2016年

3月

31日

自分自身のためにがんばる

【自分自身ためにがんばっているその姿にとても心を打たれました…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の夕方、小学生の授業がひと段落し、

新中学1年生の授業が始まるまで「ちょっとひと休み」と思っていると、

ガチャっと玄関を開ける音が…。

 

「誰だろう…❓」

 

そこには授業が入っていないはずの新小6・Aちゃんの姿がありました。

 

「あれ、Aちゃん、どうしたの❓ 今日、授業ないよね❓」

 

「分からないところ聞きたくて…。いいですか❓」

 

「いいよ、いいよ。こっちでやりなよ。」

 

お話を聞くと「割合」や「百分率」など

家で勉強していたけど分からないところが出てきたので教室までやってきたようです。

 

Aちゃんはお家から教室まで歩くと結構な距離があります。

ざっと30分近くかかると思うのですが、自分で歩いて教室まで来たようです。すごい…。

 

宿題のない「春休み中」に自主的にきちんと学習していること自体が素晴らしいし、

出てきた疑問をすぐに解決しようと教室までやって来ることがさらに素晴らしい。

 

Aちゃんは入塾して、ちょうど丸1年が過ぎましたが、

ほんとよくがんばっているなぁと思います。

 

そのがんばりの様子は普段の授業の様子や学力テストの結果からも充分伝わってきます。

 

特に算数は「応用力」もだいぶついてきて、ほんとにこれからが楽しみになってきました。

(ただ、Aちゃん自身も分かっているけど「漢字」はもっともっと力を注がないといけないけどね‼)

 

お母さんからも「本人は塾の授業は分かるから楽しいっていうんです。」とお話をいただいています。

 

昨日も何だかんだで2時間ほど教室で学習をされていきました。

 

Aちゃんのように入塾がきっかけとなって

「学習することが楽しい‼」と言ってくださる方が1人でも増えるのは本当に嬉しいことです。

 

=====

お子さんのために自分たちができることを精一杯やる‼

=====

そんな気持ちで毎日取り組ませていただいています。

 

講習会も今日がラスト。さあ、今日も張り切っていくぞ‼ それでは、また‼

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼

2016年

3月

30日

失敗を恐れるな‼

【失敗と改善を繰り返しながら、ヒトは成長していくと思っています。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

中学生の時、私は野球部でした。

顧問の先生が超厳しい方で、当時いろいろと教えていただきました。

 

「服装が乱れている奴はそういうところがプレーにも出るんだぞ。」とか、

「1人が勝手なことをすれば、チーム全体に迷惑を掛けることになるんだぞ。」とか…。

 

その教えは「プレイヤー」としての技術的な指導よりもに、

「ヒトとして何が大事か❓」という部分の指導の方が本当に多かったと思います。

 

小学生のとき毎日悪さばっかりしていつも怒られてばかりの「クソガキ」だった私も

この先生との出会いでまっとうな道を歩むようになったわけです…。

 

「人生を変えた出会い」と言っても過言ではないと思っています。

 

この先生、とにかく「消極的なミス」に対しては本当に厳しかったんです…。

 

同じミスでも、積極的に行った結果のミスにはこんな言葉で逆に褒めてくれたりしたもんです。

「あの場面では、もっと○○すると良かったぞ。次につなげような。」

 

しかし、その反対にビビッて腰が引けた状態でミスがしようものなら…。

「ちょっとこっち来い‼」 そう言った瞬間、バッチ~ンとビンタが飛んでくることもありました。

 

=====

 

この教えは、今、私がお子さんの学習指導をするときにも活かされていまして、

私はお子さんには「どんどん積極的に失敗して欲しい」と思いながら、指導をしています。

 

「ミスをすることを恐れちゃいけない。ミスは大いに結構。だけど、そのミスをほったらかしにすることは許さん‼」

そんな気持ちでお子さんには接して、お声がけをしています。

 

塾で学習していると、お子さんはつい「できるようにしなきゃ」「ミスはできない」と

「方法」や「過程」以上に「結果」を強く気にしてしまいがちです。

 

「結果」はとっても大事なことですが、そればかり気にしてしまうと、

「方法は別にして、結果的に正解ならOK‼」的な考えがしみ込んでしまうような気がするのです。

 

自分がお子さんにうちの教室に来て、身に着けて欲しいと思っているのは、こんなことです。

=====

「自分で考え、判断し、それに基づいて行動を起こすこと」

「小さな失敗を繰り返しながら、正解を導き出す粘り強さ」

=====

 

世の中に出ると「正解が1つ」となるものばかりではありませんよね…。

 

同じ結果を出すにも、Aという方法もあれば、Bという方法もあるなんてこともたくさんあります…。

 

そんなとき、ちゃ~んと自分で考えて、どうすべきか自分で判断して、

勇気を持って行動ができる人になっていただく「下地をつくる」ことが私の仕事だと思っています。

 

そして、失敗、改善、再挑戦…を地道に繰り返せる強い心を育ててあげたいなぁと思っています。

 

こういうことができるようにお子さんが成長してくだされば、

成績の上昇や志望校合格という結果はきちんとついてくるものだと私は思っています。

 

野球解説者の野村克也さんのこの言葉。

「人間的成長なしに技術的進歩なし」

 

さあ、今日もがんばっていきましょうね‼ それでは、また‼

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼

2016年

3月

29日

だいぶ打ち解けてきましたね…‼

続きを読む

2016年

3月

28日

「適切な負荷」をかける

【運動も学習も同じ。成長には「適切な負荷」が必要だと思います。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

通勤の際、あるスポーツジムの前を通ります。

 

そのジムは、外から中の様子が丸見えで、

ランニングマシンで汗を流している方の姿がた~くさん見えます。

 

ここで運動されている方は何のために運動しているのか…?

