「仕事」と「私事」のバランスを取って

【両者のバランスを取りながら連休明けに備えて、しっかり充電させていただきます。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

 

月日が経つのが本当に早い…!!Σ( ̄□ ̄|||)

ついこの間「新学期」を迎えたと思ったのも束の間。もう、明日から5月ですよ、5月。

 

世間はゴールデンウィークを迎え、きっと楽しい1週間なんだろうなぁ…。

 

 

えっ?お前は違うのかってですか?

 

たまには仕事のことを忘れて、ゆっくりのんびりと時間を過ごせたらいいんですけどねぇ…。それは無理ですわ…。

お子さんたちとの「授業」はお休みにさせていただいても、「完全オフ」にはならないんですよ…。

 

「働けど、働けど、我が暮らし楽にならず」「貧乏暇なし」ってやつですね…。(*´Д`)

 

 

連休が明けるとすぐにいろんなイベントがあるので、今のうちにまとめて進めておかなければならない業務がた~くさんあるのでねぇ…。

 

 

まずは、この連休が明けると約1か月後には「定期テスト」や「実力テスト」が始まるので、それらの準備作業があります。

 

そしてそれらが終わると今度は「夏期講習会」があるので、それらの日程案・実施案もある程度練っておかないといけない…。

 

普段、授業があるとじっくり時間を取って考えたり、作業することができないんで、こういうときにゆっくり時間を取って進めておきたいんですよね。

 

また、今年度から”自虐的”に始めてしまった「動画解説」のまとめ撮りもしておきたいし、やっておきたいことが次から次へと出てくる…。

 

だから、家族と過ごしていても、家内の実家に行っても、頭の中から「業務」のことが離れることは基本的にないんですよ、本当…。

 

家内や子どもたちには申し訳ないと思いますし、本当はそれじゃ駄目だって分かってるんですけどね…。

 

仕事ができる人ほど「オン」と「オフ」を上手く切り替えるって言うじゃないですか。

「よく働き、よく遊べ」ってやつですよね。

 

でも、ぶっちゃけ、わざわざ人がたくさんいるところに遊びに行って疲れを溜めるくらいなら、いろいろと仕事のことをしたり、本を読みながらいろいろと考えていたりする方が自分はずっと楽しいしんですよ、本当。

 

家族とは家で一緒にゆっくり食事をしながら話をしたり、テレビを見て笑ったり、近所に散歩や買い物でも行けたりすれば私的には十分楽しい!! 夜が遅い仕事でそういったことすら普段は一緒にできないんで…。

 

格好つけているわけではなく、純粋にそう思うんです。

 

 

まぁ、今週は「業務」と「家族との時間」のバランスを取りながらゆっくりのんびりと過ごさせていただいて、連休明けに備えさせていただけたらと思っています。しっかり充電させてもらいます。

 

ちなみに明日・明後日は授業はありませんが、仕事はしておりますので、何かあればいつでもご連絡ください。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

今週は「テスト解き直し期間」

続きを読む

まさか、それはないわ~。

【「それはない!!」と最初から決めつけは良くないけど、その日本語訳はないよ…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

毎週木曜日の中学2年生は「個別演習」の授業日。

「数学・英語」の2教科受講者は、その週に学習した内容を中心に反復演習を行っています。

 

  

昨日は「look+形容詞」の項目を復習。日本語に訳すときは「…に見える」という意味になります。

 

 

昨日、演習した問題から一部をピックアップしてみました。

=====

【問題】 be動詞とlookの違いに注意し、次の英文の意味を書きなさい。

 

(1) You are happy.

 

(2) You look happy.  

 

(3) The dog was hungry.

 

(4) The dog looked hungry.

 

(5) Was the boy well?

 

(6) Did the boy look well?

=====

 

さあ、それぞれ正しく意味、書くことができましたか?

 

 

ちなみにそれぞれの英文の意味は下記のような感じです。

=====

(1) あなたは幸せです。

 

(2) あなたは幸せそうに見えます。

 

(3) その犬は空腹でした。

 

(4) その犬は空腹に見えました。

 

(5) その少年は元気そうでした。

 

(6) その少年は元気そうに見えました。

=====

 

どうです?きちんと違いに気を付けながら日本語訳できましたか?

 

 

 

さて、うちの教室の生徒さんの出来具合はというと…。

 

=====

 

いつも私に「んなわけねぇべって!! もういっぺん、ちゃんと解け~!!」などと気合を入れられながらも、「え~、これ、違うんですかぁ~。おっかしいなぁ~」と笑顔で一生懸命頑張って取り組んでくれているうちのムードメーカーYくん。

 

2年生になって随分落ち着いてきたし、よく頑張ってくれていて、実はとても感心しています。

(ただし、タブレット学習など、家での取り組みが最近緩んでるぞ~。管理画面ですべてお見通しだからなぁ~!!)

 

彼に激しく気合を入れるのも、彼への「期待の表れ」なんです。

 

 

そんな彼の様子をそばで黙って眺めていると、(1)~(4)まで順調にクリア!!

 

「おっ!! 良い感じで解答できてるじゃん!! いいね、いいねぇ~。」と私が感心していたそのとき。

彼が(5)、(6)の問題に書いた解答はというと…。

 

=====

(5) その少年は美味そうでしたか?

 

(6) その少年は美味そうに見えましたか?

=====

 

おい、おい…!! be動詞とlookの違いの部分じゃなくて、wellの訳が間違ってんだろ!!

 

何だ少年は美味そうって!! 君は少年を食っちまうのかい?

その前の「空腹の犬の文」とこの文は話が続いてんのか? 犬が人を食っちまうってか?

どんだけおっかねぇ犬なんだよ?犬が人を食うってめちゃ怖いだろ?

 

確かにwellは「うまく」っても訳するけど、それは「上手く」で「美味く」じゃないよ。

しかも、今回は「元気」の意味で使ってんだよ!!

 

私が激しくYくんにツッコミを入れていると、それを聞いていたHくんも大爆笑!!

 

 

英語の日本語訳に限らず、お子さんの解答を見ると「そんなわけないじゃん!!」という解答が結構あるもんですが、まさか少年を見て「美味そう」と来るとは思ってなかったよ…。

 

先日の小学生の学力テストでも、漢字の読み・書きに「珍解答」が続出。

 

最初から「決めつけ」をするのは良くないけど、ある程度、考えられる答えを予測して、自分が出した解答を「本当にこれでOK?」って見直しする慎重さが必要だよね。

 

=====

 

しかし、Yくんにそれだけ激しくツッコミながらも、授業が終わった後、私はふとこんなことを思いました。

 

「ああは言ったけど、犬が人を食うケースって本当にないって言い切れんのかねぇ…?」

 

そう思った私はすぐにネットで検索。すると…。

 

Yくん、ごめん。犬が人を食ってしまった事例、あったよ…。しかも、食われた人は死亡なんて事例、結構あんのね…。(*_*)

 

これは先生が「犬が人を食うわけない!!」という「決めつけ」でした…。反省。<m(__)m>

 

 

でも、あくまでもwellの「うまく」は「上手く」だからね…。「美味く」じゃないぜ。

しかも今回は「上手く」じゃなくて「元気」の意味だかんね…。 それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

丁寧な字を書くということ

【「相手への配慮・相手への敬意」を示すということに繋がると思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

 

私:「これ、先生が採点者なら間違いなく0点だよ…。」

 

 

今週は、小学生のお子さんは毎月1回実施している「月例学力テスト」の実施週です。

 

基本は月曜日の夕方、全学年統一時間での実施ですが、特設やスポ少の都合でどうしてもその時間に合わない方は別日程で受験をしていただいています。

 

 

昨日、月曜日に受験できなかったお子さんがテストを受験しました。

 

このお子さんはこの春から教室に通い始めた新しい生徒さんで、今回が初めての受験でした。

 

 

私:「じゃあ、始めるよ。はい、始めてください。」

 

そう合図をして、時間を計り始め、また、私は隣の教室で他のお子さんの授業に戻りました。

 

 

開始してしばらくすると、ガラッと戸の開く音とともにそのお子さんが出てきました。

 

生徒さん:「先生、終わりました。」

 

私:「えっ? もう、終わったの?」

 

時間にして約20分。随分と早く終わったなぁと思いながら、その子の書いた答案用紙を見ると…。

 

本人の名誉もあるのでその答案はお見せできませんが、「綺麗」「丁寧」とは程遠いとても乱雑な字で解答が書かれていました。

 

