意識的にやらないとね…。

【何にもしなければ、残念ながら「いい状態」がずっと続くことはないんです…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「使わない筋肉は衰える」

 

昔、バリバリ運動していたのに、

今は忙しくて運動はからっきしなんて方が久し振りに運動すると…。

 

「あれ、身体が思うように動かない…!!」

「なんか、フォームがぎこちないぞ…!!」…などなど。

 

どうですか…?こんな経験、ありませんか…?

 

普段から意識的に動かしておかないと、

以前出来ていたこともいつの間にか出来なくなってしまうんですよね…。

 

=====

 

昨日の中学3年生の授業。夏休みが明け、久し振りに「学校の教科書内容」の授業。

 

定期テスト前ということで、「テスト範囲」に沿った「復習中心」の授業だったのですが…。

 

「なんでこんなに二次方程式の解き方忘れてんの…?」

 

夏休み中はどうしても「中1・中2の復習」が学習の中心になり、

「中3の学習内容」が手薄になってしまう人が多くなるんです…。

 

だから、それを防ぐために夏休み中、

毎朝こちらから意図的に「10問ずつ」二次方程式の計算をやらせてきたのに…。

 

「あまりにもこりゃ忘れ過ぎだろ…。これじゃ、文章問題なんでできねぇよ!!」

と大声で怒鳴りたいところを、グッと堪え、

「ちょっと忘れてる人が多いから、今日はもうちょっと計算やるよ。」と優しく声掛け。ふぅ…。

 

予定していた内容をやむなく変更し、徹底的に「二次方程式の計算特訓」を実施。

 

しかし、これはぶっちゃけ困った…。

 

「入試対策」ってなると、そればっかりになってしまう…。

はたまた「定期テスト」ってなると、やっぱりそればっかりになってしまう…。

 

そうなってしまう気持ちはとっても分かるんだけど…。

 

この様子だと、「定期テスト」が終わったときに、

今度は「夏休み」に学習した内容がすっからかんになってしまいそうだ…。それは、とっても危険だ…!!

 

「定期テスト前」だけど、こちらがしっかりリードして、

「夏休みの学習内容の復習」もさせておかないといけないなぁ…。ふぅ…。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

本当の勝負は「ここから」

【納得いった人もいかなかった人も、本当の勝負は「ここから」】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

私:「今日は新教研テストの結果、返すよ。」

 

授業の開始時間よりもだいぶ早く来ていたK君とD君の2人に声を掛けると、

「うぉ~、緊張するわぁ…。」などの声が上がりました。

 

私:「いや。2人とも大丈夫。夏の頑張った成果がちゃんと数字に出てるよ。」

 

まずは、K君から返却。個人情報なので細かいことは書けないが、

数学・英語の偏差値をかなり大きく伸ばしました。

 

K君:「(笑顔で)良かったぁ…。」

 

K君の場合、この夏だけじゃなく、普段からずっと頑張っていたからね…。

 

続いて、D君。彼もまた、結果を大きく伸ばした1人。

特に苦手意識のあった「数学」の伸びが大きかったのがとても良かったね。

 

D君:「この間の実力テストもすげぇ点数取れたんです。」

 

まだ部活が残っている彼ですが、よく頑張っているなぁと思います。

今回の「新教研テスト」「実力テスト」の結果が励みになってくれればと願っています。

 

=====

 

その後、教室に来た生徒さんから順に面談をしながら、結果を返却。

 

残念ながら、「全員成績アップ」とはいかなかったのが本当に残念でしたが、

今年は成績を大幅に上げた方が多く、お子さんたちがよく頑張ってくれたと本当に思います。

 

5教科総合では上がらなかったお子さんも、教科ごとに見ると大きく成長をしてくれていました。

 

特に「数学」は全員成績を大幅に上げてくれたことが、教科担当者としてとても嬉しく思います。

(教室平均で「5アップ」、最高で「11アップ」でした。)

 

ただ、その反面、「社会」は「あんなに毎日過去問をやったのに…。」と悔しい結果でした。( ノД`)シクシク…

 

 

昨日、お子さん1人ひとりにはみっちりお話をしましたが、「勝負はここから」

 

特に今月はすぐ、「定期テスト」が始まるため、

間違いなく、一旦、「入試対策」の学習ペースは夏休みと比較して落ちてしまうもの。

 

そのため、8月にグッと上げた成績が9月のテストではもとに戻ってしまったり、

下手をするとそれ以下に下げてしまったりすることもあります。

 

「9月はこの上げた成績を下げなければ上出来。

 その代わり、定期テストのない10月・11月はみっちり問題を解いて、成績を上げるからね。」

 

こんなことをお子さんには強くお話をさせていただきました。

 

今回の結果を次に活かすべく、今日からまた気持ちを新たに頑張ろう。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

一生懸命頑張るだけじゃ駄目

【どうせやるなら、きちんと成果を出したいですもんね…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「一生懸命頑張れ!!」

 

小さい頃から今までの人生の中で、何度となく言われたことのある言葉。

きっと、その回数は数えきれないほどかも知れません…。

 

自分で言うのも何ですが、自分は結構「熱い系」の人間。

 

だから、こんな言葉を掛けられると、

「よし!! もうひと踏ん張りだ!!」って思ってしまうタイプ。単純ですね…。(*^_^*)

 

ただ、年齢を重ね、いろいろなことを経験して、こんなことを思うようになりました…。

 

それは…

=====

「一生懸命頑張ることは大切なこと。でも、それだけじゃ成果はでない。」

=====

 

「根性論」・「精神論」的な話だけじゃ駄目だってことです。

 

「成果を出すために何をすべきか?」ってこともちゃ~んと考えて、

「正しいこと」に一生懸命にならなきゃ駄目だったことです。

 

自分は本当は「北」に向かいたいって思っているのに、

方向も調べず、ただがむしゃらに突き進んでいったら、

ちゃんと「北」には向かえないですよね…?

 

たまたま「北」に向かうこともあるかもしれないけど、

実は進んでいたのが「南」だったなんて言ったら、真逆の方向ですもんね…。

 

一生懸命進めば進むほど、自分の向かいたい方とは逆になってしまいますんもんね。

 

「一生懸命頑張る」ってことの頭に、

「すべきことを」「正しいことを」って言葉を意識的につけるのが大切だと個人的には思います。

 

お子さんが「すべきこと」に迷わないように、そのお手伝いができればと思っています。

 

共に頑張りましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

9月は忙しいよ・・・。

【「成果テスト」が終わったのも束の間。「定期テスト」をはじめ、行事が目白押しですよ…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

2学期が始まって、初の日曜日。

 

中学生の方は「成果テスト」or「実力テスト」も終わり、

きっとのんびり過ごしている塾生さんも多いのでは…。

 

夏休みの間、ずっと頑張っていただいていましたからねぇ…。

たまにはのんびり、休息を取るのもとっても大事なことだと思います。

 

でも…。

 

今週で「8月」も終わり、「9月」を迎えます。

 

「9月」は各中学校「定期テスト」が実施されますよね。

しかも、今回のテストは技能教科を含む「9教科」のテストです。

 

教科数が多いからと言って、

「技能教科はやんなくてもいいや…。捨てる。」

なんてこと言う生徒さんがたま~に現れます。本気ではないとは思いつつも、これ、とっても危険です。

 

だって、福島県の「県立Ⅱ期選抜」では、「調査書の技能教科の評定は2倍になる」んですから。

 

 

先日、中学2年生の授業で、改めて「県立Ⅱ期選抜」の仕組みについて話をしまて、

そのとき、結構な割合でこの事実を覚えていない方・知らなかった方がいたのでビックリ!! ( ̄□ ̄;)!!

