先延ばしは禁物!!

続きを読む

その心掛けが大事だ!!

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

昨日の授業終了後のこと。

 

外に出て、お迎えにいらしてくださっていた保護者さまへご挨拶をし、お子さんたちをお見送り。

 

お見送りを終え、時計を見ると授業終了後から約30分近く過ぎていました。

 

 

「ふぅ~、今日もやっと終わったなぁ~。ど~れ、教室を片付けて帰ろっかな。」

 

そう思いながら階段を上り、教室の戻ると「うわぁ!! びっくりしたぁ~。まだ、勉強してたんだね!!」

 

Mちゃんが奥の教室で1人静かに黙々と学習を続けていました。

 

 

今日(30日)の「新教研テスト」に向けて、「数学の過去問」の開いている箇所をすべて解き終えてから帰宅したいと考えてのことだったようです。

 

一生懸命取り組んでいる彼女の邪魔をしないようにそっと近くに座り、様子を見ながらさりげなくアドバイスを続けました。

 

「その問題は、道のりをxkmと置いて、往復それぞれの移動時間を文字式化してみて。」

 

「『定価の3割引き』とあるけど、『3割引き』って何割のことだっけ?」 …などなど。

 

 

全部の問題を解き終えたのは、授業終了時刻から1時間以上過ぎた時間でした。

 

解き終えた彼女の表情はとても「やった!!全部、終わったぞ!!」という充実感で満ち溢れていました。

 

 

休みなく毎日の夜遅くまでの講習会で疲れていただろうに、本当偉いなぁ…。

 

でも、先延ばしせずに今、自分ができることをしっかりやるということが本当に大事なんだと思います。

 

 

私は帰り際、彼女にこんなことを伝えました。

 

私:「その”粘り””妥協しないこと”が何よりも大事だよね…。明日、良い結果に繋がると良いね。」

 

すると彼女は声は発せず、ちょっと照れ臭そうにニコッとしていました。その笑顔、いいね!!(*^_^*)

 

今日のテスト、ぜひ、頑張ってね!! 期待してますよ。 それでは、また。<m(__)m>

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

さあ、あとひと踏ん張り!! 頑張ろう!!

続きを読む

やっぱり、塾生さんたちはここが違うね!!

続きを読む

緊張するだろうけど、頑張って!!

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

昨日から春期講習会が本格的にスタートしたわけですが…。

 

痛恨のエラー。致命的なミス…。

 

 

「画像取るの忘れたぁ~。」

 

授業に夢中になっているうちに、すっかり撮影するのを忘れてました…。スイマセン…。<m(__)m>

 

お子さんたちの初日の良い表情をお伝えできず申し訳ありません。

本日は忘れず撮影しますので、どうかご勘弁を。<m(__)m>

 

ということで、「講習会ネタ」は明日のブログにてお伝えします。

 

=====

 

先日、小学校を卒業したHちゃんのお母さまからメールをいただきました。

 

そこには、娘が無事卒業したというご報告と合わせて、同じく卒業を迎えたうちの息子へのお祝いのメッセージが添えられていました。

 

いや~、心温まるメッセージ、本当にありがとうございました。(*^_^*)

 

 

 

「保護者さんと塾の先生」というよりも、「同い年の子を持つ親同士」と言う関係で、本当に良くしていただいております。

 

いつもいつも、お力添えをいただき、本当にありがとうございます。<m(__)m>

 

 

そのメールの中にはもう1つ、とても嬉しい報告が書かれておりました。

 

実はHちゃん、中学校の入学式当日に新入生の代表挨拶をすることになったんです!!

 

これは、本当に凄い!! とっても名誉なことだし、一生の思い出になる貴重な体験ですよ!!

 

ご本人さんは既にかなりの緊張をされているらしいのですが、頑張り屋のHちゃんならきっと、上手くやってくれると思ってます。ぜひ、素晴らしい挨拶ができるよう、頑張ってくださいね!!(*^_^*)

 

 

 

昨日、お母さまから「先生、もしものときはアドバイスしてあげてもらえますか?」とご相談の連絡がありました。

 

もちろん、私でお力になれるのであれば、ぜひ、ご協力させてください!!(*^_^*)

 

 

本当は当日Hちゃんの姿を直に見に行きたいけど、うちの息子の入学式に行かないわけにも行かないし…。

 

Hちゃんのお母さん。あとで写真か動画、見せてくださいね!!<m(__)m>

 

 

さあ、今日も講習会、張り切って行きたいと思います。(画像の取り忘れが無いようにしながら…。)

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

良い緊張感を持って...。

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日は朝から春らしい、素晴らしい青空が広がっていますねぇ~。

実に良い天気です。

 

でも…。

 

花粉が凄ぇです…。

目が痒くてたまらんです…。(*_*)

 

早く花粉の季節が終わってくれればなぁと切に願います。<m(__)m>

 

=====

 

今日から各学年本格的に「春期講習会」がスタートします。

 

もう、「四半世紀」近くこの仕事をしていても、やっぱり「講習会の初日」は緊張しますねぇ…。

と言っても良い意味での「緊張感」であって、気持ちが引き締まるって感じです。

 

昔からの塾生さんだけでなく、講習会生として参加してくださったお子さんとも初めての授業になりますし、いろんなことを思いながら今日の初日を迎えます。

 

「初めてのお子さんたち、どうやって緊張をほぐしてあげようかなぁ…?」

「準備した問題が難しく過ぎたり、易し過ぎたりしないかな…?」…などなど。

 

私が想像する以上にお子さんは緊張してこの教室にやって来ます。

初めての場所に来て、たくさんの人がいる中で勉強をするんですもんね…。

 

そんな緊張に包まれていたお子さんが帰るときに、こうなってくれていたら「良かった!! 大丈夫!!」と思うことがあります。

 

それは…。

=====

お子さんがニコニコと「笑顔」になってくれていること

=====

 

さあ、お子さんたちの「笑顔」のために、今日も張り切って行きます!! それでは、また!!<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

やっぱりやってんだよなぁ~、強いチームは…。

 

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

23日(金)からセンバツ高校野球が始まりました。

 

本県から出場した聖光学院は見事、開幕試合を制しましたね!!

おめでとうございます。(*^_^*)

 

選手の皆さんのご活躍、心からお祈りいたしております。<m(__)m> 

 

=====

 

センバツの開幕に向け、先日、聖光学院野球部の特番がテレビで放送されていました。

 

その中で冬の練習風景の様子が流れていたのですが、いや~、やっぱり強いチームっていうのはやってますよ…。選手1人ひとりが自分を追い込んで相当鍛えてますね!!

 

10kgの鉄棒の振り下ろし、50kgあるタイヤ押し…など、徹底的に身体をいじめてましたね。

 

自分も甲子園を目指す高校球児でしたので、その練習がいかにキツイかは容易に想像できます…。

あのタイヤ押しがマジでキツイんだよなぁ~。下半身や背中がバキバキになりますからね…。

 

この練習風景を見て「あの身体つきと強力打線は、こういったところから生まれているんだなぁ…。」と納得してしまいました。いや~、凄ぇです。

 

 

 

さあ、ここが今日のポイント!! 

=====

「負荷を掛ける」ということ

=====

 

今の自分が簡単にできること、楽にできることばかりしていても成長はできません。

 

自分自身を今よりもより成長させるためには、今の自分では難しいかも、苦しいかもと思うことに積極的に挑戦していかなければならないということです。

 

これは何もスポーツに限った話ではなく、学習でもまったく同じだと私は思っています。

 

自分がスラスラ解けるような問題ばかり解いていたって、それはただの「自己満足」の世界なんです。

 

「成績を上げたい」「志望校に合格したい」を実現するためには「自分には無理かも…」と思うことに取り組まないと駄目なんですよね。

 

でも、これをお子さんが自宅で1人でやるのは現実はそう簡単ではありません。

これができるのは、かなりストイックな精神を持ち合わせた一部の方だけじゃないかと思います。

 

大人だって「できれば楽な方に…。」って思ってしまうんですから…。

 

 

こんなときこそ、私たちや塾の環境を上手に利用して欲しいと私は思っています。

 

自分たちは「学習指導のプロ」

あなたの力を伸ばすための「適切な負荷」をかけることができます。

 

そして、1人では諦めてしまうかもしれない困難なことも、我々や仲間と一緒なら頑張れることもあるでしょう。

 

 

明日26日(月)から「春期講習会」が本格スタートをしますが、ぜひ「自分に負荷を掛けること」を意識しながらこの春の授業に取り組んで欲しいと思います。

 