間違いをきれいに消し切れていない上から書かれた文字、解答用紙からはみ出しまくって書かれた解答…。

 

 

私はその答案を見て、冒頭の言葉、そして、次のようなことをお話ししました。

 

私:「この答案は『当たっている』『間違っている』の問題じゃない。これじゃ、読めない。先生が採点者ならこの答案を真剣に採点してあげたいとは思えない。まだ、時間は十分にあるから、もう1度、丁寧に書き直してごらん。」

 

 

このお子さんはまだうちの教室に来たばかり。学習内容に限らず、学習に対しての心構えをはじめ、これからいろんなことをお伝えしていかなければならないと思っています。

 

そのうちの1つは「相手への配慮・相手への敬意」ということがあると私は思っています。

 

 

字の「上手」「下手」はどうしても個人差あるとは思いますが、字を「丁寧に書く」という行為は、心掛け次第で誰でもできることだと私は思うんですね。

 

そして、「丁寧に書く」というのは、採点者に対して「採点がしやすいように」という配慮にもつながるでしょうし、「採点をしていただけることに感謝!!」という敬意を示すことに繋がると私は考えています。

 

もちろん、「自分が解答を正しくつけてもらう」という意味もありますよ。

 

例えば、自分が「0だ!!」と主張しても、相手が「6に見えたのでバツです。」と言われたら、言い返せないですもんね。

 

 

だから、うちに通ってくださっているお子さんには本当にしつこくこのことは言わせていただいています。

 

私:「字は丁寧に書きなさい。読み手が読めないような字を書くようなことはするな。」

 

 

「字を書く」という本当に単純なことかも知れませんが、それだけにどれだけ心を込めてこのことをできるかはとても大切なのではないでしょうか…。

 

 

でも、そのお子さんの良いところは、それを素直に反省し、受け入れてくれたこと。

 

1つ1つ丁寧に消しゴムで消し、今度はゆっくりと丁寧に解答を書き直して、再度提出をしてくれました。

 

いいね!! 少しずつでいいので、今日のこと、忘れずに心掛けて行こうね!!(*^_^*)

 

 

「塾って言うのは、単に『学習内容』だけを伝える場所じゃいけない。お子さんの『心』も育てられる場所にならないと…。」

 

私が常に心掛けていることの1つです。『心』という根を太くたくましく育てないと、『学力』は伸びていかないんじゃないですかね…。

 

私はそんなことを思っています。さあ、お子さんに言うだけじゃなく、自分も頑張らないとね。それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

また、一緒に頑張ろうね!!

【どんなにしんどいなぁと思っても、これに触れてしまうと、また頑張っちゃうんですよねぇ~。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

 

 

もう、随分と長いこと「塾講師」として仕事をさせてもらっています。

 

この仕事、夜も遅くて生活は不規則になるし、精神的にも結構しんどいんです…。

(どんな仕事でも大変さはあるし、自分なんかよりもっともっと大変な方もいると思うんですが…。)

 

お陰さまでこの仕事に就いた頃に比べて、身体もだいぶ大きくなりました。(笑)

 

でも、どんなにしんどいなぁと思っても、やっぱり「これ」に触れてしまうと、すごく嬉しいし、また頑張らないといけないなぁと励みになるんですよね…。

 

それは…。

 

「お子さんの成長している姿」

 

 

今まで学習への取り組みが消極的だったお子さんが前向きに取り組んでくれるようになった姿。

今まで苦手で何度やってもなかなかできなかったことができるようになった姿、…などなど。

 

お子さんが以前よりも「前進した姿」を見たとき、そして、お子さんが「できたぁ~!!」と笑顔で喜んでいる姿を見ると、こちらも本当に嬉しくなります。(*^_^*)

 

=====

 

中学2年生のある女子生徒さん。

 

彼女は昨年の途中、別の塾さんから転塾をされ、うちの教室にいらっしゃいました。

 

 

ぶっちゃけ「数学」は大の苦手。

 

教室での学習の様子を見ていても、好きな「英語」は積極的だけど、苦手な「数学」になると途端に顔が曇ってしまうのがこちらからも見てわかりました。

 

転塾された頃のお母さんのお話によると、別の塾に通っていたときはあまりにできなくて、それを先生から言われることに辛さを感じていて、毎日涙を流しながら教室に通われていたとのことでした。

 

そして、あまりの辛さに腹痛を起こすこともしばしばあったとのことでした。

 

私も同業なので分かるのですが、きっと、その塾の先生も「何とかできるようになって欲しい!!」と思っていたからこそ、ついつい指導が厳しいものになってしまったうえでのことだったのではないかと思うのです。

 

そんなお話をお聞きしていたので、私もまずはご本人さんが「数学に前向きに取り組んでくれるようになってくれること」を第1の目標に据えていました。

 

 

そんな彼女。ここのところ「数学」の時間も随分と表情が明るくなりました。

 

塾での演習の様子を見ても、「これはお家でもきちんと解いてくれているな!!」というのが手応えとして伝わってきます。

 

昨日の問題演習でもスピードこそゆっくりではありますが、1つ1つ丁寧に計算をし、きちんと正しい答えを出せていました。

 

私:「いいねぇ~!!だいぶ、自分の力で解けるようになったね!!」

 

そんな言葉を彼女にかけると、彼女はとっても嬉しそうに笑っていました。(*^_^*)

 

 

その笑顔、こちらもとっても励みになります。また、お互い、頑張ろうね!!

 

=====

 

今日は久し振りの曇り空。夕方からは雨の予報…。

 

天気はスカッとしないですが、気分は晴れやかに頑張って行きましょうね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

特別補習の成果

【久し振りに直接指導をして感じたこと。「ちゃんと前進してんじゃん!!」】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

Fくん:「次のテスト、順位上げてぇよ~。」

 

Hくん:「頑張れば上がるんじゃね?」

 

おっ!! 少しずつ欲が出てきたようだねぇ~。良いんじゃないのぉ~。(*^_^*)

 

 

この2人。今年度に入ってからずっと「特別補習」を実施中。

他のお子さんが授業を終えてから約1時間、週3回「英語」の補習指導をしています。

 

最初は半ば「強制的」に始めた補習でしたが、2人とも少しずつ「残って学習していくこと」が習慣化されてきたようです。

 

 

昨日も授業の合間に2人でこんな会話をしていました。

 

Fくん:「H、お前、今日もちゃんと残ってやっていくんだろうな?」

 

Hくん:「あぁ。(午後)10時までね。」

 

Fくん:「はっ?お前、何、言ってんの?」

 

Hくん:「嘘だって。ちゃんと最後までやってくよ。」

 

何だかんだ言っても、この補習を楽しんでくれているようです。

 

 

昨日はミホヤがいなかったので、私が代行で授業。

 

修学旅行で欠席していた日の内容だった「受動態」を一緒に学習。

 

 

私:「受動態っていうのは、『~される』って文なんだ。じゃ、例えば「I love you.」って文章。これ、日本語に訳したらどんな訳よ?」

 

Fくん:「私はあなたが好きです。」

 

私:「いや~、もっと恥ずかしがらずに情熱的に行こうよ。『私はあなたを愛してる。』って(笑)。それじゃさ、この内容を『あなた側』から考えたら、あなたは私にどうされてんのよ?」

 

Hくん:「愛されてる?」

 

私:「そう、そう。良い感じ、良い感じ。それが『受動態』の文章の感覚ね?OK?」

 

こんなやり取りをしばらく続けながら、『受動態』の感覚を掴んでもらいました。

 

 

久し振りに直接「英語」の指導を2人にしましたが、週3回の補習は伊達ではなかったようです。

 

春休み前に比べて、だいぶ前進したように感じます。(でも、まだまだだかんね!!)

 

何よりも「単語」がスパスパ出てくるようになったね。(*^_^*)

 

 

『能動態』から『受動態』への書き換えも難無くクリア。良い感じだったね!!