(何度かこの話はしてきたつもりだったんですけど、きっと、こちらの伝え方に問題があったんですね…。)

 

特に中学1・2年生の方は9月末に「中体連_新人戦」もあります。

当然、練習時間も長くなり、忙しくなることが予想されます。

 

また、それに加え10月に行われる「文化祭」「合唱祭」の準備も始まりますよね?

 

休息も大事なんですが、

カレンダーを見ながら「9月度のスケジュール」をしっかり確認しておいてくださいね。

 

そして、それらに合わせて「自分のすべきこと」を明確にしておくのも忘れないでくださいね。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

「失敗」も必要だと思うんですが・・・。

【何でもかんでも「失敗させないこと」が良いことだとは思えないんです…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日は土曜日で学校はお休みなんですが、

うちの息子は朝から「特設クラブの練習」に行ったのですが…。

 

息子が家を出るタイミングで、うちの家内とこんなやりとりがありました…。

=====

家内:「ねぇ…。T (うちの息子) のこと学校まで(車で)乗せってってよ。」

 

自分:「はっ? 何で?」

 

家内:「雨降っててるし、時間もギリギリだし…。」

 

自分:「何でそうやって甘やかすかね…。Tのためになんねぇだろ…。」

 

家内:「雨も強いし、練習前に濡れたら大変でしょ…。」

 

自分:「そういったことも含めいろいろなことを経験しながら1つひとつ覚えていくんだろ…。

   そのチャンス潰してんだぞ。」 …などなど。

=====

 

結局のところ、これ以上言い合って家内とケンカもしたくなかったので、車で送ってはいったんですが…。

 

これを読んでいるお母さんはやはりうちの家内側のご意見ですか…?

 

今朝の件で言えば、自分はこんな主張です。

=====

「もし、雨で濡れてしまったのなら、『どうしたら濡れないようにできたのか?』を考えて、次に活かせば良い。」

 

「もし、雨が原因でいつもより学校に行くのが遅れてしまったのなら、『どうすれば、遅れなかったのか?』を考えて、

次に活かせば良い。」

=====

 

自分の根底にあるのはこんな思いです。

=====

いろんなことに挑戦して、いろんな「成功」も「失敗」を経験すればいい。

もし「失敗」したなら、それを「次」に活かせばいいだけのこと。

=====

 

これはうちの子どもたちだけに限らず、塾生さんに対しても思っています。

 

自分自身もそうですが、「失敗」したときほど、

いろんなことを感じ、いろんなことを考え、いろんなことに気づくんだと思うんです。

 

そんなことを改めて思った今朝のやり取りでした。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

「組み合わせ」で、より魅力的に!!

【教科書では「1+1=2」ですが、世の中では必ずしもそうとも限らないですよね…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

こう毎日暑いと、「冷たいもの」がとても恋しくなりますねぇ~。(*´Д`)

 

「アイスコーヒー」に「ソフトクリーム」、「かき氷」…などなど。

どれも、暑さを和らげてくれるとても魅力的なものばかり…。

 

これらは1つひとつだけでも十分魅力的なものですが、

これらを「組み合わせ」してみたらどうでしょうね…?

 

例えば、「ソフトクリーム+コーヒー」で「コーヒーソフト」にしたら

より魅力的に感じる方もいらっしゃいませんかね…?

 

これに限らず、いろんなものを「組み合わせ」することで

より魅力的になることっていろいろとありそうじゃないですか…?

 

=====

 

おとといの夜。授業を終えた中2_Hちゃんからこんなひと言が…。

 

Hちゃん:「英語って将来、使いますか…?きっと、私は海外にもいかないだろうし…。」

 

私:「そうね…。別に使わなくっても楽しく生きている人もたくさんいるしね。でも、こんな考えもあるかも知れないよ。」

 

そう言って私はこんな風に話を続けました。

 

私:「例えば、『床屋さん』ってだけだったらだくさんあるよね。」

  「でも、これがかりに『英語ができる床屋さん』ってなったたら、だいぶ限られそうじゃない?」

  「そしたら、もしかすると日本人だけじゃなく、海外の方もお客さんになる可能性もあるかもしれないじゃない?」

  「それだけじゃなく、自分の持っている技術を世界に発信できる可能性もあるかもしれないよ?」

  「だから、今から『これは必要ない』って遮断するよりも、今はいろいろと学んだり、経験したりしながら、

   それらをうまく活かせないかと考えた方が先生は得な気がするけどなぁ…。」

 

そんな話をすると、素直なHちゃんは、「英語も頑張ってみます。」と笑顔で答えてくれました。(*^_^*)

 

自分の「好きなこと」や「得意なこと」を組み合わせてみたら、

1つひとつで存在させるよりも、もっと魅力的なものを作り上げることもできそうですよね。

 

私自身もそんなことを意識しながら頑張ろうと思っています。共に頑張りましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

たまには、脱線もありかと・・・。

【テスト前だし、本当はゴリゴリ勉強しなきゃならんのですが、たまにはこんなことも必要かと…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

長かった「夏休み」も終わり、今日からお子さんたちは「2学期」です。

 

きっと今日は、休みの感覚が抜けきらず、まだエンジンがかからないかも知れませんね…。

 

でも、こんなときこそ自ら積極的に動いて、いち早く感覚を取り戻してくださいね。(*^_^*)

 

=====

 

昨日の夜。中2_Fくんのこんなひと言から、私はいろいろと話始めてしまいました…。

 

Fくん:「先生。今回の新教研テスト、いつ戻ってくるんですか?」

 

私:「多分、30日(火)には到着予定だから、来週の授業のときには返せると思うけど。」

 

Fくん:「先生、俺、ほんとは北工に行きたいんっすよ。でも難しいっすよね…。」

 

私:「よく、受験生の子からこんな質問をされるのね。『どうやったら、合格できますか?』って」

  「そんなとき、先生はこう答える。『まずは合格したいって気持ちを持つこと。』じゃないのって。」

  「あとはその気持ちを実現するために、やるべきことを1つひとつきちんとやるだけ。」

  「中学生の学習内容なら、やることをきちんとやりさえすれば理解できるようになると先生は思うけど。」

  「先生だって当時、決して勉強はできる方じゃなかったけど、今はこうしてみんなと授業できているんだから…。」

 

そんなことをきっかけに、自分が中学生のときにどんなきっかけで勉強に取り組むようになったのか、

みんなには自分が「行きたい!!」と思う学校に進んで欲しいし、そのお手伝いをしたいと思っていることなど、

いろいろと話をしてしまいました。ちょっとの話のつもりが、脱線してしまいましたね。ごめんね…。<m(__)m>

 

でもね、教室に来て各教科の「知識」を得ることも大事なことだけど、

時には昨日のような話も大事なんじゃないかななんて自分は思っています。

 

自分も小・中学生のとき、スポ少の指導者の方や部活の先生が話してくれたことから、

たくさんのことを学んだと思うからです。

 

みんなには、自分の「経験談」「失敗談」など、いろいろとお伝えしながら、

自分自身でいろんなことに気づき、感じ、考えて欲しいなぁと思っています。

 

さあ、明日は夏休み明けの「成果テスト」の実施日。

今日の夜は、テスト前の最後の総仕上げ、頑張りましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

夏の思い出

【お天気にも恵まれ、楽しい1日を過ごして来ました。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日は教室の「バス遠足」の実施日。

お子さんたちと「郡山自然の家」で野外炊飯をして

楽しい時間を過ごして来ました。(*^_^*)

 

天気にも恵まれ、とても暑い1日でした。

 

係の方から火起しの方法やご飯の炊き方などの

説明を受けてから、いざ、調理開始!!

