2018年

1月

31日

チャンスを活かす

【利用できるものは上手に利用してもらえればと思っています。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

おとといの月曜日。中1のお子さんの保護者さまに次のようなメールを送信していました。

=====

◆ インフルエンザの休校期間、塾の教室を利用して勉強していただいてOKです!!

 

 「うちは全然、元気なのに…。ただ、家にいられても困るわ~。」とお嘆きのお母さま。

 「定期テスト」まで約2週間となっておりますので、ぜひ、有効にご活用くださいませ。<m(__)m>

=====

 

お母さまもお子さんと一緒にお仕事がお休みならいいですけどねぇ、そうではありませんもんね。

 

元気なお子さんにしてみれば「お母さんもいない。今日は自由に好きなことができるぜ!!」と遊びほうけてしまうのは容易に想像できてしまいます。

 

そんなわけで、私は上のようなメールをお送りさせていただいたというわけです。

 

とは言うものの、冷静になってみると、基本的に学校からは「元気な人も外出は控えるように!!」との指示が出ているので、「勉強しに来る人はいないのかもなぁ」と思っていたんです…。

 

 

すると、昨日、私が仕事を進めていると「トン、トン、トン、トン…」と階段を上ってくる音がしました。

 

私:「まだ、小学生のお子さんたちが来る時間でもないし、誰かな…。」

そう思って玄関に行ってみると、Yくんの姿がありました。

 

私:「おぉ~、こんちは。勉強しに来た?」

 

yくん:「はい。今日は自分で歩って来ました。」

 

到着するとすぐに、彼は「学校ワーク」を黙々と進め始めました。いいぞ、いいぞ!!(*^_^*)

 

 

それからしばらくして、「こんにちは~!!」と元気な女の子の声がしました。Aちゃんです。

 

Yくんと顔を見合わせると「何時から来てたの?」といった感じであいさつを交わし、こちらもすぐさま「学校ワーク」の演習を始めていました。

 

 

私はいつもお子さんたちにはこんな話をします。

 

私:「教室に来て集中できるなら来た方が良い。でも、家の方が集中できるなら無理に来なくても良い。

 

   自分のタイプを『客観的』に見て、どっちの方がより勉強がはかどるのか、自分で考え、判断し、行動を取ってちょうだい。」

 

今回は状況が状況だけに、ご本人さんが「教室に行きたい!!」と言っても、親御さんが「控えなさい。」とお話してくださって、来れなかったという人もあるかと思います。

 

今回に限らず、「教室開放」はテスト前を始め、うちの教室では積極的に呼び掛けを行っておりますので、ぜひ、こういうチャンスを上手に活かしていただければ幸いに存じます。<m(__)m>

 

 

あっという間に、今日で1月も終わりですね…。

 

受験生の指導や中1・中2のテスト対策、小6の中学準備講座に加え、新年度のことなどやらなきゃいけないことがたっぷりあって、クラクラします…。(@_@)

 

お互い、体調に気を付けながら頑張って行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

30日

学力テストの効能

【「学力」とともに「学習意識」も上がってきたようです。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日の午後。身体が無性に「甘い物」を欲していたので、教室に移動途中、ベニマルによっておやつを購入していたら…。

 

お母さま:「あら、小菅先生。こんにちは!!」

 

Aちゃんのお母さまとバッタリ遭遇。

 

私:「こんにちは。いや~、おやつ買ってるところ、見つかっちゃいましたねぇ~。(笑)」

 

そこからはしばらく立ち話。話をお聞きすると、行健中の1年生はついに「学級閉鎖」のクラスが3クラス出てしまったそうな…。

 

その後、他のお母さまからもお話を聞くと、学校からは外出を控えるようにとの指示で、塾も控えなさいとの指導があったようです。

 

マ、マジですか…。それは、困ったぞ…。今週末が塾内の「学校ワーク」の完了締め切り日だったのに…。

 

この分だと、「定期テスト」の範囲だけでなく、日程にも影響が出るかも知れないですね…。

 

保護者の皆さま、もし、何か学校からの情報が入りましたら、ぜひ、お教えくださいませ。<m(__)m>

 

=====

 

昨日、小学生のお子さんたちは毎月1回の「学力テスト」の実施日でした。

 

こちらもインフルエンザなどの影響で欠席される方がちらほらと…。(*´Д`)

 

 

今年度4月に入塾され、そろそろテストを受け続け「1年間」になろうとするお子さんが結構いるんですが、だいぶ「テスト」に対しての意識や取り組み方が変わってきたように思います。

 

入塾当初、「テスト、面倒くさい…。」「早く、帰りたいなぁ…。」という表情で受験したあの子も、今はテストが終わるとすぐに「解答・解説」を確認し、「そうか、こう考えれば良かったのかぁ…。」と悔しそうにしている姿が見られるようになりました。

 

また、テスト中、集中しきれず、鉛筆や消しゴムを何度も落としていたあの子も、今は姿勢を正して、落ち着いた様子でテストに臨んでいる姿が見られるようになりました。

 

その他にも、分からないとすぐに諦めていたあの子が時間ギリギリまで粘っている様子や、テストが終わった後、お子さんどうしで教え合っている様子などが見られ、お子さんたちの「成長」の様子が伺えたことが本当に良かったです。(*^_^*)

 

 

さあ、今日からの金曜日までは「解き直し&解説」の授業になります。

3週間後の「リテスト」に向けて、しっかり復習していきましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

29日

笑かしながらも、思いは真剣です…!!

【「何としても結果を出させてあげたい…!!」この気持ちでお便りをお送りさせていただきました。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

おとといの土曜日。

 

「何だこれ…? ギャハハハハ…!! 超面白れぇ~!!」

 

授業が終わり、帰宅しようとしていた受験生Dくん、Fくん、Kくんが足を止めて大笑い。

何だろうと思い、近づいていくと…。あっ、プリンタのところに印刷物、置きっぱなしだったか!!(笑)

 

私:「それ、中1・中2の家庭に本当に送ったんだよ。」

 

3人:「マジっすか?! めっちゃ面白れぇ…!!」

 

本当はブログに掲載したいぐらいですが、うちの教室や自分の人柄をご存知ない一般の方がご覧になったら「何、この塾!! ふざてるの!! こんな塾にうちの大切な子は預けられないわ!!」って思われてしまいそうなので、掲載は控えます。<m(__)m>

 

っていうか、この案内が届いた塾生さんのお母さまでも「小菅先生、疲れのせいでついにヤバくなったか?大丈夫なんだろうか?」って思われたかも知れないですけど…。(笑)

 

でもお伝えしているメッセージはいたって真剣です!!

 

だけど、真面目な話を真面目にガチガチしたんじゃねぇ~。何かお説教みたいになっちゃうじゃないですか。そこで、お子さんたちに少しでも伝わって欲しいと、今回は敢えて笑える内容にしました。

 

もし、ご覧になりたい方はお迎えの際にでも教室にお寄りください。教室には貼ってありますので。(笑)

 

=====

 

先週金曜日、各ご家庭に授業予定表を送付しました。

届き次第、日程のご確認、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

中1、中2のお子さんたちは、2月に各中学校の「定期テスト」があります。

そのため、時間割の一部を変更し、テスト前の直前対策などを組んでいますので、日時などお間違えの無いようにお越しくださいませ。<m(__)m>

 

 

その中に教室からのお願いとして「学校ワークの早期完了」と「チェックテスト」実施のご案内を同封しました。(オレンジ色の用紙のお便りです。これが受験生3人を笑かしたモノです。)

 

その中にお書きした通り、今回はお子さんたちに何としても結果を出させたいので「やってこない」・「合格できない」お子さんは容赦なく「居残り」をさせます!!