 

私:「いや~、随分と良くなったよ。思っていた以上に今日は進んだよ。中学3年生はこの受動態もそうだけど、次の文法も『過去分詞』を使う内容だから、今はしっかり『過去分詞』を覚えておくと楽になるよ。」

 

そんなアドバイスをすると二人は「よし!! やるか!!」って顔になっていました。良い表情だ。

 

 

今年度に入って、タブレット教材や動画解説などの「デジタルコンテンツ」に力を注いでいる一方、人と人の繋がりなど「アナログ」な部分の重要性を改めて感じでいるところです。

 

さあ、今日も頑張るべねぇ~。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

課題、お送りました。

【解説動画も順次アップの予定。こちらも頑張りますので、ちゃんと取り組んでくださいねぇ~!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

=====

 

週末、毎年恒例の「ゴールデンウィーク中の学習課題」の発送しました。

 

「えぇ~、今年もやるんですかぁ~。」

「せっかくの休みなのに、なんで宿題あるんですかぁ~。」など、お子さんたちからブーイングが飛ぶのは百も承知のうえで、淡々と対応をします。(笑)

 

だって、1週間近くあるゴールデンウィーク中に課題でも出さなかったら、きっとみんな、完全にのんびりしてしまうでしょ?

 

連休中にまったく学習しなかったら「学習の感覚」が鈍ってしまいますからねぇ~。

 

 

学生時代、野球部の顧問にはよくこんなことを言われました…。

 

「練習は1日やらないと、取り戻すのに3日かかる。」

 

もし、これをそのまま今回の5月3日(水)~7日(日)の連休に当てはめたらなら「3×5=15」ですから、取り戻すのに2週間以上かかるってことですよ。

 

毎年言っていますが、家族での予定や部活の練習・大会なども考慮していますので、決して大量の課題は出していないですよ。

 

毎日、ほんの少しずつでも取り組んで貰ったら終わる分量だと思います。

 

 

クロネコさんのDM便にてお送りしてますので、遅くても今週半ばには到着するかと思います。

 

到着次第、連休を待たずに始めていただいても構いません。どうぞ、よろしくお願いします。

 

=====

 

 

今日もいい天気ですねぇ~。すっかり春の天気ですね。(*^_^*)

 

さあ、今日も張り切って行きましょうね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

ぜひ、上手にご活用くださいね!!

【ご覧になられた方。ぜひ、ご意見いただけたら助かります。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日、修学旅行で授業を欠席していた中学3年生の振替授業がありました。

 

振替授業を控えたおととい、私は各ご家庭に次のようなメールを送信させいただいていました。

=====

今週の授業の「復習動画」をアップしました。

下記URLより、ご覧ください。

 

(中略)

 

特に、修学旅行前日17日(火)の授業をご欠席された方は、必ず動画を視聴し、学習内容をご確認いただいて22日(土)の振替授業にご出席ください。

 

修学旅行でお疲れかとは思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

=====

 

と書いたはいいけれど、正直、こんなことを思わずにはいられませんでした。

 

「この動画を見て、きちんとやってきてくれる人がどのくらいいるのだろうか…。」

「リアルタイムではない動画の授業で、どこまで内容が伝わるのだろうか…。」

 

でも、昨日の様子を見て、その不安はすぐに取り払われました。

 

 

昨日の授業の最後、Mちゃんに解き方を説明しようとすると…。

 

Mちゃん:「これを足して、最後は掛けるんでしたよね?」

 

私:「あれ?もしかして、動画を見て、学習してくれた?」

 

Mちゃん:「はい。ちゃんと見て、やってきましたよ。(*^_^*)」

 

 

そして、同じく授業を欠席したHちゃんも隣で迷いなく、スラスラと問題を解き始めるではないですか…!!

 

私:「Hちゃんもちゃんと見てくれたんだね?」

 

Hちゃん:「はい。(*^_^*)」

 

 

いや~、嬉しかったですねぇ~。

 

毎日少しずつアップして、保護者さまからは「良いね!!」「分かりやすい!!とお話をいただいていたものの、お子さんたちからはほとんど反応が得られていなかったので…。

 

自分が今取り組んでいることは本当にお役に立てていることなんだろうかと正直「半信半疑」になっていました。

 

 

でも、昨日の2人の様子を見て、お子さんはきちんと見て、活用してくれているんだと感じることができました。

 

そして、反省です…。生徒さんをもっともっと信じてあげないといけないなぁと…。

 

 

よし…!! 授業と並行して、動画撮影もまた頑張って取り組んでいかなきゃね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

 

<追伸> 

動画をご覧になられた方。「ここ、もう少し詳しく説明して!!」「もっと、楽しく、笑わせろ!!」など、

ぜひ、動画改良のためのご意見くださいませ。よろしくお願いします。<m(__)m>

小学生、頑張ってま~す。(*^_^*)

続きを読む

まずは自分がやって見せないとなぁ…。

【言うだけじゃなく、自分もやって見せないと説得力がなくなりますよね…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

まずは…。

 

「『誤字』『脱字』が酷いな…。ちゃんと見直せよ…!!」

 

 

 

 

と言っても、これは生徒さんに対してではありません。自分自身に対してです。

 

昨日のブログも結構ありましたねぇ~。

=====

誤) 示しせない → 正) 示せない

 

誤) きちんと掛ける → 正) きちんと書ける

 

※ ちなみに昨日の分は既に修正しました。m(__)m

=====

 

昨日に限らず、結構やらかしてますよね…。後で見返してみて、恥ずかしくなることが多々…。

 

普段、お子さんたちに偉そうに「ちゃんと見直ししねぇからだよ~!!」なんて言ってますが、これじゃ、説得力がまったくなくなってしまいますよね。(*´Д`)

 

お子さんに言うだけじゃなく、自分もちゃんとやって見せないとなぁ…。

 

よっしゃ、今日から気持ちを改めて気を付けようと思います。

 

もし今後、「誤字」「脱字」を発見した際にはぜひ「先生、間違ってるよ!!」とご指摘くださいませ。

「誤字」「脱字」を見つけてくださった方には素敵なプレゼントをご用意させていただきます。(笑)

=====

続きを読む

1つ1つ丁寧に書き記そうね!!

続きを読む

「謙虚さ」を持つということ

【まずは素直に聞くこと、取り組んでみることが大切なんじゃないかなと私は思うのですが…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

 

 

「次々にどんどん問題を解こうとするその意欲は本当に素晴らしいと思う。

 でもね、まずきちんと解法の基本的な流れを聞くこが大切なんじゃないかい?

 そしてね、その手順を1つ1つ丁寧に守って解くってことも大切なんじゃないかな?

 それをきちんと実行していけば、数学はちゃんとできるようになるもんなんだよ。」

 

 

昨日の中学2年生との授業でのこと。

ある生徒さんにいつもよりも厳しい口調で私はゆっくりと語りました。

 

なぜなら、そのお子さんはこちらの説明をきちんと聞かぬまま問題をどんどん解き進め、間違いが続いていたからです。

 

こちらが「この部分は間違いがよくあるから、気を付けて!!」と注意したところを始め、解法の重要な手順がまったく抑えられていませんでした。

 

 

このお子さんはこの様子が見られることがしばしばあって、ちょっと気になってはいました。

ただ、本人さんの意欲を尊重し、しばらく様子を見て、話をしなければと考えていました。

 

 

別に自分の説明を聞かなくてもきちんと理解できていて、間違いなく解けているのであれば自分はそれで全然かまわないんですが、決してそうではなかったので…。

 

このままこの状態がこれ以上続かれたらまずいなぁと感じ、昨日は私の思いを熱く伝えました。

 

 

ぶっちゃけ、教科書や参考書の解説を読んで理解できて間違えずに解けるのであれば、わざわざ時間を掛けて教室に来てまで授業を受けるなんてする必要がないじゃないですか…。

 

今はアプリも充実してますので、家でいくらでも勉強する「道具」もあるんですよ…。

 

でも、現実はそうでないから教室に来て、授業を受けているわけで。

 

だから、こちらとしては少しでも内容を理解してもらいやすいように、間違いをできる限り減らしてもらえるようにと思い、説明に工夫をしているわけです。

 

 

この生徒さんに限らず、私は他の生徒さんにも、ぜひ、この気持ちを持って欲しいと願っていることがあります。それは…

======

「謙虚さ」

======

 

 

これは自分が今まで生きてきて、本当に大切なことだとつくづく感じていることの1つです。

 

物事の上達に限らず、自分を高め、成長させていくために絶対に欠かせないことではないかと…。

 

 

何でもかんでも相手のいいなりになれということではないです。

 

でも、まずは相手の教えに素直に耳を傾けてみること。

そして、それに素直に取り組んでみることって、とても大切なんじゃないかなとつくづく感じているんですね。

 

特にお子さんたちは今はまだ「発展途上」の段階。

 

自分以外のいろいろな人の意見に耳を傾けながら、自分なりにいろいろと考え、取り組んでみることがとても大切なんじゃないでしょうか…。

 

 

ぜひ、お互い「謙虚さ」を忘れずに取り組んで行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> Nちゃんのお母さん。お土産の「一筆箋」ありがとうございました。ありがたいです。(*^_^*)

 

励みになります。感謝です。m(__)m

【お子さんや保護者さまにご紹介いただけることは、とても励みになります。m(__)m】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

新学期が始まって1週間が過ぎましたが、皆さん、新学期の様子はいかがですか?

