますが、毎月お送りしていた「予定表」や「各種ご連絡」…などの類がスマホやタブレット、PCからご覧いただけるようになります。

 

今までもgoogleドライブを使い、リンク先の共有でご覧いただくことも可能だったんですが、この方法、実は私自身の作業負担がかなり大きかったため、なかなか実用化できずにいました…。(自分の知識と技術が無いせい?本当はもっと楽な方法があるのかな…?)

 

でも、今回実施する方法ですと保護者さまも私も便利になると確信しています!!

 

今は、お母さまも生徒さんも「スマホ」を上手に使っている方が多い。

 

ですので、そちらを活かさせていただく方法、そして今後「拡張性が高い方法」をスタートさせていただこうと思っています。

 

******

 

でも、今回の試みは、あくまでも私が取り組みたいと思っていたことの1つで、「取っ掛かり」「基礎部分」でしかないと思っています。

 

今回の試みは、ご家庭様と塾との「コミュニケーション」を今までよりもより素早く、快適に行われるようにするためのものでしかありません。

 

今後は素早く快適になる連絡手段を活かし、今よりももっともっとお子さんの「学習サポートの充実化」を実現していきたいと思っています。

 

(いろいろと実現したい学習コンテンツはあるんですが、欲張らずに1つ1つやって行きたいと思っています。)

 

それにより、「お子さんたちの成績を上げる!!」「お子さんたちを笑顔にする!!」ということに、より一層力を注いでいきたいというのが私の思いです。

 

今月中には詳しいご連絡ができるかと思いますので、今しばらくお待ちいただければと思います。<m(__)m>

 

ぜひ、ご期待くださいませ。(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

明日10月12日(土)の教室の営業について

おはようございます。小菅です。

 

今日は明日の教室の営業に関するご連絡です。

 

「台風」の影響が心配される明日ですが、富久山教室では下記のように対応させていただく予定です。

 ======

1) 明日の中3の「新教研テスト」は予定通り、午前8時50分から開始する予定です。

 

※ なお、休憩時間を短縮するなどして、終了時間を当初よりも早くさせていただき、ご帰宅いただけるようにします。

 

※ 但し、今後の天気予報の情報によって対応が変更になる場合は改めてメール・お電話にてご連絡します。

 

※ 万が一、塾に来れない方は別日受験を実施させていただきますので、無理なさらないで下さい。

 

 

2) 授業や教室開放は明日はお休みとさせていただきます。

 

 

3) 明日は中3の新教研テストが終了次第、営業終了とさせていただきます。

======

 

富久山町の場合は、雨による「冠水」とそれに伴う「通行止め」の可能性もありますので、くれぐれも無理はなさらないようにお願い申し上げます。

 

もし、何かありましたらご連絡をいただければ幸いに存じます。<m(__)m>

 

 

取り急ぎ、本日はこのへんで。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

練習の成果が出てきてますなぁ~。いいよ、いいよ~。

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

今日は郡山市内小学校が集まっての「陸上交歓会」の日。

 

今朝、私がゴミ捨てに行くと、すでに登校しているお子さんたちの姿が見られました。

 

今日はスカッと秋晴れの最高の天気ですね!!

以前、テレビでも言ってましたけど、本当「10月10日」って晴れるんですねぇ~。(*^_^*)

 

今まで練習してきた成果、無事発揮して来てくださいね~!! がんばれぇ~!!

 

******

 

さて、話題は昨日の授業の様子を。

 

毎週水曜日、私は中1のお子さんたちと授業です。

 

私:「ど~れ、まずは軽~くウォームアップしてから行くよ~!!」

 

そう声を掛けてスタートしたのは「三単現の肯定文・疑問文・否定文」の問題演習。

 

「制限時間15分」でガンガン問題演習を進めさせました。

 

この単元は「頭で考えるのではなく、反射的に勝手に手が動くレベル」まで鍛え上げないといけません!!