 

保護者の皆さまには、お迎えの件で多大なご迷惑をお掛けすることは重々承知しております。本当に申し訳ございません。<m(__)m>

 

ですが、もし、ここでお子さんを甘やかし、結果が出せなければ、結局、保護者さまに満足・感動をご提供することはできなくなってしまいます。

 

お便りにもお書きしましたが、勉強が苦手なお子さんの多くは、お家にいるといろいろな「誘惑」に負けて勉強が手につかないことが本当に多いわけです。

 

Youtubeにゲーム、LINEに夢中になって、気づいたら何時間も経っていたなんていうのはざらです。

 

 

本来、「強制力」を働からかせて勉強をさせるのは私の本意ではありませんが、今回の取り組みがきっかけになって、少しでもお子さんが自分から取り組むようになっていただけたらと願っています。

 

私も精一杯努めますので、どうか、保護者さまのご理解とご協力、心よりお願い申し上げます。<m(__)m>

 

もし、今回の取り組みに対してご不明な点やご不都合な点がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

28日

エンジン全開!!

続きを読む

2018年

1月

27日

よっしゃ、また気合い入れて行こうぜ!!

【「Ⅱ期選抜に挑戦する」こと自体が長い人生において、凄い経験だと私は思っています。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日の夜、ある受験生のお子さんとお母さまと面談でした。

面談の目的は「お子さんとご家庭の意思確認」

 

先日、新教研テストの結果が戻り、志願先の高校に対してギリギリ、というよりもやや分が悪い結果だったためでした。

 

私は元々「攻め」のタイプではありますが、ご家庭によってはそうでない場合もありますので、きちんとご本人さんやご家庭のお考えを確認させていただいたうえで、入試本番までの残りの期間の学習について話をしたかったのです。

 

お母さまがいらっしゃるまでの時間、お子さんと話をすると、お子さんの方は思ったよりも明るい表情。

 

お子さん:「定期テストも終わって、あとはⅡ期だけなんで、まだまだ、やれますよ!!」

 

私はこの言葉とその子の表情を見て「この分なら大丈夫だな。」と感じました。

 

 

この時期まで来ますと、お子さんもタイプが分かれます。

 

・ 今、最善を尽くしていて、肉体的にも精神的にも正直これ以上「学習量」は増やせないと感じる方

 

・ まだ、肉体的にも精神的にも余裕があり、まだ「学習量」が増やせる方

 

 

このお子さんは根が真面目で、つい一生懸命になり過ぎてしまうタイプ。

しかも、基本的には物事を「悪い方」にとらえてしまい、ちょっと落ち込んむことが多い傾向が…。

 

だから、私は面談前、正直心配していました…。

「もしかすると、『先生、もう、私は無理です…。』って来るんじゃないだろうか…?」

 

でも、彼女は私が思っている以上に、逞しく成長していたんですね…。

 

 

しばらくして、お母さまがいらっしゃり、お母さまからもさらっとこんなお言葉をいただきました。

 

お母さま:「先生、本人もケロッとして、頑張れるって言うんです。つい、この間まではヤバい、ヤバいってばかりだったのに。だから、大丈夫です。引き続き、ガンガンお願いします。」

 

いや~、これで、こちらも思い切り「攻めの姿勢」で受験に臨めます!!

残りの期間、また気持ちを引き締めて「合格」目指して頑張って行こう!!

 

=====

 

面談の中でもお話したけど、「Ⅱ期選抜」を経験するってことは、本当に凄い経験なんです…。

これは「Ⅱ期選抜に挑戦した人」だけが味わえる「特別なもの」なんですよ…。

 

長い人生の中で、この経験をしたか、しないかは大きな違いになるのではないかと私は思っています。

 

「Ⅱ期選抜」で受験するというのは、とても大きな重圧がかかるわけです。

「辛い」「苦しい」と思うことの方が圧倒的に多いと思うんですね。

 

周りには「私立」や「Ⅰ期選抜」で既に合格している人が現れはじめた中で学習を続けるわけですからね。

先に合格を決めたお子さんたちの何気ない言動に「苛立ち」を感じることもあるかもしれません。

 

そんな思いと戦いながら、入試当日まで毎日毎日必死に学習を続けるわけです。

 

 

そうやって掴んだ合格は、間違いなく、その後の人生に「大きな自信」を与えてくれますよ!!

 

「Ⅰ期選抜」で合格することも大変素晴らしいこと。

でも、それ以上に「Ⅱ期選抜」を経験するということ自体が素晴らしいことだと私は思っています。

 

そして、そこに「合格」という結果がついてきたら、もう最高ですよ…!!

 

先生も頑張る!! だから、受験生のみんなも頑張ってくれ…!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 今日も午「入試直前対策」です。風が強いので気を付けていらしてくださいませ。<m(__)m>

2018年

1月

26日

順調、順調!! でも、油断は禁物!!

続きを読む

2018年

1月

25日

数学の予習、始めますよ~!!

【今からゆっくり、少しずつ準備を始めて、心に余裕を持って入学してもらえればと思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

いや~、この寒さのせいもあってか「体調不良」による欠席の連絡がとっても多い…。

最初は中2の方が多かったんですが、昨日から中1の欠席が増えてきました。

 

「インフルエンザ」というご連絡も出てきたし、いや~、心配です…。(T_T)

 

私自身も体調を崩さないように、しっかり食べて、しっかり眠ることを心掛けようと思います。<m(__)m>

 

 

 

続きを読む

2018年

1月

24日

定期的かつ継続的に…。

続きを読む

2018年

1月

23日

だいぶ積もりましたねぇ~。

【雪が降ると、本当に大変ですよね…。移動の際は十分にお気を付けくださいませ。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

いや~、だいぶ積もりましたねぇ~。

 

朝、起きてきていちばんに家内がいったのは「おはよう」の挨拶でもなく、この言葉でした。

家内:「雪掻きしないと、子どもたちも車も出れないよ!!」

 

今朝の雪かきは久々に大変でした。(*_*)

 

今日・明日と日大東北高校の入試実施日。

受験生のお子さんと保護者さまは移動だけでもひと苦労だと思います。

 

十分に気を付けていってきてくださいませ。<m(__)m>

 

 

今日は小学生のお子さんが多くいらっしゃる日。

 

きっと今日は雪遊びをしながら帰ってきて、手袋や靴下、ジャンパーをビシャビシャになりながら教室にやってくるのかな…。

 

教室の中、早めに温めておいてあげないといけないな…。

 

 

昨日の夕方、本部教室の授業にてお子さんたちと話をしていたら、お子さんがこんな話をしていました。

 

お子さん:「もっとたくさん雪が降らないかなぁ…。」

 

私:「そしたら学校、休みになるもんね!!」

 

お子さん:「ううん、そうじゃなくて。たくさん降ったら、休み時間に雪遊びできるでしょ!!」

 

 

お子さんたちにとって「雪が降る」っていうのは年間通してそんなに多くはないし、楽しみなんですよね。

 

私なんてすぐに「雪かき、面倒だぁ~!!」とか「帰り道、危なくなるから嫌だぁ~。」とか悪い発想しか出てこないですもん…。

 

特に富久山教室は「坂道」が多いから雪が降るとマジで怖いんですよ…。

 

だいぶ日も出てきたんで、日中の間にだいぶ解けますよねぇ…。

 

これが夜になって凍ったときがいちばん恐ろしいわけです。

 

 