 

新しいクラスにも慣れ、新しいお友だちもできた頃ですかね?

 

 

塾の方もひと通り新しい時間割での授業を終え、2週目の授業を迎えました。

 

 

新学期が始まってひと段落し、少しずつお友だちのご紹介のお声もいただいております。

お声がけいただき、本当にありがとうございます。心から感謝です!!m(__)m

 

 

今、通っていただいている生徒さんや保護者さまからご紹介をいただけることは、とても嬉しいことですし、とても励みになります。

 

 

ご期待を裏切らないよう、精一杯努めてまいります。引き続き、よろしくお願いいたします。(*^_^*)

 

=====

 

お子さんや保護者さまからのご紹介に対応できるようにと、春休み中にホワイトボードや間仕切りの位置などいろいろと手直しをして(お金がないので私自らDIYで)座席数が増えたの、気づいてくれてましたか?

 

実は、各教室とも春休み前と比べて1列ずつ、増えているんですよ。

 

とは言うものの、たくさん座席を増やせたわけでなく、残り座席は少ないので、もし、ご検討されているお友だちがいらっしゃったら、なるべく早めにご連絡いただければ幸いです。<m(__)m>

 

=====

 

今年は「教室での学習」だけでなく、「お家での学習」も充実してもらえるように、いろいろと私も挑戦をしています。

 

なるべくタイムラグが出ないように「動画配信」も定期的に行っていきたいと思います。

 

ぜひ、お家での復習に上手に活用してくださいませ。

 

天気はパッとしないですが、テンション上げて行きましょうね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

「なぜ?」と問い、これを追求すること。

【学習の原点はやはり、ここにあり。この追求こそが深い学びを生むんですねぇ~。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日の夜、子どもたちとお風呂から上がり、何とはなしにテレビをつけるとGAKCTさんの姿が。

 

GACKTさんと言えば、皆さんもご存じ「格付け」のテレビ番組で連勝続け、今や「一流芸能人」として有名な方ですよね。(*^_^*)

 

私は全然知らなかったんですが、マレーシアに移住して5年になるとのこと。

年間の6割はマレーシアで過ごしているそうです。ビックリ。Σ( ̄□ ̄|||)

 

その海外生活の中で学んだことをいろいろとお話ししていたのですが、

あの豊かな知識はやっぱりここから来ていたんだなぁと感じたことがあります。それは…。

=====

「なぜ?」と思ったことを、とことん追求する。

=====

 

私がテレビをつけたときは、ワインについてお話をされていたのですが、いろいろと勉強したそうです。

 

このワインはどんな味がするんだろうか…?どうして、こんなに美味しい味がするのだろうか…?

そういった1つ1つの「なぜ?」を勉強しながら味わうことでどんどん知識が豊かになっていったとのことでした。

 

いや~、やっぱりここなんですよねぇ~。学びの原点って。

 

自分が「もっと知りたい!!」と思ったことを、自分からどんどん掴み取っていくという姿勢。

これが、どんなジャンルでも知識を豊かにしていくスタートなんですよねぇ~。

 

「学ぶこと」「自分の知らなかった、新しいことを知ること」って楽しいですよね。

 

だから、お子さんに限らず大人でも、自分が好きなものや好きなことなら、食べることも寝ることも忘れて夢中になって本で調べたり、いろいろ試したりしますよね。

 

そして、こういう学びは気持ちいんですよね…!!(*^_^*)

 

ただその一方、学校の勉強に関してはよくお子さんたちから聞くのはこんな言葉です…。

「学校の勉強、面倒くさい。面白くない。」

 

学校は年間の中で終了させなければならない内容が決まっているので、なかなか深いところまで追及している時間がないんですよね…。学校の先生は大変ですよ、本当に。

 

だからこそ、年間のカリキュラムに縛られることなく授業をすることができる自分たちがすべきことは、

まずはお子さんたちに「学ぶことの楽しさ」を伝えること。

 

 

そして、お子さん自身がもっともっと「学びたい!!」と思ってもらえるようにアシストすること。

 

まあ、口にしてしまえば本当に当たり前ではあるんですが、これの追求しかないなと私は思うわけで。

昨日のGACKTさんのお話を聞いていて改めて感じているところです。

 

「自分たちがお子さんのためにできること全力で!!」

この気持ちを忘れずにこれからも精一杯努めます。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

のろまなカメさんが勝つためには…

【今さら言うのもなんですが、同じ動きをしていたら勝てないですよね?】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

いや~、温かくなってきたのはいいですが、ほんと、目が痒くて、痒くて…。

擦っちゃいけないと分かってはいるものの、ついつい擦ってしまいます。目薬も手放せない…!!

 

あぁ、早く花粉症の季節が過ぎてくれないかと思う、今日この頃です。

 

=====

【問題】

弟が家を出て毎分80mで歩いて行った。兄がその5分後に毎分100mで追いかけた。

兄が弟に追いつくのは兄が出た何分後か。

=====

 

中学1年生で学習する「1次方程式の文章問題」の基本例題です。

でも、今日書きたいのはこの問題の解法とかの類のことではありません。

 

今日、伝えたいのはこのことです。

=====

人と同じでは、いっこうに差は埋まらない。

=====

 

弟がずっと止まっていてくれるならば、兄が動き出しさえすれば追いつけるわけです。

でも、そうじゃありませんよね。

 

弟も動き続けているので、兄が追いつくためには弟以上のスピードで動かなければ追いつくことはできない。

 

これは、勉強でも同じこと。

 

自分以外のみんなも今、懸命に勉強しているわけです。勉強しているのは自分だけではないんですよね。

 

他のお子さんよりも自分の成績がかなり上ならまだしも、もしも、成績が下だというのなら…。

 

人がやっていることと同じことをしていたら、いつまで経っても差は埋まらないですよね。

 

 

新学期が始まって、毎晩遅くまで教室や自宅で学習に取り組んでくれている生徒さんがいます。

 

その子は今、何とか「遅れ」を取り戻し、希望の高校に合格したいと必死で頑張ってくれています。

 

ぶっちゃけ勉強は苦手です。だから、問題を解くのにも時間が掛かりいます。だから、1日に解ける量はかなり少ない。

 

でも、その子はどんなに部活で疲れていても、周りの子が帰宅し1人になっても黙々と取り組んでくれています。どんなに疲れていても、私がお渡しした課題をきちんとやってきてくれています。

 

本当によく頑張ってくれていると心から思います。

 

 

でもね…。それで満足しちゃ駄目だかんね…。

 

周りの子も頑張っているんだから…。立ち止まっているわけじゃない。

 

とは言え、今は他者を気にするよりも、自分のできることを必死で継続していこう。

 

そうやって取り組んでいると、少しずつスピードが上がってくるから。

そして、気づけばグングンスピードを上げることができるようになるから。。

 

そう、それはまるで自転車のようにね。

自転車だって最初はグラグラ不安定だけど、一旦乗れるようになったらグングン進んでいくでしょ?