 

「健康な身体を手に入れるため」「ダイエットのため」「肉体を鍛えたいため」…などなど、

目的は人それぞれかも知れませんが、共通しているのはこのこと。

 

=====

「今の自分を変化させたい」と思っているということ。

=====

 

そのためにトレーニングを行い、自分自身に「負荷」をかけ、

これまで「10」だった力を「11、12、…」としようとしているわけですね。

 

「今の自分を変化させたい」を満たすために、

自分に「ストレス」を課して成長しようとしている。

 

これはお子さんの学習でも同じだと私は思っています。

 

「成績を上げたい」「志望校に合格したい」を実現するためには

「自分には無理…」にチャレンジしなければいけないわけです。

 

でも、これをお子さんが自宅で1人でやるのには限界があると私は思います。

多分できるのは、ほんとにストイックな一部の人だけじゃないですかね…。

 

だから、そんなときこそ私たちを上手に利用して欲しいと思っています。

 

私たちは学習指導のプロとして、

あなたの力を伸ばすための「適切な負荷」をかけることができます。

 

「適度な負荷」はあなたを強くします。

「無理な負荷」は禁物なのです…。 長続きもしないし、壊れちゃいますからね…。

 

共に「ちょっと無理かも…。」に果敢にチャレンジし続けましょうね。それではまた!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

27日

アウトプットのために必要なこと

【アウトプットするためには、必ずこの時間が必要なんですよね…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日は家内の実家で法事があったため、授業はお休みをいただきました。

ここのところ毎日バタバタだったので、心身ともにちょっとひと休みって感じ。

 

この「ひと休み」が、自分にとっては本当に大切な時間です。

 

お子さんとの授業というのは、基本的には「アウトプット」

 

お子さんからいろいろ教えられることもありますが、

基本的には自分たちがお子さんに伝えることの方がどうしても多くなるものです…。

 

「アウトプット」するということは、

必ず「インプット」がないといけないわけです…。

 

だから、インプットを疎かにして、アウトプットするばかりでは駄目なんですよね…。

 

ときにはちょっと立ち止まって、ゆっくりいろいろと考えてみる。

 

今、取り組んでいることの目的は何だったか再確認をしたり、

その方法に改善点はないか検証してみたり…。

 

本を読んで、自分がまだ取り組んでいないことはなかったかヒントを探してみたり、

気持ちを再度燃え上がらせたり…。

 

毎日何も考えず、ただガムシャラに取り組んでいるだけじゃ、駄目なんですよね…。

 

もっと意図的にこういう時間をとっていかないと、

お子さんを「ワクワク」「ドキドキ」させることはできないですもんね。

 

さあ、明日からはまた講習会が再開です。

 

昨日、今日の休みでしっかり充電をして、明日からまたがんばりましょうね。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

26日

春期講習会2日目

【身体はきっついですが、お子さんのがんばる姿を見て、負けられないと感じます。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

まあ、この時期、どの塾さんも同じだと思いますが、毎日本当にしんどい日が続いています…。

  

でも、いざ授業になると身体も頭も冴えわたるのだから不思議なものです…。

 

続きを読む

2016年

3月

25日

春期講習会スタート‼

【最初の「緊張」「不安」はすっかりどっかにいってしまいましたね!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日から各学年「春期講習会」が始まりました。

 

今回の講習会、新中学1年生はガンガン「中学校の先取り学習」を行っていますが、

その他の学年は数学・英語を中心にぎっちり「弱点克服」を行っています。

 

今回の講習会を機に、新しい出会いをたくさんいただいております。

 

たくさん学習塾のある中、私どもの教室をお選びいただけたこと、

本当に感謝です‼ ありがとうございます。

 

今回うちを選んでくださったお母さんと昨日こんな話になりました。

 

「お母さん、何でうちに決めたのですか❓迷いはなかったんですか❓」

 

「いや~、チラシ見たとき、何かビビっと来たんですよね。ここしかないって。

今日お会いして、やっぱり間違いないって思いました。」

 

このお母さん曰はく、「ほかの塾とはまったく違うものを感じた」とのこと。

 

いや~、本当に嬉しい…。こんなにうちに惚れ込んでいただけるなんて…。

 

その後も話は弾み、「野球好き」ということをはじめ、

いろいろな共通点があってすっかりお母さんと意気投合‼

 

期待を裏切らぬよう、精一杯努めます。末永くよろしくお願いいたしますね。

 

=====

 

昨日は講習初日ということで多くのお子さんがお母さまと一緒に教室にいらっしゃいました。

 

その表情を見ると、初めての塾という「緊張」と「期待」、

そして「大丈夫かなぁ…。」というちょっぴり「不安」を感じているようにも見えましたが、教室に入ると表情は一変。

 

本棚にたくさん並ぶテキスト、パソコンやプリンタなど、

初めて見る教室の景色を見て、興味津々‼ ニコニコ顔であちこち珍しそうに眺めていました。

 

既存の塾生さんにとってはいつもの風景ですが、

初めてのお子さんにとっては新鮮なんでしょうね。

 

「よ~し。それじゃ、授業始めよっか。」

 

私の掛け声とともに初めての授業スタート‼

 

ただ授業を進めるだけではなく、合間にトークと笑いを交えながら、

楽しく問題演習を進めていただきました。

 

初めての授業を終えたその表情にはもう「不安」はなく、

「やり切ったぞぉ~‼」という「達成感」が感じられました。あぁ、良かった、良かった。

 

さあ、次回の授業も一緒にがんばろうね‼ それでは、また‼

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼

2016年

3月

24日

元気、いただきました!!

【久し振りの再会で、すっかり元気になってしまいました。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日は午後早くから小学生のお子さんの授業。

そして、それが終わり夕方からずっと三者面談が続きました。

 

そこに春期講習会の準備も重なり、疲労困憊…。

 

「いや~、しんどい…。ちょっとお茶でも飲んで、休憩すっか…。」

 

そんなことを思いながら、椅子にドカッと腰掛けると、

トントントンと階段を登ってくる音が聞こえます…。

 

時計を見ると、まだ次の面談予定時間よりも随分早い…。

 

「あれ? もう、いらしたのか…? 」

 

ちょっと焦っていると、玄関が開き、次の瞬間元気な声が聞こえてきました。

 

「先生、こんばんは!! はい、これどうぞ。」

 

この春、高校を卒業した卒業生SくんとKくんが

「差し入れ」を持って教室に遊びに来てくれました。

 

「おぉ~、久し振り!! 元気だったかい?」

 

Kくんは大学進学が決まる11月まで教室に通ってくれていたので4ヶ月ぶりぐらいの再会ですが、

Sくんと全然お会いできていなかったので、お会いするのは約3年ぶり。

 

就職が決まり、この春からいよいよ社会人となるSくん。

 

昔からがんばり屋で真っ直ぐな性格のいい男でしたが、

その良さをさらに磨きがかかったようです…。

 