お互い、声を掛け合いながら、頑張って行きいましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 

彼らがキツイ練習に耐えられるのは「絶対に甲子園に行く。甲子園で勝つ。全国制覇!!」という強い思いがあるからこそ。

 

お子さんたちにも「絶対にこの学校に進む!!」「大人になったら○○になりたい!!」という強い思い持ってもらえるよう、努めていきたいと思います。<m(__)m>

 

良い式でした…。

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

まずは、小学6年生の皆さん、昨日は小学校ご卒業、誠におめでとうございました。

心よりお祝いを申し上げます。<m(__)m>

 

また、保護者の皆さまも本当におめでとうございました。<m(__)m>

 

実は、私もうちの息子が同じく「卒業式」を迎えまして、昨日は式に出席してきました。

 

 

「小学校最後の日」にも関わらず、昨日の朝もいつも同じように息子と家内が「戦い」を繰り広げていました。

 

家内:「ちょっと、いつまでゴロゴロしてんのよぉ!! 早く、用意しなさいって!!」

 

息子:「(コタツに入ったまま)……。うん…。今やるから…。」

 

そんな息子の姿を見て、「卒業式の日まで言われてやがる…。まったく緊張感がねぇな…。大物なのか、ただのアホなんだろうか…?」と心の中で呟いてしまいました。

 

と言いつつも、私自身も特に変わることなく、いつもと同じ感じでした。

 

 

 

でも、それも式場に入るまででしたけど…。

 

 

 

式場に入ると、それまでの雰囲気と一変。式場の厳かな空気感で気持ちが引き締まるのが分かりました。

 

そして、子どもたちが入場すると、さらにその気持ちが高まってくるのを感じました。

 

先生が子どもたちの名前を1人ひとり呼び、子どもたちが大きな声で返事をする。

 

我が子を含め、お子さんたちのその姿が凄く大人な感じで、随分と立派になったもんだとグッと来るものがありました。

 

「呼び掛け」のところも時間にして30分ほどあったと思うんですが、ずっと聞き入ってしまい、あっという間の時間でした。

 

 

そして、最後のダメ押しは教室に戻ってから。

 

お子さんたち同士が涙を流しながら抱き合っている姿、先生が涙を必死に堪えながら最後の話をしている姿を見ていたら、私も自然と涙が零れてきてしまいました…。

 

私もお子さんたちと携わる仕事なので、先生の話されること1つ1つがすごく共感出来てしまって、そこがまた涙を誘うわけですよ…。

 

 

私も30年ほど前、息子と同じ小学校を卒業しましたが、自分自身の時は正直ここまで感動することはなかったですね…。

 

ぶっちゃけ「やっと、小学校が終わったぁ~。」ぐらいにしか思ってなかったですし、「どうせ、中学校も同じメンバーだし…。」ってぐらいしか思ってなかったですね。嫌なガキですね、ほんと。(笑)

 

 

お子さんたちがこんなに涙を流せるっていうのは、それだけ小学校への思いが強かったってこと、ここを離れるのが寂しいってことだと思うんです。

 

正直、自分はお子さんたちにとって「アイシーに対してここまでの思いを持ってもらえているだろうか…。そう思ってもらえるように、自分は本当に努力できているのだろうか…?」と思わされてしまいました。

 

 

これからもまた、精一杯頑張らないといけませんね。頑張ります!!

 

引き続き、どうぞ、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

お子さんたちよりひと足先に…。

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日、小学6年生のお子さんは「卒業式」ですね…。

 

ご卒業、本当におめでとうございます。<m(__)m>

 

私もこれから息子の卒業式に向かいます。

今は何とも思ってないですが、式に出たらグッと来ちゃうんですかね…。

 

======

 

昨日、教室ではお子さんたちよりひと足先にミホヤがうちを卒業しました。

 

彼女の退職に際し、生徒の皆さんや保護者の皆さまから、温かい祝福のお言葉・お心遣いをいただきまして、本当にありがとうございました。<m(__)m>

 

改めて、彼女が生徒さんたちに慕われ、愛されていたんだなぁとつくづく感じました。

 

祐子先生。本当に長い間、ご苦労様でした。心から感謝してます。本当にありがとう。(*^_^*)

 

 

今日は彼女から預かりました生徒の皆さん、保護者の皆さまへの御礼のメッセージをお伝え申し上げます。

=====

 

本日3月22日をもちまして退職となりました

 

入社して17年、富久山教室に配属になって8年

生徒さんや保護者様には大変お世話になりました

厚く御礼申し上げます

 

また、退職に際しまして皆様からお心遣いいただき、言い尽くせぬほどの感謝でいっぱいです

 

塾講師を始めたころは、もちろん経験もなく戸惑うことばかりでしたが、生徒さんや保護者様・周りのスタッフに支えられ、なんとかここまで続けてこられました

あのころ生徒さんに近かった年齢も、気付けば今では保護者様と同年代、もしくは年上になってしまいました

時が経つのはあっという間ですね

 

私の指導はどちらかといえばストイックでスパルタ方式なので、生徒さんはここまでよくついてきてくれたと思います

みんな本当にありがとう

 

たくさんの経験と思い出を糧に、新生活に臨みたいと思います

 

これまで長い間ありがとうございました

 

最後に、皆様のご健康と今後のご活躍をお祈り申し上げます

 

平成30年3月22日

三保谷 祐子

 

=====

 

ここから富久山教室も「新しいスタート」になります。

 

今まで以上により気を引き締めて、1日1日取り組んでまいります。

 

 

今後とも、今までと変わらぬご理解とご協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

熱い思いを持って、頑張ってます!!

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の祝日だったため、お子さんたちの授業はお休み。

でも、私は家族がまだ寝ている朝早くから教室にいました。

 

というのも、春期講習会に向けて「教材の準備」と「教室の大掃除」をしなければならなかったからです。

 

プリントの印刷をしつつ、不要なテキスト類を梱包したり、教室の座席配置を変えたりと大忙しでした。(@_@)

 

教室の大掃除は概ね終了したんですが、まだプリントの準備が終わらない…。

 

でも、こんなときこそ「焦り」は禁物。

やり忘れたことがないよう、1つ1つ確認をしながら、準備を進めたいと思います。<m(__)m>

 

=====

 

新しく「受験生」になる現中2のご家庭を中心に実施してきた面談も概ねひと段落。

 

保護者の皆さま、お忙しい中お時間を作っていただきまして、本当にありがとうございました。<m(__)m>

 

この仕事を始めたばかりの頃はお母さまたちよりもずっと年下のペーペーだった私も、今やほぼ同年代に突入。

 

なので、お母さまとお話していると、「お子さんの話」をしていたのがついつい「自分たちの学生当時の話」になってしまい、盛り上がってしまうことが少なくありません。

 

おととい面談にいらしていただいたお母さまとも「お子さんの部活」の話から、いつの間にか「当時のヤンキー文化」に話が発展。

 

「自転車のカマキリハンドル」や「ハンドルや荷台の曲げ方」、「髪の脱色にオキシドールを使っていた」…など、今のお子さんたちが聞いても「何それ?」って話題ですけど、私たちにとっては「本当、懐かしい…!!」って話題。

 

お母さま:「この仕事だもん、先生はヤンキーじゃなかったでしょ?」

 

私:「そうですねぇ…。部活の顧問が超厳しかったので見た目は全然ヤンキーではなかったですけど、憧れもありましたし、精神面の路線は基本的にそっちだと思います。」

 

お母さま:「そんな感じに見えないね。」

 

私:「だから、『ヤンキー』と『野球』が組み合わさっている『ROOKIES』は、超どストライクな漫画です。」

 

お母さま:「なるほどねぇ~。」

 

私:「『BE-BOP-HIGHSCHOOL』の映画なんて見過ぎてるんで、今でもセリフは何も見なくてもほぼ間違いなく言えますよ。」

 

って一体、何の話してるんだ…。これじゃ「塾のブログ」じゃなくなっているじゃないか…!!

 

このブログを初めて見たお母さまは「こんな塾にうちの子を入れて、ヤンキーにでもなられたら大変だわ!!」って言われかねない内容ですね…。

 

 

塾の面談ですので、きちんとお子さんの学習に向けた話はきちんとさせていただいておりますが、私の人柄を十分に知っていただき、お母さまと打ち解けるための大切な時間でもあると私は思っております。

 

こんな男ですが、これからもお子さんとお母さまに「笑顔」になっていただけるよう、精一杯努めていきますので、引き続き、どうぞ、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

さあ、今日も張り切って行くぞ~!! それでは、また。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> 

 先ほどの映画のセリフの話、実は大事なことを伝えていますよ。(*^_^*)

 

 「何度も何度も繰り返すことで、学習したことはちゃんと記憶に留まる」ということですな!!