 

そうなったら、きちんと差は縮まっていくから、心配ない。

 

みんなが修学旅行だ、何だって気を緩めている今の時期にしっかり頑張っておくと、必ず良いことが起こるからね…。先生も一緒に頑張るからね。絶対、合格しようね。それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

 

じっくり焦らず…。

【夏からの本格的な「入試対策」に向けて、今はしっかり下地を作って行きましょうね!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今朝、ちょっと早起きして気分転換も兼ね、ウォーキングへ。

 

いや~、朝早いのにいつもより人の多いこと、多いこと…。

その理由はというと…。

 

「桜が開花したから」ですねぇ~。

 

うちの近所には桜の花が見れる場所が結構あるのですが、だいぶ花開きましたねぇ~。

その様子を撮影している方もいれば、ご夫婦で散歩しながら眺めている方の姿も。いいですねぇ~。

 

「桜の花」を見ると、やっと春が来たって感じですね。

 

さあ、気分を上げて、張り切って行きましょう!!(*^_^*)

 

=====

 

続きを読む

1枚のはがき

【一文字、一文字、丁寧に書かれたメッセージに、ただただ感動…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。m(__)m

 

 

今、いろいろなものが「デジタル化」している世の中。

 

特に日々の連絡は、LINEやメールなどが中心で、メッセージを「書く」というよりも「入力する」「打ち込む」といった感覚の方が強いのかなと思います。

 

そんな時代だからこそ、気持ちを込めて一文字、一文字、丁寧に書かれたメッセージには、人の心を掴む、とても大きな力があるなぁと私は感じます。

 

=====

 

おととい、教室の郵便受けに1枚のはがきが入っていました。

この春、大学に進学した卒塾生の方からのはがきでした。(お名前は付箋で隠させていただきました。)

 

通信面には黒のボールペンでび~っちりと書かれたメッセージが…。

 

大学での学習の様子や入ったサークルでの活動のことなど、事細かに近況を書いてくれていました。

※ サークルも「社会学」と「英語」に関するものらしい。サークルでも勉強なんだな…。凄いよ…!!

 

そのびっちりと書かれた文面が、真面目で一本気な彼女の性格を表していて、何か感動してしまいました。

 

実際にはがきや便箋などに手書きでメッセージを書いたご経験のある方は分かると思うんですが、はがき1枚、びっちり文章を書くのって、本当に大変ですよね。

 

しかも、入力と違って、間違っても消せないので神経も使いますから、結構疲れるんですよね。

 

いや~、きっとこの1枚書くの本当に大変だったろうなぁ…。本当にありがとう。感動しました。m(__)m

 

 

彼女との付き合いは本当に長く、私が心から尊敬する人物の1人。

 

ただ、とても頑張り過ぎてしまうところがあるので、勉強ばかりで遊んだりする時間を作らないのではないかととても心配になります。

 

ぜひ、長期休みの際など、こちらに戻ってくるときには教室にいらしてくださいね。

今よりもさらに成長した姿が見られること、心から待ってるよ!!(*^_^*)

 

 

今週月曜日から始まった新学期も明日でいったんひと段落。

まだ、新しい時間割になれず、ちょっとバタバタした日が続いており、本当すみません…。m(__)m

 

今年はお子さんの日々の学習を充実させてもらうために、いろいろと新しい学習の取り組みも始めており、そちらも早く軌道に乗せていきたいと思っております。

 

お互い、身体に気を付けながら共に頑張って行きましょうね!!それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

元気いっぱい!!

【楽しく学んでもらえているのが、何よりですね!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日は中学1年生が、中学入学後はじめての授業日。

 

みんな、真新しい中学校ジャージに身を包み、元気いっぱいで教室に登場。

 まだ身体よりも大きめでダボダボっとしているところが何とも言えず可愛らしいね。(*^_^*)

 

私:「なんか、中学校のジャージを着ると急に大人っぽくなるねぇ~。Mちゃんなんて、お姉ちゃんにそっくりだわ。」

 

Aちゃん:「うん、うん。Mはお姉ちゃんにホントそっくりだよ。」

 

そんな話をしていると、Mちゃんは照れ臭そうに笑っていました。

 

 

授業が始まる時間までみんなでワイワイ楽しそうに「部活動」のことや「授業担当の先生」のことを話している姿を見ていると、こっちまで楽しくなってくるなぁ…。

 

もう、何十年も前に話ですけど、自分のことを振り返ってみても、先輩は怖かったけど、中学校生活は本当に楽しかったなあと思います。

 

私の場合は勉強はそっちのけで、「部活」と「遊び」に夢中でしたけどね。(*^_^*)

 

 

隣の教室で中学3年生の授業をする傍ら、授業の様子を覗いてみると、ミホヤ先生と楽しそうに英語の授業。

 

ミホヤ先生:「これ、印刷が不鮮明で見ずらいけどトマトだよ。英語だと日本語と読み方、違うからねぇ~。」

 

みんな:「えぇ~、これトマト?トマトに見えな~い。」

 

 

ミホヤ先生:「はい。こちらにいるのはジル(名前)と言いま~す。」

 

Yくん:「汁?」

 

ミホヤ先生:「違うって。その汁じゃないし。それ、変でしょ。」

 

 

聞いてて思わず「そりゃないだろ!!」って、自分も笑ってしまった。

 

 

みんなニコニコ楽しく学んでいただけているのは何よりです。

焦らず、じっくり頑張って行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

続きを読む

新学期スタート!!

【久し振りの授業は疲れたけれど、やっぱり良いね!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の心楽塾。

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

「いや~、疲れたぁ~。でも、やっぱ良いわぁ~。」

 

昨日から中学2年生の新学期の授業がスタート‼

また、新しい1年が始まりました。

 

先週は新学期準備期間のため、授業はあっても補習程度の軽めのものだけ。

 

昨日、久し振りの本格的授業でしたが、家に帰るなりバタンキューって感じでした。

授業って、それだけパワーを使うんだなぁと改めて実感。

 

でも、その疲れも「充実感」のある、とてもいい疲れでした。

 

お子さんたちも久し振りの授業でニコニコしていました。いいね!!(*^_^*)

 

 

私:「クラス替え、誰が一緒になったの?」

 

Aちゃん:「塾のみんな、結構、一緒のクラスになったんですよ!!」

 

私が新しいクラスの話を聞くと、Aちゃんが元気よく答えてくれました。

なんでも、うちの教室のお子さんのうち、5人が同じクラスになった人たちもいるらしい。

 

じゃあ、塾の教室だけでじゃなく、学校の教室でも良い意味で競い合うことができるってことだ。

 

来週、学校では早速「体育祭」があるようだし、ぜひ、頑張ってくださいね!!

 

 

 

さて、肝心の授業はというと、昨日はガンガン先取り授業。

 

お子さんたちも力をつけているので、かなりハイペースで進めさせていただくことができました。

 

昨日の数学の授業のフォローアップの動画ですが、ほぼ撮影は終わっていますので、遅くても明日までにリンク先、メールでお送りしますね。

 

英語はUnit0の学習だったので、特に新しい文法事項などはないのでフォロー動画はありません。

 

それを見ながら復習、宿題をきっちりやっておいてくださいね!!

合わせてタブレット教材の方もこなしてもらえれば言うことナッシングです。

 

よろしくお願いしますねぇ~。それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

ワクワク・ドキドキ!!

【塾で成果を出す秘訣は、男女の恋愛関係に近いものがあるように感じます。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です

 

 

昨日、郡山市の各高校では「入学式」が行われました。

通勤途中、お父さん・お母さんと一緒に真新しい制服姿のお子さんたちの姿をたくさん見かけました。

 

この春卒業した塾生さんの保護者さまからお子さんの「制服姿」のメールもいただいたり、卒業生本人から電話をいただいたり。

 

忙しい中、ほんとありがとうございます。<m(__)m>

 

 

「高校の入学」って、「中学校の入学」とはちょっと違いますよね?

 

「中学校の入学」は、基本的に「小学校から持ち上がり」なんで、周りの子も知っている子がほとんど。

だから、そんなに緊張をするなんてこともないと思うんですよね。

 

でも、高校の場合、同じ市内だけでなく近隣の市町村からもた~くさんの方が入学してきますよね。

「えっ?君、そんなに遠いところから毎日通ってんの?」って方も結構いたりするもんです。

 

だから、新生活が始まる「ワクワク」感と一緒に、どんな人がいるんだろう、どんな生活が始まるんだろうという「ドキドキ」感も一緒じゃないかと思うんですね。

 

まずは毎日「学校、楽しい!!」「入学して良かった!!」と元気に学校に通っていただけることを心からお祈りしております。(*^_^*)

 

======

 

さて、「ワクワク・ドキドキ」感と言えば、昨日、ご入会のお手続きのために教室にいらしてくださったお母さまがこんなことをお話されていたっけ…。

 

お母さま:「先生とお話ししていると何か安心するし、何かワクワクするんですよ。」

 

いや~、ありがとうございます。そのワクワクが「期待倒れ」にならないよう、精一杯努めさせていただきますね。頑張ります!!(*^_^*)

 

お母さまにいろいろお話をお伺いしていたら、お母さま自体は何年も前からうちのチラシを見て、ずっと教室に興味を持っていただいてくれていたようです。

 

「本当は子どもが中学校に入学するのと同時に入れたかったんですが、子どもがずっと『塾は行かなくていい…。』ってなかなか首を縦に振ってくれなかったんです。

 でも、今回やっと講習会に参加してくれて、このままやりたいって言ってくれたんで、まずは良かったなぁと思っています。」

 

そうですか…。ますますこの期待と裏切れないですね…。でも、任せてください!!(*^_^*)

 

お子さんには「アイシーに入って良かった!!」、お母さまには「アイシーに入れて良かった!!」と思っていただけるだけの自信は十分ありますんで。

 

昨日、お母さまにはこんなお話を最後にさせていただきました。

 

私:「塾って、男女の恋愛に似ているんじゃないかと私は思っていまして。どちらか一方の思いが強過ぎても、弱すぎても上手くいかないって思っています。お子さんやお母さまと私たちが良い感じで思いのバランスが取れるよう、どんどん意見を交換しながら両想いで取り組めるよう、一緒に頑張りましょうね!!」

 

お子さんやお母さまだけが頑張ってもダメ!! 逆に私たちが頑張るだけでもダメ!!