 

いちいち問題を見て、「あれ?これはどうすんだっけ?」なんて考えながら解いているレベルじゃ、ダメっす!!

 

でも、お子さんたちの様子を見ていると、だいぶスムーズになったようです。

 

特に女の子たちは手に迷いがないですね。いい感じです!!(*^_^*)

 

******

 

2コマ目は「数学」 昨日はひたすら「方程式の文章問題」を中心に授業を進めました。

 

11月の「定期テスト」のことを考えると、本当はもう「比例・反比例」に入っておくべきなんだとは思うんですが、今、理解不十分のまま先に行っても良くないと思い、今はひたすら練習、練習…って感じです。

続きを読む

何だかんだ言っても、解ければやっぱり楽しいんですよ!!(*^_^*)

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

 

昨晩は中学3年生の女子チームとの授業日。

 

今週12日(土)に「新教研テスト」があるため、ここのところ「過去問演習」を中心に授業を進めているんですが…。

 

Kちゃん:「あぁ~、もう、英語ヤダぁ~。」

 

Aちゃん:「長文、難しい…。わかんないです…。」

 

生徒さんの様子を見ていると、どうしても、他の教科に比べて「英語」に対する「苦手意識」が強くて、強くて…。(;´д`)

 

 

まぁ、気持ちは凄く分かりますけどね…。

 

「長い文章」を読むのって、マジで疲れますもんねぇ~。

 

「国語」の長文を読むのだって大変なのに、それが「英文」になったらなおのこと。

 

でも、「国語」にせよ「英語」にせよ、ちゃ~んと読まないと問題の解きようがないですからねぇ~。 

 

 

 

だから、こんなときこそ「私たちの働きかけ」が大事だと思うんですよね!!

 

「辛い」「楽しく」ないものを「おもしろい!!」「楽しい!!」に変えられるかが「腕の見せ所」です。

 

 

そんなわけで、昨日は「苦手意識」の高い生徒さんたちとゆっくり一緒に読み解きをしていきました。

 

 

私:「(私が声を出して読む)  I heard you went to Chicago this summer. はい、Kちゃん、訳して。」

 

Kちゃん:「私は今年の夏、シカゴに行きました。」

 

私:「ブー!!ちょっと違うなぁ~。まず、”I heard”だから、”私は聞きました”ってこと。で、”heard”以降が聞いた内容だね。はい、もう1回訳して。」

 

Kちゃん:「あぁ、分かった!! 私はあなたが今年の夏、シカゴに行ったと聞いています。」

 

私:「そうそう、その調子。さぁ、どんどん行くよ!!」

 

こんな調子で、私が読む、お子さんが訳する、マズい部分は訂正するを繰り返して行きました。

 

 

こうやって一緒に読み解きしていくと「完璧!!」とまでは行かずとも、概ね内容は読み取れてるんですよ…。

 

結局、「長文が取れない」っていうのは「面倒くさがって読まない」っていうのが原因にもあるわけですよね。

 

 

そんなこんなで、全文が読み終えた段階で今度は設問に答えてもらうと…。

 

私:「どうよ? ちゃんと問題、解けるでしょ!!」

 

Aちゃん:「はい!! 」

 

私:「読めて、解けたら、やっぱり”楽しい”っしょ?」

 

Aちゃん:「はい!!!」

 

 

「まったく単語の意味が分からない」っていうのならちょっと話が変わりますが、ある程度「単語力」「文法の知識」が備わっている方なら、「きちんと英文を読むこと」を練習していけば、必ず「長文読解」の正答率は上がっていくはずです。

 

そして、「読める」「分かる」ようになると、「楽しい」から、もっと頑張れるようになると思いますよ!!(*^_^*)

 

 

何事も取り組み始めたばかりのときは、スムーズにいかないもの。

 

でも、そこでグッと堪えて努力を続けていると、あるときフッと「感覚が変わる瞬間」があると思うんです。

 

そう、まるで「飛行機が離陸するような感覚」っていうでしょうかね。

 

 

ぜひ、はなっから諦めるのではなく、粘り強く頑張って行きましょう!!(*^_^*)

 

******

 

今日は天気は良いですけど、風がめちゃ強いですね…。

 

台風が近づいている影響なんでしょうか…?