これからもずっと…。

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の夜、以前体験入学に来てくださった小学生のお子さんのお父さまと面談がありました。

 

お父さま:「新学年からお世話になれればと思っています。」

 

しかも、下のお子さんも一緒の通塾をお考えとのこと。本当にありがたい話です。<m(__)m>

 

数多くある学習塾の中から私どもを選んでいただけたこと、本当に光栄です。ありがとうございます。

お力になれるよう、精一杯努めてまいります。引き続き、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

=====

 

おかげさまで、春休みを迎えるにあたり、小学生のお子さんをお持ちのご家庭さまからお問い合わせのご連絡をいただいております。

 

これも過去から現在に至るまで、富久山教室を選んでいただいた生徒さん、保護者さまのお陰でございます。

 

本当にありがとうございます。<m(__)m>

 

 

富久山教室の担当になり本当に長い月日が経ちました。

うちのミホヤにも「随分と白髪が増えましたね…。」なんて言われます。

 

普段はおちゃらけてますけど、結構、苦労してんです…。(笑)

 

担当になった当初はお客さまから「こんな塾に大切な子どもを通わせられない!!」なんて厳しいお言葉をいただいくこともありました。

 

あのときは本当に悔しかった…。

 

今となれば「あの言葉があったから、歯を食い縛って頑張れた。」って言えますけど、当時は「何でこんなに一生懸命やって、こんなことを言われなきゃいけないんだ…。」って思いました。

 

 

自分は特別勉強ができるとか、運動ができるとかいうタイプではありません。

どこにでもいる「凡人」です。

 

そんな自分ですが、お子さんと保護者さまのために今の自分が今できることを精一杯させていただく。

そういう気持ちで今まで1日1日、黙々と取り組んできたつもりではあります。

 

「小さな努力の積み重ねが、大きな差を生む」

 

これからもこの気持ちを忘れずにお子さんと保護者さまのために頑張っていこうと思っています。

 

まだまだ至らない点もたくさんあると思いますが、今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

お互い、頑張ろう!!

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

この仕事をしていて嬉しいと思うことの1つ。それは…。

 

「お子さんの変化や成長が見られたとき」

 

=====

 

先日、4月から中3になるある生徒さんが入室するなり、私にこう話してきました。

 

「先生。今日から座席、前にしてもいいですか?」

 

私は二つ返事で「あぁ、もちろん!! 前の方がよく話聞こえるしね!!」

 

その後、授業が始まるまでの時間いろいろと話をしていると、どうやら本気で勉強を始めようと思い立ったような感じ。

 

 

そのお子さんは冬休みからうちの教室に通い始めた生徒さん。

 

口数は決して多くはなく、どちらかと言えば人見知りが強いタイプの方です。

ちょっと甘えん坊なところもあり、できれば相手から自分の方に入ってきて欲しいと思っているところがあるタイプのお子さんと私は見ています。

 

そんな性格もあってか、入塾後から今まで座席はいつもいちばん後ろの座席。しかも、すみっこを選んで座っていたんです。

 

私もできるだけ近くに行き、声掛けをするように心掛けていました。

 

「よく自分から座席の変更を申し出たこと…。」と私はその子の心境の変化を本当に嬉しく思いました。

 

先日、お母さまとお話する機会があり、入塾から今までの様子を見て私が感じたこと、そして、今現在どのような形で取り組んでいてくれているのか、そして、1年後の受験に向けてどのような点を取り組ませてあげたいかなどいろいろとお伝えさせてもらいました。

 

その際、お母さまからはこんなお話をいただきました。

 

「先生はよく子どものことを見てくださって、理解してくださってるんですね。

 

 子どもの話を聞いていると、先生のことを”信頼”しているのが分かります。

 

 先日の新教研テストの結果も、私からしたら『こんなんで大丈夫なの?』という結果でしたけど、先生から温かい言葉を貰って、本人は頑張ろうとしているみたいです。」

 

もしかすると、今回の心境の変化は、私がお母さまにお伝えしたことを間接的に聞いた上での変化だったのかなと感じています。

 

お母さま、上手くお伝えしていただいて、本当にありがとうございました。<m(__)m>

 

本人が本気になってきたのであれば、何とかその力になってあげたいとうのが私の思いにあります。

 

特に今まで自分から思いを口に出すことがほとんどなかったお子さんが自ら自分の気持ちを発してくれたその”勇気”にしっかり応えてあげたい。

 

 

来年の今頃、お互い「頑張って良かったな!!」って言えるように、1日1日、自分のできることをしっかりやって行こうね!!(*^_^*)

 

さあ、今週も張り切って行きたいと思います。それでは、また!!<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

昨日はいつもと違う立場で…。

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

うちの本部教室は塾と併設して「学童保育」を行っています。

 

昨日はその「開校式」がありまして、4月からご利用いただくお子さんと保護者さまの前でいろいろとお話をさせていただきました。

 

「元々、学習塾だった私たちが、なぜ、学童保育を始めようと考えたのか?」

「学習塾が母体の学童保育だからこそできる強味とは?」

「たくさんのお子さんを指導してきて、自分も父親として子育てをしてみて、低学年時にぜひお子さんに身に着けさせて欲しい日々の習慣とは?」…などなど。

 

普段のようなラフな感じではなく、昨日は朝からビシッとスーツを着込んで頑張ってきました。(*^_^*)

 

娘に「お父さん、いつもと違って恰好いいね!!」と言われ、気分を良くして家を出発。(笑)

 

 

「なんで、富久山教室の小菅が、本部教室の学童保育の話をしに行ったの?」と思われる保護者さまもいるかも知れませんね?

 

実は私、この学童保育の立ち上げ当時、富久山教室の仕事をしながら学童保育の方の仕事も一緒にしていたんです。

 

今現在も週1回ほどではありますが現場には入らせていただいておりまして、昨日は「富久山教室の責任者」ではなく、「塾・学童両部門の統括責任者」という立場でお話をさせていただいというわけなんです。

 

どのお母さまも真剣な表情でお聞きいただき、本当に心から感謝です。ありがとうございました。<m(__)m>

 

=====

 

うちの学童が開業したのはちょうど7年前。東日本大震災の直後でした。

 

ご入会説明の面談やご予約も数多くいただいていたものが震災でキャンセルが続き、あの時は「本当にオープンできるのだろうか…?」とかなり大変な状況でした。

 

それに加え、食べ物や飲み物などの安全面にも配慮しなくてはならなかったですし、お子さんの野外活動などの制限などもあり、本当に苦労が絶えませんでした。

 

でも、おかげさまで今、たくさんの方にご利用いただける施設となりました。ありがとうございます。<m(__)m>

 

学童保育の現場に入り小さいお子さんたちと一緒に学習をしていると、高学年のお子さんや中学生と異なる面がたくさんあり、いろいろな気づきを得ることができます。

 

その気づきが富久山教室での指導にも大いに役立っています。

 

 

開業当時1年生だったお子さんたちが、4月にはもう中学2年生になるんですもんねぇ~。

 

お子さんの学年を考えると、月日が経つのが本当に早いなぁとつくづく感じます。

 

 

本部教室での大仕事がひと段落したので、今日からはまた「富久山教室の責任者」に戻って、しっかり富久山教室の仕事をしないとです。

 

来週からは「春期講習会」も始まりますので、気合い入れて行きます!! それでは、また!!<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

いろいろと試しながら、やって行きます。

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

来週で現学年の学習が終わり、いよいよ新学年の学習に入って行く中1・中2のお子さんたち。

 

今は、春休みの講習に向けて、「現学年の復習」「弱点克服」に力を注いでいただいているところです。

 

その中でも私が特に意識が強くなっている教科が「英語」

 

以前ブログでも書いたのですが、うちのお子さんたちの中には「英語が苦手…。」という方が少なくないのが理由にあります。昨日、春期講習会のお申し込みに来ていただいたご家庭さまも「英語がちょっと…。」とやっぱり英語で悩まれていました。

 

また、今回の入試問題・結果を見ても、「英語」はかなり力を注がないといけないと改めて感じています。

 

新年度から数学だけでなく英語も全面的に私が担当になるため、今から力が入っています!!(*^_^*)

 

=====

 

そんな思いの中、ずっと考えていたことがあります。

 

「どうやったら、英単語の勉強を進んでやってくれるようになるだろうか…?」

 