お互いが「自分のできること」を精一杯頑張ることが大事だと私は思います。

 

共に力を合わせて、頑張って行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 動画の撮影も、少しずつ慣れてきた感じです。(*^_^*)

地位は人を作る

【人は与えられた地位・立場に合わせて、振る舞おうとするもんなんですよねぇ…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

「へぇ~、あの子、今は社長なんだ…。全然そんなタイプに見えなかったけど…。」

 

息子や娘の行事に出かけていくと、小・中学校のときの同級生に出会い、

そこで他の同級生の話を聞くことがしばしばあります。

 

いろいろと話をしていると、同級生があの大手で上の方の役職についていたり、

なかには自分で起業し社長として頑張っていたりなんて話を聞くこともあります。

 

その中には「あの明るい人柄だから、きっとみんなに慕われてるんだろうなぁ~。」という方もいますが、その反面、「あいつ、全然人前に出るようなタイプじゃなかったのに…。」という方も結構いたりするもんです…。

 

==========

「地位は人をつくる」

==========

 

よく言われるのは、「できる人」がその地位に就くのではなく、

その地位につくことでその地位にふさわしい仕事ができるようになるということ。

 

地味だった人が責任ある立場になることで、次第にそれらしくなってきて、

ついには一人前に育ってしまうということがあり得るんですよねぇ…。

 

まあ、これは何も仕事上の立場だけじゃなく、家庭でもそうじゃないですか?

 

自分自身も若い頃、自分が家庭を持ち、父親になるなんて思ってもいなかったですが、

今は「父親として、子どもたちに何ができるかな?」なんて考えてしまっていますし、

「子どもたちの前でだらしないことはできない」なんて思いながら行動してますもんね。

 

そう考えると、地位や役職っていのうは大事なのかもしれないですねぇ…。

 

 

で、今日は何をお伝えしたいかと言うと、これが「子育て」でも重要だっていうことなんです。

 

児童心理学の分野でこんな例があります。

=====

1) 前学期の劣等生8名を学級委員などの人気に役職につけた

 

2) 結果、6名が成績・人気が上昇。効果が明らかになった。

=====

 

能力が埋もれていた人を、できる人・優等生として接し、それらしく振る舞ってもらうことで、能力を伸ばすという方法が行われ、効果を上げているんですね。

 

今日のポイントはここ!!

=====

ぜひ、お家でお子さんに「やればできるよ!!」と繰り返し、お声がけをしてあげてください。

=====

 

声掛けの力っていうのは凄いもんで、「なんでこんなのもできないの」「あなたは駄目ね!!」って言われ続けると、「どうせ、俺は駄目だから」「俺にはできないんだ」って、どんどんそっちに向かっていってしまうんですよね。

 

逆に「よし、また頑張ってみようよ!!」「大丈夫。できるよ!!」などの言葉を掛けてあげると、安心感・自信が生まれ、本当にできるようになっていくもんなんですよね。

 

お家でのお子さんへのお声がけ、どちらの言葉の方が多いですかね…?

 

時には叱ることも大事ですし、褒めすぎも良くないですが、

ぜひ、お子さんに温かい言葉を掛けてあげていただけたらなぁと思います。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

「早めの復習」にはちゃんとした根拠があるんだよ。

【1週間も過ぎてから復習するようじゃ、効果は薄くなってしまうんですぞ!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今、おはようございますと書いたものの、

時計を見たらもう午後1時を迎えようとしている…。

 

今日はすっかりブログの更新が遅くなってしまいました…。すみません…。<m(__)m>

 

息子の自転車の修理をはじめ、いろいろとやっているうちに気づいたらお昼回っていました。

 

 

 

=====

 

昨日、仕事の合間に塾生さんの保護者さまのところへ訪問。

 

元々は保護者さまの方から「教室に行きます」とご連絡をいただいたんですが、

うちの教室はとにかく駐車場が狭いので、ご迷惑でなければ私からお伺いすることもしばしば。

 

「せっかくだから上がってコーヒーでも飲んで行ってよ。」というお言葉に甘え、ちゃっかりお家に上がり込み、コーヒーだけでなくケーキまでいただき、すっかり長居してしまいました。

 

ホント、すいませんでした…。ご馳走さまでした。<m(__)m>

 

 

いろいろとお話をお聞きした中で保護者さまがこんなひと言を…。

 

「まだ、この間の新教研も『時間がない』って言って、解き直し終わってないようなんだ…。」

 

そうですか…。遠征があってみんなより遅れて受験したとは言え、まだ終わってなかったかぁ…。

もうすぐ試験が終わって1週間が過ぎちゃう…。こちらが厳しく管理しないと、甘えちゃうんだよなぁ…。

 

言わなくてもやる人はやるんだけど、問題は言わないとやらない人、言ってもやらない人だ…。

 

この人たちにをきちんとやらせきらせることが今年のうちの課題の1つだな…。ほんとに…。

 

=====

 

 

「エビングハウスの忘却曲線」ってお話、聞いたことがあります?

 

これは、ドイツの心理学者エビングハウスが行った実験結果をグラフ化したもので、被験者が覚えたことをどのくらいのスピードで忘れられていくのかを示すものです。

 

この実験によると、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後に77%、1か月後に79%を忘れてしまうという結果が出ました。

 

この結果から言えるとことは、次の2つのことです。

=====

1) 記憶したことは、覚えた直後に半分近く忘れてしまうということ。

2) 残った記憶はゆっくり忘れていき、その記憶は長く保持されるということ。

=====

 

それでは、どのようにすれば記憶したことを忘れにくくし、長く保持することができるようになるのでしょうか…?

 

その方法はいたってシンプル‼ 実はたったこれだけです。

=====

なるべく早く復習をする。そして、定期的に復習する。

=====

 

先にも述べたように、覚えた直後に記憶したことの半分近くを忘れてしまうのです。

 

だから、いちばん最初の復習は「さっと短時間」でいいので「やった直後」がいいわけです。

 

そして、それを何度も何度も繰り返して行うことで、それをずっと忘れずに覚えていることができるようになるんですよね。

  

さあ、まだテストの解き直しをしていないというあなた。

塾の「月例課題」の締め切りも迫ってはいますが、素早く「解き直し」してくださいね。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> 自分も新教研の「解説動画」を急がないとな…!!

まずはやってみる!!

【もし仮に「失敗」をするならば、自分は行動を起こして失敗する方を選ぶと思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

おとといから小・中学生のお子さんは「新学期」が始まりましたね。

 

新小1の方や新中1の方をはじめ、クラス替えのあった学年の方や新任の先生になった方は、はじめてのことへの「期待」と「不安」が入り混じった感じですかね…?

 

いろいろと神経を使って、きっと疲れたんじゃないですか?

 

そして、お子さんと同じように、きっと保護者さまもお疲れになったことかと思います。

 

今日、明日は学校がお休みですので、少しのんびりされて、また来週に備えてくださいね。(*^_^*)

 

=====

 

 

 

話は変わりますが、昨日お会いした保護者さまからこんなご心配をいただきました。

 

「先生、もっと忙しくなってしまうんじゃないですか…?大丈夫なのかなって心配です…。」

 

昨日、おとといとブログにもアップした「動画解説」の件があってのご心配だったんですよね…。

 

動画を作成することによって、私の負担が増えてしまい、本来の授業は大丈夫なのかということなんだと思われます。(もしかしたら、私の身体のことも心配していただいたんですかね…?)