 

「火起し部隊」と「食材準備部隊」に分かれ、

作業を進めました。

 

火起しはキャンプ大好き少年Tくんをリーダーに、

「小学生男子チーム」が順調に進めていました。

 

逆に中学生_男子チームは大苦戦。

「先生。もっとマッチと新聞、ありませんか…。」

 

無事、食事はできるのだろうか…?

 

 

そして、食材準備。

 

さすが中学生の女子は違いますね…。手際が良い!!

 

小学生の女子チームも高学年のお姉さんたちと

低学年のみんなが力を合わせて準備を進めました。

 

意外だったったのは、小学生男子チーム。

なかなかの包丁使い。いい旦那さんになるね…!!

 

 

こういうところに来ると、お子さんたちの

普段教室にいるときとは違った一面が見られて、

私は本当楽しくなります。(*^_^*)

 

積極的に準備を進めてくれる方、

リーダーシップを発揮して、みんなをまとめてくれる方、

小さいお子さんの面倒を優しく見てくれている方…など。

 

こういう活動は、

お子さんたちをほんとイキイキとさせますね。

 

いちばん最初に食事を始めたのは

小学生男子チーム。「焼きそば、めちゃ上手い!!」

 

小学生女子チームも中学生チームも

炊きあがったご飯、焼きあがったお肉と一緒に

モリモリ食べていました。(*^_^*)

 

食事の後はみんなで後片付け。

食器を洗ったり、ゴミを拾ったり、消火活動をしたり…。

 

男の子たちは「早く片付けて遊びたい!!」と

進んで食器洗いに精を出していました。(*^_^*)

 

食後は体育館の中で、楽しく遊びました。

みんな、汗が滝のように流れていました。

 

みんなからの「先生、また来ようね!!」の声。

ありがとう。やったかいがあります。また、やろうね!!


続きを読む

お天気の神さま、ありがとうございます。<m(__)m>

【心配していた天気も無事、何とかなりそうです。ひと安心。(^_^)】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日は「バス遠足」の実施日。

 

昨日、郡山は夕方から激しい風雨…。

 

昨日の夕方、ネットで天気予報を見ると、

今日の天気は「雨」ではないものの「くもり」が続く感じ…。一時的に「雨」も降りそう…。

 

「何とか雨だけは降らないでくれるといいなぁ…。」

 

昨日はそんな気持ちで床に就きました。

 

でも、やっぱり天気が気になってしまって、なかなか深い眠りに付けない…。

 

午前4時前。まだ、周りは真っ暗でしたが起きて外に出てみる…。すると…。

 

昨日までの風雨は止み、空にはちゃ~んと「月」と「星」が見えてる…。

 

「良かった。これなら、今日は大丈夫そうだ…。(*^_^*)」

 

今度は安心して眠りました。

 

そして先ほど、起床。多少の雲はあるものの、見事な「青空」が広がっています。

 

お天気の神さまも憎いですね…。(*^_^*)

 

昨日のあの「悪天候」と今日の「青空」のギャップが凄い…。

昨日の天気が凄かったから、お子さんたちもきっとこの天気を見て、さぞ喜んでいるんだろうなぁ…。

 

お天気の神さま、本当にありがとうございます。心より感謝!!<m(__)m>

 

後は無事ケガなどのアクシデントなく、楽しく過ごせたらと思っています。

 

今日は暑くなりそうです…。楽しい1日にしましょうね。(*^_^*) それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

基本となる「型」を学べ!!

【まずは「型」通りやってみる。そして、徐々にそれを自分なりの方法に変えていく。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

先週末、中学生のお子さんたちから

「先生、感想文、助けてくださ~い。」という声が多数上がりました。

 

読書感想文に限らず、作文もそうですが、何でこんなにも書くのが大変なのか…?

 

自分が思うに、きっとこれは「ここ」に原因があるのだと思うんですね…。

=====

基本の「型」を持ち合わせていないこと。

=====

 

例えば、自分がやっていた野球なら、

投げるにしても、打つにしても基本となる「フォーム」があります。

 

まずはこれをきちんと忠実に再現できるようにすることが技術向上の第一歩。

 

そして、これができるようになったところで、

少しずつ、自分のやりやすい方法に発展させていくとうのが普通の流れだと思います。

 

実は「自分の思うように、好きな形で自由にやれ!!」って言われる方がかなり難しいんだと思います。

 

だから、お子さんたちに感想文や作文をスラスラっと書いていただけるようにするには、

まず、書くための基本となる「型」をお子さんに伝えることが先決。

そして、それに沿って、書いていただくことが大切だと私は思っています。

 

読み手を引き付ける「書き出し」の型、

さらに次を読みたいと思わせるための「盛り上げ」の型

今までの内容を踏まえ、自分の考えを「まとめる」ための型…など。

 

それら1つひとつをまずは「型」に沿って、書いてみる。

そして、最終的にそれらを1つにつなぎ合わせる。

 

こんな流れが、感想文や作文をスラスラと書き上げるためのコツなんじゃないかなと私は感じています。

 

だから、もし、自分がお子さんたちに感想文や作文の指導をするならば、

まずはこの基本となる「型」をお伝えするところから始めると思います。

 

とは言うものの、いくら「型」あって、いざ、スラスラと書くためには、

普段からいろいろな文章を読んで「インプット」しておくことと、

普段からいろいろなことを文章として「アウトプット」しておくことも大事なんですけどね。

 

そんなことをぜひ、意識して今後に活かしてくださいね。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

遠足の「最終打ち合わせ」に行ってきました。

【あとは当日の天気だけが心配だ…。(*´Д`)】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日、23日(火)に実施する教室のバス遠足の打ち合わせのため、

「郡山自然の家」に行ってきました。

 

当日お子さんたちをスムーズに誘導できるよう、

施設利用や活動内容の確認などしてきました。(*^_^*)

 

今回は「野外炊飯」を中心に活動をするので、

当日の天気だけがとても心配です。

 

先週の週予報では「くもり」だったので安心していたのですが、

今朝、改めて見てみるとそこには「雨:100%」の予報が!! ( ̄□ ̄;)!!

 

お天気の神さま、どうか、「快晴」とまでは言いませんので、

ぜひ、「雨」だけはご勘弁ください…。

 

ちなみに当日は屋根付きの場所なので、雨天決行です。

 

それでは、また!! 過去のブログはこちらからどうぞ!!


続きを読む

隙あらば、次を・・・!!