いくら文法を学ぼうが、英単語がスペルを守ってきちんと書けないことには点数にならないですからね。

さらに長文を読むときにも、英単語の意味が分かってなければ正しく読めないわけです。

 

私自身は中学生だった当時、何度も練習して、それを何も見ないで書けるようになったかチェックし、書けなければまた練習をひたすら繰り返して覚えた人間でした。

 

手がパンパンになりながら、ブツブツと口に出しながら、何度も何度も繰り返し練習したもんでした。

 

 

でも、今、英語に苦手意識のあるお子さんたちの話を聞くと、そういう「根性で乗り切るんだぜ!!」的な話だけじゃ駄目なんだと感じます。

 

「英単語を覚える」という単調でつまらないと感じる作業を、少しでも楽しく行ってもらえる工夫ができないだろうかと、ずっと考えていました。

 

そんな折、私は「これ、使えそうだなぁ…。」というアプリを発見。

 

業者さんと話をして、早速、自分用のIDを発行してもらって試してみると…。

 

私:「いいよ、これ!! めちゃ使えんじゃん!!」

 

しかも、「教科書準拠」という点がすこぶる良い感じ!!(*^_^*)

 

早速、昨日から授業の中で取り入れてお子さんたちに試してもらいました。

 

お子さんたちの様子を見ると、かなり楽しそうに取り組んでいる様子。

中にはお子さんどうしで競い合いながら取り組んでいる様子も見られました。

 

取りあえず「英単語学習」に興味を持たせるための第一段階は成功かな…。

 

問題はこれを飽きさせずにいかに継続させるかということと、やはり最後は「何も見ないで、自分自身の手できちんと書けるようにさせること」を目指さないといけませんね…。

 

道具を「生かす」も「殺す」も使う人次第。

私がいかにお子さんたちを上手に引っ張っていくのが大事な点です。

 

これからも、いろいろと試しながら、お子さんたちの学習を盛り上げて行きたいと思います。<m(__)m>

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> ちなみにこのアプリ、うちの教室の生徒さん専用のIDがないと利用できません。<m(__)m>

 

この悔しさを忘れてはならない…。

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日のブログで「ここで立ち止まっていては駄目」ということを書きました。

 

この言葉は、合格を掴むことのできなかったお子さんへの言葉でありつつ、弱く、くじけそうになっている今の自分自身に対して言い聞かせるための言葉でもありました。

 

 

しかし、「頭」では理解しようとするものの、昨日の段階では「心」がそれについて来れ切れていないというのが正直なところでした…。

 

自分がその悔しさを経験している人間だからそ、どうしても、合格させてあげられなかった子の気持ちが気になってしまうのです…。

 

こんなときは、何も考えることもできないほど「激務」の方がマシです。

 

 

しかし、そういう心理状態でも、小学生のお子さんや中1・中2のお子さんを迎えるときは、いつも通り明るく振る舞わらなければならない。

 

お電話をいただいたり、面談にいらしていただいたりしたお母さまにも、元気いっぱいでお話をしなければならない。

 

「目の前のお子さん、お母さまに弱さを見せてはいけない。毅然に振る舞わないと…!!」

 

そう言い聞かせながら小学生のお子さんと授業をしていた昨日の夕方、玄関から「こんにちは~。」という声がしました。

 

昨日、悔しさで報告に来ることができなかった1人の生徒さんとお母さまでした。

 

私:「(自分が暗くなったら駄目。こんなときこそ元気良く。) おぉ~、こんにちは!! 」

 

そう言って、握手をすると、最初はいつも通りの「笑顔」だったその子の表情が、見る見るうちに「涙顔」に変わってしまいました…。

 

 

このお子さんは、正直「器用」ではなく、どちらかと言えば「不器用」なお子さんでした。

 

とても真っ直ぐ・真面目な性格(むしろ真っすぐ・真面目過ぎたぐらい)で、私がさせていただいたアドバイスは素直に実行してくれるお子さんでした。

 

また、自分が分からないところは見栄を張ることなく、素直に教えを乞うことのできる気持ちの良い性格の持ち主でもありました。

 

そして、最後まで志望校を諦めることなく、自分のできることを最大限にしてくれた努力家でした。

 

その頑張りは「受験生だった今年1年だけ」のものでなく、入塾した「小学生のとき」からずっとでした。

 

 

だからこそ、私はこの子を合格させてあげられなかったことが、本当に悔しくて申し訳なくて仕方がありませんでした。

 

私は必死にその悔しさ・申し訳なさを抑えつつ、その子に握手をしながら、こう声掛けをしました。

 

私:「先生が卒業した学校の後輩になるんだよ。この悔しさを忘れずに、頑張ってよね!!」

 

すると、一旦泣き止んでいた表情が、再び「涙顔」に変わってしまったのでした…。

 

 

そのお子さんは最後に1通の「手紙」を私に手渡し、教室を後にされました。

 

 

そこには、その子の「私に対する思い」と「これまでの日々に対する思い」が精一杯綴られていました。

 

その子の性格そのものと言える1文字、1文字とても力強い丁寧な筆跡でそれは綴られていました。

 

 

その手紙を読み、私はまた「悔しさ」と「申し訳なさ」で胸がいっぱいになりました…。

 

 

この「悔しさ」を絶対に忘れてはいけない…。

この子のためにも、この「悔しさ」を糧にして、より一層、良い教室にする努力をしていかないと…。

 

自分もまた頑張るからね…!! 今まで、本当にありがとね…。

 

今回の経験が「あの経験があって良かった。」と言える人生にしてくれることを心から願っています。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

受験生のみんなへ

【今回の受験での経験を、今後の人生に活かしてくれることを心から願っています。】

 

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

合格発表から一夜が明け、受験生のみんなはどんな朝を迎えたでしょうか…。

 

 

まずは、改めて受験、本当にお疲れ様でした。

 

これまで必死に頑張ってきたみんなですので、しばらくはゆっくり身体も心も休めてください。

 

そして、 心身ともに落ち着いたならば、少しずつ高校入学に向けて学習を再開してくださいね。

 

 

「高校入試」「合格発表」は決して「ゴール」ではありません。

 

ここからまた「新しい学び」が始まっていきますからね。

 

 

今まで精一杯頑張って、今回、合格を掴んだ方。

 

 

今回の受験を通して得た「自信」と「感動」をぜひ、今後の人生の支えとしてください。

 

これからの人生、楽しいこと・嬉しいことだけじゃなく、辛いこと・苦しいこともたくさんあると思います。

 

そんなときに、「あのときだって、あんなに頑張って乗り切ったじゃないか…!!」って今回の受験のことを思い出して欲しいんです。

 

今後のさらなる飛躍を心から願っています。

 

 

 

そして、精一杯努力してきたけれども、合格を掴むことが出来なかった方。

 

合格に導いてあげることができなかったこと、自分も悔しいです。本当に申し訳ないです。

 

でも、今回の受験で味わった「悔しさ」を、今後の人生に必ず活かしてくれることを心から願います。

 

 

自分はみんなと同じ年齢のときに「大きな悔しさ」を味わった側の人間です。

 

だから、合格を掴むことのできなかった方の心境がどのようなものか分かります…。

 

 

瞬間的に見れば、今回の結果は本当に辛いものだと思います。

 

もしかすると、昨日は悔しさがこみ上げてきて、眠ることもできなかったかもしれないですね…。

 

 

でも、それは今まで本気で頑張ってきたからこそ生まれる悔しさだと自分は思います。

 

生半可な気持ちで中途半端に取り組んでいた人は、そこまで大きな悔しさは出てこないと思います。

 

これは自分自身の人生経験からも間違いなく言い切れることです。

 

 

でも、厳しいかもしれないけれど、お互い、いつまでもここで立ち止まっていてはダメなんです。

 

今回の結果を今後にどう繋げていくか、そのためにどう行動を取っていくのかが本当に大事なんです。

 

 

「もう、こんな思いはしたくねぇ…!!」

 

 

そんな気持ちから自分も当時、合格発表の翌日には高校の予習を始めました。

 

「あともうちょっと…。」のところで甲子園行きを逃したときも、「もう、気持ちを切り替えて頑張らねぇと…。」と敗戦翌日から課外授業に出席しました。

 

本当に辛かったですけどね…。

 

 

でも、今となっては、「あの悔しい経験があったから、今の自分がある」と思えます。

 

というよりも、そう思えるように自分自身で道を切り開いていくしかないと思ったわけです。

 

 

 

今回の受験は人生の中で「大きな出来事」であることは間違いありませんが、「すべて」ではありません。

 