 

塾にいらっしゃる際は、十分に気をつけていらしてくださいね!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

「好きなことをやる」のがやっぱり一番なんだよなぁ~。

おはよございます。小菅です。<m(__)m>

 

今、毎朝楽しみにしていることがあります。それは…。

 

「朝の連続テレビ小説を見ること。」

 

先週から始まった「スカーレット」、ご覧になっていますか?

 

主人公の喜美子ちゃん、可愛いですねぇ~。

明るくって、真っ直ぐで、見てるとほんと元気貰います!!(*^_^*)

 

やっぱり、「1日の始まり」に見るドラマですから、こういう感じでなくちゃダメですよ!!

 

今朝の決め台詞、よかったなぁ~。

 

「女にも、意地と誇りがあるんじゃぁ~!!」

 

自分も喜美子ちゃんに負けずに頑張ろうっと。(*^_^*)

 

******

 

話題は変わりますが、最近、改めて感じていることがあります。

 

「やっぱり”好きなことをやる”ときっていうのは、スゲェ、力を発揮するなぁ~。」と。

 

これは、自分自身のことだけじゃなく、生徒さんやうちの息子・娘を見ていても思うわけです。

 

 

度々このブログでもお書きしているんですが、自分は大学まで「野球」をやっていたんですが、「高校時代」の練習はマジできつかったんですよ…。

 

あまりのきつさに、その当時、うちの親父は「見るのが気の毒で練習はとても見に行けない…。」とよく言っていました。

 

今、振り返っても「よく、あの練習をしていたな…。」「今、やったらマジで死ぬな…。」と思ってしまいます。(笑)

 

練習時間もやたら長いし、今みたいに練習途中に水分や食事をするなんていうこともありませんでしたから。

 

 

でも、そんなにキツイ練習なのに何で耐えられたのかなぁって…?

 

それは、やっぱり「野球が好き」だったんですよね。

 

「好き」だから辛くても頑張れる。「辛さ」よりも「上手くなりたい!!」「勝ちたい!!」という気持ちの方が勝っていたんですよね。

 

だから、いろいろと「研究」もするし、「練習」もするわけですよ。

 

 

 

「恋愛」だってそうじゃないですか…。

 

好きになった女性がいたら、どうやったらその子に振り向いて貰えるか一生懸命考えて行動しますよね?

 

 

って考えると、「勉強ができるようになるために必要なこと」って何かなって思うと、やっぱり「勉強は楽しい。勉強が好き!!」ってなることじゃないかと思うんですね。

 

そう思うと、自分の仕事っていうのは、本当に大切な役割をしているんだなぁと改めて感じているわけです。

 

 

お子さんたちに「勉強が好き!!」って思ってもらえるように、自分ができること、一生懸命考えて、実行していきたいと思っています。

 

これからも精一杯努めますので、引き続き、よろしくお願いします。(*^_^*)

 

******

 

各中学校「文化祭」が近づき、生徒さんたちは毎日、放課後も忙しそうです…。

 

「文化祭」もしっかり楽しんで欲しいですが、きちんと「やるべきこと」も忘れずに取り組んでいきましょうね!!

 

ちなみに今週末は「新教研テスト」の実施日になってますので…。<m(__)m>

 

 

今日も1日張り切って行きましょう!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

 

「強い気持ち」を持って取り組むことが大事ですよね!!

