教室長:小菅がお子さんの学習指導をはじめ、

日々の授業・生活で感じたこと・考えたことを毎日更新中!!

「本物の知識」に変換せよ!!

【いくら練習したって、実戦で使えなきゃ「意味なし」ですよね・・・?】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


時間が経つのは本当に早い…!! あっという間に7月も終わりですね…。


受験生をはじめ、塾生の皆さん、毎日本当にお疲れ様です!!

 

そして、保護者の皆さま、送迎やお食事の準備をはじめ、ご協力、本当に感謝です!!


先日の話(こちらからどうぞ)の影響なのか、

疲れが見え始めていた受験生の「学習意欲」も再燃!!

むしろ先週よりもさらに「やる気」が上がってきたように感じます。

 

昨日も「学校の三者面談があるので、今のうちにやってから途中抜けます。」という意識の高いお子さんが

朝早くから学習を開始していました。


いいね~!!その気持ち、とっても大切です…。そういう動きに先生は「感激」しちゃうんですよ…。

 

私はお子さんたちに、よくこんな話をします。

=====

「学習で成果を出すことは、運動部の『練習』と『練習試合』の関係にとても似ていると思う。」

「いくら練習のときうまくできていても、それが実戦でうまく再現できないことってよくあるよね?」

「だから、本戦までに何度も何度も『練習試合』をして、それらができるかチェックする必要がある。」

「できればOKだし、できなければ再度練習をして、次の試合に備える。」

「そうやって練習と実戦を繰り返して、練習したことを実戦で使える形に変換するんだよ。」…などなど。

=====

 

これは運動に限らず、勉強でも同じだと私は考えています。

 

講習会に入ってから「また、これやんの?」としつこく何度も反復していただいている「基礎内容」も

ちゃ~んと「実戦で使える知識」に変換しなければ反復している意味がなくなってしまうんです…。

 

「『基礎内容』と『実戦問題』の繋がりを確認し、知識を使える形に変換しなければいけない」のです。

 

そんなわけで講習会2週目に入りお子さんたちには「基礎の反復」と並行して、

「実戦問題の演習」を追加して学習を進めていただいております。

 

単元ごとに分けられた状態なら「楽勝!!」といってできている問題も、

複数単元が入り混じったと「ごちゃ混ぜの状態」になると分からなくなるもんなんですよ…。

 

そのでできなかった箇所から目を逸らしては駄目ですからね・・・!!

そこをきちんとできるようにすることが「成績向上のポイント」ですよ。

 

さあ、今週の授業も今日と明日を残すのみ。

 

今朝も朝から暑くてベタ~っとしていますが、気合と根性で乗り切りましょうね!!

 

それでは、また明日!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

「きっつい…!!」と感じるときこそ

 

【「きっつい…!!」と感じるときにこそ、

グッと踏ん張れるかが重要だと思うのです…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


講習会も2週目に突入し、少しずつ疲れが出てくる頃です…。


今年はよくがんばっているとは思いますが、油断大敵…!!


そんな訳で、今日の授業終わりに受験生のみんなにはこんなお話をさせていただきました。

=====

「講習会がスタートして1週間ぐらいは、だれでも気合を入れて勉強するもの。」

「2週目ぐらいになると、疲れが出てきて、最初に比べると学習ペースが落ちてくる…。」

「このとき、踏ん張れない奴は絶対に勝てない…。この2週目が本当にがんばらなきゃならないとき…。」

「気持ちを引き締めて、この2週目の学習に取り組みなさい…。」…などなど。

=====


私の考えとして、「夏期講習会」を受講した後というのは、

受講前に比べて「点数」は上がるものだと思うんです…。(上がらないのはおかしい…。)


でも、それはアイシーに通っているお子さんだけでなく、

他の学習塾さんに通われているお子さんも同じだと思います。


というか、うちに通ってくださっているお子さんの多くは「勉強が苦手」なお子さんですから、

ちょっと点数があがったぐらいじゃ「相対的な結果=偏差値」はあがらないんです…。


上げるなら「うぉ~、めちゃめちゃ上がったじゃん!!」という点数をたたき出さないと…。


誰よりも早く入室して学習をするのもよし。

誰よりも遅く退室して学習をするのもよし。

終わらなかった課題を、家に持ち帰って解き終えてくるのもよし。


とにかく、この夏の間に「どれだけたくさんの問題を解くか?」ということが重要だと私は思います…。


私たちは長年受験指導をしてきた「受験指導のプロ」

「成績を伸ばす」ための「問題の選定」「カリキュラム」には絶対の自信があります。


みんながきついように、他のお子さんだってきっついのよ…。

もちろん、先生たちだってきっついわけです…。


でも、ここで止めてしまったら、いつまで経っても変わることはできないのです…。


お互い、グッと歯を喰いしばって、あと少しがんばろうね…。


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


続・誰のためでもない…。自分自身のために…!!

【「体験入学」への参加が

さらなる「加速のきっかけ」になってくれればと願います…】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日に引き続き、今日も黙々とがんばっているお子さんについて。


昨日、他の誰よりも早く入室し学習を始めたのは中3・Rちゃんでした。

(昨日のブログでお書きしたRちゃんとは別の方で~す。)


夏休みに入り毎日のように早めに教室に入室して黙々と問題演習に励んでいます。


小学生のときからずっと担当させていただいておりますが、とってもおとなしい生徒さん。


1つ1つの問題を慎重かつ丁寧に解く「自分の性格」や「スピード」などを理解し、

「自分はどうすべきか…?」ということをきちんと考えて取り組んでいる生徒さんの1人だと思います。


周りのみんなよりも早めに入室して課題を解き始めていることからもそのことがうかがえます…。


おととい27日(月)、彼女は入学を希望する高校の「1日体験入学」に参加されました。


私が「体験学習、どうだった?」とお聞きすると、

「とっても楽しかった!!」と笑顔で答え、高校案内のパンフレットを見せてくれました。

 

普段、なかなか感情を前面に出さないおとなしい彼女がちょっと興奮気味に話してくれました。


この「体験学習」への参加が、さらに「彼女のやる気」を後押ししてくれそうです…。

 

先日Rちゃんのお母さまと玄関先でお話したとき

「私があんまり言い過ぎたのか、体調を崩してしまって…。」ととても心配されていました…。

 

くれぐれも無理は禁物!!薄~い、薄~いコピー用紙を積み重ねていくように、

焦らず、「今、自分にできること」を1つ1つ地道に積み重ねて行くべし!!

 

1つ1つは小さなことでも、その繰り返しが大きな力になるよ!!

 

今日も朝から暑いけれど、共にがんばろうね~!!

 

それでは、また明日!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 


誰のためでもない…。自分自身のために…!!