K君もまったく変わらない…。

妹の卒業式に出席してしまうほどの「家族思い」「妹思い」のいい男です。

 

この2人は震災前から教室に通ってくれていた自分の大切な仲間。

 

2人の顔を見ていたら疲れも忘れて、すっかり元気になってしまいました…。

 

春期講習会を前に元気、いただきました!! どうも、ありがとう。

 

今度はゆっくりご飯でも食べに行こうね。楽しみに待っているよ。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

23日

凄まじい成長

【久し振りに一緒に授業をして、成長振りにビックリしました。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「時計の針」ってずっと見つめたままでいると、その変化に気づきにくいものです。

 

でも、しばらく目を離してからあらためて見てみると、

「あら、こんなに進んでたのかぁ~。」とその変化の大きさに気づくこともありますよね。

 

=====

 

昨日、 普段は別の者が担当させていただいている小5・ダブルAちゃんの授業を代行。

 

 

たまに丸付けをしたり、手が止まっているときに声がけをしたりすることはありましたが、

最初から最後まできちっと授業を担当するのは本当に久し振り。

 

昨日授業をして「すごい…!! こんなにできるようになってたんだぁ~!!」とビックリさせられました。

 

毎月の学力テストの答案を採点したり、担当からの報告を聞いたりして、

力をつけてきていたことは十分分かっていたのですが、

一緒に授業をしてみて、その成長ぶりを「生」で感じることができました。

 

「学校でも褒められて嬉しい!!」と言っていた片方のAちゃん。

中学生でもちょっと迷うような面積の問題も解けるようになっていて、ちょっとビックリ!!

 

また、「算数は苦手…。」と言っていたもう片方のAちゃんも、

小数・分数の計算も随分とスラスラ解けるようになっているじゃないですか…!!

 

2人とも何が良いって、今、「塾で学習すること」を楽しんでいるのが伝わります。

 

いいね!! その調子で6年生になって共にもがんばろうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

22日

温かく見守るということ

【春の訪れを感じるいい天気が、大切な教えを思い出させてくれます。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

ここのところ、「春の訪れ」を感じるいい天気が続いていますね…。

 

天気がいいのはとってもいいことなんですが、

「花粉症」の自分にとって、この時期は本当にキツイ…!!

 

塾生さんの中にも、ついつい目をかいてしまうお子さん、

鼻がつまって息苦しそうにしているお子さんもいます…。

 

その辛さ、すごく分かりますよ…。苦しいけど、共にがんばりましょうね!!

 

=====

 

こういう晴れたいい天気だと、私はイソップ童話「北風と太陽」の話を思い出します。

 

北風と太陽が、旅人のコートをどちらが早く脱がせることができるか勝負するお話。

 

北風は一生懸命、風を吹き、旅人のコートを吹き飛ばそうとします。

すると、旅人は「飛ばされまい」と一生懸命をコートを抑えてしまいます。

 

一方、太陽は暖かい日差しを旅人に与え続けます。

すると、旅人は「温かいなぁ…」と自らコートを脱ぎだしてしまします。

 

これ、自分が十年ほど前にカウセリングの勉強をしたときに教えていただいた

「信頼関係を築くための大切な教え」に通じるお話なんですね。

 

若いときの自分はい誰かに相談を持ちかけられると、

相手のためにと思って、ついついアドバイスをしたり、ときには叱ったりなんてことをしていました。

 

しかも、相手の話をよく聞かず、相手の気持ちを理解せぬままにそれらをしていました…。

 

でも、それじゃいけないって教えていただいたんですね…。

 

まずは、相手の話をしっかり聞く。そして、相手の気持ちに「共感」するってことが大事なんだそうです。

 

※ 「同意」ではなく、「共感」ですよ!!

 

そして、相手がゆっくり自分で答えを見つけられるよう、温かく見守ってあげることが大事なんだそうです。

 

これはきっとお子さんの学習指導でも同じなんですよね…。

 

ついついお子さんのためにあれやこれやと手を出してしまいがちですが、

お子さんが焦らずじっくり取り組めるよう、私たちが温かく見守ってあげることが大事なんだと思います。

 

さあ、今週からいよいよ「春期講習会」もスタートします。

 

気持ちを新たに、共にがんばっていきましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

21日

「別れ」と「出会い」

 

【いただいたご縁を大切にさせていただきたいと思っています。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「先生、入試も終わって、やっとのんびりでしょ?」

 

面談にいらしてくださったお母さんから、

こんな気づかいのお声をいただきます。

 

温かいお言葉、ほんと、ありがとうございます。

 

でも、まだまだこの時期は、ゆっくりできないのです…。

 

それは、「新学期の準備」でバタバタする日々が続くからです…。

 

新学期からのテキストや春期講習会の準備をはじめ、

新学期からの時間割調整や事務手続き作業など、毎日、締切に追われます…。

 

お子さんと1日中一緒に学習している方がずっとずっと楽しいですし、ずっと楽ですよね…。(笑)

 

=====

 

そんな新学期準備の仕事(というより作業)の1つとして、

「下駄箱の名前剥がし&名前貼り」があります。

 

うちの教室では、塾生さん1人ひとり靴を入れる下駄箱が決まっていまして、

その場所にお子さんのお名前を書いたシールを貼っています。

 

受験生が卒業すると、まずはそれを1つひとつ剥がす作業があります…。

 

シールを剥がしながら、お子さん1人ひとりのことを思います。

「あぁ…、初めて塾に来たときにはあんなに小さかったこの子もついに卒業かぁ…。」

「あんなにボ~っとしていたこの子も、随分と成長したなぁ…。」

 

いつも元気いっぱいの自分も、このときはちょっぴりセンチメンタルな気分になります…。

 

そのシールを剥がし終えると、今度は新しく教室にいらっしゃるお子さんの名前を貼っていくわけです。

 

「たくさんある塾の中からうちを選んでくれた。この期待を裏切ってはいけない…!!」

 

シールを貼りながら、こんな思いでいっぱいになります…。

 

この春も、新しい出会いをたくさんさせてもらっております。

このご縁を大切にして、自分がお子さんにできること、精一杯努めます。

 

共に「笑顔」で頑張って行こうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

20日

楽しい面談

【お母さんのお話をお聞きするのは、私の楽しみの1つです。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

入試も終わり、新学期が近づいてきたため、

ここのところ、各ご家庭さまと「三者面談」を実施させていただいています。

 

新年度の時間割や指導内容などの確認をはじめ、

世間話も交えながら、楽しくお話をさせていただいています。

 

※ もしかして、私だけが楽しんでいて、お母さんは楽しくなかったりして…?(笑)

 

塾生さんのお母さんのお話を聞いていると、あっという間に1時間が過ぎてしまいます…。

 

その間、待たされる塾生さんは「小菅、早く終われよ…!!」って思ってんだろうなぁ…。

 

でもね、お母さんのお話を聞くっていうのは、

君の成績を上げるためにも、とっても大切なことなんだよ…。

 

だって、先生たちは君が家でどんな生活をし、

どんな学習をしているのかまでは分からないんだから…。

 

成績を上げるための切り口はどこか、どんなところに改善の余地があるのか…?