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

先日のブログ(こちらをどうぞ)の続きになる話題なんですが…。

 

「こんなことができたら、生徒のみんなの日々の勉強、もっとスムーズになるんじゃないかなぁ~。」

 

「これができたら、保護者の皆さん、もっと相談しやすくなるんじゃないだろうか…。」

 

そんなことを思いながら、今、いろいろと「試行錯誤」を繰り返しております。

※ あくまでも、授業や日々の業務に支障がでないようにですよ。(笑)

 

自分の「理想形」は既に頭の中にあるんですけどね、実際取り組んでみると、なかなかその通りにならないわけです…。

 

書籍を見て調べたり、ネットで検索したり、その道に明るい知り合いに相談したりしながら進めてはいるんですが、なかなか上手くいかないもんですねぇ~。(;´д`)トホホ

 

以前、故ギターリストのhideさんがこんなことをおっっしゃっていました。(記憶が間違ってなければ)

 

「人生、すべて思い通りに行ったらつまらない。思い通りにならないからおもしろい!!」

 

まぁ、そうなんですけどねぇ…。

「壁」に出会い、それを乗り越えようと「努力」をするから人は「成長」していくんでしょうけど。

 

きっと、お子さんたちの中にも「うまくいかねぇなぁ~。」と悩んでいる方もいますよね。

 

「自分では懸命にやっていると思うのに、うまくいかない…。」

 

「自分には、はなっからできるわけがなかったんじゃないか…。」…などなど。

 

確かに「生まれ持った天性のもの」「素質」的なものってあるのかも知れないですけど、何でも「まずは、一所懸命頑張ってみる!!」ってことは大事ですよね。

 

「絶対にこれ、実現したい!!」「自分なら絶対やれる!!」…とか、そういう「強い思い」を持って取り組むことが大事なのかななんて、改めて感じているところです。

 

ぜひ、お互いに「最善の努力」をして行きましょうね!!(*^_^*)

 

今日も1日、元気出して行きましょう。

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

「うるせぇなぁ…。」と思われても、言うべきことは言わなきゃ

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

昨日はスカッと良い天気でしたが、今日はどんよりとした天気…。

 

気温もグッと下がって、寒いぐらいです。

 

皆さん、風邪など引かれませぬよう、お気を付けくださいませ。<m(__)m>

 

******

 

話題は変わって、ちょっとまじめなお話です。

 

これは私個人の「価値観」になるんですが…。

 

私、「時間を守らない」「遅刻する」っていうのがすごく嫌なんですよ…。

 

小さい頃から「体育会系」だった、親父も時間にうるさい人だった…などの「成育歴」も関係しているのかとは思うんですが。

 

「時間を守る」っていうのは、「信頼関係を築く」うえで、絶対に外せない要素の1つだと思うんです。

 

一緒に仕事をするうえで、もしメンバーに「遅刻の常習犯」がいたら、私はその人に絶対に重要な仕事は任せられないですね…。穴開けられたら怖いですもん…。

 

******

 

なぜ、今日、このようなお話をしているかと言うと、週末、この件で小学生のお子さんをぎっちり叱ったばかりだからです。

 

この生徒さん。今までも何度か遅刻をして私に注意をされていました。

 

そのたび、私はいつも次のことを話していました。

======

1) なぜ、塾では毎月1人ひとりの「授業予定表」を作成・配布しているのか考えたことはあるのか?

 

2) 1授業あたりの生徒さんが多くなり過ぎて指導が手薄にならないよう人数調整をしている。

 

3) だから、あなたが遅刻すると「あなた」も「他の生徒さん」も、そして「先生たち」もマイナスになる。

 

4) もし、最初から間に合わないなら、間に合う時間に時間割変更をして欲しいと話すべきである。

======

 

 

いつもなら「エヘヘ…。先生、ごめん。」と笑ってごまかすんですが、さすがに今回は今までと違ってマジでヤバいと感じたのか、ショボンとしてめちゃくちゃ反省していた様子。

 

久々にデカい声で叱りましたからね…。

 

「約束守れないなら、もう、次から来なくていいぞ。」ってまで言いましたからね。

 

******

 

塾って「ただ、勉強を教えればいい」って「技術面」の指導だけをするところではないと私は思うんですね。

 