【黙々とがんばる姿に、とても軽々しくお声がけできませんでした…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


「自分自身のためにがんばる…!!」


口で言うのは簡単ですが、なかなか実行するのは難しい…。

特にこの夏は、毎日朝から暑い…。じっとしていても汗ばみ、何をするのも嫌になる…。

 

でも、そんな気持ちを吹っ切って、一心不乱に努力する姿はとても気高い…。気迫すら感じる…。


昨日は郡山商業、郡山北工業、田村高校などの「1日体験入学」の実施日。


朝から「教室開放」はしていたものの「今日はみんなお休みだろうなぁ…?」と

のんびり教室を掃除していると、窓からRちゃんの姿が見えました…。


「勉強道具」がたっぷり詰まったリュックサックを背負い、片手にはお弁当を持って入室されました…。


「おはよう!!」とあいさつすると「おはようございます。」と照れながらニコニコ笑います。


彼女は普段からいつもニコニコしていて、「家族思い」のとっても優しい女の子。


でも、私たちは知っています…。彼女がとても「負けず嫌い」であることを…。


元々持っているポテンシャルは高い彼女ですが、

今まではまだまだ「本気」ではなかったのではないでしょうか…?


でも、中2の後半戦から明らかに「目の色」が変わりました…。


そして、この夏、彼女は部活を続けながら、必死に時間を見つけ、学習に取り組んでいます。


その努力は必ず「自分自身の成長」に繋がるはず…。先生たちも応援しています…!! がんばれ…!!


先生も負けられない…。もっともっとがんばらないとね…!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


メンテナンスはとっても大切!!

 

【ヒトも道具も「メンテナンス」が大切なのですね…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


25日(土)、レギュラーの授業はお休みでしたが、

朝早くからたくさんの受験生がお弁当を片手に学習に来てくれました。


いいね~!! この暑い中、よ~く、がんばってるね!!


そんながんばっている人が多いので、今日はこんなお話。


例えば、自動車。


車に安全に快適に走ってもらうためには、きちんと「定期点検」をしてあげないといけないですよね?


手入れをせず、ずっと走り続けていたら、調子が悪くなってしまいますよね?


特にこの時期であれば、バッテリー上がりなどが怖いので、そういった部分にも気をつけないとです…。


料理をするときに包丁を研ぐように、野球選手がグラブやスパイクを磨くように

きちんとした成果を出すためには「道具のメンテナンス」はやるべき大切なこと。


これは私たち人間にも当てはまることだと私は思います。


毎日がむしゃらにやり続けるだけでも駄目なんだと思うんですね…。


疲れを感じる、眠い、集中力・注意力に欠けてきたなぁ・・・などの症状が見られたら、

きちんと「休息を取る」ことも大切だと思うのです。


こういう状態の中、無理に学習を続けるよりも、短時間でもかまわないので

思い切って休息を取った方が能率が上がります。


先に出た「包丁」で言えば、切れ味が落ちている包丁で料理し続けるよりも、

1度「包丁を研ぐ時間」を取り、包丁を研いだ方が能率があがるということですね。


自分の気持ちが高まっていて、「とにかくやらなきゃ!!」という気持ちと集中力が続くうちは、

休みを取らずどんどんやり続けた方が良いと私は思います。


でも、明らかに疲労や眠気が溜まってきたと感じたときは、素直に休息を取ることも大事。


講習会は8月末までまだ1ヶ月ほど続きます。

長丁場ですから、ご自信の身体とも相談しながら進めていきましょうね!!


でも、「休みの取り過ぎ」はかえって逆効果。何でも「~過ぎ」は駄目なんです!!


そんなことに気をつけながら、今日もがんばりましょうね!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


「成功曲線」を描こう。 -書籍紹介28-

【「自分には到底無理だったんだ…。」と思ったときにお勧めの1冊】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


いつも私たちのそばにいるもの。


それは、私たちの味方となる存在でもあり、足を引っ張る存在でもある…。


扱い方はとても簡単!!「厳しく接してあげること」


さあ、これは一体何なのでしょうか…?


これ、「習慣」のことです。


「良い習慣」は私たちをどんどん良い方向に導いてくれます。

逆に「悪い習慣」は私たちをどんどん悪い方向に導いてしまいます。


「良い習慣」ほど、自分に厳しくしないと手に入れることはできませんよね?

「悪い習慣」は、自分を甘やかせばすぐに手に入れることができます。


今日ご紹介する本はこちらで~す。

=====

「成功曲線」を描こう。 ~夢をかなえる仕事のヒント~ / 石原 明

=====


サブタイトルに「仕事のヒント」と書かれていますが、

仕事に限らず、私たちが成功を手に入れるためのヒントがぎっしりの1冊です。


「成功しようと思った時に、あなたがまず見直さなければいけないのは、あなたの考え方や習慣です。」

という序章から始まり、「習慣」「考え方」などを理解し、変化させるための具体的ヒントがぎっしり!!


=====

「性格とは、その人が常にどのようなことを考えているかを集めたものです。つまり”考え方の習慣”です」


「習慣=意識の深さ×反復」これを覚えると、自分の習慣をどんどん変えられるようになる。…などなど

=====

 

特に「序章」「第1章」などは、私たち大人ががお子さんに接するとき、声がけをするときに

絶対に気をつけるべき「重要なポイント」がとても分かりやすく書かれていると思います。


また、第3章で図を用いて説明されている「成功曲線」を学ぶと、

グ~ンと成長するためには、グッと堪えて努力する時期がとても大切なことがすごく実感できます。


この本を読むと「自分にもできるかも…」と自分に自信が持てるかも…。

ぜひ、ご一読ください。お勧めですよ!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


<追伸> 

「いろんな本に出会いたい!!」そんな気持ちでいっぱいです。

よろしければ、下記のフォームにて「あなたのお勧めの本」を教えてくださいませんか…?

続きを読む

とことんやろうじゃないか・・・!!

続きを読む

元気、もらってます…!!

【肉体的にはしんどいですが、

お子さんのがんばる姿に元気もらってます…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日の朝、教室を掃除していると「ドンドン…」と階段を上る音が…。


「随分早いなぁ…。誰だろう…?」


中学3年生のRくんがテキストとお昼ご飯を持ってやってきました。

そして、遅れること数分後。同じく中学3年生のKくんが同じようにしてやってきました。


お二人とも同じ部活の仲間どうし。おとといの中体連_県大会にも出場していました。


先に来たRくんのひと言。

「部活、負けちゃいました・・・。今日からは勉強、がんばります…!!」


最後の大会にかける思いは相当なものだったはず…。


でも、何とか気持ちを切り替えようと、教室に足を運んだこと。立派です…。


合格発表の日。一緒に笑えるようにこの夏、共にがんばるべね!!

続きを読む

「アリとキリギリス」のお話ではないのですが…

【夏の間、歌って遊んで過ごしたキリギリスの結末はご存知ですよね…】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


暑い日が続いて、ついつい「冷たいもの」が手放せない時期ですが、

体調は崩されていませんか~?


火曜日から始まった夏期講習会ですが、受験生の皆さん、とってもがんばっておられます。

昨日も多くの方が授業終了後も自主的に残って学習をされておりました。

 

いちばん長いお子さんですと、講習開始2時間前に教室に入って学習をはじめ、

全体の授業が終ってからさらに5時間以上学習されております。

 

続きを読む

教室の外も中も熱気ムンムン…!!