保護者の皆さま、夜のご送迎の際はくれぐれもお気を付けください。<m(__)m>

 

今日もお世話になります。どうぞ、よろしくお願いいたします。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 

昨日の午後、「インフルエンザのため欠席します。」の連絡が3件ほどありました。

先週よりも増えてきていますので、皆さん、手洗い・うがいなどしながら気を付けてくださいませ。<m(__)m>

 

2018年

1月

22日

過去問演習、始まりました。

【「自分が解ける問題」でミスをしないことが大切。そのために、「潔さ」も必要なんです。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日の夕方、私の携帯に保護者さまからのメールが入りました。

 

「インフルエンザにかかってしまいました。明日以降の授業、お休みさせていただきます。」

 

先週ぐらいからちらほらと同じようなメールが届いております。

 

受験生の方はもちろんですが、塾生の皆さん、感染を防ぐために細心の注意を払ってくださいませ。<m(__)m>

 

=====

 

おとといの土曜日から「入試直前対策」として、「県立高校の入試過去問」とそれらの「類似問題演習」を開始しました。

 

既に個人的に解き始めてくれている方もいるんですが、入試問題はなかなか手強いですので、繰り返し解くこと自体、決して悪いことではありません。

 

むしろ、数学や理科、社会に関しては「反復が大事」な教科ですので、1度解いたくらいじゃダメです。

 

制限時間を設けながら解答を出してもらい、私はお子さんたちの解答の様子を歩きながらチェックしていきます。

 

「あぁ、『二次方程式』だって言ってんのに、因数分解だけして終わってるよ…。」

「考え方・式の立て方はあってんのに、なんで『約分忘れ』なんて初歩的ミスするかなぁ~。」 …などなど。

 

入試本番ではこういった「小さなミスの蓄積」が命取りになるわけで…。

 

これらの様子を見て私は解答・解説の時間にすかさずこんな話をお子さんたちにしました。

=====

「入試では『自分が正解できる問題をミスせずにに答えられるか』が大事なんだ。

 せっかく解き方が分かっているのに、『計算ミス』や『数え間違え』などの『つまらないミス』で落としたらダメなの。分かる?

 

 だから、こういう問題はしっかり見直しに時間を掛けなきゃいけない。

 

 逆にね、「あぁ、こりゃ今の自分じゃ解き方が思いつかない…。難しい…。」って感じるものは、潔くあきらめ、次の問題に移動する度胸も必要なの。

 なのに、こういう問題に必要以上に構っていると時間が足りなくなって、本当は『正解できる問題』を間違えてしまうなんてことになるわけよ…。

 

 入試の過去問を解くっていうのは、そういう『問題を選別する練習』でもあるわけなんだね。」

======

  

今回は「定期テスト」が控えていたので、取り扱った教科は少なめでしたが、次回からはガンガン進めていきますからね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> 今日の午後から「雪」の予報…。自習に来る方は早めに入室して、夜遅くならないようにしてくださいませ。<m(__)m>

2018年

1月

21日

本物になってきたようですね…。

【「自ら取り組む」 これぞ、本物の受験生の姿】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日、受験生のお子さんたちは午後いちばんからの授業。

 

お子さんたちの様子を見ながら、私はこんなことを思っていました。

 

「やっと、受験生らしくなったきたな…。」

 

私が何も指示しなくても、各自入室するなり自分が「すべきこと」を黙々とやり始めました。

 

学校のワークをノートに繰り返し解き直しをしている人、塾で準備しておいたプリントを受け取り黙々と取り組んでいる人、講習会で使ったテキストを解き直ししている人…などなど。

 

教室の中はとても静寂でした。

 

聞こえきたのは「字を書く音」と「丸付けの音」そして「先生、質問いいですか?」と私を呼ぶ声だけ。

 

 

「受験」というイベントはお子さんたちを成長させるなぁと改めて実感しています。

 

いつもぼけ~っとしていたこの子が、こんなにもキリッとした様子に変わるなんて…。

 

いつも「無理だ~。」「分かんな~い。」ってネガティブなことばっかり言っていたこの子も、すっかりそんなことを言わなくなったなぁ…。

 

1人ひとりの様子を見ながら、その成長の大きさを感じていました。

 

 

「何とか、この子たち全員を合格に導いてあげたい…!!」

 

そんな気持ちが、より一層強まりました。

 

 

「県立Ⅱ期入試」まで残された日数は本当に限られています。

 

お互い、悔いを残さぬよう、最善の努力をして行こう!! 絶対、合格しような!!

 

 

それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

2018年

1月

20日

溜めんなって言ってっぺな!!

【今からちゃんとやっておかないと、後で痛い目を見るぞ~!!やんない奴は呼び出すかんなぁ~!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

やっちまいました…。

昨日は、うっかり写真を撮るのを忘れてしまいました…。(*_*)

 

今日の更新は画像なしです…。すみません。<m(__)m>

 

=====

 

昨日の夜は中1との授業。

 

「定期テスト」まで1か月を切り、先日の授業で私はお子さんたちにこんな指示を出していました。

 

私:「金曜日の授業、学校のワークを持参すること。」

 

「学校のワーク」を溜めずにきちんと習ったところまで進めているのかのチェックをするためでした。

 

 

私もこの仕事をしてもうすぐ「四半世紀」になるんですが、基本的に「学校のワーク」がテスト直前まで終わらず、それを終わらせるだけで精一杯になっている方で好成績を出している人というのはほとんど見たことがありません。

 

こういう学習の仕方で好結果を出せるのは「天才肌」と言われる、一部の特殊タイプの人のみ。

私を含めた「凡人」は、こういう学習の仕方ではダメなんです…。

 

テストというのは「アウトプット型」の勉強。

何も見ずに、スラスラと答えられるように何度も何度も繰り返し解いて、解き方・答えを「覚える作業」をしないと点数は取れないわけです。(ちなみに今はこういう「詰め込み型」のではない学習へお子さんの学習が変わりつつありますが…。)

 

だから、できるだけ学校のワークは「早めに終わらせること」が大事なんです。

 

 

理想は「テスト範囲が出た段階」で、今現在までで習ったところまでは終わっていること。

そして、少なくとも「テスト実施日の1週間前まで」には指定されたページは完了していること。

 

これが、テストで好結果を出すための「スタートライン」とも言えます。

 

 

私:「どれ、帰る前に学校のワーク、出して? チェックするから。」

 

そう言って1人ひとりのワークを確認すると…。

 

私:「こりゃヤバいよ…。来週の金曜日までにここまで進めてきなね。宿題だよ。」

 

  「うわ、うわ、うわ…。こっちも酷いな…。これは急がないといかんよ…。」

 

 

私が思っていた以上に随分と溜め込んでいたようです…。

 

まぁ、私もそうですけど、誰かに尻を引っ叩かれないと人間はついつい「楽な方」へ向かってしまいますよね…。

 

「鬼!!」「悪魔!!」と言われようが、ここは自分がしっかりやらせきらせないとな…!!

 

 

昨日、自分が「ここまではやってくること!!」と言って指定したページまではきちんとやってきてくださいませ。 やってこないときは「居残り」させっからねぇ~!! よろしくお願いしますね!!