 

いや~、いろいろとご心配をお掛けしてしまい、本当に申し訳ありません。

本来の授業には支障のない範囲で動画解説は作成していきますので、ご安心ください。(*^_^*)

 

 

そうだよなぁ…。確かにこれを定期的に撮影し、アップしていくっていうのは実は想像よりもずっと大変なのかもしれないですね…。

 

でも、お子さんたちに今よりも「家庭学習に取り組みやすい状況」を整えるためにこれは絶対に必要だと判断して始めようと決断をしました。

 

だから、少しずつでも継続していきたいと思っています。

 

 

後で「あぁ、やっておけば良かったなぁ…。」と後悔するよりも、「やって失敗する。同じ失敗なら前につんのめる」方が自分的にはスッキリするのかなぁと…。

 

 

思い返せばこのブログを始めたときもそうでした…。

 

「保護者の皆さんに、教室の様子や自分の考えが少しでも伝わってくれたらいいなぁ…。」

そんな思いで始めたブログでしたが、始める前は周りから結構言われました…。負担になるよって…。

 

今でこそ習慣にはなりましたが、始めた当初は何度も思いましたよね…。

「自分はとんでもないものを始めてしまった…。」と。

 

でも、保護者さまも結構見てくださっていて、いろいろとご意見をいただくのがとても励みになっています。

 

だから、毎日続けられているんですよねぇ…。見てくださっている保護者さまに心から感謝です。<m(__)m>

 

 

話があっちこっちに行ってしまうようですが、自分が「良い」と思えることは取りあえずまずは「やってみる」ってことが大事なんじゃないかなと自分は思います。

 

「蒔かぬ種は生えぬ」とも言いますしね…。あんまりうだうだ考えてばかりいると、行動が鈍ってしまうし、チャンスを逃してしまうと思うので…。

 

これからも「チャレンジ精神」を忘れず、取り組んでいきたいと思います。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

今日は中1の問題にて作ってみました。

【これから数をこなして、少しずつ上達を目指します!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日に引き続き、今日も動画解説の試作品をアップロード。

 

今日は中学1年生の「1次方程式の文章問題」です。

 

 

おとといの夜、ブログにアップする前に塾生さんのお家に動画のリンク先をご連絡したところ、早速見てくださって、いろいろなご感想をいただきました。ありがとうございました。ほんと、感謝です。<m(__)m>

 

まだまだ、ぎこちない部分もございますが、まぁ、これから改良を重ねていきますね。それでは、どうぞ!!

 

続きを読む

ちょっぴり恥ずかしい…初体験

【初めてのことなので、上手くいかない部分はお許しくださいませ。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

ついに、私はやってしまいました…。初めての経験です。あぁ…、ちょっぴり恥ずかしい…。

 

な~んて意味深に言ってますが、いやらしい話題じゃないですよ。(*^_^*)

 

 

以前からやろう、やろうと思いながら忙しくて手つかずにいた「動画解説」を作ってみたんです。

 

いや、簡単なようで、結構難しかったですね…。マジで大変でした。

 

光が反射して上手く映らなかったり、マイクの音が上手く拾えなかったり…。

 

何よりも生徒さんがいない教室で1人で語るっていうのはなかなか調子が上がらないもんです…。

 

 

取りあえず今日は試作品として、先日実施した「新教研テスト」の中学2年生の1次関数の問題の「解説動画」をアップロードしてみました。

 

なにせすべてが初めてですし、1人で録画してますので、上手くいっていないところはご愛嬌ということでお許しください。<m(__)m>

 

できれば近日中に先日実施した「新教研テスト」の数学の解説は、両学年とも作成したいと思っています。

 

続きを読む

「失敗」から学ぶ

【今さらではありますが、「失敗」をどう活かすが大事ですね…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

まだ上手くいかないで詳細はお伝えできないんですが、新学期からお子さんの家庭学習をサポートする「新たな取り組み」に向けていろいろと試しているんですが、どうも、自分の思い描くような感じにならないんだよなぁ…。

 

「失敗」の連続です…。まるで大学のときの「卒業研究」のようです…。

 

何度も取り組んで、失敗、改善、失敗、改善…の繰り返し。

まぁ、最初から上手く行くとは思っていなかったんとは言え、前途多難だなぁと感じます。

 

でも、こんなとき、この言葉を思い出します。

=====

「成功」の反対は「失敗」ではない。「成功」の反対は「何もしないこと」である。

=====

 

もう10年以上前に参加したセミナーで聞いたお話です。

 

そもそも「失敗」というのは行動を起こさないと生まれないもの。

だから、「失敗」をするということは、「成功」に近づいているということなんだと。

 

確かに昔から言いますよね。「失敗は成功の基」って。

 

自分自身、これまでの人生を振り返って見ると、高校入試で第1志望校不合格だったことをはじめ、

「成功」したことよりも「失敗」をた~くさん経験してきたと思います。

 

そして、今現在も毎日たくさんの「失敗」を経験しています。

 

でも、その「失敗」があるからこそ、いろいろなこと学び、より一層成長してくんですよね…。

 

人間って、たとえ「まぐれ」であってもなまじっか上手くいってしまうと、反省したり、学ぼうとしたりしないと思いませんか?

 

むしろ、負けたとき、失敗したとき、悔しい思いをしたとき…など、自分が打ちのめされたときの方が「何が悪かったのか?」「どこを改善すればいいのか?」など、いろいろと考えるんじゃないかと思うんですね。

 

これはお子さんの学習でも同じだと思っていまして、小・中学校のうちはできるだけたくさんの「失敗」を経験し、そこからいろんなことを考えて欲しいと思っています。

 

ですから、富久山教室では「失敗を恐れて指示待ちすること」よりも、「どんどん失敗していいから、自分からどんどんチャレンジすること」を大切にしてあげたいと思っております。

 

お子さんたちには教室での学習を通して、たくましく成長していってほしいと願っております。

そして、私たちがそんな成長のお手伝いをできたなら、本当に嬉しく思います。

 

さあ、今日で春休みも終わり。明日からは新学年での学期がスタートですね。

お互い、身体に気をつけながらがんばりましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> よし、今日こそは絶対に思い描く感じにしてみせなきゃね…!!

元気そうで何よりです!!

【久し振りの再会。立派に成長している姿を見て、自分も頑張らないとと思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日、新学期に向けた準備を進めていると、玄関から声がしました。

 

「こんにちは~。」

 

新年度の教材を届けにきてくださった宅配業者さんかと思い、判子を片手に玄関に向かうと、

そこには昨年塾を卒業したRくんの姿がありました。

 

私:「おぉ~、Rくん。久し振りだねぇ~。どうしたの?」

 

Rくん:「先生の年賀状に、ぜひ、遊びに来てねと書いてもらっていたので。ホントはもっと早く顔出しに来たかったんですけど、受験が終わるまでは悪いかなぁと思って…。」

 

いや~、凄いわ…。自分の都合だけじゃなく、こちらの都合もちゃ~んと考えてくれてたんだねぇ~。

お気遣いいただいて、本当、どうもありがとね。<m(__)m>

 

Rくん:「先生、これ、生徒さんたちとどうぞ。」

 

そう言って差し出してくれたのは、コンビニで買ってきたと思われるキャンディーの詰め合わせが…。

 

くぅ~、ここに来るときはそんな気を使ったり、お金を使ったりいいんだよぉ~。

もっと気軽にふらっと寄ってくれたらいいのに…。

 

でも、ありがとね。生徒さんたちと一緒にいただくよ。<m(__)m>

 

私:「今日は(同級生の)Rちゃんの授業がこれからあるんだ。良かったら会って行けば。」

 

そう話をしてRちゃんが来るのを待ちながら、久し振りに彼からいろいろな話をお聞きしました。

 

高校での学習のこと、部活のこと、卒業後の進路のこと、友人関係のこと、…などなど。

 

いろんな話をしてくれたけど、当時と変わらず、1つ1つのことを真剣に考え、真摯に取り組んでいるのがビンビン伝わってきました。真面目なRくんらしいな…。

 

私:「学校生活、充実してるんじゃない?」

 

Rくん:「そうですね。毎日、時間が過ぎるのが早いですね。選んだ学校に間違いはなかったですね。」

 

そっか…。その言葉を聞けて、ホント良かった…。安心した…。

 

その学校に憧れて入学したけど、入学後に再会したら「学校つまんないです…。」「選択、失敗しました…。」というお話をする方もいますし、最悪の場合「辞めたんです。」なんて場合もあるので…。

 

毎日元気に、楽しく学校に通えているのなら、取りあえず良かったと思います。(*^_^*)

 

 

塾を卒業したお子さんが教室に来てくれたとき、いつもこんなことを思います。

 

「この子たちに負けないように頑張らないと…。」

 

久し振りに再会したときに「あれ?自分が教わっていた先生ってこんな程度の人だったかな?」と言われないように、月日の経過とともに自分もしっかり成長しないといけないなぁと思うんです。

 

「やっぱり先生は先生だよね…。」って感じじゃないと、お子さんたちを悲しませてしまうような気がするんで…。

 

 

よっしゃ、今日も張り切って行きますよぉ~!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

継続する力

【どんな小さいなことでも継続することが大事なんだと私は思っています。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今日は朝から春らしい、いい天気ですねぇ~。(*^_^*)

 

しかし…!!