【外の暑さに負けない「熱い熱い講習会」がスタートしました!!】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日から「夏期講習会」が始まり、中学3年生をはじめどのお子さんも

真剣に学習に取り組んでいました。


中学3年生の中には、講習開始2時間以上前から入室し、学習を進めているお子さんの姿も…。


今年は学校からもたくさんの宿題が出ていて、皆さん大変そうです…。

涼しい教室を上手に利用して、どんどん学習を進めてくださいね!!


続きを読む

夏期講習会の開始にあたって…。

【お子さんの成長のために、自分たちがすべきこととは…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


さあ、今日から「夏期講習会」がスタート。

お子さんが毎日新鮮な気持ちで取り組んでいただけるよう、精一杯努めていきますね!!


そこで今日はこんなお話。


私は自転車ででかけるのが大好きです。

車で出かけるのも楽しいですが、車とはまた違った楽しみがあります。


車と違って渋滞や一方通行を気にせず、細い路地にも入っていけます。

周りの景色をゆっくり楽しんだり、季節の変化を感じたりもできます。


また、自分の足を使って「前に進んでいる」という充実感がいいんですよね~。


そんな楽しい「自転車に乗る」ということも、最初から楽しめたわけではなかったんですよね…。


乗れるようになるまでは何度も何度も転んで、体中に傷を作りながら練習をしました…。

練習の段階では「もう、や~めた!!」と何度投げ出そうとしたことか…。


きっと、多くの方は私と同じで、こんな経験を経て乗れるようになったのではありませんか…。


最初は補助輪を使ったり、誰かに支えてもらったりしながら練習したのではありませんか…?


そして、徐々に補助輪を1つ1つはずし、支えをなくして、

フラフラしながらも何とか1人で乗れるようになったのではありませんか…?


でも、いったん乗れるようになってしまえば、あとは上達するのみ。

どんどん加速をつけて、体力の続く限り、どこまでも進んでいけるようになりましたよね。


これは勉強でも同じことが言えると私は考えています。


勉強を始めたばかかりのころは、なかなか自分1人ではうまくいかない…。

きっと最初は私たちを含めた「周りの方の補助」が必要だと思います。


でも、一旦学習の仕方を身につけ、自分のすべきことが分かってしまえば、

「次はこれをやろう!!」「もっと、これをしなきゃ!!」とどんどん加速すると思うんですね…。


私たちがすべきことは「お子さんが1人で学習ができるように補助輪になること」だと私は思います。

そして、お子さんの思いや願望を実現するための「サポートをすること」だと私は思うのです。


今日からの講習会も、そんな気持ちを忘れずしっかりと取り組んでいきたいと思います。


暑い日が続きますが、体調に気をつけながら共にがんばりましょうね!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


何年経っても、前日はこの気持ちです…。

【何年経って講習会前日は、ドキドキ・ワクワクなのです…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


土曜日からの三連休、いかがお過ごしですか…?


私は明日からの「夏期講習会」に向けて、教材の準備や学習計画の見直し、

そして心と身体の調整など、入念な「準備」を進めております。


塾講師を始めて今年で「21年目」になりましたが、

何年経とうが、講習会前日は「楽しさ」と「緊張感」が入り混じった気持ちになります。


まず、「楽しさ」という点について。


今回の講習会を通して、お子さんをどんな風に変えることができるのか…?

そのために、どんなことをさせていただくことができるのか…?


そして、講習会が終ったとき、お子さんたちの「表情」がどんな風に変わるのか…? などなど


そんなことを考えると、ドキドキ・ワクワクが止まらないのです。


そして、「緊張感」という点について。


これは自分の選んだ教材に間違いはなかっただろうか…?

また、自分の計画した授業内容は計画通りに進むだろうか…? などなど


特に講習会初日の「お子さんの様子」にはとても気を遣います。


この約1か月間の講習会で、私がお子さんにして差し上げたいこと。それは…

=====

お子さんの「学習意欲」を掻き立てること!!

=====


誰かにやらされるのではなく、

お子さんが自分自身のために自ら「学習に取り組む心」を育ててあげられたらと思っています。


それができたのなら、お子さんの学習成果は必ず良い方向に向かっていくはずです…。


明日からの講習会。気合を入れてがんばります!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!

鷹のように帆をあげて -書籍紹介27-


あんなに、辛く、悲しい気持ちになったのは、はじめてでした…。 


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


私が初めて教室責任者になり、無我夢中で指導をしていたときのこと。


体育会系で血気盛んな私はお預かりしたお子さんに対して

「成績を上げてあげたい!!」「とにかくやらせなければ!!」という思いで、

夜遅くまで補習をしたり、たくさんの課題を解かせたりしていました。


しかし、勉強をさせればさせるほと、お子さんたちの成績が下がってしまったのです・・・。


このとき、私は「お子さんの気持ちを理解せずに、自分の一方的な思いだけで指導をしてしまい、

お子さんを苦しめていたこと」に気づきました。


そして、「お子さんたちに申し訳ないことをした…」と、とても辛く、悲しい気持ちになりました。


私がいくら「お子さんのため」と思って行ったことでも、

お子さんと私の「成績を上げたい」という気持ちが「両想い」になって学習を進めることができなければ、

逆にお子さんを苦しめ、「悪い結果」を生んでしまうということを学びました。


そんな若かりしときの「出来事」を思い出させ、

あらためて「がんばらなければ…!!」と思わせてくれたこの1冊をご紹介します。

=====

鷹のように帆をあげて / まはら三桃

=====


交通事故で亡くなった親友のために鷹匠を目指す女子中学生のお話。


本文中にこんな内容が書かれています。

=====

「鷹匠の条件って知っとる?」

「タカを愛し、よく知り、威厳を持って接する。それが大自然の理に溶けこんでいくこと。」

「自然は自分の思うようにはならんでしょ。おしつけたって無理。」

「それどころかすごく敏感だから、こちらのあせりやいらだちを感じて反発する。」

「まずは広い心を持つこと。」

=====


これって、お子さんと接するときもまったく同じだと本当に痛感します…。


まずはお子さんと私たちとの「信頼関係を築くこと」が何よりも大切。

そのためには、「相手の気持ちを充分に理解すること」が最優先。

そして、お子さんが迷子にならないよう「自信を持って方向性を示してあげること」が必要です。


お子さんとの接し方で悩まれるお母さまにぜひ読んでいただきたい1冊です。

きっと、何かヒントが得られるかも知れませんよ…。


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


終業式と言えば、やっぱり「これ」の話…。

【昨日で1学期が終わり…。気になるのはやっぱり「通信簿」の結果】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日、小・中学校は「終業式」でしたね。


「終業式」といえば、やっぱり気になるのは「通信簿」

さて、お子さんの通信簿はいかがでしたか?


「あら?思ったよりがんばったんじゃない!!」って感じでしたか?

それとも、

「ねぇ…、もうちょっとがんばらないといけないんじゃないの…?」って感じでしたか?