【ボ~っとしていると、チャンス、逃しちゃうよ…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「隙あらば、次の塁を狙う…!!」

 

昨年の夏の甲子園。

本来ならばシングルヒットの当たりを、

相手の隙を見て一気に2塁まで進んだ関東一高のオコエ選手。

このプレーで彼の存在感が一気に上がりました。

 

今年の夏の甲子園でも、

本県代表の聖光学院の選手たちが、一瞬の隙を見て、一気に次の塁を陥れる場面が見られました。

 

どデカいホームランや豪速球もスゴイですが、

自分はこういうプレーほど、しびれてしまいます…。

 

こういうプレーができる選手というのは、

常に「隙あらば…!!」という気持ちがあったと思うんですね。

 

=====

 

この意識を持つことの重要性は「日々の学習」でも同じ。

 

例えば、「演習時間」を設けて、一斉に問題演習を行っているとき。

設定時間よりも早く終わり、きちんと見直しも済んだときに、あなたはどちらのタイプですか…?

=====

A:演習時間が終わるまで、ジッと(あるいはボ~っと)待っている。

B:待っている時間を使って、別の取り組みをする。

=====

 

私はぜひ、「B」のタイプであって欲しいと思っています。

※ ちなみに学校ではこれをすると怒る先生がいらっしゃるとか…?何でだろう…?

 

ほんの数分かも知れませんが、そのわずかな隙間も見逃さないで欲しいのです。

 

もし、別の課題を持っているなら、それを取り出して演習してもらっていても私は全然OKです。

 

むしろ、私はその方がずっと良いと思っているので、

お子さんたちにはいつも「他のやっててもいいよ」とお声がけしたり、次の課題をお渡しするようにしています。

 

もし、課題を持ち合わせていないなら、

空白を使って、別の解答方法で計算してみる。単語の練習をしてみる。

1つの用語について自分なりに解説を書いてみる…など、やろうと思えば、いくらでもやれることはあります。

 

そういった「意識の差」とそこから生まれる「小さな努力」の積み重ねが、

やがて「大きな差」となるんですよね。この差は大きいですよね…。

 

常に「隙あらば、次を狙う…!!」この気持ちを持って取り組んで行きましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

成長してるね・・・。

【この夏の間に、心構えが変わってきましたね…。(*^_^*)】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「社会は分からなかったところがあったら、

その都度、教科書でその項目を確認すること。」

「これを何度も何度も繰り返すことが、実はいちばん大事だかんね。」

 

自分が社会の授業中によくお子さんたちに伝えることです。

 

社会は「難しい」から答えられないのではなく、

聞かれた内容が「分からない」から答えられない場合がほとんどだと思います。

 

だから、私はお子さんたちに「教科書を普段から読むこと」を強く進めています。

 

この夏休み中も、何度となくこの言葉を繰り返してきました。

 

すると、たびたび言われていると、お子さんたちも「意識」するもんですね…。

 

休み時間に教科書を読んで確認しているお子さんの姿がちらほらと…。

中には、お子さんどうしで問題を出し合っている方たちの姿も…。

 


続きを読む

緊急告知:読書感想文がまだ終わっていない方へ

【本日午後23:59まで下記のフォームより受付いたします。お見逃しなく!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

お盆休みが終わり、あと1週間もすると「2学期」を迎えます。

 

毎年、この時期になると、こんな会話が…。

 

私:「宿題は全部終わった?」

生徒A:「ワークは終わったんですけど、まだ作文と読書感想文が残ってて…。」

生徒B:「先生!! マジで感想文、書けないんですけど…。どうすれば良いですか?」

生徒C:「ネットからコピペすればいいべした。」…などなど。

 

そうだよなぁ…。自分も中学生のとき、「読書感想文」がいっちばん面倒だったもんなぁ…。

 

とにかく、まず、本を読まない…。

 

そして、読んだ感想って言われても、

「面白かった」とか「感動した」とか、単純なコメントしか出てこない…。

 

お子さんたちの「叫び」、すごく分かります…。

 

ということで…。

=====

緊急告知:読書感想文の書き方、教えます!!

=====

 

夏休みも残り少ないので、内容の良し悪しは置いといて、

とにかく「読書感想文を書き終えるためのコツ」を知りたい方!!

 

ぜひ、下記のフォームから「感想文の書き方指導、希望」と送信してください。

 

本を選ぶポイント、原稿用紙に書く前にぜひして欲しいポイントなど、

手短に書き終えるためのコツを「個人指導」で指導させていただきますよ。(*^_^*)

 

感想文は書くまでの「準備」がしっかり整っていれば、後はスラスラと書き終えることができます。

その「準備」を進める手順を一緒に学びませんか…?

 

さあ、このチャンス、ぜひ、お見逃しなく!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

続きを読む

見方を変えてみること

【いろいろな見方をすることが、普段の生活でも学習でも大切なんですよね…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

=====

「バケツは、水を汲んで運ぶだけだと思ってはいけない。

 洗い桶にもなれば、土を入れると植木鉢にもなる。

 バケツの底に小さな穴をいっぱい開けて、高いところに吊るせばシャワーにもなる。」

=====

 

これは、以前、このブログでもご紹介したことのある本、

著者:稲垣 篤子さんの「1坪の奇跡」の中の一部。

 

今日お伝えしたいこととは…。

 

=====

 

この夏休み、中学3年生のお子さんたちには毎日授業の最初に

ウォーミングアップも兼ねて「数学_基礎反復プリント」というものを演習してもらっています。

 

これは、乗法公式や因数分解、平方根や二次方程式の計算をはじめ、

関数や空間図形の表面積・体積の算出などの学習内容をコンパクトにまとめたものです。

 

このプリントの狙いはズバリ、これ。

=====

何度も反復しながら、基本的な解法や公式をしっかり「暗記」してもらうため。

=====

 

毎日の反復で、お子さんたちはだいぶ「解法」「公式」を覚えてくれたようですが、

まだまだ、それらを「見たままの形」、「1つの使い方」でしか使えてないなぁ…。

 

例えば、お子さんたちにお伝えしている公式の1つに

「円柱の側面積=直径×高さ×π(パイ)」という公式があります。

 

このまま見れば、この公式は「円柱の側面積を求めるための公式」でしかないのですが、

ちょっと見方を変えれば、「高さ=円柱の側面積÷(直径×π)」となり、「円柱の高さ」を求めることもできるわけです。

 

今回、順調に数学の成績を伸ばしている方というのは、

この例のように、覚えた解法や公式を「いろいろな形にして、上手に使いこなせている」ように感じます。

 

一方、まだ苦戦気味のお子さんというのは、

解法や公式を覚えても、「1つの使い方しかしていない」ように思います。

 

じゃあ、どうすれば覚えた解法や公式を上手に使いこなせるようになるのか…?

 

それは…

=====

「新教研テスト」や「実力テスト」の過去問など、実戦問題を数多く演習すること。

=====

 

これらの問題にできるだけ多く触れてもらいながら、

覚えた解法や公式を「実戦で使える形に変換する場面」をできるだけ多く作ることが必要だと思います。

 

私はこのことについて、よくこんな例えでお子さんに伝えます。

「自動車の運転と一緒。実際に路上に出て、様々な場面を経験しないと運転は上手にならない。」

 

講習会中に「過去問」を数多く解かせているのも、そのためなんですよね。(お子さんには何度も伝えていますが。)

 

冒頭の「バケツの用途」と同じように、

物事を見えたままとらえるのではなく、いろいろな見方をすることが大切ですね。(自戒の意味も含めて…。)

 

お互い、こんなことを意識しながら取り組んで行きましょうね。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

行動の理由づけ

【「何のためにこれをするのか?したのか?」をハッキリさせるためのテンプレートがこちらです。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

お盆休みも終わり、今日からまた忙しい日々が始まります。

皆さん、お休みはゆっくり過ごせましたか?