きちんとそのお子さんの「人間性」とか「精神面」っていうものを成長させる場でなければならないと思うんです。

 

私の尊敬する元プロ野球監督・野村克也さんも著書の中でこう言っています。

 

「人間的成長なくして、技術的進歩なし。」

 

特に感受性が豊かな小・中学生のときにきちんと「約束を守ることの重要性」をはじめ、人として大切にしなければならないことは伝えておくことが、私たち大人の大切な役目だと思っています。

 

お子さんにとっては「うるせぇなあ…。」と思うことも、きちんと言ってやらなきゃと思っています。

 

でも、「叱る」のって言葉も選ぶし、結構疲れるんですよ…。

叱られている方は分からないかも知れないけど…。( ´Д`)=3 フゥ

 

お子さんのお母さまたちも、きっとそうですよね?

 

だから、なるべく叱らなきゃいけない場面は増やさないでくださいませ。<m(__)m>

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

マジでスゲェっす…。Σ( ̄□ ̄|||)

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

まず、今日はご連絡から。

 

今日、私、従兄弟の結婚式がありまして1日お休みをいただいております。

そのため、今日、教室は「お休み」とさせていただきます。

 

何とぞご理解とご協力、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

******

 

さて、話題は変わって、ここからはまじめな話。

 

最近、自分の身の回りでかなり「デジタル化」が進んでいます。

 

具体的に言いますと、

======

1)自宅のインターネット回線を「光」に変更(以前までは出先でも使えるようにポケットwifiでした。)

 

2)会社から支給されている携帯電話がスマホに変わった。(社長、ありがとうございます。<m(__)m>)

 

3)web会議(テレビ電話?)を使う機会が増えた…などなど。

======

 

これらに加え、今、巷にはほんとたくさんの「便利」かつ「安価」のアプリやサービスがあるってことです。

 

今、いろいろなお話を聞かせていただいたり、お試しさせていただいていますが、マジでスゲェなって思っています。

 

で、それらを通じて今、痛切に感じているのはですね、

 

「これらを上手く使えば、塾の在り方がマジで変わるな…。」

 

「今よりもっと生徒さんや保護者さまとの”繋がり”を深めていけるのではないか…。」

 

ってことです。ほんと、勉強が足りなかったなと反省しているところです。

 

今ですね、いろいろとインスピレーションが沸き上がってるって感じです。

 

 

ただ、以前のブログでもお書きしたんですが、いろんなことをすべて一気にはできないので、「まずは、これから」って感じで少しずつ取り組んでいければと思っています。

 

ぜひ、今後にご期待くださいね!!より一層、頑張りますよ~!!(*^_^*)

 

それでは、皆さんも良い1日をお過ごしください。

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

「小さな努力」の積み重ねの成果

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

昨晩は中2のお子さんたちとの授業。

 

授業が始まるまでの隙間時間に雑務をこなしていたときのこと。

 

早めに入室したMちゃんが私のところに来て「テスト結果票」を見せてくれました。

 

「結果はいかがなものか…。」と拝見させていただくと、前回から大幅に成績をアップを果たしていました。

 

私:「Mちゃん、(頑張った成果が出て)良かったね!!」

 

私がそうお声がけすると、ちょっと照れながらニコッとしていました。

 

強いていうと「数学」が前回の結果から下がってしまっていたんですが、残りの各教科は善戦しました。

(富塚先生。引き続き、熱いご指導、よろしくお願いしやす!!<m(__)m>)

 

私:「数学が悔やまれるけど、不完全な部分があったからこそ次も頑張ろうって思えるよね!!」

 

Mちゃん:「そうですよね…。頑張ります!!」

 

先ほどより少しキリっとした表情で、力強く答えてくれました。

 

******

 

彼女は今年の春休みからうちの教室に通ってくださっている生徒さん。

 