昨日授業のあった小・中学生のお子さんたちも、みんなでこんな会話でした。


「通信簿、どうだった…?」

「『大変良い』が前より増えたよ!!」

「テストできてたのに、『5』もらえなかった…。」などなど。


テストも同じですが、結果が良ければ当然嬉しいし、悪ければ悔しい…。


大切なのは「この結果を次にどう活かすか?」ですよね。


ぜひ、今回の結果を次に活かせるように、この夏休みもがんばりましょうね!!

続きを読む

お母さまの「長~い戦い」が開幕!!

【今日で1学期もいよいよ終わり…。

お母さまの長い戦いが始まりますね…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


今日で1学期も終わり…。いよいよ「夏休み」ですね。


毎年、富久山町のお子さんは「夢花火」をはじめ、

いろんな「お祭り」や「イベント」を心から楽しみにされていますよね!!


でもその一方、多くのお母さまとお話をさせていただきますが、

お母さまにとって「夏休み」は毎日本当に忙しいみたいですね…。


まずは「毎日のお子さんの昼食の準備」


普段は給食があるので準備しなくていいのに、夏休みは毎日用意しなければならない…。

お金を渡して「何か買って食べて…」は気が引ける…。(まぁ、お金も大変です…。)

 

お勤めのお母さんはもちろん、お家にいらっしゃるお母さんでも毎日は大変みたいです…。


そして、何よりも「お子さんが言うことを聞かない」こと。


夜は「早く寝ろ!!」と言ってもいつまでも起きていて、ゲームをしたり携帯をいじったり…。


特に小学生の場合、渡ったその日に宿題を終わらせてしまい、

「もう、宿題終わったし…!!」と夏休みの残りは家で全く勉強しないなんてことも…。


我が家でも毎年、家内と息子のバトルが繰り広げられます…。


「子どもが家にいると本当に大変!! 疲れる!!」

「いっそ毎日、先生のところに行って勉強してもらっていた方が助かるんだけど…。」と

毎年多くのお母さまから冗談交じりにお話をいただきます。(いや、冗談じゃなく本気だ!!)


そんなお母さまに嬉しいお知らせです!!


もし、お子さんが家でダラダラしている、遊んでばかりで勉強しない…などの症状が見られたら、

速やかに「富久山教室」まで強制連行をお願いいたします!!


「たくさんの学習プリント」をご準備して、ご来塾を心からお待ちしております!!(笑)


なぁ~んて冗談ですが、教室は基本、夏休み中も「自習室の無料利用OK!!」ですので、

お家で勉強がなかなか進まない方は、エアコンの効いた教室で効率良く学習を進めてくださいね!!


それではまた明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


何事も継続するために必要な気持ちについて


【お子さんの「毎日の学習」に限らず、

何でも「続ける」ためにはこの気持ちが必要なんですよね…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日、長~いお付き合いになるお母さまからこんなひと言…。

「先生、いつもブログ、読んでますよ~!!」


何でも会社のお昼の休憩時間に、会社の皆さんで読んでいただいているとのこと。


その中には「須賀川及び近隣町村にお住まいの方なら、まずはこの塾を検討する。」と言われる

あの「超有名_進学塾さま」に通っていらっしゃるお母さまも一緒に読んでいただいているとのこと…。


いや~、とっても嬉しいです。本当にありがとうございます!! 励みになります!! 


来週からは「夏期講習会」になり、めちゃめちゃ忙しくなると思いますが、

少しでも仕事の疲れの癒しになるような内容で更新できるよう、がんばろうと思います!!

(でも、あんまり気合入れすぎると、内容が重くなるのでリラックス、リラックス…。)


続きを読む

「骨太の学力」を育てる


【中学生にも負けず、着実に「力」をつけている小学生たち】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


連日の暑さが、ほんと身体に堪えますね…。


休日で遊んでいるときなら暑いのも構いませんが、

仕事のときはYシャツもスラックスもペタペタして、ほんと疲れます…。


教室の中に「シャワー」を設置して欲しいと、本気で思います…。


そんな暑い中でも小学生のお子さんはみんな元気いっぱい!!

「その元気、先生にも分けてくれ~。」って感じです。


教室に到着するやいなや、いろんな声が飛び交います。


「おぉ~、教室の中、変わった~!!」(※ 昨日、教室のレイアウトを一部変更)

「先生、水くださ~い!!」

「ここは涼しくて、最高だ~!!」

「もう、こっから出たくない…。」などなど。


今週、お子さんたちは6月末に行った学力テストの「再受験」実施の週。

昨日も何人かのお子さんが「再受験」に臨んでいました。


この「再受験」というのは、うちの教室ではとっても大切な指導の1つ。


富久山教室では、「初回のテスト結果」よりも「再受験のテスト結果」にとても関心があります。


なぜなら、教室での学習を経て、

「お子さんは弱点がきちんと克服できたのか?」が分かるからです。


富久山教室では、塾が「単なる学校の学習内容の予・復習の場」ではいけないと考えています。


学校や家庭ではなかなかできない「過去の振り返り」と

「振り返りで発見した『弱点』を克服するための指導」を塾ではしなければならないと考えています。


「テストの受験」→「弱点箇所の再指導」→「テストの再受験」という流れを

定期的かつ継続的に行うことで、お子さんは「骨太の学力」を手にするわけですね。


さあ、今日も暑さに負けず、がんばりましょうね!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


この夏に、ぜひ対策をお勧めします!!

【中学1年生の方!!今回の定期テスト「80点以下の教科」は至急対策をお勧めします。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


先週半ばから週末にかけて、

行健中さんでは今回の「定期テスト」の結果が返却されましたね…。


中学1年生の皆さんは「はじめての定期テスト」でしたが、

ご自分の納得いく結果は残せましたか…?


「まだ1回目のテストだから、次、がんばればいいよ…。」なんて、

のんびり構えているお子さん、いらっしゃいませんか…?


今日はまじめな「学習のお話」です。

(というか、一応、いつも真面目なお話のつもりで書いていますが…。)


現在の福島県の高校入試は「Ⅰ期選抜(推薦入試)」と「Ⅱ期選抜(一般入試)」に分かれます。

※「Ⅲ期選抜」もありますが、こちらは定員割れの学校の「再募集」となります。


両方の入試でポイントになるのは合否判定の材料に「調査書」というものが含まれることです。


「調査書」というのは、お子さんの学習の様子や特別活動の記録などを記載した書類です。


この書類にはお子さんの「3年間の学習の記録」という項目があります。

ここには、お子さんの中1から中3までの「各教科の5段階評価」が記載されます。


=====

実はこの「5段階評価」が点数化され、合否判定の材料になるんです!!

=====


ですから、中1や中2のときに学習をさぼってしまうと、

いざ入試を迎える中3のときに取り返しがつかなくなってしまうこともあるのです…。


ですから、もし、今回のテストで「やっちまった…。」と感じてるいらっしゃる方は、

学校の授業が止まっている夏休みのうちに、1学期の復習を中心に、

しっかり「弱点箇所の克服」をされることを強くお勧めします。


「夏休みは長いし、のんびり行こう…。」なんて思っていると、

あっという間に休み明けの「成果テスト」、9月の「定期テスト」になっちゃいますよ。


ぜひ、計画的に学習を進めてくださいね!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


<追伸>

 「弱点克服」に富久山教室の夏期講習会を活用してはいかがですか…?