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 塾の教室も利用可能です。お家で進まない方はぜひ、どうぞ!!(*^_^*)

2018年

1月

19日

「叱る」

【相手のためとは思うんですが、やっぱり疲れます…。できれば、したくないです…。( ´Д`)=3 フゥ】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

  

昨日の夕方、自習に来ていた受験生のお子さんたちがいました。

 

私は隣の教室で小学生のお子さんたちと授業をしていたのですが、明らかに勉強に集中できていない様子。

 

普段ならそんな感じがなく、一生懸命取り組む子たちなんですが、昨日は本当に浮足立っていたんです…。

私立高校の入試もあって、学校全体の雰囲気もきっとそんな感じだったんだと思うんです。

 

大きな声で話をし、笑っている様子に、自分の「怒りの導火線」に火が付き始めていました。

 

その教室には、先に教室に来て、今日の「定期テスト」に向けて黙々と学習をしていた他のお子さんがいました。

 

この子のためにも注意しないと駄目だなと思いつつも、ちょっと様子をうかがっていました。

 

自分はどうしても注意するとき、声が大きくなるんです。だから、小学生のお子さんとか女の子はびっくりしちゃうんです…。しかも、注意をしたその後は、ずっと授業がしにくくなるし…。

 

「早く、自分たちで気づいて軌道修正してくれないだろうか…。」

 

しかし、こっちの願いとは全く逆方向。いっこうに改善される様子もなく、むしろ盛り上がりに拍車が掛かりそうになっているのを感じました。

 

「やっぱりダメだな、言わねぇと…。」

 

私は隣の教室に入って行き、ズバッとひと言。

 

「あのな、しゃべんってなら帰れ!!やかましい!!

 

 真面目に勉強した他の子の気持ちにはなれねぇのか?

 本当は『静かにして欲しい』って言いたくても、友達だから言うに言えないんだろうが!!

 

 前から言ってるだろ。無理に教室に来て勉強する必要はないって。

 

 しゃべるために来る奴らのために、わざわざ教室を空けてるわけじゃねぇんだよ。

 

 俺にいちいちこんなこと言われてんじゃねぇよ!!」

 

 

叱られた方は、すごい嫌な気分になったと思います…。

 

でも、叱る方って、それ以上にすごい嫌な気分になると思うんです…。すげぇパワー使いますし…。

 

きっと、お父さん・お母さんはこの感覚、お分かりいただけるんじゃないかと思うんです。

叱る方って、「使う言葉」や「言うべきタイミング」など、いろいろなことを考えますよね。

 

特に受験生の方をお持ちの親御さんはそうじゃないでしょうか?

 

 

だから、自分もできれば言いたくはないんですよ、本当に。

 

でも、相手に良くなって欲しいと思えばこそ、きちんと「叱る」こともしなきゃいけないんだと私は思います。

 

どうか、叱られた方は叱る方のその気持ちを少しでも察していただけるとありがたいです…。<m(__)m>

 

 

今日は叱ることがない1日でありますように…。それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

18日

お互い、笑顔で笑えるように…。

【今からしっかり準備して、勝負に挑もうじゃない!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日は帝京安積高校さん、郡山女子大附属高校さんの入試実施日でした。

 

受験生のみんなと保護者の皆さま、朝早くから本当にお疲れ様でした。<m(__)m>

 

「今日は疲れたので、ゆっくりしたい。」とつい思ってしまう中、気持ちを素早く切り替え、自ら志願して「定期テスト」に向けた勉強をしに来た生徒さんの姿もありました。

 

私:「大丈夫?疲れてないの?」

 

Hちゃん:「大丈夫です!!」

 

そうだね…。私立高を受けたから終わりじゃないもんね。「今、すべきことをきちんとする。」ってことを実践してくれてるんだね!! いいね!!(*^_^*)

 

=====

 

昨日の夜は中1の授業。

 

おとといの中2同様、来月の「定期テスト」に向けて、1年生にいろいろとアドバイスをしました。

 

私:「先生が担当している『数学』に関して話をしてみるね。

   例えば、前回のテスト範囲、どこまでで終わったかちゃんと覚えてる?」

 

こう質問すると「あれ?どこだっけ?」と男の子がどよめく中、数名の女の子から「比例まででした。」との答えが返ってきました。

 

私:「そう。前回は『比例』までだったの。

   ということは、今回のテストは『反比例』から範囲になる。」

 

すると、今度は男の子、女の子ともども「えぇ~!!マジ~!!」「うわ~!! 嫌だ~!!」の声が上がりました。

私はさらに話を続けました。

 

私:「そして、テストまで約1か月あるから、先生の予想としては『空間図形』も含まれると思う。

   さらにね。今回は学年のまとめのテストでしょ?

   ってことは、今、話をした範囲に加え、こういう内容が含まれる可能性が非常に高いと思う。」

 

そう言って私が説明を付け加えた範囲というのが…。

 

「正負の数、文字式、方程式の内容も含む」

 

するとお子さんたちからは「あぁ、もう終わった…。」「無理だ~!!」などの声が…。

何だよ、まだ勝負する前からそんな弱気でどうすんのよ…。( ´Д`)=3 フゥ

 

私はさらに話を続けました。

 

私:「今、話をした通り、確かに今回のテスト範囲が長くなるのは簡単に予想がつく。

   だから、今からしっかり準備を進めることが大事なんだ。

 

   まずは『作図』と『反比例』を確実に抑える。

 

   特に『作図』の問題は、計算が苦手な人でも手順さえ覚えてしまえば、得点源に変えられるでしょ。

   『反比例』の問題だって、冬休み中にみっちり練習したじゃない。

 

   『計算問題』は日々の積み重ねだから、これからテストまでの期間、少しずつ練習を積めば良い。」

 

 

そして、最後に私はこんなひと言で締めくくりました。

 

私:「いつも思っているけど、今回はより強く思っていることがある。それは…。

   『今回のテスト、今まででいちばん良い結果にしよう!!』ってこと。

   そのために、先生も頑張る。だから、みんなも頑張って欲しいんだよ。」

 

こんな話をすると、さっきまでネガティブだったお子さんたちが「うん、うん」と頷きながら、「頑張れそう!!」「頑張ろう!!」って表情に変わってきたのが分かりました。素直でいいね!!(*^_^*)

 

今年度最後のテスト、お互いに笑顔で喜べる結果にしていこうね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

17日

確認しておいて正解!!

【やっぱり覚えてなかったなぁ~。( ´Д`)=3 フゥ】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

新学期が始まって、久々の「予習授業」の日。

 

中学2年生は「直角三角形の合同の証明」について学習。

 

 

私:「今までの証明と違って、直角三角形の証明は話が進めやすいよ!!

 

   まずは2つの三角形で『直角』が等しいことを示す。

 

   次に『斜辺』となる辺の長さが等しいことを示す。

 

   あと1つは等しい辺の組でも、等しい角の組でも構わない。

 

   どう、探すものがはっきりしているから、楽だよね!!」

 

 

そんな話をするとみんな「確かに!!」と納得の表情。

 

そんな表情を見ることができたときは本当に気持ちが良いです!!(*^_^*)

 

 

私:「今日は『直角』『斜辺』『あと1つ辺か角』の流れに沿って、どんどん証明を書いてみよう!!」

 

制限時間を設けて、演習・確認の繰り返しでどんどん問題演習。

 

昨日はだいぶテンポよく演習が進んで良い感じでした。(*^_^*)

 

 

授業の最後、中2のお子さんたちに私は昨日のブログにも書いた、このことを確認しました。

 

私:「最後の定期テストまで1か月切ってるから、学校のワーク、溜めずにやってね…。」

 

 

すると、お子さんたち(というか男子陣)からは「えっ!!いつ、テスト?」「ワーク、全然やってない!!」の声が上がりました。

 

 

やっぱり、忘れてたな…。ったく仕方がないの~。

 

どれどれ「学校ワークの完了締切日」を設定し、どんどん「呼び出し」しながらやらせないと…。

 

絶対、学年末テストは今年度いちばんの結果で締めくくろうね!! それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 今日は多くのお子さんが私立高の入試に向かいました。落ち着いて頑張って来てください!!