これから今まで生きてきた時間よりも、もっともっと長い時間を生きていくことになります。

 

 

みんなが今回の受験を通して、より一層、人間的に逞しく成長し、活躍してくれることを願っています。

 

そして、合格を掴んだ人も合格を掴めなかった人も「あの受験の経験があったから、今がある」と言えるようになってもらえたらと願っています。

 

今まで、本当にありがとうございました。一緒に時間を過ごせたこと、心から感謝しています。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

気を付けて行ってきてくださいね。

【お互い、やることは十分にやってきましたからね…。静かに時を待つばかりです。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

いよいよ今日は「県立Ⅱ期選抜」の合格発表の日。

発表を控えたお子さんたちはもちろん、親御さんたちもドキドキって感じだろうなぁ…。

 

「正午」まで発表を待たなきゃいけないっていうのがじれったいでしょうねぇ…。

でも、既に結果は出ていて、発表の掲示も合格通知もすべて準備完了の状態です。

 

もはや結果を変えることはできない。

後はじっと「発表のとき」を待つのみです…。

 

受験生を送り出す段階で「もう、自分がさせてもらえることはやり切った!!」という感じがあります。

また、お子さんたちも「今まで十分やってきた!!」という気持ちで試験に臨んでくれたと思っています。

 

だから強がりではなく、私自身はお子さんたちの報告を静かに待つことができます。

 

まずは、事故のないよう気を付けて会場まで足を運んでください。

そして、自分の結果をしっかり目に焼き付けてきてほしいと思います。

 

みんなが「満面の笑み」で報告に来てくれることを願いながら、教室でお待ちしております。<m(__)m>

 

 

短めではありますが、今日はこの辺で。それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

ご卒業、本当におめでとうございます。<m(__)m>

【「環境」や「内容」は変わっていくと思いますが、人はず~っと学び続けるんだと思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

今日は公立中学校の「卒業式」

 

朝から良い天気で気持ちが良いですね!!(花粉はめっちゃ飛んでますけど…。)

 

まずは、卒業生の皆さん、ご卒業、おめでとうございます。

そして、保護者の皆さまにも心よりお祝い申し上げます。<m(__)m>

 

ついこの間入学したばかりのような気もしますが、中学3年間なんて、ほんとあっという間ですよね…。

 

塾生さんの男の子たちは、あんなに背が小さく、可愛らしかったのに、すっかり私を見下ろすほど大きくなり、身体も心も逞しく成長し、「男の子」から「男」って感じになりましたもんねぇ~。

 

女の子も、すっかり落ち着いてしまって、男子以上に「大人になったなぁ~。」って思います。

 

 

明日の合格発表が気がかりで、まだ、心の底から卒業を喜ぶ気持ちにはなれないかもしれないですかね。

 

今日卒業生する皆さんに、皆さんより少しだけ長く生きてきた自分からひと言だけお伝えさせてください。

=====

「これからも”学ぶこと”を忘れないで欲しい。」

=====

 

今日、中学校を卒業し、4月からは皆さん高校生になります。

 

そして、高校を卒業して大学や専門学校へ進学する方もいるでしょう。

もしかしたら、すぐに仕事に就いて社会に出る方もいるでしょう。

 

人それぞれ「学ぶ環境」「学ぶ内容」は変わっていくとは思いますが、人は自分の命が絶えるときまでずっと、いろいろな形で学び続けていくと思うんです…。

 

学生のときは「授業」を通して「教科」という形でいろいろなことを学びますが、大人になると「仕事」を通して、学校でするような「学習」とは違う形でたくさんのことを学ぶようになると思います。

 

むしろ自分は学生のときよりも、社会に出て、この仕事に就いてからの方が、たくさんのことに気づかされ、そして学ばされていると感じています。

 

この年になって、つくづくこんなことを思います。

 

「まだまだ自分は何も分かってねぇんだなぁ…。

 もっともっといろんなことを一生懸命学んでいかないとなぁ…。」

 

 

「学ぶ」ことで「物の見方」や「考え方」が変わります。

「物の見方」や「考え方」が変わると自分の「価値観」が変わります。

「価値観」が変わると「たくさんの人との出会い」が生まれ、自分の「人生」が変わります。

 

年齢を重ね、自分はそんなことを日々、感じるようになりました。

 

ぜひ、これからもお互い「日々、学び続ける人」でいられるよう努めていきましょうね。

 

今日はご卒業、本当におめでとうございます。

明日、皆さんが笑顔で「卒業」とともに「良い報告」をしてくれること願っています。

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

本当は怒り狂いそうだけど…。

【失敗や困難にぶつかったとき、それをどう捉え、対処していくのかが大事なんだと思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

入試が終わり、春期講習会や新学期の準備を始め、いろいろやらなきゃいけないことは山積みではあったものの、肉体的にも精神的にもちょっとしんどかったので、昨日はお休みをいただきました。

 

ただ、どうしても今日の午前中の本部教室での打ち合わせ資料だけは完了させねばならず、完全にOFFとまでは行きませんでしたが…。( ´Д`)=3 フゥ

 

いや~、毎年のことながら、3月はやっぱり慌ただしい日々が続きます。

 

これは、うちに限らず、全国どこの学習塾の先生方も同じだと思います。

 

こんなときこそ、しっかり食べて、しっかり寝ることが大事ですな!!(*^_^*)

 

 

本当はですね、1度、この資料は作成完了していたんです。先週末に。

 

ところが、自宅に帰ってきて確認のためにそのデータを開こうとしたら開けないんですよ…。

 

パソコンの不調が原因?メモリースティックの不具合?

 

Noっーーーーーーーーーーーー!!

 

マジかぁーーーーーーーーーーーーー!!

 

俺の費やした時間と労力がぁーーーーーーーーーー!!

 

 

でも、怒り狂っても仕方がないです…。

 

世の中で起こることはすべて「偶然」ではなく「必然」であると言いますから…。

 

また、こうも言いますもんね。

 

「困難」はそれを乗り越えられる人にしか起こらないとも。

 

 

きっと、この出来事は神さまが私をより成長させるために与えてくれた出来事なんだと…。

 

そう解釈し、過ぎ去ったことに目をやるのではなく、これから先のことを考えるようにしないと…。

 

本当は怒り狂いそうな感情を抑え、黙々と作業進行。

 

 

 

何とか無事、資料の作成も終わり、取りあえずは良かった、良かった…。

 

また、データが飛ぶと怖いのでバックアップも取っておこうっと。

 

 

今週はいよいよ「県立Ⅱ期選抜」の合格発表があります。

 

受験生のみんな、きっとドキドキしてますよね…。良い合格発表になりますように。<m(__)m>

 

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

お互い、頑張りましょう!!

【子どもが「中学生」になると、いろいろ考えることが増えて大変ですよね。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

連日の面談と新年度の準備、そこに本部教室のサポートと花粉の影響が加わり、週末はちょっとバテ気味でした。

 

年齢が40を過ぎたあたりから明らかに30代のときと「疲れの取れ方」が変わったように感じます。(笑)

昔はどんなに疲れていても気合いで乗り切れたし、一晩寝れば全然OKだったんですけどねぇ…。

 

家内も夜、自分が帰宅するとコタツで爆睡してることが多くなりました。

「お互い、ポンコツになったもんだぁ~。」なんて話をしています。(笑)

 

そろそろ、養命酒とかサプリメントに頼らないといけなのかなぁなんて思う今日この頃です。(*^_^*)

 

=====

 

受験生の入試が終わり、昨日の午前中は久々にゆっくり時間を過ごさせてもらえました。

 

その時間を使って、ちらっとしか見ることができていなかった今年の入試問題も解いていると、それを見ていた家内が話しかけてきました。

 

家内:「これ、50分で解くんだよね? 結構、大変じゃない?」

 

話を聞いていくと、入試翌日に朝刊に折り込まれた「入試問題」を自分も解いてみようと試みたとのこと。

実際に問題を眺めてみて「問題数の多さ」にちょっとビックリしたらしいです。

 

私:「そうだねぇ…。まあ、でも、毎年こんなもんだよ。」

 

家内:「だって『社会』なんて50問以上設問があるよ。1問に1分かけられないってことでしょ?」

 

私:「まぁ、そうだねぇ…。でも、塾生の子たちは普通に間に合うよ、解き慣れているから。」

 

家内:「国語もさぁ、一見簡単そうに見えるけど、ちゃんと設問を読まないと答えられないよねぇ?」

 

私:「そうねぇ…。(よく問題見てんなぁ…。) でも、問題をちゃんと読むのはどの教科でも共通だよ。」

 

嫁さん:「数学の証明、何でこんな中盤に出てんの?何で最後の最後じゃないの?」

 

私:「それは昔っからそのポジション。(うちの嫁さんは他県の出身なもんで…。)」

 

息子が「中学生」になることもあってか、うちの嫁さんも以前よりも「学習」や「入試」への関心度が高くなったような気がします。

 

普段の会話でもこれらのことに関する内容が多くなってきているように思います。

 

 

きっと、「中学生」になるお子さんをお持ちのお母さまもうちの家内と同じような感じなんですかね…。

 

 

もし、うちの家内と同じように「中学校での学習のこと」「入試に関すること」など、お子さんの学習に関する質問などをお持ちのお母さまがいらっしゃれば、ぜひ、お気軽に私までご質問ください。

 

今まで長くお子さんたちの受験指導をしてきた経験なども踏まえ、いろいろとお答えできるかと思います。

 

ご質問は直接のご来塾でも大丈夫ですし、お電話やメールでもOKです!!(*^_^*)

 

 

お互い、いろいろと大変なことも多いですが、力を合わせて頑張って行きましょうね!! それでは、また。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

心より感謝です!!