 「中学1年生コース」はあと2名さま受付可能です。お早めにどうぞ!!


 ※ 中2,中3の方でご希望の方は、お気軽にご相談ください。


理想と現実の「ギャップ」を知る…。

【夏休みのがんばりで、

どれだけ「ギャップ」を埋められるかですね…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


11日(土)、中3の方は今年度最初の「新教研テスト」の実施日でした。


毎年、中学3年生は、6月~7月頭にかけて、

「定期テスト」「実力テスト」「新教研テスト」とテストが続きます。


うちの教室では「鉄は熱いうちに打て!!」の考えで、

テスト終了後「自己採点」をしてから帰宅していただいております。


自己採点を進めていくうちに、さっきまでニコニコだった表情が、すっかり曇ってしまった方も…。


「もっとできているかと思ったのに…。全然だめだ…。」

「あたし、やばい…。こんなんじゃ、どこにも(どの高校にも)行けない…。」…などの声が。


でも、こんな展開も私たちの中ではすべて「想定内」

変にこの時期に満足いく点数を取られてしまう方が逆に困る…。


まずこの時期は、理想と現実との「ギャップ」、

このままじゃまずいという「危機感」を感じてもらっていた方がいいんですね…。

 

その方がお子さんの気持ちも引き締まり、真剣みも増すからです。


それらを夏休みのがんばりで、どれだけ埋められるか…。

毎日暑い中、どれだけ学習に打ち込めるかが「勝負の分かれ目」です…。


さあ、ぼちぼち「勝負の夏」がやってきますね…。


今年はどんな風にお子さんたちにしかけていくか…?今から楽しみです…。


行健中の皆さんは、昨日の「日曜参観」の振替で本日はお休みですね。


今日のうちに、ぜひ、もう1度「テスト問題の解き直し」をしておいてくださいね。


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


「手紙屋」 蛍雪篇 -書籍紹介26- 


【「勉強」に対する意識や考え方が変わるかもしれない…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


「一体、自分は何のために勉強をするのだろう…?」

「今、勉強していることって、本当に将来のためになるんだろうか…?」


どうですか…?こんなこと考えたことがありませんか…?


今日、ご紹介する本はこちらです。

====

「手紙屋」 蛍雪篇 ~私の受験勉強を変えた十通の手紙~ / 喜田川 泰

====


息子の付き合いで、市立図書館に行きまして、

ふと目に飛び込んで借りて来たこの本なんですが、あっという間に読んでしまいました…。


「受験勉強」をしなければいけない年になった高校2年生の「和花」が、

「手紙屋」という人物と十通の手紙のやり取りを通して、

「勉強する理由」「大学受験をする理由」などについて答えを発見していくというお話です。


「なんで、勉強なんてしなければいけいのか…?」

「なんのために勉強をするのか…?自分の将来のため…?」

「勉強して一流大学に行っても将来が約束されるわけではないのに…?」

「勉強はしなければいけないのは分かっているけど、本気で取り組めない…。」など、

現在、「勉強のこと」で悩んでいるお子さんはもちろん、

「何のために勉強するのと聞かれて、明確に答えてあげられない…。」と悩む

保護者さまにもぜひ手にとって読んでほしいこの1冊。


きっと、「しなければいけないもの」と思っていた「勉強」が、

「やりたくてしょうがない」ものに変わるかもしれません…。


私も何度も何度も読み返して、いろいろと自分の考えを深めてみたいと思っています。


さあ、勇気ある一歩を踏み出してくださいね!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


「結果」で示すしかない…!!

 

【大人もお子さんも最後は「結果」を示すしかないのです…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


各学年、今回の定期テストの「成績通知票」が渡されました。


「先生、見てください!! 今までいちばん良いです…。」と笑顔で持ってくるお子さん。

「思ったより順位が良くなかったです…。」と残念そうに持ってくるお子さん・・・などなど。


勉強も仕事もそうですが「数字」って、本当に強力なインパクトがあります。


どんなに「頑張っている」「努力した」と本人や私たちが言っても、

「点数」や「順位」が悪ければ親御さんは納得してくれませんよね…。


「結果だけ」でその人のがんばりの全てを判断することはできないのですが、

何だかんだ言っても「結果」を残している人が評価されるのが世の常…。


これは仕事でも勉強でも同じではないでしょうか…。


おととい、自習に来ていた受験生にもこんなお話をしました。

=====

「これは、あくまでも先生の意見として聞いてね…。」


「周りの人からいちいちとやかく言われないようにするためのイチバンの方法は、

とにかく点数や順位で『結果を示すこと』だと先生は思うのね。」


「『結果』だけでその人の全てを評価できないけれど、

『結果』を出し続けるためには、きちんとした『過程』が伴うものだと思うのね。」


「だから、『きちんと結果を出すこと』にこだわると、

自ずと『結果を出すための何をすればいいのか?』を考え、それを実行するようになるんだよ。」


「ヒトによってすぐに結果を出すヒトもいれば、時間のかかるヒトもいるけど、

『考え方』と『行動』が間違っていなければ、必ず良い方向に向かうものだと思うよ。」

=====


今回のテストで「納得のいく結果」を残された方。

ぜひ、この良い結果を維持できるよう、さらに伸ばせるようがんばりましょうね!!


そして、残念ながら「納得のいかない結果」になってしまった方。

ここで、動きを止めてしまったら、今よりももっと悪くなってしまいます…。


ここが「根性」の見せどころ…。「次こそは…!!」と歯を喰いしばって頑張ろうじゃないですか・・・!!


この夏、共にがんばって、休み明けのテストで挽回しよう!!


さあ、今日もがんばろう!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


よくこなしてる…。すごい…。

【この多忙なスケジュールの中、よく結果を出してるよ…。すごい…!!】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


中学3年生Tくんは毎日大忙し…!!


彼は運動部なのですが、見事「県大会」に出場が決まっており、

大会に向けて、毎日毎日、練習に励んでおります。


そして、この他に毎朝「駅伝」の練習もこなしており、

まるで熱帯地方に住んでいる方のように「真っ黒」に日焼けしています。


その姿からも毎日暑い中がんばっていることが容易に想像できます。


しかし、彼のように「2つの部活の掛け持ち」なら他のお子さんもいるのですが、

彼はその他に「合唱部」にも所属して、そちらの練習にも励んでるのです…。


「3つの部活の練習」と「毎日の勉強」、本当によくやっています…。


彼のすごいところは、

「忙しければ忙しいほど、集中力を発揮して、良い結果を残す」ところなのです。


今日正式なテスト結果が学校から渡される予定ですが、

お聞きしている限りでは、今回の定期テストでもかなり良い点数をはじき出しています。


先日、お母さまともお話をさせていただいたのですが、

「この人はかえって忙しい方がいいみたい。でも、あたしの方が大変…。」とおっしゃっていました。


「たまにはゆっくり休んでもいいのに…。」と思うのですが、

昨日も授業はないのに教室にいらして、週末の「新教研テスト」に向けて、

夜遅くまで「過去問演習」を黙々とこなしておりました。


Tくんから昨日渡された「夏休みの部活の予定」

はっきり言って「どこに塾の予定入れればいいか分からん!!」という感じです。


でも、そんなことは言ってられない…。何か策を練らなければ…!!