 

そういったことを考えるときに、お母さんのお話はとっても重要なんです…。

だから熱心にお話を聞いていると、ついつい面談時間が長くなってしまうのです…。

 

昨日面談があったお母さんは、こんなお話をされていました。

「先生にメールしようかと思うけど、忙しいかったら悪いかなと思って…。」

 

いえいえ、どんどんメールください。

それが私の励みになりますし、お子さんへの指導をさらに良くするヒントが隠れているのですから。

 

電話と違い、メールは基本的に時間を気にしなくてもいいコミュニケーションツール。

 

お母さんのお手すきのときに、さらっと気軽にメールしてください。

私も忙しいときはすぐに返信できないですが、時間を見て、ご返信いたしますので。

 

お互い、手を取り合い、お子さんの成長のためにがんばりましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

19日

パワーアップ!!

【すべては「教室に通うお子さんの笑顔のため」なのです…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日は教室を留守させてもらい、

隣県の学習塾さんの授業見学に行ってきました。

 

今現在でも「大変素晴らしい」と評判高き富久山教室の授業を、

もっともっと良くしようとするこの貪欲さ。我ながらいい心掛けだと思います。(笑)

 

この塾さんは、各教材メーカーの営業さんが「いい塾ですよね!!」と必ずお話されます。

 

教材展示会やセミナーでお会いした際にはいろいろお話をさせていただくのですが、

研究熱心でとっても勉強になります。

 

始めてお邪魔したのは、多分7~8年前で、昨日が2回目の授業見学。

「アイシースクール以外で、自分の息子と娘を通わせたいと思える塾」だと私は思っています。

 

授業を見ていて感じるのは、お子さんがとってもイキイキしているんですね…。

下は小学校の低学年から上は高校生までいらっしゃいましたが、本当にいい雰囲気でした。

 

そして、塾長先生をはじめ、先生方が

お子さんとのやり取りをとっても楽しんでいるのがすごく伝わるんですね…。

 

授業形態もうちの形態に似ているので、1つ1つがとっても参考になりました。

 

授業終了後、年度末の忙しいさなか、塾長K先生が時間を作ってくださって、

お食事をしながら、ためになるいろいろなお話を聞かせていただきました。

 

K先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。

お疲れのところ、遅くまでお付き合いいただき、心より感謝です。

 

お話を聞きながら、いろいろなアイデアが浮かび、

今日の帰りの車中で、そのアイデアを1つ1つ具体化しながら帰ってきました。

 

塾生さんと保護者さま。来週からの春期講習会を前に、小菅はいっぱい充電して帰ってきましたよ…。

「なんか、小菅の奴、いちだんと強力になったんじゃね?」となること間違いなしです。

 

ガンガン突っ走っていくので、振り払われないようにね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

18日

小学生の授業風景

【新学年に向けて、現学年の復習を実施中です!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

ここのところ、小学生のお子さんの授業風景がアップできていなかったので、

本日は久し振りに画像を中心にアップさせていただきますね!!

 

ここ最近は、現学年の復習を中心に復習をしていただいています。

 

みんな熱心に取り組んでくれているので、ありがたいです。

 

来週からは春休みになりますので、新学年に向けて、ゆっくりと復習していきましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

続きを読む

2016年

3月

17日

早くて正確、そして楽に計算する

【できるだけまとめて、スッキリさせるのがコツですぞ!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

学年の終わりが近づき、

ここ最近はずっとお子さんには「学年の復習」を行っていただいています。

 

各種計算問題をはじめ、統計や図形の問題など、

学年で学習したことをひと通り確認しております。

 

そんな中で、私とある男子のやり取り。

 

「1つ1つ丁寧に解く、まじめな性格が出てるよねぇ~。」

「悪くないけど、先生のようなずる賢いヒトはというと…。ほら、簡単でしょ!!」

 

「うわっ!! これ、すごいっすね!!」

 

小学生なら「計算のきまり」という内容で習い、

中学生なら「分配法則」「因数分解」などで次の式を習います。

=====

○×□+○×△=○×(□+△)

=====

 

これは大変ありがたいもので、

複雑な計算をとてもシンプルな計算に変えてくれる「優れもの」です。

 

例えば、小6の「円の面積」に関する問題。

 

半径9cmの円から半径6cmの円の面積を引く計算をする場合、次のような式になります。

 

9×9×3.14-6×6×3.14

 

 

これを素直でマジメなお子さんは、きちんと前から1つずつ丁寧に計算を進めていきます。

 

しかし、先に述べた計算ルールがしっかり定着しているお子さんは次のように計算をします。

 

 9×9×3.14-6×6×3.14

=3.14×(9×9-6×6)

=3.14×(81-36)

=3.14×45

=141.3

 

頭の中で「九九=81から六六=36を引いて、3.14を書けると…」と計算してしまうのですね。

 

私はよく算数や数学の指導をさせていただくときに、こんなお話をさせていただきます。

 

「計算が複雑になったり、計算手順が増えるとミスが出やすくなるよ。」

「だから、できるだけまとめられるものはまとめて、

計算をシンプルにすると、早くて、正確しかも楽になるよ!!」

 

この計算法則をはじめ、春休みの授業では、

こういった「解法のコツ」をどんどんお伝えしていこうと思っています。

 

算数が楽しくなるといいですね!!共にがんばりましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

16日

新学年に向けて

【「おいおい!!」って突っ込みたくなる珍解答が続出!! ふぅ~。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「今日の国語、難しかったですぅ~。」

「ねぇ、難しかったよねぇ?」

 

「いいんだよ、今できなくても。春休みにそこをギッチリ特訓すんだから!!」

 

とは言ったものの、確かにこの漢字の出来はマズイなぁ…。手を打たないとやっべぇぞ!!