【これも、お子さんやお母さまの「良いよ!!」のお言葉のお陰。ありがとうございます。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

受験生の授業が全日程終了し、新受験生の方を中心に新学年に向けた面談を実施中!!

 

お母さん:「先生!! BOφWY、好きなんですか?」

 

私:「そうなんです!! 小学生のときからテンション上げていくときは、もう、ガンガン聞きまくりです!!」

 

お母さん:「私は中学生のときだったなぁ~。懐かしいですね~。」

 

私:「うちの息子は生まれる前から聞いてますんで、自然と一緒に歌えますからねぇ~。」

 

って、どんな面談なんだ~!! 塾の面談というより飲み屋で酎ハイのみながらする会話じゃん!!(笑) 

 

 

でも、そんな和やかに雑談をしつつも、ちゃ~んと新年度の授業のこともお話させていただいています。

 

保護者の皆さまには新年度からの授業についても温かくご理解・ご協力をいただき、心より御礼申し上げます。

 

 

昨日面談をさせていただいたお母さまからはこんな嬉しいお話もいただきました。

 

お母さん:「先生がいつも子どもあてに付箋などにメッセージを書いてくれるじゃないですか?

 

      うちの娘は、それをぜ~んぶ、貰った順に綺麗に取ってあるんですよ!!」

 

いや~、これは本当に嬉しかったです…。まさか、取っていてくれているとは。(*^_^*)

 

照れ隠しで「それは、変なこと書けないですねぇ~!!」なんて言いましたが、本当にありがとうございます。<m(__)m>

 

面談を通して、改めてお子さんやお母さまとの「心の繋がり」を大切にしていかないとと思っております。

 

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

=====

 

「春休み」が近づき、少しずつ「春期講習会」や「新学期からのご入塾」のお問い合わせをいただいております。本当にありがとうございます。<m(__)m>

 

 

大手学習塾さんのようにテレビCMに掛けられるだけの費用もない…。(笑)

チラシも他塾さんのように広告代理店さんに頼んでカッコいいチラシを作ってもらう費用もない…。(笑)

 

私がWORDで作った「手作り感丸出し」かつ「配布枚数も極限られた少部数」のうちのチラシを見ていただいてのお問い合わせ、本当にありがとうございます。<m(__)m>

 

そんな宣伝活動にも関わらずお問い合わせをいただけているのも、今ご通塾いただいているお子さんやお母さま、うちを卒業したお子さんやお母さまのお陰と心より感謝申し上げます。<m(__)m>

 

実際にうちを利用してくださった・くださっているお子さん、お母さまの「良いよ!! アイシー!!」というお声のお陰でうちは「新しい出会い」をさせていただけていると思っております。

 

 

 

ひと口に「塾」と言っても、いろんなタイプの塾があります。

 

指導形態1つを取っても「クラス授業」「少人数指導」「マンツーマン授業」など、いろんな形態があります。

 

また、「完全予習型」の塾もあれば、「学校のことは一切やらない!!バリバリの受験指導専門」の塾など、指導内容もほんとたくさんの種類があります。

 

この業界にいる私ですら「塾、あり過ぎて何処選んでいいのか、よく分かんねぇよ!!」って感じです。(笑)

 

私は新しくお問い合わせをいただいた際、必ずこのひと言をお話させていただいています。

 

「塾は、お子さんと私たち先生との『相性』が本当に1番大事だと思っています。

 ですので、ぜひ1度、実際に授業を見ていただくか、体験授業をお願いできますか?」

 

いろいろと説明をお聞きいただくことも必要ですが、実際に授業を受けるお子さんが「アイシーでやりたい!!」ってならないことには長く続かないですからね。

 

合わせてお子さんをお預けするお母さんも「この先生なら任せられる!!」って思っていただけなければ、安心できないですよね!!

 

ぜひ、うちの教室がどんなところなのか、私をはじめうちの先生たちがどんな先生たちなのか少しでもご興味のある方はお気軽に教室見学にいらしてみてください。

 

アポイントなしの飛び込みで全然OK!! むしろ、その時の方が本当の塾の姿が見れますから。(*^_^*)

 

※ なんて言って、いらしたタイミングが自分が大声上げてるときだったらビックリしちゃいますよね!!(笑)

 

 

今日は昨日と違って良い天気ですね!! でも、花粉が気になるなぁ…。

 

さあ、今日も1日、元気良くいきましょう!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

本当にお疲れ様でした。<m(__)m>

【明日・明後日はどうぞ心置きなく、ゆっくり、ゆ~っくり寝てください。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

まずは、受験生のみんな。昨日はⅡ期選抜、お疲れ様でした。

そして、保護者の皆さまも本当にお疲れ様でした。<m(__)m>

 

昨日は雨降りだわ、気温も低いわで大変でしたね。

それに加え、朝早くから夕方遅くまで緊張のしっぱなしで、本当にお疲れになられたんじゃないでしょうか。

 

お子さんたちも明日・明後日の土・日曜日はやっと勉強に追われることなく、ゆっくり眠れますね。

(と言っても、発表が終わるまでは、心の底から気持ちは休まらないかもしれねいですね…。)

 

今までずっと気が張っていたのが急に緩むと一気に体調を崩したりすることもあります。

来週に「卒業式」も控えていますので、どうか、体調管理だけは引き続き、気を付けてくださいね!!

 

=====

 

昨日は多くの保護者さまが、受験を無事終えましたというご報告とお世話になりましたという御礼のメールをくださいました。

 

お疲れのところ、本当にありがとうございました。心より厚く御礼申し上げます。<m(__)m>

 

 

保護者さまからのメッセージを見て、合格発表前なんですがグッと来るものがありました。

 

 

たくさんの学習塾がある中でうちの教室を選んでいただき、出会いをいただけたこと。

自分たちの指導を信じ、今までついて来てくださったこと。

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです…。ありがとうございました。<m(__)m>

 

 

そのメッセージを読ませていただきながら、こんな自分でも少しはお役に立てたのかなと思えました。

 

 

昨日から「新受験生」のご家庭と新年度授業に関する面談も始めさせていただいておりますが、また気持ちを引き締め、精一杯頑張らなきゃと思っています。(*^_^*)

 

 

「自分ができることを精一杯やり抜く!!」

 

そんな気持ちで、また日々頑張って行こうと思いますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

 

さあ、今日も1日張り切って行きます!! それでは、また。(*^_^*)

 

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

楽しんできてくださいね!!

【どんな問題が出るのか、自分の力がどこまで通じるのか、テストを思う存分楽しんできてくださいね!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

さあ、今日はいよいよ県立高校の「Ⅱ期選抜」の実施日。

 

お子さんたちはきっとドキドキしながら朝を迎えたのかな…。

そして、お子さん以上にドキドキされているのが親御さんかも知れませんね。

 

昨日も夕方、数名の生徒さんが自習にやってきました。

 

※ ちなみに、K汰さんは1人だけ夜に登場。「みんな、もう夕方来て、帰ったよ。」というと「えっ?! そうなんすか?!」とビックリ顔してました。最後までK汰さんはお茶目だわぁ…。(笑)

 

今日は道路も混むだろうから、ちょっと早めに忘れ物がないかゆっくり確認して、気をつけて行ってきてください!!(*^_^*)

 

 

何度も言ってきたことだけどさ、焦っちゃ駄目だよ…。

大抵、勝負事っていうのは「鼻息が荒いとき」ってのは上手くいかないからね。

 

おとといの授業後にも言ったけど、問題にいきなり飛びつくような解き方は禁物!!