 

2018年

1月

16日

中1・中2のみんなも気を引き締めてね!!

【あっという間にその日はやって来てしまいますよ~。「しまった!!」とならないようにご注意を!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

ここのところ受験生の話題ばかりでしたので、今日は中1・中2のお子さんたちに関する話題。

 

ところで、この日は何の日だか、すぐに答えられますか~?

 

2月14日(水)

 

「バレンタインデー!!」なんて答えている人は、ピンボケですぞ!!

 

特に行健中学校のみんなは、この日付を見てすぐにピンと来てくれないと困る!!

 

 

この日、行健中学校のみんなは「学年末テスト」の実施日です。(正確には2日目になります。)

 

学校によって多少のずれはありますが、2月の中旬に各中学校、今年度最後の「定期テスト」が実施されます。

 

「新学期」を迎えたばかりの気がしているかもしれないけれど、あっという間に次のテストがやってくるんです。

 

今回のテストは「学年の総まとめ」

2学期最後の「定期テスト」以降に学習した内容が出題範囲になります。

 

そして、多くの学校では、その範囲に加え「今年4月から今までに学習した内容(総合問題)も出題します。」的なことがテスト範囲表に書かれていることが非常に多い!!

 

だから、テスト直前に「詰め込む」的な「瞬間的な学習」では良い結果を出すことは難しいわけです。

 

 

いつもいつも同じことの繰り返しになりますが、テストまでの1か月、まずは次の点を家庭学習でしっかり行ってください!!

=====

1) 学校の「主要5教科のワーク」は、学習した内容をその日のうちにやる。溜めない!!

 

2) 英語の教科書に出ている単語・本文はすべて「読める」「意味が分かる」「書ける」ように毎日練習!!

 

3) 数学の教科書に出ている問題はすべて「迷わずに解ける」ようにする!!

 

4) 理科・社会は授業中のノートやプリントを何度も復習する!!

 

5) 国語のワークに掲載されている感じはすべて「書ける」「読める」ように毎日練習!!

=====

 

まず、この点ができていない人が「好結果」を残せることはあり得ない。

今から1か月間、きっちりやれば、覚えられないわけがない。

 

今回のテスト、今年度の中で「いちばん良い結果」で締めくくってもらいたいと思っています。

 

「教室開放」もガンガン行いますので、ぜひ、積極的に利用して欲しいと思っています。

 

 

良い結果を出して、「頑張って良かったね!!」と言えるよう、共に頑張って行きましょうね!!

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 今週20日(土)、午後1時から教室開放します。上手に活用ください。<m(__)m>

 

2018年

1月

15日

やらなきゃいけないことが盛りだくさんだからこそ…。

【「無計画」は論外。「あれも」「これも」と欲張り過ぎず、「絞り込む」ことが大事かと思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

ついこの間「新年」を迎えたばかりの感じですが、1月も今日で「折り返し」です。

 

今週は「帝京安積」「郡山女子大附属」、来週は「日大東北」の入試と私立高校の入試が続きます。

そして、そこに学校の「定期テスト」が重なり、月末には「県立Ⅰ期選抜」も実施されます。

 

受験生のお子さんたちにとって、今月はやることが本当に盛り沢山です。

 

先週、授業の冒頭で受験生のお子さんたちにはこんな話をしました。

=====

「今月はとにかく『やらなきゃいけないこと』が本当にたくさんあるよね。

 

 私立の面接準備もしながら、定期テストの勉強もしなきゃいけない。

 今回の定期テストの結果も県立Ⅱ期の受験に反映されるから、こけるわけにはいかないしね。

 

 しかも、行健のみんなは定期テスト「9教科」だしね。(明健中や岩江中は「9教科」ではない。)

 

 そこにⅠ期を受ける人は、作文・小論文の練習も加わってくるから、なかなか大変だと思う。

 

 「あれもやんなきゃ」「これもやんなきゃ」と気持ちばっかり焦ってしまう人もいると思う。

 

 こんなときは、まず、何をすべきなのか確認することが大事。

 無計画にやろうとすると、どれもうまくいかない。

 

 まずは、自分が今取り組まなきゃいけないことをもれなくリストアップすること。

 そして、その中から「まずは、これだけは!!」って項目を最優先に予定を組んでいく。

 

 「あれも」「これも」と手をつけようとすると、結局「どれも不十分」になりかねない。

 

 限られた時間の中でできることは、そんなに多くないと先生は思うのね。

 

 だから、きちんとやることをはっきりさせて、それを絞り込んで取り組むことが大事だよ。」

=====

 

これ、特に「真面目な人」「完璧主義の人」ほど、要注意なんです…。

どれも手を抜けず、すべてをやり切ろうとして、結局どれも不十分になりかねないんです。

 

かと言って、あまりにもやることを絞り過ぎて、中身がない「スカスカ状態」でも困りますけどね…。

 

「欲張り過ぎない」

 

こんな気持ちで取り組むことが大事なのかななんて思います。

自分も頑張るから、みんなも頑張ってくれ~!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> 寒さが毎日厳しいので、くれぐれも風邪を引かないように細心の注意をお願いしますね。

2018年

1月

14日

桜咲く!!

【ご本人さん・お父さま・お母さま、みんなの頑張りが無事実って、本当に嬉しいですね!!(*^_^*)】

 

おはようございます。(*^_^*)

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日の午前中、「まだかな…。まだかな…。」と1本の電話を待っていました。

 

午前11時20分。ついに、私の携帯電話がなりました。

 

「どっちだろう…?」

 

電話に出ると、お母さまからひと言。

 

「先生…。合格しました!!」

 

「うぉ~!! 良かったですね!! おめでとうございます!!」

 

=====

 

昨日、今年の受験生「最初の合格者」が出ました。

と言っても、この生徒さんは「高校受験」ではなく「中学受験」でした。

 

改めまして、合格、本当におめでとうございました。

 

「正月三が日」の直後の週末が入試の日だったので、今回の年末年始、ご本人さんはもちろん、お父さま・お母さまも気が休まることはなかったことかと思います。

 

本当にお疲れ様でした。<m(__)m>

 

やっとご家族でゆっくり時間を過ごせますね。

今まで必死に頑張ってこられた分、少しのんびりなさってください。(*^_^*)

 

 

私もこの仕事を長くしてきましたが、「中学受験」をされるお子さんを担当したのははじめてのことでした。

 

「高校受験」と違い、このお子さん以外の多くのお子さんは非受験。

基本は学区内の「公立中学校」にそのまま進学です。

 

そのため、学校はもちろん、塾の他のお子さんもそこまで「ガチガチの勉強ムード」ではありません。

 

だから、このお子さんに「学習指導をどのようにするか?」よりも、どうやって「受験へのモチベーションを持続させるか?」が1つのポイントになっていました。

 

 

そのようなかで、とてもありがたかったのは、このお子さんの「ご両親の存在」でした。

 

ご家庭での夜遅くまでの学習サポートに加え、お子さんへの声掛け(温かいものだけでなく、時には厳しいもの)など、いろいろな面で本当にご協力をいただきました。

 

改めて、心より厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。<m(__)m>

 

 

そして、何よりもお子さん本人がとっても頑張ったなぁと私は感じています。

 

先にも述べましたが、他のお友だちはのんびりと過ごしている中、自分だけはモチベーションを上げてガンガン勉強しなきゃいけないわけですからね…。

 

しかも、このお子さんが受けた学校の入試問題の特色は「単なる暗記」ではテストに太刀打ちが効かないという点。まさしく最近テレビでも話題に上がる「知識の活用」を求めれるテスト問題な点。

 

入試の対策として毎月受験していただいていた統一模試でも、なかなか思うような結果を出せず、本人さんもプレッシャーを感じずにはいられなかったのではないかと思います。

 

でも、受験日が近づけば近づくほど、このお子さんが力強くなってきていたのがヒシヒシと伝わってきていました。

 

その頑張りもあり、入試直前の最後の模試では、今までで最高の結果。

 

「普段通りの力が発揮できれば、合格は間違いない!!」

 

ずっとそう私は思ってはいたものの、やはり報告が来るまではどうだったろうと気が気ではありませんでした。

 

 

今回の受験は、お子さんだけでなく、私もとても貴重な経験を積ませていただきました。

本当にありがとございました。そして、本当におめでとうございました。<m(__)m>

 

 

今度は中学校に向けて、少しずつ「中学校の学習内容の先取り」をしていきましょうね!!