 

=====

続きを読む

2016年

3月

15日

合格発表

【共に心を強く持ち、前に進んでいこう…!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日は県立高校の「Ⅱ期選抜_合格発表」でした。

 

これで受験生16名、全員の進路先が決定となりました。

 

「全員合格!!」を目標に取り組んで来ましたが私どもの力が及ばず

1名だけ合格に導くことができませんでした…。

 

去年もそうでしたが、落ちてしまった方のことを考えると、

書いては消し、書いては消しのくり返しです…。今日の更新は本当に辛い…。

 

毎年、合格発表の直後から喜びのお電話をいただいたり、

わざわざ教室まで来てくださって、直接報告やお礼を述べられたりします。

 

合格したお子さんと固く握手を交わし、「喜び」を共有できることは私たちにとって「最高のご褒美」です。

 

今までお子さんとともにがんばってきた努力が報われる瞬間です…。

 

特に今年は、通常授業や講習会だけでなく、

大晦日特訓や土・日曜日特訓など、一緒に頑張った時間が長かっただけに、喜びも大きいです。

 

合格した皆さん、本当におめでとうございました。

今日からはしばらくのんびりしてくださいね…。

 

しかし、どんなに地域トップ校に合格者を出したとしても、

学校の先生に「絶対に無理!!」と言われた方が逆転勝利をしてくれたとしても、

合格させてあげられなかったお子さんやご家庭のことを考えると、

悲しく気持ち、悔しい気持ちでいっぱいになってしまいます…。

 

実は私も当時、第1志望の高校に合格できなかった人間です…。

 

だから、その家庭でその日の夕食がどんな空気感に包まれるかが容易に想像できてしまいます…。

 

小さい頃からずっとうちに通い続けてくれたのに、合格に導くことができなかった…。

本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいになります…。

 

でも、ずっと悔やんで落ち込んでばかりいられない…。

 

お互い、この経験を次に活かさなければならない…。

今回のことを「成長の糧」にしなければならない…。

 

心を強く持ち、共にまた前に進んで行こう…。

 

受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

そして、保護者の皆さま、今まで本当にご理解とご協力、ありがとうございました。心から厚く御礼申し上げます。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

2016年

3月

14日

いよいよ合格発表です…。

【さあ、いよいよ合格発表ですね…。気をつけて行って来てください。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日は3月14日。いよいよⅡ期選抜の合格発表です。

 

きっと、受験生のみんなはもちろん

お家の方も、ドキドキして発表の時間を待っているんだろうなぁ…。

 

今年はみんな、どんな報告をしてくれるのだろうか…。

 

今までやってきた成果が実り、満面の笑みで報告に来るお子さんもいれば、

無理にでも笑顔を作り、必死で涙を堪えながら報告に来るお子さんもいる…。

 

午後12時からの電話と階段を登る足音がとにかく気になる1日。

1年のうちでもっとも神経を使い、パワーを消耗する日です…。

 

みんなが「笑顔」で報告してくれたら、いちばん良いのですが…。

 

でも、これだけは忘れないで報告に来ていただきたいのです。

=====

自分が全力で取り組んだ結果を、堂々と胸を張って報告して欲しい。

=====

 

毎年のことなのですが、私は受験生には必ずこのことをお伝えしています。

 

「まずは自分のやってきたこと、持っている力を全部出し切れたかどうかが大事なんだ。」

「それらを出し切ったうえで合格することができたなら、これは最高だ。」

「だけど、それを出し切っても、周りの子が上手なら合格できないこともあるだろう。」

「でも、自分の力を出し切った上での結果なら、それは必ず次に繋がると先生は思う。」

 

さあ、気をつけて会場まで行って来てください。みんなの報告、待ってますよ!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

13日

正しいことを一生懸命にやる

【何事も最初が肝心。「正しい方法」で始めていきましょうね!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

受験生の方は11日(金)に「卒業式」を終え、

明日はいよいよ「県立高校Ⅱ期選抜」の合格発表です。

 

「新しい学校生活」の始まりですね…。

 

そして、中学1・2年生や小学生の皆さんは、もうすぐ「春休み」

「春休み」が終わると、いよい「新学期」「新学年」ですね…。

 

新学期、新年度、新生活…などなど、

「新しいこと」はとっても楽しみでもあり、ちょっぴり不安もある…。

 

そんな感じじゃないですかね…。

 

ゴルフ好きの自分の友人が、以前こんなことを言っていました。

 

「最初が肝心なんだよね…。」

「最初にちゃんとやるべきことをやらないと上達しないんだよね…。」

 

=====

「正しいこと」を一生懸命取り組む

=====

 

「こんなに一生懸命やっているのに、結果が出ないんです…。」

 

一生懸命がんばることはとっても大切なことだと私も思います。

 

でも、一生懸命やることが「正しいもの」でなければ、

思ったような成果が表れてくれないんですよね…。

 

ある意味では「まったくやらない」よりも性質が悪いかもしれません…。

 

これは、お子さんの学習でも同じです。

 

いくら一生懸命学習に取り組んでいるといっても、

その方法や学習すべき箇所が「正しいもの」でなければ結果は上がらないのですね…。

 

私の仕事は、今、学習でつまずきを感じているお子さんに、

「正しい方法」を提示し、結果を出していただくために、共に努力することだと思っています。

 

さあ、この春休みもお子さんの力になれるよう、精一杯努めてまいりいます。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

12日

これからも、「カメさん」なりに努力をします。

【派手さはないけれど、きちんとした仕事をさせていただきたいと思っています。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

おかげさまで、春休み・新年度を迎えるにあたり、

お問い合わせのご連絡を多数いただいております。

 

数多くある学習塾の中から「富久山教室」に興味・関心をお持ちいただけたこと、

心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 

これも過去から現在に至るまで、

富久山教室を選んでいただいた生徒さん、保護者さまのお陰でございます。

 

本当にありがとうございます。

 

富久山教室の担当になり、随分と月日が経ちました…。

 

担当になった当初はお客さまから

「こんな塾に大切な子どもを通わせられない!!」なんて言葉をいただいたこともありました…。

 

社内でも「富久山って、ちゃんと仕事してんですか…?」なんて言われたこともありました。

 