 

自分も息子や娘とゆっくり過ごしたり、読書をしたり、いろいろ思考にふけったりと、

貴重な時間を過ごさせていただきました。

 

今日からはまた気持ちを切り替えて、しっかり仕事に励みたいと思います。

 

先日のブログでもお書きしましたが、

「休み明けこそ、いつも以上にキリっと引き締めていくこと」が大事だと私は思っています。

 

塾生の皆さんも、休みモードのままではなく、気持ちをしっかり切り替えて授業に臨んでくださいね。

 

=====

 

先日、「読書は自分の身近なインプットの方法」ということをお書きしたんですが、

それに加え、「メルマガ」や「ブログ」も自分の身近なインプットの方法の1つ。

 

書かれている内容もそうなんですが、

面白い記事、読み込んでしまう記事というものの「共通の型」を探すためにも読むようにしています。

 

先日、そんな中の1つで「これ、すげぇ大切だよね…。」と共感してしまった内容を今日はアップします。

=====

普段の自分の活動に理由を持たせるんです。

自分の行動”すべて”です。

=====

 

自分の行動のすべてを

「・・・だから、・・・する。」「・・・のために・・・をやった。」という形に結びつけるってことですね。

 

こうすることで、自分の取る・取った行動すべてに「意味」が生まれるわけですね。

 

元プロ野球監督の野村 克也さんも「プレーに対する根拠の大切さ」を著書の中で述べられています。

 

これは、お子さんの学習でも同じです。

 

「計算力を向上させるために毎日計算練習をする。」

「長文読解をスラスラ読めるようにするために、まずは単語の暗記に力を入れた。」…などなど、

今、自分がしている学習にきちんと「理由」「根拠」を持たせることで、学習効果も大きく変わってくるはずです。

 

さあ、今日も気持ちを引き締めて頑張っていきましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

レベルアップのために・・・

【楽々持ち上がるものばかり持ち上げていても、筋肉が太くならないのと同じです。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

連日、テレビでは「オリンピック」と「高校野球」が放送されていますね。

 

私は自分自身が高校球児だったこともあって、

どうしてもオリンピックの結果以上に、高校野球の結果の方が気になってしまいます。

 

投げる投手のスピードもスゴイですが、それを打ち返すバッターもほんとスゴイですね…。

 

バックネット裏にはユニホームを着て試合を観戦している野球少年の姿も見られます。

この子たち、きっと、こんなことを思ってるんだろうなぁ…。

 

「超うめぇ…。」「俺も絶対甲子園でプレーするぞ!!」…などなど。

 

未来の高校球児たち。懸命に練習に励み、目指せ甲子園!!

 

=====

さて、そんな高校球児の姿を見て、今日はこんなテーマで…。

 

「適切な負荷を掛けること」

 

これは「運動」に限らずあらゆることに於いて

現状からレベルアップするために絶対に必要なことじゃないかと自分は考えています。

 

大舞台で活躍する選手も、最初から今のようなプレーができたわけではないはずです。

 

現状では困難と思えることを、何度も練習しできるようにする。

そして、それができるようになったら、また次の負荷を掛けて練習をする。

 

そういう日々の努力の積み重ねで、技術面や精神面のレベルアップを果たしてきたのだと思います。

 

これはお子さんの学習でも同じだと思うんです。

 

今、楽々解ける問題をいくらやっても成長はしませんよね?

 

「う~ん、これ、どう解くんだろう…?」「あれ?自分はこう考えたのに、全然違う…。」とか、

悩みながら解くような問題をこなすことなしに現状からのレベルアップは難しいんじゃないかと私は考えます。

 

昨日のブログで、私も「この休み中、1日1冊の読書を目標に読書をすること」をアップしましたが、

自分もあえて今回は「今の自分にはちょっと難しいと思う内容の本」を選びました。

 

適切な負荷を掛けながら、お互い、自分を高めていきましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

休み中の目標

【随分溜まってしまっていたからなぁ…。この休みを利用して…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

12日(金)までは出勤していましたが、

昨日から自分も「お盆休み」をいただいています。

 

家内の実家は山形なんですが、こっちも暑いですぅ~。(*´Д`)

ジリジリ焼けるような日差しがキッツイなぁ…。セミの鳴き声も暑さを増長させる…。

 

でも、夕方や朝は日中と打って変わって、とても涼しい。(*^_^*)

いかにも「お盆の里帰り」という空気感。

 

この休み、ゆっくり疲れを癒して、休み明けの授業に臨みたいと思います。

 

=====

 

この休みの間、自分がしようと思っていることの1つ。それは…。

=====

溜まっていた未読の本を読み切ること。

=====

 

自分にとって「読書」は最も身近で、コスパの高いインプットの方法。

 

「読書」は自分に「新しい気づき」を与えてくれます。

 

普段から暇があれば本を読むんですが、

講習会中はなかなかその時間を長時間まとめて取るのが難しい…。

 

買ったは良いものの、読む暇がなく溜まってしまっていた本が多数…。

 

数を読めば良いというわけではありませんが、

まずは「1日1冊」という目標を決めて、意識的にインプットに励みたいと思います。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

学習で成果を出すこと

【小さい頃、自転車に乗る練習をしたのと似ていると思います。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

例えば、「自転車」

 

補助輪や支えなしで自分の力だけで乗れるようになるためにはどうすればいいか…?

 

そうですよね。

何度も何度も転びながら、ひたすら乗るしかないわけです。

 

そして、乗れるようになったとしても、

最初の頃はフラフラして、動きも不安定。ぎこちなかったんじゃないでしょうか。

 

ぎこちないながらも何度も何度も乗り続けていくと…。

 

いつの間にかスピードが出せるようになる。不安定さがなくなる。

グングンと前に進んでいくことができるようになる。

 

すると、自転車に乗ることが楽しくなる。

だから、どんどん自転車に乗るようになり、さらに自転車を乗るのが上手になっていく。

 

 

=====

 

これは、自分が真剣に勉強に取り組みはじめたばかりのお子さんに

勉強で結果を出すことを伝えるための「例え話」として、よく使うお話です。

 

「自転車が乗れるようになる過程」と「学習で成果を出す過程」は似ているのと、

この例えが、お子さんにはいちばん分かりやすいかなと思っています。

 

学習も解けるようになるためには、いっぱいやり込むしかないと自分は思うのです。

 

解いたら答えを確認し、間違いを正す。そして、もう1度、解いてみる。

これを何度も何度も繰り返しながら、力をつけていくしかないと思うのです。

 

最初は自転車に乗るのと同じようにぎこちないかもしれませんが、

数をこなしていくうちに、だんだんうまくなるものです…。

 

そして「分かる!!」「できる!!」と自分自身が感じられるようになると、

そこからは一気に加速し、グングン前に進んでいけるようになります。

 

=====

 

この夏休みになって、やっと真剣に勉強に向き合ったお子さんもいるでしょう…。

また、学習を始めたばかり。うまく乗りこなせるようになるには、とにかく練習するしかない。

 

「俺には勉強の素質がないんだ…。」なんて、絶対に言うてはならんよ。

 

合格発表の日、共に笑えるように、共に頑張ろう!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

おもちゃの修理屋さん

【今日もプライベートな話です。すいません。<m(__)m>】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日は、お盆前の講習会が終わって、ゆっくりとした休日。