無い頭を振り絞って、早く予定を立ててあげないとと思っています。


今日も忙しくなるぞ~。よし、がんばるぞ!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


昨日に引き続き、こちらこそ、感謝です…!!


【保護者さまからのひと言で、私たちは元気になれます…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


先日、ある塾生さんのお母さまから、

ご姉妹さまの「夏期講習会のお申し込み」でお電話をいただきました。


そのときに「おかげさまで、子どもはよくがんばっていると思います。」と

のお話をいただきました。


いえいえ、こちらこそ、いつもご理解とご協力をいただいて、本当に感謝です…!!

むしろお子さんのがんばっている姿に、私が元気をいただいております。


そして、昨日の夜。仕事から帰ると、1件の新着メールが…。


ある小学生の塾生さんのお母さまから「ブログを見ました。」という内容でした。


そこには、アイシーに入ってからのお子さんの学習の様子の変化、

子どもは「アイシーは辞めたくない…」と言っているという内容、

そして、「アイシーに入れて良かった…」という内容がご丁寧に綴られていました…。


保護者さまも毎日お忙しく、お疲れの中、ご連絡、本当にありがとうございます。


年齢のせいか、こんなお言葉をいただくと、胸がジ~ンとして、涙が出てしまいます…。


この仕事を始めて、今年で「21年目」


学生時代、野球のことしか頭になく、勉強なんてテスト前でもしなかった自分が

まさか塾講師になって、お子さんの学習指導をするなんて思ってもいませんでした…。


アイシーへの入社時からずっと担当していた本部教室を離れ、

富久山教室に来てからもう「8年目」になりました。


その間には、楽しいことも辛いこともたくさんありました…。


「こんな塾に、うちの子どもを通わせるわけにはいかない…!!」と言われたこともありました。


でも、どんなときもこれだけは忘れないようにしていました…。


=====

1人でも多くのお子さんと保護者さまのお役に立ちたい。笑顔になってほしい。

=====


富久山教室は本当に小さな教室ですが、

この気持ちだけはいつも大きく持って、今までやってきました。


まだまだ至らないところがたくさんありますが、お子さんや保護者さまのおかげで、

ここまで何とかがんばってこられたと思っております。


これからも自分のできることを精一杯がんばってまいります。


これからもよろしくお願いいたします。


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


こちらこそ、ありがとう…。感謝です…。


【お子さんたちのお役に立てているのなら、本当にうれしい…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


先週金曜日から行健小が「学期末_短縮授業」になっています。

(先生たちが通信簿をつけるなどのお仕事をするための短縮授業ですね。)


そのため、昨日もいつもより早い時間から授業がスタートでした。


うちに通っていただいているお子さんの多くは、学校からまっすぐ教室にいらして授業を行い、

お母さんのお迎えが来るのを待つというスタイルです。


そのお迎えを待つ間に「学校からの宿題」「自主学習」を終らせて帰宅されます。


そんなお子さんたちの学習の様子を見ると、

本当にまじめに取り組んでいるなぁと感心させられます。


「自分も小学生のときこのぐらいちゃんとやっていれば…。」とも思います。


そんな熱心に学習をされるお子さんの中で、小5のダブルYくんにこんなお話をいただきました。

(ちなみにうちの小5にはYくんが4人いまして、そのうち3人は同じクラスのお子さんです。)


まず、1人目のYくんは今年5月からアイシーに通うようになりました。

「国語の文章問題が苦手。特に説明文が苦手で…。」と言って塾に通い始められたお子さんです。


昨日の国語の授業を終えて、Yくんがひと言…。

「アイシーに通うようになって、国語が好きになった。今、国語が面白い…!!」


めちゃめちゃうれしいじゃやないか~。

「小学生の国語指導」をとても大切にしているアイシーの方針に見事ビンゴじゃないか~。


Yくん。先生たちももっとがんばるから、これからも共にがんばろうね!!


そして、それを聞いたもう1人のYくん。


春休みに他塾さまの体験学習も受けて、最終的にアイシーに決めてくださったお子さんで、

いつもニコニコしていて、とっても優しいお子さん。


そんなYくんも負けじとこんなことを言ってくれました。

「先生、僕もアイシーに通うようになって、学校のテスト、100点が増えたんだよ。」

「国語ができるようになって、社会の書くやつ(記述問題のこと)もできるようになった。」…などなど。


ありがとう…。そんなこと言われたら、とっても励みになるじゃないか…。


どの仕事もそうでしょうが、仕事って本当に大変ですよね…。


でも、お客さまのお役に立てて、お客さまに笑顔になっていただけたら、

大変な分だけ、嬉しさもとっても大きいですよね…。


よし…!! 今日もがんばるぞ!!


それでは、また明日。


 過去のブログはこちらからどうぞ!!



<追伸>

 小学生の方の「夏期講習会」、ただいま受付中です。

 日程はこちらからどうぞ!! 記載している日程以外の日時希望もお気軽にご相談くださいね。


「きっかけ」を作る


【私たちはあくまでも「補助輪」でなければならない…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


今週末の11日(土)は今年度最初の「新教研テスト」の実施日です。


それに合わせて富久山教室では

6日(月)から10(金)までの全5日間の「対策勉強会」をスタートしました。(もちろん「無料」)


この勉強会では、テスト実施日までに各教科「過去5年分」の過去問演習を行う予定です。


昨日は、もう部活を引退したお子さんが集まってくれました。


中にはその後も教室が閉まるまでずっと残って学習しているお子さんの姿も見られました。


がんばってるね~!!でも、これが「竜頭蛇尾」にならないように注意だよ!!


私たちの教室では

=====

1) 教室の利用(自習室の利用)は、営業日時内であれば基本いつでもOK!!

2) 学習プリントも基本的に「無料・枚数制限なし」でお渡しする

=====

という方針を今現在はとらせていただいています。

だから積極的なお子さんは、自主的にどんどん学習できるようになっています。


しかし、このようなチャンスがあっても、

なかなか自分から切り出しすことができない控えめなお子さんもたくさんいらっしゃるわけです…。


特に富久山教室にお越しいただいているお子さんの多くはこちらのタイプの方が多いんです。


そこで、私たちの出番です。

=====

お子さんが自ら動けるように「きっかけ」を作ってあげる。

=====


今回の「対策勉強会」のような機会を設けるのもその1つなんですね。


こういう「イベント」がきっかけになって、

「先生、残ってやっていってもいい?」「先生、もっとプリントください。」

「先生、これどうやって解けばいいんですか?」「毎日自習に来てもいいですか?」など、

いろいろな声が出てきて、教室の中も活気づいていくんですよね~。


私たちはあくまでもお子さんが自ら学習に取り組めるようになるまでの「補助輪」です。

私たちが主役になってしまって、お子さんが「やらされている」という学習では駄目だと思うんです。

私たちの仕事は「お子さんが自分から学習に取り組むきっかけを作ること」だと私たちは考えています。


さあ、今日もお子さんたちが自ら気持ちよく学習ができるよう、がんばりたいと思います。


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ。


一生懸命がんばる…!!