そんなとき、この歌詞が自分の支えになっていました。

 

=====

「もしもし かめよ かめさんよ

せかいのうちに おまえほど

あゆみの のろい ものはない

どうして そんなに のろいのか」

 

「なんと おっしゃる うさぎさん

 そんなら おまえと かけくらべ

 むこうの 小山の ふもとまで

 どちらが さきに かけつくか」

 

「どんなに かめが いそいでも

 どうせ ばんまで かかるだろう

 ここらで ちょっと ひとねむり」

 グーグーグーグー グーグーグー

 

「これは ねすぎた しくじった」

ピョンピョンピョンピョン

ピョンピョンピョン

「あんまり おそい うさぎさん

 さっきの じまんは どうしたの」

=====

 

お子さんと保護者さまのために自分が今できることを精一杯させていただく。

お子さんの成長のために「本当にすべきこと」を1つ1つ丁寧に、心を込めて、やり続ける。

 

「小さな努力の積み重ねが、大きな差を生む」

 

これからも、「お子さんと保護者さまにとって最良の教室」となれるよう、がんばります。

 

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

11日

祝・中学校ご卒業

【「合格発表」がまだ残っているけれど、晴れてご卒業ですね…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今日、中学校では「卒業式」が行われます。

 

今朝は、少し雲はあるものの、穏やかないい天気です…。

 

まるで、Ⅱ期選抜を終え、発表を待つお子さんの「心」を表しているかのようです…。

 

「受験が終わった」ということと「中学校を卒業する」という喜びと

「合格発表はどうなるのだろうか…?」というちょっぴり不安がある…。そんなところでしょうか…。

 

先日の受験当日といい、今日の卒業式といい、

今年の中3は「天気」に恵まれているような気がします。

 

この3年間、部活動をはじめ、いろいろなことを経験し、いろいろなことを学んだ3年間だったと思います。

 

感受性の豊かなこの時期に学んだことや一緒に時間を過ごした友人たちは、

今後の人生でもきっとあなたの支えになるではないでしょうか…。

 

特に今回の受験を通し、単なる「知識習得」ということではなく、

いろいろなことを悩み、いろいろなことを考え、いろいろなことを学んだ経験は大きな財産になると思います。

 

ぜひ、この貴重な学びを今後の人生に活かしていただきたい…。

そして、今よりももっともっと大きく成長していって欲しい…。

 

みんなより、ちょっとだけ人生を長く生きている私から卒業生の皆さんにお伝えしたいことです。

 

今後の更なるご活躍を心からお祈りいたしております。

 

本日はご卒業、誠におめでとうございます。

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

10日

中学校の数学の内容に突入!!

【いよいよあとちょっとしたら「中学生」になるんですねぇ…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「今年は、みんな良い感じで解けているね!!」

 

2月はじめから実施してきた新中学1年生対象の「中学準備講座」も

残すところ「ラスト1回」となりました。

 

先日の授業では、「算数の復習」が終わり、ついに「数学」の内容に突入。

 

お子さんたちの表情を見ると、「どんな勉強をするのかな?」と期待を高まっている感じ。

 

「正負の数」の簡単な説明の後、お子さんたちには「同符号の加法」と「異符号の加法」、

「3つ以上の数の加法(交換法則・結合法則の利用)」の計算を行っていただきました。

 

 

今年の新中学1年生はマジメで素直なお子さんたちなので、

きちんとフォームを確認しながら、1つ1つ丁寧に計算を進めてくれていました。

 

例年だと、私のこんな声が飛ぶんですけどね…。

「何で今説明した通りの手順で解かないのよぉ~。最初に手抜き覚えると、上達しないよ!!」

 

毎年、「こんなの楽勝!!」「いちいち面倒くさいなぁ~。」と

計算過程を書かずに頭の中で計算してしまう方が必ず現れます。

 

スポーツでも何でもそうでしょうけど、

「まずは真似る」「少しずつ自分なりにカスタマイズ」っていうのが習得の基本と私は思います。

 

特に「数学」は1つ1つの内容が連鎖していく教科だからこそ、

最初にきちんとしたフォームを固めておくことはとっても大事だと思っています。

 

でも、この分なら来週の「減法」も問題なく進めそうだ…。

 

中学校の学習、良いスタートが切れるように共にがんばりましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

09日

どうか、お願いします…。

【お子さんが取り組んできたことがちゃ~んと発揮できていれば、あとは結果を待つのみです…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日は県立高校の「Ⅱ期選抜」の実施日。

 

前日の「雨模様」の天気から打って変わって、温かく、穏やかないい天気…。

 

今までがんばってきた受験生を温かく送り出してくれているような天気でしたねぇ…。

 

私は、小さい頃から現在に至るまで、

神棚のお供えの水を取り替え、お祈りをすることが毎朝の習慣になっています。

 

毎年、入試当日の朝、私は神さまにこんなお祈りをします。

=====

「どうか、子どもたちが今まで頑張ってきたことがちゃんと発揮できるよう、見守ってあげてください。」

=====

 

不思議に「合格させて欲しい」とはお祈りしないんです…。

 

これは自分が野球をやっていたときも同じでした。「勝たせて欲しい」とはお祈りしませんでしたねぇ…。

 

今まで、きちんと「やるべきことはやってきた」と思っているので、

普段通りの力が発揮できれば、結果は当然ついてくるという「自信」があります。

 

でも、例えば真面目過ぎるお子さんの場合、「緊張のしすぎ」や「会場の雰囲気に飲まる」ということもあります。

あるいは、急な「体調不良」や「移動途中の事故」などが原因で、いつものリズムが崩れてしまう…。

 

こういった要因で、お子さんの本来の力がまったく発揮できなくなるのだけは、

本当にイヤなんですね…。これは悔やんでも悔やみきれません…。

 

だから、こういことが起きないようにだけ見守って欲しいと神さまにお祈りさせていただくわけです。

 

もし、お子さんが自分の力を全部出し切っても合格できなかったのならば、

それは、お子さんの実力よりも学校のレベル、他の受験生の方が上手だったというだけのこと。

 

だから、Ⅱ期選抜を控えた受験生に対して、こう思うのです。

 

=====

自分のやってきたことを信じ、やってきたことを全部出し切って帰ってきて欲しい!!

=====

 

昨日で全日程を終えたお子さんは、取りあえずご苦労さまでした。

 

また、今日、面接が控えているお子さんは、あとひとふん張りですね!!がんばれ!!