毎授業、誰よりも早く教室に入室して、自主学習をしたり、ワークの残りを取りたりと、わずかな時間も無駄にしないように心がけているのが伝わってきます。

 

彼女を見ていると、改めて「コツコツと努力を積み重ねること」「継続することの大切さ」を教えられています。

 

そして、そういう努力をしている方の成績が上がったときというのは、本当に嬉しいものです。

 

口で言うのは簡単ですが「コツコツと続けていく」のってすごく大変なことだと思うんです。

 

だから、そういうものが結果に実ったときは、本当に良かったねって心から思います。

 

これからも力を合わせて共に努力して行きましょうね!!(*^_^*)

 

******

 

今日は朝からどんよりとしたお天気…。

 

気持ちだけでもスカッと晴れやかに行きましょね!!(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

問題演習をするときに絶対に気をつけてほしいこと!!

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

うちの教室では私たちが「講義をする時間」以上に

お子さんたちが問題演習を行う「個人演習」の時間をかなり重視しています。

 

なぜなら、実際に技術を上達するためには「自分の手足を動かして、練習するしかない!!」からです。

 

ですので、私たちの講義は内容を吟味し、

できるだけ「短時間」かつ「分かり易く」説明できるように心がけています。

 

 

そして、その問題演習においては「問題が解ける・解けない」こと以上に、

お子さんたちの「ここ」をしっかり見るようにしています。

 

それは…。

 

==========

◆ 解答の付け方

==========

 

私の授業では中学生のお子さんは「自分自身で解答を付けてもらうこと」が基本になっています。

 

なぜなら、自宅でも学習するときに

自分自身で正しく解答をつけることができるようになってほしいからです。

 

そのとき、私が口癖のようにしつこく言い続けていることがあります。それは…。

 

「解答は細目につけること。」

 

少なくとも1ページ解いたら解答をしてもらうようにしていますが、

勉強が苦手な子には「問題の隣に解答を置いといて、1問解き終わったらすぐに確認して。」と言っています。

 

なぜ、こんなに解答を細目につけさせるのか?それにはちゃんと理由があります。

 

まず、まとめて解答をつけると、1問1問の扱いが雑になるんです。

 

問題自体を解くのは結構楽しい作業ですが、それを1つ1つ解答していくのは意外と面倒な作業です。

しかもそれが、何十問、何十ページにも渡ればなおさらです。

 

だから、どうしてもまとめて解答をすると、適当につけてしまう人が多くなります。

 

私個人の意見としては「問題を解くこと」以上に

「解答の仕方」と「その後の対応の仕方」が成績を大きく左右すると思っています。

 

「なぜ、自分はこの問題を間違えてしまったのか…?その原因は一体何なのか…?」

 

これを自分自身で気づき、そこを克服していかなければ成績は上がらないと思うんですね。

 

だから、丁寧に解答を付けてもらい、間違いが見つかったら

その場ですぐにそれを解決して欲しいという思いがあります。

 

****** 

 

次に、「間違いの連鎖を防ぐ」ということがあります。

 

まとめて解答をしてしまうと、「間違えた解き方」「間違えた情報」に気づかぬまま解き続けてしまい、

ずっと同じ間違いを繰り替えしてしまうことがあります。

 

また、その間違いが次の間違いを生むという「悪循環」になる場合もあります。

 

さらに、そのまま解き続けてしまうと、その悪いフォーム・知識がどんどん固まってしまい、

後で修正するのが厄介になります。

 

だから、できるだけ細かく解答をつけて、悪いフォーム・知識が固まらないように、

即座に悪い点は修正することが大事だと思っています。

 

他にも細々上げれば何点か理由はありますが、主な理由はこれら2つがとても大きいです。

 

ぜひ、お家で学習するときも意識して行ってみてくださいね!! 

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

国語が苦手な方。まずは自宅でこれをやってみて!!