 

「あぁ~、今日は急いで行かなくもいいんだ…。やったぜ!!」

そんな気持ちで、朝食の時間まで「とと姉ちゃん」を見ながらのんびりしていると、

突然息子がおもちゃを片手にやって来て、こんなお願いをしてきました…。

 

「ねぇ、お父さん、これ直して?」

 

持ってきたのは、ミニカーを走らせるための電動コース。

いくら電池を交換しても走らなくなってしまったそうで…。

 

前に壊れたおもちゃを何度か修理してあげたことがあり、

きっと、お父さんならこれだって直してくれるはずだと思ってのお願いなんだと思います…。

 

とは言うものの、このおもちゃ、息子が幼稚園に入る前に買ってあげたもの。

 

「これ、もう寿命だろ。しかも、お前、もう小5じゃん?まだ、これで遊ぶの?」

と心の中で思いつつも、ここで「無理!! できない。」って言ったら、親子の信頼関係にも支障をきたすかも…。

 

「ちょっと待って、やってみっから。ドライバー、持ってきてよ。」

 

のんびりした休日が一変。急遽、「おもちゃの修理屋さん」になってしまいました。

 

疲れ目のせいで、あんまり細かい作業はしたなくないのにと思いつつも、

1度始まってしまうと徹底的にやらないと気が済まないタイプ。

 

ネジを外し、配線が切れている箇所がないか、

ギアに汚れや異物が挟まっていないかなど、1つひとつ確認。

 

「治るかな…」という息子の熱い期待の眼差しとは裏腹に、

嫁さんの「またこの親子は始まったよ…。」という冷ややかな視線が痛い…。

 

調べていくと、どうも、モータが古くなって部品の一部が駄目になっていた様子。

急遽、モータを買いに息子と娘を連れてヨドバシカメラへ。

 

帰宅後、はんだごてを片手に、配線をし直し、動きを確認しながら、何とか修理完了。

 

「お父さん、どうもありがとう!!」

息子の大喜びしている姿を見て、取り敢えずひと安心。これからも大事に使ってくれ。(*^_^*)

 

学習とは直接関係ないのかも知れませんが、

こうやって親子でいろんな経験をすることも、とっても大切なことではないかと私は思っています。

 

自分も父親のやることを手伝いながら、色んなこと覚えました。

「親の背中を見て、子は育つ」といも言いますしね…。それでは、また!!

 

<追伸>

コースが無事直って、ほっとしたのも束の間。直ったおもちゃで1日中遊び続けて、

ガチャガチャ、ガチャガチャうるさいこと、うるさいこと…。こんなことなら、直さなきゃ良かったかも…。(*´Д`)

 

みんな、お疲れさまね…。

【中学生のみんなも今日からお休み。ゆっくり休んでくださいね。(*^_^*)】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「ふぅ~、やっと終わったぁ~。」

「イェ~イ、明日から休みだぁ~。」

 

昨日、中学生のお子さんは「新教研テスト」の実施日。お盆休み前、最後の授業の日でした。

 

=====

 

まずは、中学3年生のみんな。朝から夜遅くまでお疲れ様でした!!

今年の中学3年生は「頑張り屋」の方が多く、先生も楽しませてもらいました。ありがとう。<m(__)m>

 

そして、中学1・2年生のみんな。

部活の練習をした後で疲れている中、毎日遅くまで、ほんと、ご苦労様でした!!

 

通常の授業のとき以上に熱心に取り組んでくれている姿を見て、ブルブルっと来ましたよ…。

 

きっと、みんな、すげぇ疲れたでしょ…。先生もマジ疲れたよぉ~。足がパンパンだ…。

 

昨日は「頑張った自分にご褒美!!」なんて言いながら、ついつい、いつもより多めに飲んじゃいました…。(笑)

 

これで近藤さん(富久山町にある「魚のコンドウ」さん)とこのお刺身でもあったら最高なんだけど…。

※ 近藤さんのとこのお刺身、ほんと、上手いですよ…!!ぜひ、1度食べてみてください。(*^_^*)

 

=====

 

みんなの採点用紙はひと通り目を通させていただきましたが、

この夏、頑張っていただいた成果は十分にあったんじゃないかなぁと思います。

 

特に中学3年生の「数学」、よく頑張ったね…!!

 

ずっと学習を続けていた「大問6&7」を解けていたお子さんが多かったのは、ほんと、嬉しかった…。

 

きっと、みんなも手応えを感じてくれているんじゃないかな…。

 

※ 欲を言えば、「このミスがなければもっと点数伸びたになぁ…。」っていう方も数名いましたが…。

 

=====

 

みんな。まずは、この休みの期間にゆっくり身体を休めてくださいね。

 

人間の「心」も「身体」も、いろんな「道具」と同じように「メンテナンス」が大切だと自分は思います。

休みなく、ずっと使い続けていたら、思ったような成果が上げられなくなってしまいます。

 

ゆっくり眠って、しっかり食べて、また元気な身体で教室にいらしてください。

 

自分も今日はのんびりさせてもらって、

明日からはまた、休み明けに向けガンガン仕事したいと思います。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

中学3年生のテストが始まりました。

【今日は中学生全学年、「新教研テスト」の実施日です。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日はお盆前の夏期講習会の締めくくり。「新教研テスト」の実施日

 

今朝はお子さんたちの様子がいつもと違う…。

テストに対する「緊張感」からか、それとも、講習会の疲れなのか…?

 

みんな、とても静かだなぁ…。

 

=====

 

先ほど「国語」のテストが終わり、今は2時間目の「数学」のテストが始まったところ。

 

今回の講習会で、「数学」は「過去問演習」を中心に、

かなり実践的な内容を学習してきたからなぁ~。何とか良い結果を残して貰いたい!!

 

テストが始まり、私も気になって問題用紙を眺めてみると…。

 

「おぉ~、これはやった問題と同じタイプじゃないか!!」という問題が多数出題…。

 

みんな、ちゃんとできるかな…。

普段通りやればできると思うんだけど、いざ、本番になるとなぁ…。

 

みんな、落ち着いて、頑張ってくれぇ~。期待してるからなぁ~。

 

夕方からは中学1・2年生もテストです。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

ビシッと決める人or舐めらる人

【休み明け&お盆休み直前のこのタイミングだから、より気を引き締めて欲しいのです。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の中学3年生の授業前、「休み明け」&「講習会残りわずか」ということもあり、

少しだけ時間をもらって、お子さんたちにこんな話を始めてから授業をスタート。

=====

「今回の休み、きっと楽しく過ごした人がほとんどだと思う。」

「それはそれでいいんだ。でも、問題は今日のスタートなんだよね。」

「今から話すことはみんなが大人になってからもとっても大切なことだから、よ~く聞いて欲しい。」

「先生の知っている限り、休み明けの次の日に死んだような顔で来る人っていうのは、まぁ、仕事のできない人だ。」

「できる人っつうのは、休み明けの日こそビシッと決めてくるよね。」

「できる人っつうのは、休みに限らず、例えば朝まで飲んでて今にもゲーしそうなときでも、人前ではそれを絶対に見せない。」

「むしろそんなときこそ、いつも以上にビシッと決めてくる人だと先生は思うよ。」

「逆にダメな人っつうのは、そういうときに平気で遅刻したり、ダラダラしたりしちゃうわけ。」

「そういうところで、人って判断されてしまうんだと思うのね…。簡単に言えば『舐められる』『甘くみられる』わけ。」

「だから、休み明けの今日、ぼへら~っとしているようじゃ、先生に舐められちゃうよ。」

「まして、今日を含めて今週は3日間しか講習会はないわけでしょ。しかも講義はあと2日。」

「10日(水)の新教研テストの結果がすべてではないけど、この講習会で頑張った成果はお互い出したいでしょ?」

「なんでね…、今週は自分をできるだけ追い込んで、頑張ってほしいと思ってます。」

=====

 