 

そして最後に、今日まで保護者さまには、

毎回の送迎やお食事の準備をはじめ、いろいろとご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございました。

 

14日(月)、お子さん、保護者さまと共に笑顔でお会いできること、心から願っております。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

08日

さあ、いざ本番!!

【今までやってきたこと、思う存分発揮して来~い!!GOOD LUCK!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「どれ。オーバーワークにならないよう、そろそろ終わるべよ。」

 

昨日、午後8時過ぎ。

まだまだ問題を解き続けようとしている受験生に声を掛けました。

 

「あっ。もう、8時過ぎてた…。」

「う~、緊張すんね…。」

「がんばろうね!!」 … などなど、お子さんたち同士、声を掛け合います。

 

入試前日の昨日。当初の予定では授業はお休みでしたが、

みんな学校からまっすぐ教室にやってきて、夕方早くから最後の学習。

 

よ~く、ここまで頑張ってきましたね…。本当にご苦労さま。

 

もう、このブログで何度も何度も書いていますが、

「受験」っていうのは、お子さんの人生において、本当に「大きなイベント」だと思います。

 

あんなにぼけ~っとしていたあの子も、いつもふらふらとしていたあの子も…。

 

いつの間にか、みんな、ピシッとして、いい表情になったなぁ…。

 

立派に成長したよ…。本当にそう思います…。

 

14日(月)、みんなからの良い報告、心から待ってます!! GOOD LUCK!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

07日

随分と成長したね…。

【いよいよ本番です…。気持ちで負けんなよぉ~!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日、受験生は最後の「日曜日特訓」の日。

 

もう、いちいち私が何も言わなくても、

自分ですべきことを黙々と行ってくれていました。

 

授業の合間、お子さんたちとしばし雑談…。

 

私の小学生時代の「悪ガキ」っぷりであったり、

そのことを知っている保護者さんが塾生さんの中にいるという話だったり…。

 

そして、自分の人生を変えたと言っても過言ではない中学校のときの野球部の顧問の話だったり…。

 

そんな話をしながら、教室にいたお子さんの入塾時期を振り返りました。

 

「Nちゃんは、ちょうど小3から小4になるときの今頃だったね。」

「その後、Rちゃんが入って、その後Rちゃん(先述のRちゃんとは別)が入ってくれて…。」

「小さい頃から長いこと一緒にやってきたのに、何かあっという間だったなぁ…。」…などなど。

 

今年の受験生は、震災前から塾に通ってくださっていたお子さんも多く、

本当に長い時間を一緒に過ごしてきました。

 

毎年のようにバス遠足に行ったり、教室でホラー映画を見たり…。

今年は本当に久し振りに「大晦日特訓」も実施させていただき、私も楽しませていただきました…。

 

「合格発表の日に会えるけど、もう、明日が本当に最後だね…。」

 

本来、本日7日(月)は授業をお休みにして、ゆっくり休んでもらうつもりだったんですが、

お子さんたちみんな「月曜日も塾に来ます。学校からまっすぐ来ます!!」との意見。

 

立派に成長したね…。やっぱり「受験をする」ってお子さんを成長させますよ…。

これで「合格」という結果がついてきたら、もう、何も言うことはないけど…。

 

くれぐれも今日は無理をせずに、ほどほに。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

06日

お母さまからのお電話に感動…!!

【すっごく心が温かくなってしまいました…。感謝!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「言葉」って、とっても「大きい力」を持っていると思いませんか…?

 

たったひと言でとっても元気や勇気をいただくこともある。

逆に、たったひと言で相手を傷つけてしまうこともある。

 

=====

 

昨日の朝、小学生のお子さんのお母さまから

「春期講習会」のお申し込みのお電話をいただきました。

 

その際、そのお母さまからこんなお話をいただきました。

 

「チラシもブログも見させていただきました。

 この塾なら、きっと勉強が楽しくなるんじゃないかなぁ~って感じたんです。

 以前撒かれたチラシに載っていた問題も、子どもは自主学習に使っていたんですよ。」

 

いや~、すっごく嬉しくなっちゃいました…。感動して涙が出そうでした…。

 

私からのメッセージをちゃ~んと読んでくださっている方がいてくれたんだなぁ~って。

そして、それに共感し、実際に行動を起こしてくださった方がいてくれたんだなぁ~って。

 

「他の塾とはまったく違う!!」っていう、

本当に嬉しいひと言までいただいてしまいました。

 

大手塾さんをはじめ、数多くある学習塾の中から、私どもの教室に選んでいただけたこと、

本当に光栄ですし、本当に嬉しい!! 

 

精一杯努めますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

そして、なによりも

お子さんがチラシに載っていた問題を自主学習に使ってくださっていたなんて…!! びっくりぽんです。

 

実は、このチラシ。

私が今までに作成したチラシの中でもダントツの反響の悪さ。「問い合わせ0件」だったんです…。

 

「あぁ~、こりゃ完全にやらかしたわぁ…。」と思っていましたが、

こうやってお子さんのお役に立てていたんだと思ったら、嬉しくなってしまいました。

 

お母さま、本当にありがとうございました。心から感謝です!!

 

=====

 

今日も午後から受験生が「最後の追い込み」のために教室へいらっしゃいます。

 

お子さんが自信を持って受験会場に向かえるよう、

今日もた~くさん「言葉」をかけてあげようと思います。 それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

05日

よく、がんばりましたね!!