また、あらためてよろしくお願いします。<m(__)m> それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

13日

思い悩む気持ちも分からなくないけれど…。

【余計なことを考える暇もないくらい、今はとにかく勉強をしてください。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日は尚志高校さんの入試実施日。

 

うちの教室でも受験された方がいらっしゃいました。

気温は寒かったけれど、雪が降らなかったので良かったですよね。

 

朝早くからの受験、本当にお疲れ様でした。m(__)m

 

受験したお子さんに「お疲れ様。どうだったかな?」と声を掛けると、「う~ん、まあまあです…。」との答え。

 

「発表」を聞くまでは気が気じゃないって感じですかね。

しかも、来週からは「定期テスト」も始まるし、多くのお子さんは「私立受験」で終わるわけじゃないですからねぇ…。

 

「県立Ⅱ期選抜」まで気苦労は絶えないのは確かではあります。

 

 

今年のうちの受験生を見ていると、女の子の方が肝っ玉が据わって、堂々としているように感じます。

かえって男の子の方が「はぁ~、緊張する…。」「あぁ~、どうしよう…。」なんてため息をつきながら言ってます。(*´Д`)

 

おい、おい…。そんなに思い悩む暇があるなら、邪念が入らないくらい勉強しなさい、勉強を!!

昨日のブログでも言ったけど、今は自分ができる「最善の準備」をすることが大事。

 

でも、こんなことを言うと「いや~、気になって集中できない…。」って返ってくるんだろうな…。

 

カウンセリング的には「相手の気持ちに共感する」ことが大事だから、「そうか、どうしても気になってしまうんだね…。」と優しく声を掛けてあげるべきなんだろうけど、自分には言えねぇっす!!

 

元々が「攻め」のタイプの人間なんで、「そんな弱気でどうすんだ!!」ってなっちゃいますね。

 

「自分なら大丈夫!! 自分ならやれる!!」

 

そんな強い気持ちを持って、頑張って欲しいと思います。

あともう少し、共に頑張って行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> 昨日はうっかり、画像を撮るのを忘れてしまった…。(*_*)

2018年

1月

12日

いよいよ本番ですね…!!

【事前の準備をしっかり行って、面接に臨んでいただければと思っています。 】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

いよいよです…。

今日 の尚志高校さんを皮切りに、いよいよ「私立高校」の入試が始まります。

 

来週は帝京安積さん、郡山女子大附属さんの入試。

そして、その翌週に日大東北さんの入試と続きます。

 

教室に自習に来ている受験生からも「緊張感」が伝わってきます。

 

会場の雰囲気に飲み込まれないように、気持ちを落ち着かせて試験に臨んで欲しいと思います。

 

そのために必要なのはこれ!!

=====

事前にきちんと「準備」をすること。

=====

 

受験票や上履きなど、忘れ物をしないように準備することはもちろんですが、再度「面接」に向けて「心の準備」を整えて欲しいと思います。

 

教室にいるお子さんたちから、よくこんな声をお聞きします。

 

「緊張して、話せなくならないだろうか…。」

「噛んだり、どもったりしたらどうすっぺ…。」…などなど。

 

そんな声をお聞きした時、私はお子さんたちにこんなことをお伝えしています。

 

「緊張すんなっていっても緊張はする。だったら、はなから緊張はするもんだって受け入れた方が良い。

 その方が、気持ちがずっと楽になると思うよ。逃げるから追っかけてくるんだ。」

 

「面接官の先生も、みんなが緊張しているのは百も承知。

 だから、多少噛んだって、どもったって良いんだよ。だから、もし、そうなったときも慌てないこと!!」

 

 

そして、冗談交じりでこんな話も一緒にするときもあります。(特に男子陣に)

 

「例えば、大好きな子がいて、その子に告白するときみたいな感じじゃない?

 

 どうしても付き合いたい子がいたら、どうやったら付き合えるか、一生懸命考えるでしょ。

 

 自分の思いを、どんな風に伝えれば相手はグッと来てくれるだろうか…?

 

 他の誰でもなく、君のこんなところが素敵なんだ。君と一緒になれたら、僕はめちゃくちゃ幸せなんだ!!

 そして、僕だけじゃなく、君も絶対に幸せな気持ちになれる!! 君を大切にするよ!!

 もし、付き合えたのなら、一緒にこんなこと、あんなことをしたいんだ!!

 

 一生懸命考えて、告白するんじゃないかと思うんだよね。

 

 

 簡単に言えば、面接でもそこが大事なんだと思うんだ。

 

 この高校のどんなところが自分にとって魅力的だったのか?

 ほかの高校ではなく、どうしてこの高校じゃなきゃって思ったのか?

 もし、この高校に入学できたなら、どんなことをしてみたいのか?

 そして、卒業後、どんな風になりたいのか?

 

 この部分をしっかり伝えてくることができるかどうかがいちばんのポイントなんだと先生は思うよ。」

 

=====

「志願理由」と「将来への目標」

=====

 

まずは、この部分をきちんと伝えてこれるかがとても大事だと私はいつも生徒さんに話をします。

 

 

ネットなどで検索して「丸暗記」したような回答ではなく「自分の言葉」で伝えることです。

「言霊」とも言いますが、その人の発した言葉には思いが乗り移ると私は思うからです。

 

 

そして、その自分の思い・考えがきちんと高校さん側が掲げている「方針」に沿っているのかも見逃してはいけないポイントだと思っています。

 

極端な例えですが、「大学進学率を上げたい!!」と考えている学校さんの面接で、「高校卒業後は就職を考えています。」的な話をしたら、高校さん側も「う~ん」と唸ってしまいますよね。

 

「しっかりとした事前準備が、心に余裕をもたらし、その結果、良い結果を生む」

 

今一度、ゆっくり「心の準備」をしたうえで、試験に臨んでいただければと思います。それでは、また。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

11日

最善を尽くす

【私が言い続けてきたことをきちんと実践してくれていることが、本当に嬉しく思います。<m(__)m> 】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日、多くの中学校は「実力テスト」の実施日でした。

 

私が小学生のお子さんと授業をしていると、早めに入室したCちゃんが私のところへやってきました。

 

Cちゃん:「先生。今日の実力テスト、早速『自己採点』と『解き直し』をしてみたんです。でも、どうしても大問7の図形の問題だけ分からなくて…。後で教えてもらえますか?」

 

 

そして、授業終了後。残って学習をしていたFくんも私のもとにやってきました。

 