学習塾ですので、「お子さんの成績を上げること」は絶対的な使命。

それと合わせて、お子さんにきちっと「伝えるべきことを伝えること」も私の大切な仕事だと思っています。

 

=====

「人間的成長なくして、技術的進歩なし」

=====

 

元プロ野球監督_野村 克也さんのこの言葉、自分はとても大切にしています。

 

こんな話があったからどうかはさておき、昨日は夜遅くまで取り組んでいるお子さんの姿が多く見られました。

 

さあ、お盆前の講義は今日がラスト。頑張っていきましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

ラストスパート

【お盆前の講習会も残り僅か…。休日明けだし、シャキッと気を引き締めていこうぜ!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

週末、お子さんたちが楽しみにしていた「夢花火」も終わり、

いよいよお盆前の講習会も残り僅かになりました。

 

休みを迎える週末、お子さんたちにはこんな話をしていました。

=====

「勉強だけじゃなく、遊ぶことも息抜きも大切。」

「でも、丸々2日間ずっとぶっ通しで遊んでいるわけではないよね。」

「だから、最低限やるべきことはきちんと自宅でも取り組んで欲しい。」

=====

 

そして、自分が今回担当している数学と社会の「週末の家庭学習」について、

次のような話を続けました。

=====

1) 数学は「もぎテスト過去問集」をきちんと解いておくこと。

 「基本問題」しか渡していないし、2日間あれば必ず終わる分量しか出していないからね。

 

2) 社会は1週間やった「もぎテスト過去問_計10回分」のまとめ直しをしておくこと。

特に分からなかった箇所・間違えた箇所を「教科書を使って」しっかり見直ししておくこと。

 

3) 10回の過去問を見ていくと、必ず出題頻度が高い問題が浮き上がってくる。

 

3) 「社会」の調べ物をするとき、「参考書」や「要点集」を見るよりも、

  「教科書」の方が詳しく内容を記載してある。…などなど。

=====

 

今日の朝いちばんの様子を見ると、

そのお子さんがどんな気持ちで、どんな休日を過ごしていたのかは一目瞭然です…。

 

自分の予想を「良い意味」で裏切って欲しい…。そう思っています。

 

8月10日(水)の「新教研テスト」がすべてではないけれど、

ここまで頑張ってきたんだから、何とか良い結果を残したいですよね…。

 

さあ、あとひと踏ん張り!! 残りの期間も頑張って行きましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼!

 

親孝行

【先週に引き続き、完全プライベートなお話です。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日、富久山町では「夢花火」が行われましたね。

 

きっと多くの塾生さんが会場に足を運び、

お友だちや彼女・彼氏とともに楽しい時間をお過ごしになったことでしょう…。(*^_^*)

 

塾生さんの中には、ご自宅から夢花火が見えるので、

お庭でBBQをしながら、家族で花火をご覧になられる方もいらっしゃるとか…。

 

超うらやましいですね…。富久山町、最高です!!(*^_^*)

 

お子さんたちは、気分も身体もリフレッシュできたと思いますので、

明日からの講習会は、「最後の追い込み」、気合を入れていきたいと思います!!

 

=====

 

私は昨日の休日を利用し、久し振りに親父と一緒に酒を飲みました。

5日(金)が親父の誕生日だったので、そのお祝いということで…。

 

近くに住んではいるものの、普段はほとんど顔を出しません。

 

ぶっちゃけ、酒でも飲んで酔わないと、照れ臭くて話もできないです。

 

でも…。久し振りに会って親父を見たら、こんなことを思いました…。

「年取ったな…。」って…。

 

そりゃそうですよね…。自分が年齢を重ねるのと同じように、

親父も年々年を取っていくんですからね…。

 

「この人が生きている間に、親孝行してやらないとなぁ…。」

 

そんな気持ちで今日からまた頑張りたいと思います。

 

すいません…。完全プライべートな話でした。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

積み重ね

【小さな変化に気づき、その変化を大切にできる方になって欲しいと思います。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

いや~、今週はほんとに暑いですね…。(+_+)

 

昔は「白球を追いかける高校球児」として、

毎日暑い中水も飲まずに練習していたのがまるで嘘のようにキツイ…。

 

誰か…。キンキンに冷えた生ビールを持ってきてくれぇ…。(*´Д`)

 

私どもの仕事は室内ですので、外でお仕事をされている方に比べたらずっとずっと良い環境ではあるので、

暑いなんていっていられないんですけどね…。

 

熱中症にはお互い気を付けていきましょうね。(*^_^*)

 

=====

 

話は変わりますが、自分がいつも大切にしていること。それは…。

=====

「小さなことの積み重ねが、やがて大きな差を生む」ということ

=====

 

今、毎日各学年の講習会をしながら、改めてこのことを痛感しています。

 

プリントの整理の仕方、メモの取り方、解答のつけ方…など、

それら1つ1つに対する「小さな差」によって、「大きな差」が生まれていると感じます。

 

このことをお子さんに伝えるとき、私はよくこんな例えをしながらお子さんにお話をします。

=====

「ここにあるコピー用紙。1枚だとこんなに薄いよね。」

「でも、これを2枚、3枚、…って重ねていくと、10枚も重ねたときには、結構な厚さになるよね。」

「これは普段の生活や学習でも同じだと先生は思ってるんだよね。」

「1つ1つはほんとに小さなことかもしれないけど、その1つ1つの差が積み重なって、やがて大きな差になっていくと思うよ。」

「だから、まずは自分を磨いて、小さな変化に気づける人間になって欲しい。」

「そして、小さな変化を日々繰り返す努力をしていって欲しい。そんな風に思うんだよね。」

=====

 

いよいよ、お盆休み前の夏期講習会も佳境を迎えます。

「小さな変化の積み重ね」、お互い忘れずに頑張りましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

さあ、あとひと踏ん張りです!!

【今週も今日がラスト。今朝も朝から暑いですが、頑張りましょうね!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

お盆前の講習会も後半戦を迎え、お子さんたちの表情にも少し疲れが出てきたかな…。

 

この暑い中、連日長時間の講習会ですからね…。ほんと、ご苦労さま。<m(__)m>

 

でも、今日頑張れば、お休みになるんでね。あとひと踏ん張りです。頑張って!!

 

=====

 

小学生の皆さんは今日でお盆前の授業は終わり。

来週月曜日からは中・高校生よりも一足先に「お盆休み」になります。

 

お子さんたちに予定をお聞きすると、

「家族で旅行に出かける」「おじいちゃん家に行く」…など、楽しい予定がびっしりのようです。

 

また、明日はお子さんたちが楽しみにしている「ふくやま_夢花火」の日。

※ ちなみに富久山教室は毎年のことですが、「夢花火」の日は塾は完全休校日です。(*^_^*)

 

お子さんたちはそれを励みに今週は頑張っているようです。

 

そんな中、うちの教室の人気者小学生_Tくん(通称:ビーンズ君)が

昨日の授業の際、こんなことを言っていました。

 

「先生…。ぼく、全然やってないんです…。」

 

そうです…!!「学校の宿題のテキスト」、ほとんどやっていないんです。( ̄□ ̄;)!!