【一生懸命考え、悩むことこそ、お子さんの力を伸ばすんですよねぇ…。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日、中学1年生は「入試対策演習(個人演習)」の授業。

 

数学は「立体の表面積・体積」、英語は「一般動詞の過去形」の演習。

 

=====

 

「はい、Mちゃん、残念!! 何か足りないですよぉ~。」

「あっ、π(パイ)ですよね…?」

 

「ほら、Tちゃんも。何か足りないぞ~。」

「あぁ~、π(パイ)かぁ…。」

 

あれほど、何べんも言ってんじゃん…。「π(パイ)、付け忘れんなよ!!」って。

 

せっかく計算をして、数値的に答えがあたっていても、

「π(パイ)」がないだけで、バツになっちゃうんだってばよぉ~。

 

まあ、でも、そういったミスをなくさせるための「反復演習」ですからね。

 

なんだかんだいっても、よく中1のみんなもよくがんばってくれています。

 

特に昨日、Sちゃんはほんと最後までよく諦めなかったなぁ…。

 

「Sちゃん、また、ちょっと違うなぁ~!!」

「えっ?! また、違うんですかぁ~。」

 

「う~ん、今度は値が小さくなっちゃったよ…。」

「もう、なんでだろ…。どこで間違えてんだろ…?」

 

小さい頃からコツコツと努力を続け、相当な力をつけてきたSちゃんですが、

どうしても1問だけ、何度解き直しても答えがあわない…。

 

こういうとき、私もヒントを出したし、教えたい気持ちをグッと堪えます…。

 

本人さんが必死に考え、必死に悩んでいる…。

 

こうやって「脳ミソが汗をかく状態」こそ、お子さんの「考える力」を伸ばすと私は思います。

 

授業時間も後半戦に突入し、

早い子は「英語の演習」に切り替わる中、まだ、問題を考え続けます…。

 

「先生、できました。」

「どれどれ、解答してみようか。」

 

私はわざすこし間を空けます…。Sちゃんから「緊張感」が伝わります…。

 

「シュッ」という音が鳴る…。

 

「OK!!」

「やったぁ!! やっとできたぁ~!!」

 

Sちゃんは満面の笑み。いい表情でした。がんばったね!!

 

これからも、お子さんとともにがんばっていきます。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!! 

 

2016年

3月

04日

「的をしぼる」ということ

【「あれも、これも」じゃ、どれも打ち返せない。きちんと「絞り込む」べし!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

中学1・2年生の方は「定期テスト」も終わり、

来週の「実力テスト」が終わると、今年度の学校内テストはすべて終了。

 

多くの人は、「よし。しばらくのんびりできるぜ!!」とだらけモードに突入してしまう可能性が…。

 

そうさせないために、教室では、いろいろな「しかけ」を準備して、

お子さんをだらけさせないように取り組んでいきます。

 

でも中には「新学年」という新たなスタートを前に、しっかりと気持ちを切り替える方もいる時期です。

 

「よーし!! この春休みにきちんと弱点を克服しよう。」

 

このやる気と「計画」の量は、ほぼ比例します。

 

これもやろう。あれもやろう。学習計画がどんどん膨らんでいく…。

 

でも、残念なことに「計画の量」と「成果」は、ほぼ反比例することが多い。

 

なぜか…?

 

あれもやらなきゃ…。これもやらなきゃ…。

結局、全てが中途半端になってしまうことが多くなってしまうのですね。

 

きちんとした成果を出すために、気をつけてほしいことはここです。

=====

「的を絞る」

=====

 

きちんと「やらないことを決める」ということです。

 

行動を少なくするのではなく、

「最も大事なこと」をきっちり見極めて、そこに集中すると言うこと。

 

この「最も大事なこと」っていうのは、「苦手なこと」「やりたくないこと」「面倒なこと」である場合が多いものです。

 

ですので、富久山教室では、先日ご案内させていただいた通り、

春休み中に「春期_弱点克服講習」を実施して、お子さんの「すべきこと」を徹底的にサポートしていきます。

 

苦手教科を徹底反復できるよう、受験生の指導と並行して、いろいろと準備を進めております。

 

この春休み、共にがんばっていきましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

03日

エンジン全開!!

【学校で「事前指導」も入り、さらに気合を増したようです。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

受験生と授業ができるのも残りわずか…。

 

「少しでも、みんなと近いところにいたい…。」

そんな気持ちから、昨日はいつもと違う部屋での授業。

 

昨日、受験生のお子さんは学校で「事前指導」があったようです。

 

「いよいよ、本番だなぁ…!!」とさらに気合が増したようです。

 

昨日の授業でも、各々、「自分が今すべきこと」を考えながら、

それぞれの課題に取り組んでいました。

 

数学の過去問をタイマーで計りながら学習している子。

学校の先生からいただいた各教科の入試対策問題を解いている子。

全国公立高校の入試問題をひたすら解きまくっている子…。

 

ここまでの過程の中で、お子さんは随分と成長したなぁと思います。

 

改めて、「高校受験」というイベントの大きさを感じています。

 

毎日のように学習を続け、今は精神的にも肉体的にも相当しんどいはず…。

(体力だけが取り柄の自分ですら、ここ最近はしんどい…。栄養ドリンクが欠かせない…。)

 

残すところあとわずかしかない授業。

お子さんとともに最後までがんばりたいと思います。

 

お母さまをはじめ、ご家族さまも大変な時期かと思いますが、

どうぞ、ご協力よろしくお願いいたします。 それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

2016年

3月

02日

もうすぐ「実力テスト」

続きを読む

2016年

3月

01日

連日の「社会特訓」

【残り1週間。詰め込みだろうがなんだろうが、やるしかない!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

いよいよⅡ期選抜が近づいています…。

 

※ ここのところ、どうしてもこのネタに偏ってしまっているのですが、

  時期が時期だけにどうかご勘弁を!!

 

先週末から受験生は「最終調整」に突入しております。

 

=====

 

「はっ? そんな奴、いねぇ~し!!」

「それ、時代が全然違うけどぉ~!!」

「あんまりにも笑える珍解答はブログにアップすっからねぇ~!!」

 

今まで学習したことを1つ1つ確認しながら、黙々と自習を進めるMちゃんの傍ら、

私に激しく突っ込みを入れられながら、連日「社会特訓」が続くNちゃん。

 

もうこの時期まで来ていますので、

「とにかく点数の稼げる教科で、1点でも多く点数を稼ぐしかない!!」ということで、

満点になるまでひたすら私の手作りのチェックテストを繰り返し行っています。

 

※ 「並び替え対応」なので、毎回、問題がバラバラになる。だから、順番通りの丸暗記では合格できない!!

 

テストを繰り返し、知識はもちろんだけど、本人の気持ちもより高まってきたって感じ…。

 

「もうちょっと早く本気になってくれてりゃ、こんなにきつくならずにすんだのに…。」と心底思う…。

 

でも、仕方がない…。ここで得た気づきも、今後の人生に大いに役立つだろう…。

というか、役立たせないといけないんだけどね。

 

あと1週間。最後の最後、ギリギリまで、お互いやれることはやりきろうと誓い合っています。

 

最後のひとふん張り!! くれぐれも体調だけは気をつけてくださいね…。それでは、また!!

 

続きを読む