おはようございます。小菅です。

 

先日、塾生さんのお母さまからこんなお電話をいただきました。

 

お母さま:「国語の読解力が低いようで…。家ではどんなことをさせたらいいんでしょうか…?」

 

その後、いろいろとお話を聞き、「本人さんを交えて学習方法のアドバイスのために面談をしましょう!!」とお話をし、電話を切りました。

 

そして、昨日の授業終了後に三者面談を実施。

 

いろいろと学習方法はあると思いますが、私がこの生徒さんに提示したのは下記の3点だけです。

=======

◆ 毎週、自分が渡す課題の本文について、下記のことを実施しするように!!

 

1)「音読」をすること。

 

2)「意味調べ」をすること。

 

3)「問題演習」をすること。(上記2項目をしたうえで、余裕があればでOK)

=======

 

実はこの生徒さん。国語は「大の苦手」です。

 

昨日の面談でも本人さんから出てきたコメントは「自宅では国語の勉強はしていない。」「何をしていいのか分からない。」というものでした。

 

******

 

私から見て、「国語が苦手」なお子さんには、下記のような共通点がある場合が多いのです。

======

1) 文章をスラスラと読めない。言葉の区切り・イントネーション…などに違和感あり。

 

2) 読めない漢字が多い。あるいは読めても言葉の意味が分からない。

======

 

「接続詞」やら、「指示語」やら…という話の前の段階でつまずいてしまっている場合が少なくないのです。

 

 

ですので、まずは「国語が苦手」で、かつ「自宅での学習時間がゼロ」という方がまず最初に取り組むべきは「音読」と「意味調べ」だと私は思っています。

 

基本的に、スラスラと読めないものがスッと頭の中に入って行くというのはまず考えにくいからです。

 

そして、たとえ読めたとしても、その言葉の意味が分からないのでは筆者が何を伝えたいのかなんて分かるはずがないですよね。

 

さらに、中学生になるとほとんどのお子さんは「音読」なんてしなくなっていると思うんですよね。

 

 

ですので、「問題演習を闇雲に行う」のではなく、まずは「毎日、国語の学習を習慣化すること」と「基礎・基本の徹底」にしばらくは終始しようということをお話させていただきました。

 

 

このお子さんは確かに学習は「苦手」の方ですが、こちらのアドバイスを素直に聞いて、実行してみようと思っていただける方。

 

その持ち前の素直さもあり、約1年ほど前に入塾をされた生徒さんですが結果も少しずつ上がってきています。

 

昨日の面談後も「やるべきこと」がはっきりしたこともあって、笑顔で教室を後にされました。(´▽`) ホッ

 

 

焦らず、ゆっくり、じっくり、腰を据えて取り組んで行きましょね!!

 

「継続は力なり」ですぞ!!(*^_^*)

 

 

さあ、今日も1日、張り切って行きましょう!!

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸>

 音読するのはなにも「新しい題材」を選ばなくてもいいんですよ。

 

 身近にあるものであれば「理科」や「社会」の教科書を音読するのも良い方法だと思います。各教科の学習にもなるので。

 

10月の月例課題の配布、始めました。

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

暦は今日から10月。今日から年度の「下半期」です。

あと「3か月」で「令和元年」が終わりになりますねぇ~。

 

そう思うと、月日が経つのが本当早いです。

 

******

 

さて、今日はご連絡です。<m(__)m>

 

======

◆ 月例課題の配布、開始します。

======

 本日からお子さんたちに「10月度の月例課題」をお渡しします。

 

 ご面倒をお掛けいたしますが、お子さんの方が受け取ったかご確認をお願いいたします。

 

 お渡ししたのに「もらってないよ~。」なんて「課題の存在」をなくしてしまう方もいますので…。(笑)

 

 万が一、お子さんが受け取っていないとおっしゃる場合はお手数ですがご連絡いただければ幸いです。

 

******

 

 さあ、今日も1日、張り切って行きましょう!!

 

 それでは、また。<m(__)m>

 

 

  過去のブログはこちらからどうぞ!!