Fくん:「先生。今日のテストの確率の問題。どうしても自分の解答が答えと合わないんすよ。自分の解いたやつ、見てもらってもいいっすか?」

 

 

教室の中でも、このブログ上でも私は度々言い続けています。

 

「テストは受けた後の方が大事だ!! 必ず『解き直し』をしろ!!」

 

しかも、解き直しは早ければ早いほど、繰り返せば繰り返すほど効果は高くなります。

(詳しくは「エビングハウス 忘却曲線」とググってみてください。)

 

そして、「ただ、もう1回解いた」ってだけでは「本当に解き直した」とは言えないと私は思っています。

 

「なぜ、間違えたのか?」「どこをミスしてしまったのか?」…など、きちんと原因を追究し、次に同じものを見たときに同じミスをしないようにすることが「本当の解き直し」だと思うのです。

 

私はこの話をするとき、ちょっと乱暴の感じになってしまうのですが、こんな話をお子さんにします。

 

「部活でも喧嘩でも、1度やられた相手に次もやられているようじゃダメ。完璧にナメられる。

 2度目の対戦は、何が何でもこっちが相手をこてんぱんにしてやらないといけないんだよ!!」

 

私が言い続けてきたことをきちんと実践してくれていて、本当に嬉しく思いました。

 

 

「新教研テスト」も「実力テスト」も、入試本番までの「練習試合」みたいなもんです。

 

受験すれば当然「点数」や「順位」、「偏差値」や「合否判定」は気になると思いますが、別にここでできていなくても、「本番」までにきちんとできるようにすればいいだけの話。

 

部活で練習試合をするのも、本番の大会までに練習試合を通して、自分たちがどんな点に力を入れて練習していけばよいのか「新たな課題」を見つけるためのものですからね。

 

なまじっか「練習試合」で勝ち続けて油断して、「本番」で勝てなければ意味ないですからね。

 

「本番」で勝つために、きちんと「今、本当にすべきことをする」ってことが大事です。

 

 

いよいよ私立高校の入試も始まり、教室の中にも少しずつ緊張感が漂ってきました。

 

そんな受験生に、昨日はこれからの「心構え」的なものを少し話させていただきました。

 

 

授業後、あるお母さまからは「今日、先生からアドバイスをいただいたそうで、本当にありがとうございます。」というメールもいただきました。

 

お忙しいところ、ご丁寧に本当にありがとうございました。<m(__)m>

 

 

今月は、「実力テスト」「定期テスト」「私立入試」「県立Ⅰ期選抜」など、お子さんたちは本当に肉体的にも精神的にもしんどい月になるかと思います。

 

お子さんたちの「支え」になれるよう、私自身、気持ちを強く持って頑張ろうと思います。

 

 

さあ、今日も張り切って行きます!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

10日

考える「きっかけ」を作ってあげたいです。

続きを読む

2018年

1月

09日

できるようになったら楽しいでしょ?

続きを読む

2018年

1月

08日

長時間、お疲れ様でした。<m(__)m>

続きを読む

2018年

1月

07日

「誤字」に注意!!

【頑張って覚えたのはすごく伝わってくるんだけど…。細心の注意でミスを防ごう!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今日のもぎテストを控えた昨日の社会の授業。

 

「過去問演習」と合わせ、出題頻度の高い「重要用語」を確認したんですが…。

 

=====

(1) 世界の2つの造山帯のうち、日本が属する造山帯を何というか?

 

(2) 織田信長が安土城下で行った、座を廃止し、市場の税を免除した政策を何というか?

 

(3) 明治時代初期、近代化を目指して欧米の文化がさかんに取り入れられたことにより、都心を中心に伝統的な生活が変化した。このことを何というか?

=====

 

「社会が苦手!!」「社会、覚えること多過ぎ!!」と言っていたお子さんたちですから、この冬休みの間、よく頑張って覚えたなとは思うんですが、くぅ~、それじゃダメなんだよなぁ…。(*´Д`)

 

 

演習しているお子さんたちの間をぐるぐる回って様子を見ていると、昨日は「誤字」の解答が多かった…。

 

はい、多くのお子さんが書いてしまっていた解答はこちら。

=====

(1) 還太平洋造山帯

 

(2) 楽一・楽座

 

(3) 文明開花

=====

 

 

私は普段から口を酸っぱくして、言っています。

 

「きちんと正しい漢字で書きなさいよ!!」

 

「解答を付けるときは、誤字がないかちゃんと見なさいよ!!」

 

 

これをちゃ~んと意識して取り組んている方なら、上の解答、どこがおかしいか分かりますよね?

 

せっかく答えが分かったのに、誤字をしてしまっただけで「0点」ですからね、「0点」

 

 

正しい解答はこちらです。

=====

(1) 環太平洋造山帯

 

(2) 楽市・楽座

 

(3) 文明開化

=====

 

 

覚えるときに、漠然と覚えるんじゃなくて、「漢字の意味」とか「ことがらの内容」などを意識して覚えるといいんだけどなぁ~。

 

 

まず、(1)について。

 

日本を含む造山帯は「太平洋を囲む造山帯」なわけですよ。

 

環太平洋の「環」の字は、「輪」とか「輪のようなもの」って意味があるんです。

郡山市にも道路であるでしょ、「内環状線」って道路が。あの道路のルート、思い出してみて!!

 

ちなみに「還」の字は、「もとにもどる」とか「もどす」って意味があります。

理科で出る「還元」、歴史で出る「大政奉還」など、どんな内容だったか思い出してみて!!

 

 

次に(2)について。

 

問題文の中で「市場」って言ってんだもの」「一」じゃなくて「市」だよね。

 

 

そして、(3)について。

 

「開花」は桜の開花など「花がひらくこと」の意味だから、この問いの内容とは違いますよね。

 

 

 

昨日、誤字があったお子さんたちにはその場でうえと同じようなアドバイスはさせていただきました。

 

これからの時期は、特にこういった「小さなミス」で失点することは防いでいかなきゃね!!

 

 

ぜひ、普段の演習時から意識して取り組んで行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> ただいま、受験生の「もぎテスト」実施中!! みんな、ピリッとした表情がいいね!!(*^_^*)

2018年

1月

06日

いよいよ終盤戦!!

続きを読む

2018年

1月

05日

気持ちの切り替えが大切!!

【休むときはきちんと休む。やるときはしっかりやる。この「メリハリ」が大事ですね!!(*^_^*)】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

受験生は他学年よりも1日早く、昨日から授業再開。

 

「年末年始の休みを終えた再開初日、どんな様子でやってくるのか?」

 

この様子でその子がどんな休みを過ごしていたのか、どんな気構えで今日の授業にやってきたのかが、ある程度分かってしまうものです。

 

 

自分がお子さんたちと同じ年頃のとき、野球部の監督からはよくこんな話をされたもんです。

 

「休み明けにきちんと動けるように身体を休めて、調整してくることが休みの目的だ。」

 

私たちの頃は今のように部活の休みの日が多くなく、休めるのはお盆や正月にほんの数日だけでした。

 

特に高校のときはテスト期間中でさえ休みがもらえず、たまに休みをもらうと、ついハメを外し過ぎて、夜中まで遊んで、一睡もせずに朝を迎えるなんてこともありました。

 

すると、監督はすぐにその様子を見て私たちにブチ切れるわけです。

 

「何のための休みだったと思ってんんだ!!」

 

今になると、なぜ監督がここまで怒っていたのか、よ~く分かります。

 

 

合わせて、うちの親父が言っていたこんな言葉が自分はずっと頭に残っていまして。

 

「(お酒を)飲んだ次の日こそ、いつも以上にちゃんとしなきゃいけないんだ。」

 

大人になると、会社の忘・新年会はもちろん、お付き合いで飲むこともありますが、飲んだ翌日に「二日酔い全開」でダラダラしているような社員を見たら、どう思いますか?