 

真っ白な部分が多いこと、多いこと…。これは、ちょっと急がないとマズイよ。

 

もはや毎年恒例ですが、うちの息子と嫁さんも毎日バトルを繰り広げています。

(息子よ…。疲れて帰ってきた父ちゃんに飛ばっ散りが来るから、ちゃんとやってくれ…。)

 

 

お子さんによっては、「テキスト」は終わったけど、「作文」や「感想文」などがまだという方もいるのでは…。

 

来週8日(月)・9日(火)も教室は朝早くから夜遅くまでガンガン利用OKですので、

お家ではなかなか進まないという方、積極的に足を運んで、早めに終わらせてくださいね!!

 

さあ、今週も今日がラストです。がんばっていきましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

過密化

【小学生のみんな、暑苦しくて、ほんとごめんないさい…。<m(__)m>】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「やべぇ…。人口密度が高過ぎる…。」

 

夏休みに入り、教室の「人口密度」が高くなってます…。(+_+)

特に夕方から夜にかけての「2時間半」はそのピークを迎えます。

 

※ この写真を撮る前、教室は「満員御礼」でした。

 

事前に受験生の自習を考慮し、できるだけ重ならないように配慮したものの、

こちらが思っていたよりも受験生が頑張ってくれているからです。

 

小学生のみんな、ほんとごめんなさい…。<m(__)m>

 

しかし、意外なことに…。

 

「こんな狭いところでほんと申し訳ない…。」とこちらは思うのですが、

小学生のお子さんたちにはこのぐらい密着していた方がが盛り上がるようです…。

 

もともとうちの教室は「先生と生徒さん、生徒さんと生徒さん同士の距離感が近い教室」だと思いますが、

その雰囲気がより強まるんですかね…。昨日もみんな楽しそうに取り組んでくれていました。

 

小学生の皆さんは来週月曜日から、ひと足先に塾の「夏休み」に入ります。

今週の残りの授業、もうひと踏ん張りしていきましょうね。(*^_^*)

 

 

続きを読む

ゲームもスマホも勉強も同じだろ!!

【うまくなる、使いこなせるようになるためには絶対にこれが必要だっつうの!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の午後からの中学3年生_進学クラスの授業。

 

前日に配布した「数学_過去問」の演習状況を1人ひとり確認すると、

あれほど前日に「1日最低これだけはやって欲しい。」と話をした分量を終えていない…。

 

私が言った分量以上にやっていたのはNちゃんたった1人。

 

明らかに授業時やった分でストップ。家でやった形跡はまったくない…。

 

一生懸命考えたけど分からなかったとか、

一生懸命解いたけど終わらなかったとは明らかに違う…。

 

取り組みやすいように、応用問題を省き、「基本問題」だけを印刷したのに…。

 

「ふぅ~。今後のためにも、ここはビシッと言わなきゃいかんなぁ…。」

 

ちゃんとやってあったNちゃんに「そのまま演習続けてていいよ。」と声掛けをしてから、

私は「ちょっと聞いてくれ。」と心を鬼にしてお子さんたちに語り始めました。

 

=====

私:「なあ、Mくん。もし、ゲームを上手くなりたいと思ったら、どうするよ?」

 

Mくん:「調べる…?……、いや、違う。何度もいっぱいやります。」

 

私:「そうだろ。親が止めろって言っても、何時間でもやるだろう。」

   「ゲームに限らず、スマホを使いこなすにしたって、徹底的にいじるよね。」

 

私:「あのね…。講習会が始まる前にも言ったでしょ。

  講習会の5時間はこの塾の子に限らず、他の塾の子も当たり前にやってんのよ。」

 

  「まして他の塾の子っていうのは、山ほどの宿題を出されて、強制的に量をやらされてるわけ。」

 

  「先生がそれをしないのは、何度も言ってるけど、気がない奴に強制的にやらせたって意味ないからだよ。」

 

  「そんな風にしても答えの丸写しか、『分かりませんでした。』って言って空白のままにしてもってくるのがオチだ。」

 

  「もし、強制的にやらせなきゃやれないっていうなら、出された分を全部やってから帰りなさいよ。」…などなど。

=====

 

現在、「進学クラス」と「特進クラス」に分けてはいるものの、正直「実力差」に大きな差があるとは思ってはいません。

むしろ、「進学クラス」の中には「特進クラス」の子以上の実力を持っている方も数名います。

 

じゃあ、なぜ、成績に差が生まれているのか…?それは「学習に対する心構え」の違いだと私は思っています。

 

私もほんとは叱るのは嫌なんでです…。お互い気分が悪くなるし、叱るのはほんと疲れるんで…。

でも、たまに気合いを入れてあげないとついつい気が緩んでしまうのが「進学クラス」のお子さんなんです。

 

私が久し振りにデカい声で話をしたので、昨日は夜まで教室に残ってみんな頑張っていました。

何とかみんなにこの夏、良い結果を出して欲しいんだよね…。応援してるから、あと少し、頑張るべよ。

 

さあ、今週も今日で折り返しです。頑張って行きましょう。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

さあ、第2週目スタート!!

続きを読む

すいません…。今日はプライベートなお話

【ご興味のない方は、飛ばし読みなさってください。<m(__)m>】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日から夏期講習会も第2週目。

高校の体験入学もほぼひと段落し、今週からはペースアップの予定。

 

来週10日(水)には、各学年、新教研テストも控えていますので、

より一層、気合を入れて取り組んで行きましょうね!!(*^_^*)

 

=====

 

今日は仕事とは関係ない、プライベートのお話。

 

昨日、うちの息子と娘に以前から「行きたい!!」と言われていたため、映画館に映画を見に行きました。

十数年ぶりの映画館。しかも、早朝からわざわざ福島市にまで行って見てきました。

 

講習会中はほんとヘロヘロになので、休みの日ぐらいゆっくり眠っていたいのですが…。

 

見てきたのは「ファインディング・ドリー」

 

移動の車中、前作「ファインディング・ニモ」をDVDで鑑賞しながら、

映画を見るための予備知識をインプット。

 

何、何…。ニモっていうのは、子どもの方のカクレクマノミなのか…。

てっきりこのデカい方がニモだとばかり思ってた…。

 

ふん、ふん…。今日の映画の主人公のドリーっていうのは、忘れっぽいお魚さんなのね…。などなど。

 

開園時間10分前に映画館へ到着。ギリギリセーフ!!

朝食を兼ねたポップコーンなどのスナックとドリンクを買い、いざ場内へ。

 

久し振りの大画面での映画鑑賞。映像も音も、家とはまるで違う…。

まるで、本当に水の中にいる気にさえなってしまう…。子どもたちの存在を忘れ、話に夢中…。

あっという間の2時間でした。会場を出て、子どもたちと一緒に「おもしろかったねぇ~!!」

 

実は週末、お客さまのお力になれなかったことがあり、久々に激しく落ち込んでいたんです…。

でも、子どもたちのお陰で良い気分転換ができたかな…。息子と娘に感謝!! 父ちゃん、また頑張っから…。

 

塾生さん&保護者さまも、今日からまたよろしくお願いします。それでは!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!