【小さい身体で懸命にがんばるお子さんの姿を見て、感動…!!】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


私事で大変恐縮ですが、昨日、娘の幼稚園の「運動会」に出席しました。


まだ幼稚園に入って数か月の年少組の園児さんたち。

入園から1年が過ぎ、すっかりお兄さん・お姉さんになった年中組の園児さんたち。

今年が最後の運動会で、今まで以上にがんばっていた年長組の園児さんたち。


入場行進にはじまり、準備体操、かけっこ、おゆうぎ…など、

とっても一生懸命がんばっている姿に純粋に感動してしまいました…。


特に転んでも、失敗しても最後までがんばっている姿と、

その園児さんを抱きしめてあげている担任の先生の姿には目頭が熱くなりました…。


この幼稚園さまには、うちの息子のときもお世話になったのですが、

園長先生のお話される内容は、終始一貫このことが徹底されています。

=====

「順位」「成績」は当然あるが、何よりも「一生懸命がんばること」が大事だ!!

=====


このお話を聞かせていただくたび、

「あぁ~、この幼稚園に子どもたちを預けさせていただいて、本当に良かった…。」と

感じるとともに、あらためて自分ももっとがんばらないとと思うわけです。


自分もまだまだ若輩者ですが、それなりに年齢を重ね、

それに併せて楽しいことも辛く苦しいこともいろいろと経験させていただいています。


そんな中で、私が大切にしてきたことの1つが次のことです。

=====

自分にできることをとにかく一生懸命にがんばること。

=====


以前からこのブログでも何度かお話させていただいたのですが、

私自身は「特別な能力・才能は一切持ち合わせていない」ごく一般のヒト。


そんな自分ですので、とてつもない凄いことをできるわけではありません。


だからこそ、あいさつや掃除をはじめ、今の自分でもできる

「本当に小さなこと」をとにかく一生懸命取り組むしかないと思うんですね。


そういった「小さなことの積み重ね」が、やがて「大きな差」になる。

そんなことを思って、毎日生きています…。


現在、富久山教室にもたくさんのお子さんに通っていただいていますが、

そんなことを伝えていけたらいいなぁと思っております。


よし、今日も一生懸命がんばるぞ~!!


それでは、また明日!!


-----

<追伸>


中3の塾生さん対象の「新教研テスト対策_勉強会(無料)」が今日から開催ですね。


勉強会終了後もそのまま教室利用OKですので、お腹のすくという方は、お食事お持ちくださいね!!


それでは、また後ほど!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


心に響く小さな5つの物語 -書籍紹介25-

 

【「夢の実現」に必要なのは、

具体的に「思い描き」それを「実行する」ことなんですね…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


「すべてのものは2度作られる…」


私たちの身の回りにあるものはすべて

私たちの1度「頭の中」で創られ、そこから実際の「形」として作られていますよね…。


頭の中で「創られる」ことなくして、実際に「作られる」ことはないわけです…。


何もこれは「モノ」だけに限った話ではなく、

「夢の実現」についてもまったく同じなのではないかと私は感じます…。


今日ご紹介する本はこちらです。

=====

心に響く小さな5つの物語 / 文:藤尾 英昭  絵:片岡 鶴太郎

=====


この本、タイトルの通り「5つの物語」から構成されています。


第1話:夢を実現する


第2話:喜怒哀楽の人間学


第3話:人の心に火を灯す


第4話:人生のテーマ


第5話:縁を生かす


どのお話もたいへん短いお話なのですが、どれも「深イイ話」


その中でも、いまだメジャーリーグで活躍されるイチロー選手の

小学生時代の作文には驚きを隠せません…。


「ふつう、小学生でこんなこと考えるかぁ~。

 でも、ここまでリアルに考えて、誰よりも努力したからこそ、今のイチローなんだよなぁ・・・」


自分が入団する球団、契約金、練習の必要性…などについて、

小学生の子どもが書いたとは思えないほど、とても鮮明に作文に書かれています…。


そして何よりもそのためには「誰よりも練習をしなければならない…!!」と

覚悟を決めているところがイチロー選手の凄いところです・・・。


自分のなるべき姿を鮮明に思い描き、

それを実現するためにどんなことをしなければならばいかまで思い描き、それを忠実に実行にうつす…。


「自分のなりたい姿を鮮明に思い描き、それを実現するために行動を起こす。」


お互い、心がけて行きましょうね!!


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


本当に光栄です…。感謝です…。

 

【「新しい出会い」に心より感謝です…!!ありがとうございます…!!】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


もうすぐ「夏休み」ということもあり、

ここ最近、「夏期講習会」のお問い合わせでご連絡を数多くいただいております。


これだけたくさんある学習塾の中から私たちの教室にお問い合わせをいただいたこと、

本当に光栄です…。本当に感謝申し上げます。


「新しい出会い」があるというのは、本当に嬉しいことです…。


お問い合わせをいただくお母さまの中には、

他塾さまと合わせてご検討されて私どもに決めていただい方もいらっしゃいます。


その塾さんは、福島県を代表する大手塾さんをはじめ、

昔から指導実績に定評のある塾さん、お1人でがんばられている個人塾さんまでさまざまです。


「もう、最初からアイシーって決めてきました!!」と言われたら、これはすごく嬉しい…!!


でも、他塾さまと比べてみてアイシーに決めたとお聞きするのも、これまたすごく嬉しい…!!


「そっか…。うちもあの塾さんと比較していただけるようになったんだなぁ…。」


こうやって候補にあげていたただけるのも、過去から現在にいたるまで

「富久山教室」を選んでいただきがんばってくださったお子さん・がんばっているお子さんや、

私たちの活動にご理解とご協力をいただいた保護者さま・いただいている保護者さまのおかげです…。


この場をお借りして、あらためて御礼申し上げます。

これからも精一杯、努めてまいります。どうぞ、よろしくお願いします。


私はうちの塾生さんにも、保護者さまにもこんなお話をさせていただくことがあります。

=====

「今存在している塾は、うちだけじゃなく、他塾さんも間違いなく熱心にがんばっている」ということ。

=====


大手塾さまであれ、地域密着の個人塾さまであれ、

今、存在している学習塾は、どの塾も「お子さんの成長のために…!!」と

毎日毎日精一杯努力されていると私は思っているんですね。


私がこの業界に足を踏み入れたときとはまったく違い、

今はどの塾さんを選んでも「一定水準を超えた指導」を受けることが可能になったと思うんですね。


だから、そんな状況の中で、私どもの教室を選んでいただいたお子さん、保護者さまのためにも

「お子さんのため、保護者さまのために自分だからできることは何なのか…?」と常に問いかけながら、

これからも毎日努力を続け、成長していきたいと思っています。


お子さんとともにこれからも精一杯がんばります!!