 

「なんだあいつ、ダメダメじゃん…。」って仲間から舐められちゃうわけです。

 

飲みに限りませんが、楽しいことがあった後こそ、気を引き締めていかないとダメなんですよ。

 

 

私もだいぶいい年齢になってきまして、いろいろな方と出会いをさせてきていただきましたが、私の知る限り、「できる人」っていうのは、きちんと「メリハリをつけることができる人」という気がするんです。

 

楽しむときは徹底的に楽しむ。休むときは徹底的に休む。そして、頑張るときは徹底的に頑張る。

 

こういう気持ちや行動の切り替えをしっかりできる人が「できる人」って言われるんだろうなと感じます。

 

 

再開初日だった昨日、お子さんたちがどんな様子で来るのかと思っていたのですが、私が思っていた以上にお子さんたちはしっかりとしていたように感じます。

 

「やっと教室で勉強できる~!!」って感じを全開に出していたお子さんたちもいたので、ホッとひと安心でした。

 

 

講習会もいよいよ大詰め。お互い、気を引き締めて、もうひと踏ん張り、していきましょうね!!

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

2018年

1月

04日

この意識、ちゃんと持って取り組んで行きましょう!!

【嫌な「初夢」だったものの、その内容はとても大切なことを伝えていました。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今日からまた講習会が再開です。

ゆっくり休ませていただき、心も身体も万全です。(*^_^*)

 

さあ、張り切って行きますよ~!!

 

=====

 

ところで。皆さん、「初夢」はご覧になられましたか?

 

 

「初夢」と言えば、「一富士 二鷹 三茄子」と言いますが、休み中、タモリさんと鶴瓶さんが出ていたテレビ番組でこのルーツを探っていたんですが、とても面白い内容でした。

 

すべて、徳川家康に関係する内容だったとは知らなかった…。

 

番組を見ながら、改めて「今まで分からなかったことが分かるっていうのは楽しい!!」ということを実感。

 

 

で、その「初夢」なんですが…。

 

自分は見るには見たんですが、全然嬉しくも、楽しくもない、「仕事」の夢でした。

しかも、生徒さんを叱っている夢。(*´Д`)

 

何で新年の初めからこんな夢なんだろうか…。

 

どうせ仕事の夢なら、生徒さんも自分も楽しくニコニコしている夢とかを見たかったよ…。(*´Д`)

 

 

でも、その夢の内容が結構大切な内容だったんですよね。

 

なぜ、私が生徒さんを叱っていたのか…。それには、きちんとした理由がありました。

 

 

夢の中で描かれていた状況は、ある生徒さんが「宿題を忘れた」というところから始まりました。

 

その宿題は「間違えた単語を10回ずつ書いてくる」というものでした。

 

 

その宿題をやってこなかった生徒さんは、私が教室に来る前に急いで終わらそうと必死になっていました。

 

その様子を見つけた私は、そのお子さんにズバリひと言。

 

私:「何でその宿題を出したのか?その目的・理由をちゃんと聞いていたのかい?」

 

 

この宿題を出した目的・理由は、ズバリ「間違えた単語を覚えて欲しかったから」です。

 

夢の中の設定では、私はこのことをお子さんたちに事前に伝えていました。

 

はっきり言ってしまえば私的には「10回書こうが、書くまいが、間違えた単語が覚えられていればそれでいい。」ということ。

 

 

この宿題に関しては「過程」よりも「結果」が重視。

 

 

でも、この生徒さんは「覚えること」ではなく、「10回ずつ書くこと」がゴールになっていました。

 

そこを私はお子さんに対して注意をしていたという内容だったわけです。

 

 

「目的意識を持って取り組む」のか、「まったく目的意識がなく取り組む」のかでは、その後の成果はまるで変わってしまいますよね。

 

 

 

世界的ベストセラー「7つの習慣」でも取り上げているこの習慣

=====

第2の習慣:目的を持って始める

=====

 

「何のためにこれをするのか?」

 

お互い、ここをしっかり意識しながら取り組んで行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2018年

1月

03日

さあ、また明日から頑張ります!!(*^_^*)

【本日、日本海側は大荒れの天気。ということで、今日は短めの更新でご勘弁を。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今朝の山形は昨晩から雪が降り続いており、えらいことになっています。(@ ̄□ ̄@;)!!

車の上の雪をどかすだけでひと苦労でした…。

 

こりゃスピードも出せないし、今日の帰省はいつもより時間が掛かりそうです…。

 

ということで、今日は短めの更新でご勘弁を。<m(__)m>

 

 

お休みも今日で終わり。明日からはまた講習会が再開。

皆さん、お休み中はゆっくり過ごせましたか?

 

自分は講習会中にできなかった運動や読書、家族との時間をのんびり過ごさせてもらいました。

 

「普段、こんなに寝たことねぇ~」ってほど、ゆっくり眠らせてももらいました。

あまりにも寝すぎて身体が痛いです…。(笑)

 

 

自分は仕事でも趣味でも、グッと入り込み過ぎてしまって、周りが見えなくなってしまうところがありまして…。

 

これが自分の良いところでもあるんですが、ときには悪いところにもなっている思うんです。

 

なので、今回のようにまとまったお休みをいただくと、一旦冷静さを取り戻すことができて、本当にありがたいと思っています。

 

 

心も身体もゆっくりさせてもらって、また、明日から気持ちを新たに頑張れます。

 

塾生さん、保護者さま、改めて、どうぞ、よろしくお願いいたします。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 受験生の方。くれぐれも明日、病気で欠席なんてことがないようにしてくださいね!!

2018年

1月

02日

次の問題、ちゃ~んと答えられますか?

続きを読む

2018年

1月

01日

謹賀新年

【本年も昨年同様、ご理解とご協力、どうぞ、よろしくお願いいたします。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

新年あけましておめでとうございます。<m(__)m>

 

 

と、新年のご挨拶をさせていただいたものの、新年を迎えて「ヤッホー!!」的な喜びも特にはないですし、

「何かを変えなきゃ!!」とか「今年こそは…!!」と言った新たな決意的なものも今現在はまったくないのが正直なところでして…。

 

自分たちの職業的には「新年」を迎えるときよりも、入試を終えて「新年度」を迎えるときの方が気持ちが新たになりますし、とても引き締まるものでして…。

 

だから、今はまず、お預かりしている受験生の「全員合格」を目指し、指導に努めること。

 

合わせて、中1・中2のお子さんたち、小学生のお子さんたちが教室での学習を通して「笑顔」になっていただけるよう、自分ができることを精一杯取り組むこと。

 

この2点を強く意識して行動をしていきたいと思っています。

 

 

そして、今年も次のことを大切にして、日々取り組んで行くだけだと思っています。

 

「小さな努力の積み重ねが、大きな差を生む」

 

「人間的成長なくして、技術的進歩なし」

 

 

「アイシースクール富久山教室」という教室が、お子さんや保護者さまにとって「最高!!」と言っていただけるよう、精一杯努めてまいります。

 

今年もご理解とご協力、どうぞ、よろしくお願いいたします。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 

 

昨日、保護者の皆さまから「お世話様でした」とご挨拶メールをいただき、本当に嬉しかったです。

 

大晦日のお忙しいところ、本当にありがとうございました。(*^_^*)