 

まずはじっくり相手(問題)の出方をじっくり眺めるんだよ。

これは先生がやってきた野球でもまったく同じ。

 

「どれ、どれ。今日はどんな問題が出てんのかな…。」

「ほう、ほう。なるほど、なるほど。今年はこんな問題で来ましたか…。」

「どうやら、今日はなかなか楽しませてくれそうな問題がありそうですな…。」…などなど。

 

そうやって、問題の様子を「上から目線」で眺めて、ひと呼吸置いてから問題に取り掛かってくださいね。

 

 

そして、何度も何度も繰り返し言ってきたことだけど、これがいちばん大事なところ。

 

「今まで自分が取り組んできたことを発揮することだけを考える。」

 

他の人がどうこう、問題の難易度がどうこうではなく、己の取り組んできたことを信じて、それを余すところなく存分に発揮して来て帰って来てもらいたいというのが自分のいちばんの願い。

 

それができれば、結果は自ずと良い方向に向かうはずだからさ…。

 

 

みんなが無事、清々しい顔で帰って来てくれること、心から願ってます!! (*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

LAST CLASS!!

続きを読む

普段通りが良いよね!!

【受験日が近いからといって、何も変える必要はないんです。

普段通りで良い。普段どおりが良いんです。(*^_^*)】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

 

受験を目前に控えた受験生。

 

昨日も学校から真っすぐ教室に入り、夜遅くまで自習に取り組む生徒さんの姿が見られました。

 

「受験日も近いし、もう少しゆっくりしても良いんじゃない…。」

 

お子さんたちの姿を見てそんなことを思いながらも、私は何も声掛けをせず、黙ってその様子を見守っていました。

 

もう、この時期まで来たら「本人のやりたいようにやらせるのがいちばん!!」と私は思っています。

 

ゆっくり睡眠をとって、体調を整えるのも良し。

 

自分が納得行くまで問題と向き合うのも良し。

 

テスト当日までの限られた時間、自分が「最善」と思う時間の過ごし方をしてくれたらそれで良いんです。

 

 

この時期まで来ると「知識的」「技術的」なことは十分やってきています。

 

むしろ、この時期に来るとそういったことよりも「いかに、いつも通りの自分でいられるか?」という精神的なことの方が大事だと私は思っています。

 

変に気合いを入れ過ぎても良くないですし、ダラっとし過ぎても良くない。

 

眠たければ眠ればいいし、ゲームしたり音楽を聴いたりしたければそうすれば良いんです。

 

受験日が近づいてきたからと、急に自分の生活リズムを崩すような行動は避けたいところです。

 

 

だから私も毎年うちの教室の生徒さんを「受験生」だからと言って、特別視はしないようにしています。

 

普通に小学生のお子さんや中1・中2とガンガン声を出しながら授業させてもらいますし、過剰に構うようなこともしないようにしています。

 

 

 

昨日の夜、帰宅してテレビをつけると「激レアさんを連れてきた」という番組がやっていました。

 

昨日は私の大好きな「高校野球ネタ」で、岩手の強豪校・盛岡大附属高校の元監督さんが出演されていました。

 

その中で甲子園での敗戦原因についてお話されていたんですが、その1つには「県予選でのプレースタイルを甲子園で変えてしまった点」があると私は感じました。

 

そうなんですよねぇ…。

 

大抵うまくいかなかったときっていうのは、自分自身のやってきたことを自ら崩してしまったとき、あるいは相手のペースに飲まれて崩されてしまったときなんだと思うんですよね。

 

 

「自分が今までやってきたことを信じて、それを精一杯発揮すること!!」

 

さあ、今日が受験生とのラスト授業。今日もいつも通り張り切って行きましょう!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

気長にやって行こうと思っています。

【まずは自分自身が「やってみせること」が先かなと思ってはいるんですが…。 】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

ここのところ、自宅にて「意図的」に取り組んでいることがあります。それは…。

 

「英語の教科書を見ること」

 

リビングや自分部屋など、家の中のあらゆるところで取り組んでいます。

あわせてですね、車の中で「教科書の音声」を流してたりもしています。

 

 

というのも、うちの息子が4月から中学生になるから、少しでも関心を引かせようと思ってのことです。

 

家内から「あたしの言うことは聞かないから、ちょっと言ってあげてよ!!」と言われていたんですが、うちの息子は口で言ってもまったく聞く耳を持たない男なんです。

 

そのため、私自身が英語の勉強をしている姿を見せることがいちばんじゃないかと考えて始めたわけです。

 

 

うちの息子は勉強に限らずどんなことでも、周りが「やった方がいいんじゃないんの?」「やりなさよ」と言っても、自分自身で「やりたい!!」という気持ちが起きない限り、一切それをやろうとしない男なんです。

 

良く言えば「自分の意思を持っている」ってことでしょうけど、まぁ、ほんとに頑固ですわ…。

 

私も長年「塾講師」をしてきていろんなお子さんと出会ってきましたが、うちの息子ほど面倒くさい男はいないんじゃないかと思います。(そういっている自分も大変面倒くさい男でしょうけど…。)

 

親子だからお互いつい「感情的」にもなりますし、年頃的にも「親の言うことが鬱陶しい!!」という時期でもありますし、難しいとこところです。

 

 

いつも面談時、塾生さんのお母さまにいろいろアドバイスをさせていただいている自分ですが、我が子が「中学生」になるにあたって、やっぱりこう思うわけです。

 

「中学校の勉強でつまずかせたくないなぁ…。」

 

ぶっちゃけた話、数学の解き方やら英文法の説明…なんてことはいくらでも無料で自分がしてやれますけどねぇ…。

 

やっぱり本人が「勉強、頑張らないとな…!!」って思って取り組んでくれないことには、どうにもならないですからねぇ…。

 

別にバリバリの進学校に行って欲しいとかの思いはないんですが、少なくとも学校の授業が分からないとか、定期テストでまったく点数が取れないとかの状況は避けたいとは思っています。

 

きっと、中学生になったら部活にも入って、毎日忙しくなるだろうからねぇ…。

 

あとは、高校選択時に「行きたい学校に行けない!!」とか「行けるところがない!!」って騒がれるのも親としてはぶっちゃけ面倒くさいなぁと…。

 

 

長年指導をさせてもらってきて「英語ができるか、できないか」は受験時に大きな差になると私は感じています。

 

せっかく数学や理科は”ピカイチ”でトップ進学校に行く子も敵わない点数を取るのに、英語の点数が取れずに総合力ではその子たちを下回ってしまうという子もいますからねぇ…。

 

自分も決して真面目に勉強する方の人間ではなかったですが、英語だけは毎日、単語練習をしたり、本文を書き写したりしてましたもんねぇ~。

 

あとは、小学校の卒業時にもらった「英和辞典」は中1のときは毎日のように眺めてましたねぇ~。

 

その甲斐もあって、中学校時代、英語はそんなに大きくつまずかなかったと記憶しています。(でも、実際はどうだったけかなぁ…。)

 

そして、英語って1回つまずくと、取り戻すのに本当、すごい時間と労力を使うわけなんです。(あれ?これ、先日のブログでも書きましたね。)

 

だから、英語だけは何とか良いスタートを切ってもらえたらいいなぁと思っているわけなんです。

 

 

ただ、今のところ、親のこんな気持ちはまったく伝わっておらず、相変わらず息子は「英語の勉強」にはまったく無関心状態が続いております。( ´Д`)=3 フゥ

 

まぁ焦らず、腰を据えて気長にやっていこうと思っています。

 

 

すいません…。今日も完全プライベートな内容になってしまいましたね。それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 

 

ちなみに、塾生さんたちはすでにしっかり「中学準備」を始めておりますので、ご安心ください。(*^_^*)

無理は禁物。休むことも大事。

【入試当日まで残り僅か。体調を整えるために、あんまり無理し過ぎないようにね!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

ついに…。今週8日(木)は県立高校の「Ⅱ期選抜」の実施日です。

 

入試日が近づき、お子さんたちも「最後の追い込み」に励んでくれています。

 

 

しかし、その表情を見ると、やはり「疲労感」が溜まってきている様子がうかがえます。

中には目の下にくまができている子も…。きっと、夜遅くまで勉強しているんだろうね。

 

本当にお疲れ様です。<m(__)m>

 

 

昨日の休憩時間、女の子たちとしばし雑談。

 

私:「大丈夫? 体調を整えるために休むことも必要だよ。」

 

Mちゃん:「そうですよね…。分かってはいるんですけど…。」

 

私:「Hちゃんも眠そうだね…。」

 

Hちゃん:「はい…。眠いです…。」

 

私:「あともう少しだからね。終わったら、もう、これでもかってぐらい寝ていいからね!!」

 

 

この時期になると、お子さんたちは何も言わなくても、自分で考えて黙々と学習に取り組んでくれています。

 

教室の中で聞こえるのはカリ、カリ、カリと「字を書く音」と、シュッ、シュッ、シュッと「解答をつける音」だけ。

 

入試当日、みんなが今まで取り組んできた成果が無事、発揮できることを心から祈っています。

 

 

そして、そこに「合格」という結果がついてきたら、もう、何も言うことはないですね…。

 

 

受験生と一緒に授業ができるのも、残り僅かの時間になりました。

 

受験日までの残された期間は、体調を整えるためにあんまり無理をしないで、なるべく早めに就寝してくださいね。

 

それでは、今日はこのへんで。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

笑顔でしごく!!