 

「花粉症」の自分は、そんな素敵なことばかりいっている場合じゃない!!

 

今朝ゴミ捨てのために数分間外に出ただけなのに、すでに目が痒い…!!(*_*)

今日は1日、酷そうです…。トホホ…。

 

=====

 

先週末、新中3のFくんとお父さんと「三者面談」がありました。

お父さん、お忙しいところ、お時間を作っていただき、誠にありがとうございました。<m(__)m>

 

その面談の中で、私はFくんと1つ、ある約束を交わしました。

 

私:「数・英は1日1枚。そして、理・社は1日交替で1日1枚。まずはこれを継続して欲しいんだ。」

 

そう言って彼に渡したのは各教科の「学習プリント」でした。

 

これを毎週末の授業の日に私が準備し、お渡しすること。

そして、Fくんにはそれを1週間かけて、毎日継続して実行することを2人の約束としました。

 

 

Fくんは年明けぐらいから「受験」を意識した会話が増え、塾でもより一層頑張っている姿が見られていました。

 

その様子を見て、私は今後のさらなる頑張りに期待をしていました。

 

でも、お父さんからお話をお聞きすると、家庭学習は相変わらずで、気持ちが変わったように見えないというお話をいただいてしまったのです…。

 

そこで、「まずはここから」ということで、「1日1枚プリント」の実施をすることにしたというわけです。

 

 

ヒトって「何か努力をする」となると、何か大きなこと、何か特別なことをしようと思いがちだと思いませんか?

 

お子さんの学習で言えば、成績を上げるためには、何か特殊な勉強法をしなければならないと思ってしまったり、何時間も何時間も勉強しなければならないと考えてしまったりと言った感じでしょうか…。

 

でも実は、そうではないんですよね…。

 

仕事でもスポーツでもそうだと思うのですが、きちんと成果を出しているヒトって、いわゆる「基本」「小さなこと」をすごく大切にされていて、それを継続することができている方だと思うのです。

 

少なくとも私が出会ってきた「結果を出される方」というのは、大人でもお子さんでも、そんな努力をされてきた方ではないかなと思うのです。

 

だから、私も「瞬間的に大きな努力をすること」よりも「継続的に小さな努力をができること」を大切にし、自分自身に言い聞かせるようになりました。

 

そして、その日の面談ではこんなお話をFくんにはさせていただきました。

=====

「そのプリントも1枚だと本当にうすいよね…。

 

 でも、それが2枚、3枚…と重なっていって1週間分にもなると結構な厚みになっているでしょ?

 努力もこれと同じじゃないかなって先生は思っているのね。

 

 1つ1つの努力は本当に些細かもしれないけれど、その小さなことの積み重ねが、

 ヒトとしての『厚み』を作り出すし、その積み重ねが『結果』に繋がるとと思うんだよね。

 

 まずは、1日1日、これを継続するところから改めて始めてみようよ。」

=====

 

すると、Fくんもお父さんも「うん、うん」と頷いてくれていました。

 

来年の今頃、「先生!! 俺、頑張って続けて、本当に良かったです。」って言ってもらえるように、自分も精一杯努めたいと思っています。

 

Fくん。共に笑えるように、精一杯頑張るべね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

やって終わりじゃない…。

【やられたままで終わらない。次に向けて、今すべきことをきちんとやることが大事!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

「もう~、今日の新教研、難しかったよぉ~。」

「全然駄目だったぁ…。」 …などなど。

 

昨日、新中2と新中3は「春期講習会」の総仕上げの「新教研テスト」でした。

 

新中学3年生は今回のテストから「県立入試」と同じ出題形式。

 

例えば、国語なら「作文問題」、数学なら「文章問題」や「合同の証明」が完全記述式での出題になります。

 

まだ、自塾内でも受験していないお子さんがいるので出題内容の詳細を踏まえて語ることはできませんが、テストを終えた新中3はあまりの難しさにショックを隠し切れない様子…。

 

まぁ、今の時期はそんなもんだろうなぁ…。

 

長い目で見ると、新中3のこの時期は思い切り、打ちのめされておいた方がいいと個人的には思います。

なまじっか点数・偏差値が取れてしまうと「こんなもんか」と油断に繋がる可能性もあるので…。

 

今、変に満足されたら困るんですよ…。

これから入試に向けて、もっともっと頑張って取り組んでまなきゃならないんですから…。

 

 

でも、あまりにも打ちのめされて「やる気喪失」になんてならないかと心配をしていたんですが…。

 

生徒さんの方が上手でした…。やられてそのまま引き下がらない女子生徒さんたちの姿が…。

 

私が隣の新中学2年生の試験監督を終え教室に戻ると、今やっと5時間のテストが終わったばかりなのに、そのテストを黙々と解き直ししているではありませんか…!!

 

私はその姿を見て、頼もしさを感じました…。

 

「きちんとテストとの”付き合い方”を理解し、実践してくれているなぁ…。」と。

 

 

この子たちは小学生のときからうちの教室でずっと学んできた生徒さんたち。

 

小学生のときから毎月「学力テスト」を受験し続け、「テストとの正しい付き合い方」を繰り返し話してきた学年。

 

「テストはできなかったところをきちんと見直す・解き直す。それが大事なんだ。」

 

頭では分かっていても、つい面倒くさがって先延ばししてしまうもんですが、ちゃ~んと実践してくれていますね。いいね!!

 

「小さな努力の積み重ねが、やがて大きな差を生む」

 

地道な努力を続けることが本当に大切なんだよね…。その頑張り、ぜひ、継続してくださいね。

それが必ず血肉になりますんで…。それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

さあ、新年度のスタートです。

【いろいろと考えてみましたが、今年のテーマはこれしかないなと…。】

 

おはようございます。

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

さあ、今日から4月。いよいよ新年度が始まりますね。

 

というか、4月だっていうのにこの寒さはキッツイなぁ…。(*´Д`)

 

 

私個人としては、1月の新年を迎えるときよりも、

4月の新年度を迎えるときの方が気が引き締まるように思います。

 

1月は受験生の指導の真っ只中ですし、年が明けたからといって特別何か変わるもんではないですので…。

 

でも、4月は違います。受験生が卒業し、在塾してくださっているお子さんたちは新学年を迎えます。

「新しい学年での学び」がスタートするわけですもんね…。

 

 

昨日、教室下駄箱の「名前の貼り替え」をしました。

 

卒業生のお子さんたちの名前をはじめ、一旦、塾生全員の名前を剥がしての貼り替え。

この春から教室での学習が始まる新しいお子さんの名前も貼らせていただきました。

 

 

今回の受験では、大変悔しい思いをしました…。(お子さんや保護者さまはそれ以上のはず)

 

今年度は今まで以上に「家庭学習の充実化」をテーマに取り組んで行こうと思っております。

 

やはり「教室の中でだけ」頑張っいただくだけじゃ駄目なんですよね…。

それはあくまでも「表の努力」であって、みんなも普通にしていることなんです…。

 

「裏の努力」というんでしょうか、家での学習をはじめ、

教室の外でも頑張って貰わないと駄目だってことを改めて痛感しているとろこです。

 

今年は今まで実施していただいてきた「月例課題」に加え、

「デジタル教材」も加えて、家庭学習がより円滑に、より効果的にしていきたいと思っています。

 

また、試験的に少しずつ取り組んでいけたらと今、準備を進めている案件もあります。

 

 

どれもこれもというわけではありませんが、

「お子さんたちの力を伸ばすために自分ができることはやる」とい気構えです。

 

 

さあ、新年度も頑張って行きましょう。それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!