これからも、引き続きよろしくお願いいたします。


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸>

 大変小さな教室のため、中3をはじめ「座る場所がそろそろないんです…。」と

 お話をしなければならない学年も出てきてしまいました…。

 

 もし、私どもの教室をご検討いただいているのであれば、

 ぜひ、下記のフォームから「検討中!!座席の予約希望!!」とご連絡ください。

 

 ご面倒・ご迷惑をお掛けして、本当にすみません…。よろしくお願いいたします。

続きを読む

忙しくても、やる子はちゃんとやっている…。

【「時間がない」「忙しい」は言い訳にならないんですよね~。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


定期テストや実力テスト、塾内の学力テストなど、

ここのところたくさんのテストが続き、

それらの結果を見てしまうとやっぱり書かずにはいられません…。


「がんばっているお子さんのこと」


「記事の内容が偏っているなぁ…」と思いつつも、今日もお1人、紹介させてください。


今日は、中学2年生・Yちゃん。


Yちゃんをひと言で紹介するなら「しっかり者のお姉ちゃん」

お家では2人姉妹のお姉ちゃんとして、同学年のお友だちからも頼りにされている存在。


Yちゃんは決して口数の多いタイプのお子さんではなく、

授業中も黙々と問題に取り組む姿がとても印象的な生徒さんです。


その黙々と打ち込む姿がまるで「修行僧」のように見えて、

「凄み」すら感じることもあります。


そして、授業が終ると「普通の女の子」に戻り、みんなとアイドルの話など楽しくされている姿を見ると

「やっぱり今どきの中学生の女子だなぁ…」などと思ってしまいます。


ちなみにYちゃんは、アイシーで黙々勉強するだけでなく、

「部活」と「そろばん」にも打ち込んでいるとても「がんばり屋」のお子さんです。

(ちなみにそろばんでは、「準初段」に合格している…!! マジですごい…!!)


これだけ忙しいのにも関わらず、

今回の定期テスト、塾内の学力テストでもしっかりと結果を出してくれています。


お母さん曰く、「今回のテストは本人も喜んでました。」とのこと。私も嬉しいです!!


そのがんばっている姿が、先生たちにとって、とても励みになります。


身体に気をつけながら、これからも無理をせずにがんばってくださいね!!


はい、今日のまとめです。

=====

「忙しい」「時間がない」は言い訳。やっているヒトはちゃんとやっています。

=====


お互い、忙しいことを「やらない」「できない」理由にしないよう、

がんばりましょうね!!(でも、この時期は自分も本当に忙しい…。目が回る…。)


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


成績を上げるために必要なもの

【勉強に限らず「良い結果」を出すためには、

まずはやっぱり「これ」なんですよねぇ…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


中学3年生のRちゃんは私とはまったく逆の

おとなしく、感情は表にあらわさないタイプのお子さん。


でも、中学2年の3学期ぐらいから少しずつ顔つきが変わってきていました。


部活も残念ながら早々に引退となってしまい、

ここ最近は「勉強に取り組む真剣さ」的なものがビンビン伝わってきていました。


特に今回の定期テストでは「数学」「社会」をはじめ、

各教科「先生、教えてください。」「問題ください。」…など、自ら積極的に行動に出ていました。


そして今回の定期テストでは、見事「数学」で大幅な点数アップを達成されたのです。


ご本人さんは「もっと取れたのでは…」と残念そうにはしていたものの、

「自分でもがんばったとは思う」とのコメント。


大丈夫!! 今回の結果で「喜び」も「悔しさ」も経験したことで、

これからもっともっと努力できると思うよ!! この夏も共にがんばるべね!!


そして、同じく中学3年生のNちゃんも今回のテストではがんばりました。


Nちゃんはいつもニコニコで明るく元気なお子さん。

「先生、何でこうなるの?」「これ、もう1回教えてください!!」と積極的に質問ができるタイプです。


でも、ぶっちゃけ「不器用」な生徒さんで、

何度も何度も練習を繰り返し、苦労の末、やっとの思いで身につけていくタイプでもあります。


なので、間違いなく「ヒトよりも勉強に時間がかかるタイプ」だと思います。


そんなNちゃんは、今回のテスト前、ニコニコとした表情を見せながらも、

キリっと厳しい顔でテスト勉強に励んでいました…。


そして見事、「数学」「英語」「理科」の3教科の大幅な点数アップを達成しました。


うれしい!! 地道な努力の積み重ねが大きな成果を実らせたよね!!

これを励みに、夏休み中も一生懸命がんばるべね!!


今日のまとめ。

=====

「成績を上げるため」に絶対に必要なもの。それは「成績を上げたい」という強い思い

=====


1人でも多くのお子さんにこんな気持ちを持っていただけるよう、

私たちも精一杯努めていかなければならないなぁ…と改めて感じています。


今日もがんばるぞ~!!それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!


テストってどれも同じなの…?


【「テスト」っていろんな種類がありますが、

「どれも同じ」じゃないんですよね…。】


おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。


昨日、中学2年生は塾内の「学力テスト」の実施日でした。


「定期テスト」も終ったばかりなのに、

なぜ、富久山教室では改めて「テスト」をするのか・・・?


ここで「テストの種類」について少しお話させてください。


中学生のお子さんが学校や塾などで受けるテストというのは、

大きく分けて「2種類」と私は考えています。


1つは「範囲限定型」のテスト。


これは、豆テストや単元テストなど、

「ある一定期間(一定範囲)の学習成果の確認のため」に行うテストです。


そして、もう1つは「範囲累積型」のテスト。


これは学校なら「実力テスト」、塾なら「新教研テスト」、さらには「高校入試」など、

「習ったことが増える、学年が上がるにつれ出題範囲が長くなる」テストです。


富久山教室で実施している「学力テスト」は後者に含まれるテストです。


このタイプのテストというのは、前者のように

「短期間の対応(「一夜漬け」的な学習)」では絶対に点数は取れないテストです。


普段から「定期的」・「継続的」に過去の学習内容を振り返り、

忘れている箇所や苦手箇所をその都度修正する地道な繰り返し作業が必要になります。


その地道な作業の一環として富久山教室ではこのテストを実施しているのです。

(大手塾さまのように「集客イベント」的に実施するテストとは意味が違います…。)


私たちが見据えているのは最終的に「入試で通用するのかどうか?」ということ。


「範囲限定型」のテストでいくら点数が取れても、

「範囲累積型」のテストできちんと点数が取れなければ入試では通用しない…。


今回のテスト結果をもとに、夏休みの「講習会」は

「1人ひとり別メニュー」で「弱点対策」を行っていきますよ~。


「定期テスト」が終っても、のんびりさせませんよ~。


それでは、また明日!!


 過去のブログはこちらからどうぞ!!