【お子さんたちを盛り上げながら、楽しく復習させますよ~!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日と打って変わって、今日は本当に良い天気です。

 

昨日の朝は風が強過ぎて、息子たちも学校に行くのがやっとの状態。

傘は強風で曲がってしまうわ、吹雪いているわだったので、本当大変そうでした。

 

今日もこれから受験生たちと最後の追い込みです。

 

さあ、今日の天気のように気持ちよくいこうじゃないの!!

 

=====

 

昨日の夜、学年の教科書内容を終えた中学1年生は数学・英語の「個別演習」を実施。

 

私自ら、お子さんたちの指導に入ります。

 

先日のブログにも書きましたが、新学年になるまでの間にもう1度、しっかり英語の復習をさせねばなりませんからね!!(*^_^*)

 

 

昨日は「一般動詞の過去形」を中心に問題演習を実施。

 

私:「どれ、どれ。まずはウォームアップに単語の確認してから授業に入ろっか!!」

 

そう言って授業に入ると、お子さんたちはすかさず前回までの授業のノートやテキストを開き始めました。

 

私:「ちょっとお待ち!! まずは、見ないでどれだけちゃんと答えられるのかチェックだよ!!」

 

生徒さんたち:「えっ!! 見ないでやんですか?」

 

私:「当たり前じゃん。テストでは見れないんだから、普段から見ないで書けるようにしていかないと。」

 

 

その後もお子さんたちの間をグルグル回り、手の止まっているお子さんにはこちらからヒントを出して行きました。

 

私:「ここで『did』を使っているから、ここの『watched』はこのままで良いんだっけ?」

 

生徒さん:「(しばらく考えて)…あっ、edを取るんだ。」

 

私:「そう、正解!! よし、次も行ってみよう!!」

 

 

私:「こっちの『read』は文が『when did ~ ?』の疑問文だから、原形?それとも過去形?」

 

生徒さん:「原形…、ですか?」

 

私:「そう、その通り。じゃあ、こっちの文の『read』は原形?過去形?」

 

生徒さん:「肯定文だから、過去形。」

 

私:「そう。これ、ミホヤ先生も説明してくれだでしょ。『read』って、スペルは同じだけどぉ…。」

 

生徒さん:「発音が違う!!」

 

私:「そういうこと。ってことは、この2文の下線部の発音は異なるから、答えは『×』だよ。」

 

 

さあ、来週もガンガン、英語の指導に先生が入るからね~!! ヨロシクぅ!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

ぜひ、上手に使ってください。<m(__)m>

【お子さんもお母さまも笑顔になってもらえたら良いですね!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

うちの小学生のお子さんたちは、学校から真っすぐ塾に来る子がほとんど。

 

いちばん早いお子さんは午後2時前に教室にいらっしゃいます。

 

みんな、塾での授業を終えると、こちらが言わなくても自ら学校の宿題や自主学習をひと通り終えてから帰宅していきます。

 

お子さんたちにとって、うちの教室は「もう1つの勉強部屋」って感じになってくれているのかな。

 

 

基本的には授業のない日であっても教室の利用はOK!! (ちなみに費用は掛かりません。)

 

だから、帰宅途中にふらっと宿題をしにきたり、質問に来るお子さんもいます。

 

あとは、「先生!! 自主勉すんのにプリントもらえますか~?」っていうときもありますねぇ~。

 

 

自分も小学生のときそうでしたけど、長い時間の学校での授業を終え、一旦家に到着してしまうと、なかなか「勉強モード」に戻すのは難しいもんです。

 

ランドセルを置くなり即遊びに出掛けてしまう。

テレビをつけておやつをモグモグ食べながら、ダラダラっとしてしまう。

 

で、気づくとあっという間に夜になってて、母ちゃんにこう言われるわけです。

 

「あんた、宿題やったの? はっ?終わってないの。何で、いっつも早くやんないのよ!?」

 

 

この話を簡単にまとめると、下のような流れになるんじゃないでしょうか。

 

・ 授業を終えて、家に到着。

 

  ↓

 

・ 疲れているし、腹も減っているから、楽しいこと優先。辛い宿題はついつい後回しに…。

 

  ↓

 

・ のんびりし過ぎて、「あぁ、面倒くせぇ~!!」とやる気を失う。

 

  ↓

 

・ 親から注意され「あぁ、うるさい。」「今、やろうと思ってたのに…。」とさらにやる気を失う。

 

  ↓

 

・ 「やりたくない!!」って思いながらやるから「集中力」に欠け、いつまでもダラダラと勉強する。

 

  ↓

 

・ そこで親にまた注意されて、親子共々、気分が悪くなる。まさに「悪循環」

 

 

これを読んでくださっているお母さまの中にも、「そう、そう!! うちもこんな感じだわ!!」っていう方が結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

もし、そんな思いをお持ちのお母さまがいらしたら、ぜひ、うちの教室を上手に利用してください。

 

お子さんの勉強もはかどるうえに、お母さんも笑顔でいられると思いますよ。(*^_^*)

 

ぜひ、「ご自宅以外の勉強部屋」としてみてくださいませ。それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

英語の徹底復習、始めます!!

【いよいよ現学年の内容も終わり。後は徹底的な復習だ!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

すいません…。<m(__)m>

 

今朝は朝から仕事が立て込んでいたため、午前中の更新ができませんでした。

 

お昼休みにご覧いただいている保護者さま、どうか、ご勘弁くださいませ。<m(__)m>

 

さあ、今日から3月。張り切って行きますよ~!!(*^_^*)

 

=====

 

中学1・2年生ともに、現学年での数学・英語の学習内容はすべて終了。

 

ここからは、新学年に向けて、徹底的に「復習」を行っていきます。

 

といっても、まずは何をさて置いても「英語」の学習に時間と力を注がなければいけないです。

 

 

というのも、うちのお子さんたち(特に男子陣)は、英語で苦戦している方が多いから。

 

まぁ、確かに「英語」は「数学」に比べると、やらなきゃいけないことが多いから、分からなくもないけど…。

 

 

これはあくまでも個人的な意見ですけど、やっぱり問題解いていても「数学」の方が圧倒的に楽しいですしねぇ~。

 

「英語の長文問題」がスラスラ読めても、「数学の難問を解き切ったとき」のような達成感・快感はないもんなぁ~。

 

おっとっと…。こんなことを言うと、ますますお子さんたちが「そうですよ!! 英語は楽しくないんですよ!!」なんて言いかねないから、ここでストップですね!!

 

 

そもそも英語って学ぶことが多いわけです。

 

まずは「単語」「連語」を知らなきゃ話にならないし、「文法」だって学ばなければとならない。

 

そして、今度はそれらの知識を使って「英文から日本語訳」をしたり、「日本語から英文」にしたりしなければならないし、その際には「英語」の力だけでなく、「国語」の力も試されるわけで…。

 

 

ここのところ、改めて痛感していることがあります。

 

「英語って、本当に『積み重ねの教科』なんだな…。」

 

 

英語は1度分からなくなると、それを取り戻すためにはかなりの時間と労力を要するように私は思うんです。

 

だから、英語はちょっとでもつまずきを感じたのなら、早めに対策をして、そのつまずきを大きくしないで欲しいと思っています。

 

 

3月から新学期が始まるまでの期間、うちの教室では「英語の復習」にぎっちり時間を使っていきたいと思います。

 

男子陣、しっかり覚悟しいやぁ~!! それでは、また!!<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!